面接対策

【就活の面接マナー】入室や退室の仕方から頻出の質問までご紹介

就活する上で一番大切なのは面接でのマナー

就活を進める上では面接のマナーを欠かすことはできません。面接は選考の中でも重要なステップであり、それに合格することができなければ、就活の成功はありません。面接に合格するためには、面接の受け答えの内容などをしっかり準備することが大切ですが、それ以前にマナーを身に付けておく必要があります。

どれだけ素晴らしい受け答えができたとしても、面接のマナーができていなければ合格することはできません。面接のマナーを身に付けていることは就活の大前提でもありますので、事前に学んでおく必要があります。

面接でのマナーは就活の大前提ですが、マナーを守ることができれば好印象を与えることもできます。マナーを正しく身に付け、就活を攻略していきましょう。

面接は受付から始まっている

就活において面接のマナーを身に付けておくことは最優先事項であり、欠かすことができないものです。面接のマナーは何も面接時に限られたものではありません。面接は受付からすでに始まっていますので、企業に到着した瞬間からさまざまなマナーは必要になります。

面接のマナーは面接時だけのものと思い、油断している人も多いですが、それでは就活を攻略することはできません。受付からマナーを気にして、最初から最後まで気を抜かないようにしましょう。

面接開始の10分前には到着する

面接は受付から始まっていますので、企業に到着する瞬間から気を引き締めて望まなくてはなりません。受付に到着するのは早すぎても企業の迷惑になりますが、遅くとも面接の10分前には到着しておくようにしましょう。

面接は一日に複数人行われることが多いので、あまりに早すぎると前の組が終わっておらず、待機場所に困る場合があります。しかし遅すぎれば面接に対するやる気も問われますので、最低10分前には必ず企業に到着しておくようにしましょう。

受付では挨拶をすればいいというものではありません。元気よく挨拶をすることも大切ですが、それに加えて大学名、名前、用件などをきちんと伝えることが大切です。受付での印象が面接の結果に反映される場合もありますので、礼儀正しく、明るく振る舞いましょう。

面接を待つ間も気を抜かない

受付で挨拶をし、要件を伝えれば控え室へと案内されます。控え室に採用担当者が同席している場合、就活生だけで残されている場合などさまざまですが、どちらにしても気を抜いてはいけません。控え室での態度も見られていますし、それが面接の評価につながることも多いので、控え室でも正しい振る舞いを心がけましょう。誰もいないからと、携帯をいじったり、姿勢を崩さすのはNGです。

誰がどこで見ているか分かりませんので、面接を待つ間も気を抜くことなく、姿勢を正して静かに待ちましょう。場合によっては他の就活生と控え室が同じになる場合もありますが、大きな声で話したりしてはいけません。大声で話していると他の人の迷惑になりますし、印象もよくないので、他の就活生には話しかけないようにしましょう。

3回ノックをして入室する

面接室に入室する際は、3回軽くノックします。ノックすると中から「どうぞ」と声をかけられるので、「失礼いたします」と言ってドアを開けます。入室できたら、ドアの方に向き直って閉めましょう。丁寧に静かに閉めることが大切です。ドアを閉めたら、面接官に「本日はよろしくお願いいたします」と言い、お辞儀をします。

言葉とお辞儀を同時にすると言葉がうまく伝わらないため、別々におこないましょう。お辞儀をした後は椅子に向かいます。すぐには座らず椅子の横に立ち、「お掛けください」と声をかけられたら「失礼いたします」と言った後にお辞儀をして座りましょう。

退室する際は挨拶をきちんとする

面接が終わり退室する際もマナーが大切です。面接が終わることを告げられたら、椅子に座ったまま「本日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました」と言いお辞儀をします。そして、椅子から立ち上がり、椅子の横で「ありがとうございました。失礼いたします」と言ってお辞儀をしましょう。

ドアの前まできたら面接官の方に向き直り、「失礼いたします」と言って深くお辞儀をします。お辞儀をした後はすぐにドアの方を向かずに、面接官と目を合わせましょう。ドアを閉める際も、音を立てないようにゆっくりと閉めます。これらの一連のマナーは基本なので、押さえておくようにしましょう。

面接中の話し方や態度のマナー

本番の面接中に何よりも大切なのは第一印象です。服にシワやシミがあったり、寝ぐせが残っている、フケが積もっている、靴が汚れていることなども見られています。人前に出る仕事を志望していないにしても、「清潔感がない」というのは社会人として致命的です。まずは清潔であることに気をつけましょう。また、離れている面接官に気づかれるほどのニオイも悪印象になります。キツイ香水や直前のニンニク料理にも気をつけましょう。

相手の目を見てハキハキと話す

面接はもちろん選考の場であり、ある程度緊張はするものです。これは面接官もわかっています。しかし面接は何より、人対人の話し合いの場でもあります。笑顔を忘れず、聞き取りやすい声の大きさで、ハキハキと話すことが何よりも大切です。

口角を上げて話すよう注意すると自然とはっきりと話せるようになりますから、ぜひ鏡を見て練習してみてください。また、緊張のあまりオドオドしてしまうと、自己PRで自信のあることを話しても信憑性がなくなってしまいます。あまりに緊張してしまうと、頭が真っ白になってしまうこともあるかもしれません。そんな時は正直に「すみません、緊張しています」と話してみましょう。きっとリラックスできます。

適度に相づちを打つ

「面接官の話をきちんと聞く」これはコミュニケーションの基本であり、「話を聞いていない」と思われてしまうとコミュニケーションがとれない人、という判断をされてしまいます。面接官が話している時は適度に頷いたり「そうですね」など相槌を打つことで、しっかりコミュニケーションが取れているとアピールすることができます。

相槌の他、面接官の話は語尾まできちんと聞く、そして質問の意図をしっかり読み取って、思い込みで見当違いの返答をしない、なども大切になります。これらは皆「話しをきちんと聞く」ことができていれば防ぐことができます。面接中は、面接官の目をしっかり見て、相槌を打ち、語尾まできちんと聞くよう注意しましょう。

面接時に頻出する質問と回答例

面接のマナーは面接前後も大切ですが面接の本番も、もちろん大切です。面接前後のマナーはあくまで見られている可能性がある程度に留まりますが、面接本番でマナー違反が見逃されることはありません。

面接では受け答えだけではなく、マナーができているかどうかも評価の対象として見られています。面接前後のマナーが完璧であっても、面接本番でのマナーが全くできていなければ、評価は最悪になってしまいますので、本番のマナーもしっかり身に付けておきましょう。

自己紹介

○○大学○○学部から参りました、○○(名前)と申します。私は小学校からサッカーを始め、大学でもサッカー部に所属しています。サッカーを通して身体的にも精神的にも自分を鍛えることが出来たと考えています。辛い練習にも最後まで耐え、やり抜くことで物事に対する責任感を持つことができ、誰にも負けない体力を身に付けることも出来ました。
サッカーを通して培った責任感と体力を活かして、面接でも一つ一つのことに責任感を持ち、元気よく発言したいと思います。本日はよろしくお願い致します。

面接での質問は業界や企業によってさまざまですが、基本的にはどの企業でも始めに行うのは自己紹介です。自己紹介ではただ自分の名前を伝えればいいわけではありません。自分のプロフィールとアピールポイントを、60秒から90秒くらいで話せるようにまとめておきましょう。

まずは大学名、所属学部、名前を伝え、次にアピールポイントと続きます。例文では最初の挨拶の後にサッカー部の経験を通じて得たことをアピールしています。エピソードを簡潔に話し、そこで培った能力などがアピールできており、好印象でしょう。

また培った能力を発揮して面接も頑張りたいとすることで、面接に対する意欲の高さも伝えることができています。

志望動機

私はより多くの人に素晴らしい住まいを提供したいと考え、御社を志望しました。出身は大阪で大学進学のために東京に引っ越しました。知らない土地に初めての一人暮らしで不安でいっぱいでしたが、不動産屋の担当の方が気さくな方で、楽しく家を探すことが出来ました。
その時に利用したのが御社の不動産屋であり、そのおかげで不安を抱えることなく大学生活をスタートさせることが出来ました。私は学生向き、単身者向きに強みのある御社で働き、新生活への不安を払拭し、スムーズなスタートを切る手伝いをしたいと考えています。

面接での質問はさまざまなバリエーションがありますが、その中でも最もされることが多い質問は企業への志望動機です。志望動機は面接の評価を大きく左右しますので、事前にしっかりと対策をしておくことが大切です。志望動機では、なぜこの業界の、この企業を選んだのかを、企業の特徴を踏まえて答えるようにしましょう。例文では大学進学のときに一人暮らしを始め、その時に志望する企業の不動産屋の世話になったとあります。

志望する理由を原体験から語ることで、入社意欲が高いことがアピールできています。また学生向き、単身向きに強みのあると企業の特徴を挙げることで、企業研究ができていることが伝わり、他の就活生との差別化も図れており、好印象です。

内定状況を聞かれた場合

現在一社から内定を頂いております。それは他業界の企業です。就活状況としては御社を含めて2社選考中です。一社は現在2次選考まで進んでおり、同業界内の企業です。もう一社はまだ書類選考の結果待ちの段階で、他業界の企業です。第一志望は御社です。

面接では内定状況を問われる質問もされることが多いです。面接での嘘は禁物ですので、内定状況については正直に答えるようにしましょう。企業が内定状況を問うのは単純に就活の状況を知りたいからです。

他に内定している企業がある、選考を受けている企業があるからと言って、それが理由で落とされることはまずありません。しかし嘘を言う必要はありませんが、全てを言う必要もないことを覚えておきましょう。就活の状況をあまりに詳細に語りすぎると、選考を受けている企業の種類などから面接での発言と矛盾が生まれる可能性もあります。

基本的には正直に答えるようにし、必要のないことまでべらべらと話しすぎないことが大切です。例文のように第一志望は面接を受けている企業であると伝えるのもいいでしょう。

就活では面接官の質問等に対して明確に答えよう

就活を制するためには、面接のマナーを欠かすことはできません。どれだけ面接の内容が素晴らしくてもマナーができていなければ、評価は一気に下がってしまいます。面接でのマナーができていないと単に失礼にあたるだけではなく、就活に対する意欲も低いと思われてしまいます。

また面接でのマナーは面接前後や面接中の振る舞いだけではありません。面接官の質問に対して明確に答えることも面接のマナーのうちです。面接官の質問に対して正しく答えることができなければ評価の対象にはなりませんし、質問とは違う答えをすると自分勝手にアピールを進めていると思われる可能性もあります。面接は就活生と面接官の対話で進みますので、聞かれたことに正しく答えることもマナーだと思い、正しい回答をしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ