企業研究

澁谷工業の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

澁谷工業における最近の平均年収推移

澁谷工業は、ボトリングシステムを作るメーカーです。ボトリングとは、普段私達が目にする清涼飲料やアルコール飲料、化粧品、医薬品などを製造する時に使われ、容器洗浄・充填・キャッピング・ラベリングなどを自動で行うシステムです。澁谷工業の国内シェアは約60%を占めます。そんな澁谷工業の平均年収や生涯賃金について調べてみました。

澁谷工業とは

正式名称:澁谷工業株式会社
所在地:石川県金沢市大豆田本町甲58
従業員数:1,510人
平均年齢:39.4歳
平均勤続年数:16.5年
//www.shibuya.co.jp/index.html
※有価証券報告書を参照

澁谷工業の本社は石川県金沢市にあります。従業員の平均年齢はおよそ39.4歳となっています。上場企業の平均年齢はおよそ40.4歳です。比較すると若い従業員が比較的多いことが分かります。

近年の平均年収推移

澁谷工業の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 610.0万円
平成27年 605.0万円
平成26年 597.0万円
平成25年 583.0万円
平成24年 585.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

澁谷工業の平均年収は平成24年から平成28年にかけて、ほぼ横ばいで推移しています。澁谷工業が手がけるボトリングシステムは、ペットボトル飲料や化粧品製造に使われていて、常に需要があり市場も安定しています。そのため、年収も安定していると考えられます。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

澁谷工業における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 367.1万円 22.9万円 92.0万円
25~29歳 497.8万円 31.1万円 124.8万円
30~34歳 574.5万円 35.9万円 144.0万円
35~39歳 627.7万円 39.2万円 157.3万円
40~44歳 677.8万円 42.3万円 169.9万円
45~49歳 734.2万円 45.8万円 184.0万円
50~54歳 769.6万円 48.1万円 192.9万円
55~59歳 741.2万円 46.3万円 185.8万円
60~64歳 496.1万円 31.0万円 124.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

澁谷工業の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 22.9万円 92.0万円 367.1万円
23歳 24.6万円 98.6万円 393.2万円
24歳 26.2万円 105.1万円 419.4万円
25歳 27.8万円 111.7万円 445.5万円
26歳 29.5万円 118.2万円 471.7万円
27歳 31.1万円 124.8万円 497.8万円
28歳 32.0万円 128.6万円 513.1万円
29歳 33.0万円 132.5万円 528.5万円
30歳 34.0万円 136.3万円 543.8万円
31歳 34.9万円 140.2万円 559.1万円
32歳 35.9万円 144.0万円 574.5万円
33歳 36.5万円 146.7万円 585.1万円
34歳 37.2万円 149.3万円 595.8万円
35歳 37.9万円 152.0万円 606.4万円
36歳 38.5万円 154.7万円 617.1万円
37歳 39.2万円 157.3万円 627.7万円
38歳 39.8万円 159.9万円 637.7万円
39歳 40.4万円 162.4万円 647.7万円
40歳 41.1万円 164.9万円 657.7万円
41歳 41.7万円 167.4万円 667.8万円
42歳 42.3万円 169.9万円 677.8万円
43歳 43.0万円 172.7万円 689.0万円
44歳 43.7万円 175.5万円 700.3万円
45歳 44.4万円 178.4万円 711.6万円
46歳 45.1万円 181.2万円 722.9万円
47歳 45.8万円 184.0万円 734.2万円
48歳 46.3万円 185.8万円 741.3万円
49歳 46.7万円 187.6万円 748.4万円
50歳 47.2万円 189.4万円 755.5万円
51歳 47.6万円 191.1万円 762.5万円
52歳 48.1万円 192.9万円 769.6万円
53歳 47.7万円 191.5万円 763.9万円
54歳 47.3万円 190.1万円 758.2万円
55歳 47.0万円 188.6万円 752.5万円
56歳 46.6万円 187.2万円 746.9万円
57歳 46.3万円 185.8万円 741.2万円
58歳 43.2万円 173.5万円 692.2万円
59歳 40.2万円 161.2万円 643.1万円
60歳 37.1万円 148.9万円 594.1万円
61歳 34.0万円 136.6万円 545.1万円
62歳 31.0万円 124.3万円 496.1万円
63歳 24.8万円 99.5万円 396.9万円
64歳 18.6万円 74.6万円 297.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

澁谷工業の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,092.8万円
課長 854.8万円
係長 650.9万円
20~24歳の一般社員 367.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

澁谷工業の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.7万円
大学院卒 21.8万円

※リクナビ2018より参照しています。

澁谷工業の大卒の初任給はおよそ20.7万円となっています。厚生労働省掲載の初任給の平均は、大卒20.0万円となっていますのでほぼ平均通りと言えます。修士了では21.8万円となっていました。こちらもほぼ平均値となっています。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

建設機械業界における年収の傾向と生涯賃金

建設機械業界とは

機械業界の売り上げ上位は、三菱重工業、ダイキン工業、コマツ、といった企業があげられます。建設機械業界はその市場の大きさと従業員の多さが特徴です。インドや中国など海外ではコストの低い機械が生産されていますので、海外企業との競争が今後の課題と言えそうです。

建設機械業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 澁谷工業 建設機械業界
20~24歳 367.1万円 392.1万円
25~29歳 497.8万円 489.6万円
30~34歳 574.5万円 561.3万円
35~39歳 627.7万円 601.9万円
40~44歳 677.8万円 656.7万円
45~49歳 734.2万円 703.8万円
50~54歳 769.6万円 747.7万円
55~59歳 741.2万円 726.0万円
60~64歳 496.1万円 502.9万円
生涯賃金 2.74億円 2.69億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

澁谷工業の生涯賃金は、建設機械業界の平均値とほぼ同じくらいであることがわかります。予測シミュレーションの数値では、20~24歳で平均より約25万円低くなっていますが、生涯賃金を見ると平均より5,000万円ほど高い金額であることが分かります。

まとめ

澁谷工業は、平成27年9月に新しいロボットハンドを開発したと発表しました。今までは難しいとされていた形が不揃いな果物なども扱える、新しい技術を搭載していると話題になりました。これから実用化に向けて更なる研究・開発が進められるようです。このようにイノベーティブな面も持つ澁谷工業の今後に期待です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ