企業研究

伊藤忠食品の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

伊藤忠食品における最近の平均年収推移

伊藤忠食品は酒類・食品の卸売を中心とする商社で、酒類・食品卸の企業としては全国5位の売上高を誇っています。伊藤忠商事の子会社でもある伊藤忠食品の平均年収などについて調べてみました。

伊藤忠食品とは

正式名称:伊藤忠食品株式会社
所在地:大阪府大阪市中央区城見2-2-22
従業員数:771人
平均年齢:41.9歳
平均勤続年数:18.1年
//www.itochu-shokuhin.com/company/company.html
※有価証券報告書を参照

上場企業の平均勤続年数14.7年と比べると勤続年数が長いです。近年では卸売業のみにとどまらず、ビューティ&ヘルスフーズ市場など、新しい市場づくりに向けた取り組みも行っています。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

近年の平均年収推移

伊藤忠食品の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 625.0万円
平成27年 626.0万円
平成26年 625.0万円
平成25年 623.0万円
平成24年 636.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平均年収に大きな変化はなく、安定しています。上場企業の平均年収は605万円ですので、平均的といっていいでしょう。

伊藤忠食品における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 357.8万円 24.0万円 69.3万円
25~29歳 531.4万円 35.7万円 103.0万円
30~34歳 600.9万円 40.4万円 116.4万円
35~39歳 656.6万円 44.1万円 127.2万円
40~44歳 692.0万円 46.5万円 134.1万円
45~49歳 730.1万円 49.1万円 141.5万円
50~54歳 747.9万円 50.3万円 144.9万円
55~59歳 747.1万円 50.2万円 144.8万円
60~64歳 558.5万円 37.5万円 108.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

伊藤忠食品の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.0万円 69.3万円 357.8万円
23歳 26.4万円 76.1万円 392.6万円
24歳 28.7万円 82.8万円 427.3万円
25歳 31.0万円 89.5万円 462.0万円
26歳 33.4万円 96.2万円 496.7万円
27歳 35.7万円 103.0万円 531.4万円
28歳 36.6万円 105.7万円 545.3万円
29歳 37.6万円 108.4万円 559.2万円
30歳 38.5万円 111.0万円 573.1万円
31歳 39.4万円 113.7万円 587.0万円
32歳 40.4万円 116.4万円 600.9万円
33歳 41.1万円 118.6万円 612.0万円
34歳 41.9万円 120.7万円 623.2万円
35歳 42.6万円 122.9万円 634.3万円
36歳 43.4万円 125.1万円 645.5万円
37歳 44.1万円 127.2万円 656.6万円
38歳 44.6万円 128.6万円 663.7万円
39歳 45.1万円 130.0万円 670.8万円
40歳 45.5万円 131.3万円 677.8万円
41歳 46.0万円 132.7万円 684.9万円
42歳 46.5万円 134.1万円 692.0万円
43歳 47.0万円 135.6万円 699.6万円
44歳 47.5万円 137.0万円 707.2万円
45歳 48.0万円 138.5万円 714.8万円
46歳 48.5万円 140.0万円 722.5万円
47歳 49.1万円 141.5万円 730.1万円
48歳 49.3万円 142.2万円 733.6万円
49歳 49.5万円 142.8万円 737.2万円
50歳 49.8万円 143.5万円 740.8万円
51歳 50.0万円 144.2万円 744.4万円
52歳 50.3万円 144.9万円 747.9万円
53歳 50.2万円 144.9万円 747.8万円
54歳 50.2万円 144.9万円 747.6万円
55歳 50.2万円 144.8万円 747.4万円
56歳 50.2万円 144.8万円 747.2万円
57歳 50.2万円 144.8万円 747.1万円
58歳 47.7万円 137.4万円 709.4万円
59歳 45.1万円 130.1万円 671.6万円
60歳 42.6万円 122.8万円 633.9万円
61歳 40.1万円 115.5万円 596.2万円
62歳 37.5万円 108.2万円 558.5万円
63歳 30.0万円 86.6万円 446.8万円
64歳 22.5万円 64.9万円 335.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊藤忠食品の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,065.2万円
課長 833.2万円
係長 634.5万円
20~24歳の一般社員 357.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊藤忠食品の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 18.785万円

※リクナビ2018より参照しています。

修士了・博士了については記載がありませんでした。上場企業の初任給の平均は20万円ですので、伊藤忠食品の初任給は少し低めです。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

食品業界における年収の傾向と生涯賃金

食品業界とは

景気が回復傾向にある中で消費者の購買意欲にも上昇がみられ、消費税増税前の駆け込み需要もあり堅調な業績を記録しています。一方で為替が円安に固定されつつあり、原材料を多く輸入している食品業界にとっては大きな打撃といえます。

また国内の将来的な市場縮小を見越した大手食品会社が、海外に積極的な展開を見せています。

食品業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 伊藤忠食品 食品業界
20~24歳 357.8万円 304.2万円
25~29歳 531.4万円 494.1万円
30~34歳 600.9万円 559.6万円
35~39歳 656.6万円 611.8万円
40~44歳 692.0万円 633.9万円
45~49歳 730.1万円 646.5万円
50~54歳 747.9万円 663.8万円
55~59歳 747.1万円 650.4万円
60~64歳 558.5万円 511.6万円
生涯賃金 2.81億円 2.54億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

食品業界と比較すると伊藤忠食品の方が全体的に平均年収が高いことがわかります。30~34歳では40万ほど業界平均を上回り、あmた生涯賃金で比べると3,000万円ほどの差がある予測となっています。

まとめ

伊藤忠食品について調べてきました。全国5位の売上高を誇っていますが、新市場の開拓など積極的な姿勢の見える企業です。「価値」を追求し、「信頼」されるグッドカンパニーへという経営ビジョンのもと、ギフト取引の拡大やブランド商品開発などを押し進めています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ