企業研究

堀場製作所の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

堀場製作所における最近の平均年収推移

堀場製作所は「はかる」技術を通じて「環境」「健康」「社会」に貢献をしている企業です。企業的には世界シェア80パーセントの自動車業界の研究開発支えており、エンジンの排気ガス測定装置、ブレーキ車両テストなどなど環境・安全を考えた製品開発、提供を行っています。そんな堀場製作所の平均年収はどれくらいなのかをご紹介します。

堀場製作所とは

正式名称:株式会社堀場製作所 (HORIBA, Ltd.)
所在地:京都市南区吉祥院宮の東町2
従業員数:7149人
平均年齢:40.3歳
平均勤続年数:14.3年
//www.horiba.com/jp/
※有価証券報告書を参照

平均年齢40.3歳、平均勤続年数14.3年という部分に着目して見てみると、比較的働き盛りの方が多い企業だと言えます。

近年の平均年収推移

堀場製作所の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 662.0万円
平成27年 682.0万円
平成26年 660.0万円
平成25年 640.0万円
平成24年 645.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年の平均年収を見てみると、平成25年から平成27年にかけて上昇傾向にありますが、平成28年で下がってしまっています。今後再度上昇することを期待したいですね。

堀場製作所における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 398.5万円 24.9万円 99.9万円
25~29歳 540.4万円 33.7万円 135.5万円
30~34歳 623.6万円 38.9万円 156.3万円
35~39歳 681.5万円 42.6万円 170.8万円
40~44歳 735.8万円 45.9万円 184.4万円
45~49歳 797.1万円 49.8万円 199.8万円
50~54歳 835.5万円 52.2万円 209.4万円
55~59歳 804.6万円 50.2万円 201.7万円
60~64歳 538.5万円 33.6万円 135.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

堀場製作所の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.9万円 99.9万円 398.5万円
23歳 26.7万円 107.0万円 426.9万円
24歳 28.4万円 114.1万円 455.3万円
25歳 30.2万円 121.2万円 483.7万円
26歳 32.0万円 128.3万円 512.0万円
27歳 33.7万円 135.5万円 540.4万円
28歳 34.8万円 139.6万円 557.1万円
29歳 35.8万円 143.8万円 573.7万円
30歳 36.9万円 148.0万円 590.4万円
31歳 37.9万円 152.1万円 607.0万円
32歳 38.9万円 156.3万円 623.6万円
33歳 39.7万円 159.2万円 635.2万円
34歳 40.4万円 162.1万円 646.8万円
35歳 41.1万円 165.0万円 658.3万円
36歳 41.8万円 167.9万円 669.9万円
37歳 42.6万円 170.8万円 681.5万円
38歳 43.2万円 173.5万円 692.3万円
39歳 43.9万円 176.3万円 703.2万円
40歳 44.6万円 179.0万円 714.1万円
41歳 45.3万円 181.7万円 724.9万円
42歳 45.9万円 184.4万円 735.8万円
43歳 46.7万円 187.5万円 748.0万円
44歳 47.5万円 190.6万円 760.3万円
45歳 48.2万円 193.6万円 772.5万円
46歳 49.0万円 196.7万円 784.8万円
47歳 49.8万円 199.8万円 797.1万円
48歳 50.3万円 201.7万円 804.7万円
49歳 50.7万円 203.6万円 812.4万円
50歳 51.2万円 205.6万円 820.1万円
51歳 51.7万円 207.5万円 827.8万円
52歳 52.2万円 209.4万円 835.5万円
53歳 51.8万円 207.9万円 829.3万円
54歳 51.4万円 206.3万円 823.1万円
55歳 51.0万円 204.8万円 817.0万円
56歳 50.6万円 203.2万円 810.8万円
57歳 50.2万円 201.7万円 804.6万円
58歳 46.9万円 188.3万円 751.4万円
59歳 43.6万円 175.0万円 698.2万円
60歳 40.3万円 161.7万円 645.0万円
61歳 37.0万円 148.3万円 591.8万円
62歳 33.6万円 135.0万円 538.5万円
63歳 26.9万円 108.0万円 430.8万円
64歳 20.2万円 81.0万円 323.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

堀場製作所の役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,186.4万円
課長 927.9万円
係長 706.6万円
20~24歳の一般社員 398.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

堀場製作所の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.18万円
大学院卒 23.74万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒・大学院卒の初任給は、大卒が20万円、大学院卒が23万円とされています。両方とも一般的な初任給よりもやや多めの金額となります。

電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金

電機・家電大手業界とは

堀場製作所は様々な分野の貢献を行っていますが、その中でも自動車業界との商品提供が目立った成果でした。しかし、現在堀場製作所は医療面でも発展が期待できる企業となっています。今後は自動車面だけでなく医療面でも期待が高まる業界だと言えます。

電機・家電大手業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 堀場製作所 電機・家電大手業界
20~24歳 398.5万円 451.1万円
25~29歳 540.4万円 563.3万円
30~34歳 623.6万円 645.8万円
35~39歳 681.5万円 692.5万円
40~44歳 735.8万円 755.5万円
45~49歳 797.1万円 809.7万円
50~54歳 835.5万円 860.2万円
55~59歳 804.6万円 835.2万円
60~64歳 538.5万円 578.6万円
生涯賃金 2.98億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

堀場製作所の平均年収は、業界平均と比較するとやや低めの推移です。30~34歳ではおよそ22万円ほど下回るという予測となります。生涯賃金では、堀場製作所が2.98億円、電機・家電大手業界平均が3.10億円で、1,200万円の差額となる予測です。

年収以外の魅力

堀場製作所は分析計測機器の総合メーカーです。分析計測機器を使用できる市場に参入しているので、様々な分野に携わっており商品は1000種類以上ということです。分析計測機器の提供先は日本だけでなく海外にもあります。自動車計測事業で提供している商品の中にはシェアが80%以上を占めているものも存在しています。

ここでは堀場製作所の魅力を年収以外の観点から紹介していきます。堀場製作所の年収情報を読んでみて就職を検討している場合は、企業研究の材料として活用してみてください。

社是は「おもしろおかしく」

堀場製作所の社是の一つに「おもしろおかしく」というものがあり、この精神は堀場製作所の仕事に色濃く影響を及ぼしています。人間関係では上下関係はありながらもフランクな関係を築くことが可能な環境になっており、モチベーションを高いままで維持していくことができるように、堀場製作所ならではの独特なシステムが設けてあります。

飲み会などのコミュニケーションを取るための機会が多く設けられていますが、根幹にはビジネス上でという考えがあるので必要以上の束縛はありません。自分の意見を言える環境も、若いころから挑戦できる環境も用意してあります。結果は重要ですが、合理性を追求して社是の「おもしろおかしく」が損なわれてしまわないようになっています。

グローバル展開をしている企業

堀場製作所はグローバル展開をおこなっている企業のため、海外の企業とのつながりが強く、海外の企業との合同プロジェクトに参加することが可能です。社是の一つである「おもしろおかしく」の精神は、海外の合同プロジェクトにおいても有効です。海外の企業との合同プロジェクトに参加した場合は、海外での活躍をすることができます。研修においても海外に行ける機会があるので、海外志向のある人には非常に魅力だといえるでしょう。

海外で働いてみたいと考える人にとって魅力的な企業のため、海外に携われる業務は人気が高い傾向にあります。そのため参加枠が定員に達してしまうことも多いとのことなので、必ずしも参加できるとはいえない点に気をつけておきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

電気機器業界の動向


電気機器業界は好調とはいえず、苦戦が続いている状態です。電気機器業界の市場規模は近年横ばいの状態が続いており、平成28年の収益性は下がっています。電機機器業界は、その幅広さから家電業界、重電業界、時計業界、OA機器業界、半導体業界にわけることができます。重電業界、時計業界において好調な業績を記録しましたが、他の分野では前年比マイナスを記録しており電気機器業界は全体的に苦戦しているといえます。半導体業界においてはスマホの需要に代わるIoTの登場に期待が寄せられています。

堀場製作所は分析計測機器の総合メーカーのため、一つの業界に絞っているのではなく複数の業界にまたがって活動しています。そのため一つの事業でマイナスを被っても他の事業でカバーを図ることができます。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

まとめ

堀場製作所の平均年収を確認してきましたが、平均年収は電機・家電業界の平均とおおむね同じかやや下回る金額であることがわかりました。堀場製作所の生涯賃金は2.98億円に対して、電機・家電大手業界の平均年収は3.10億円と、差額が1,200万円になる予測です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ