就活その他

中国人就活生の現状。日本企業の反応。

目次

    中国人の日本における就職活動とは。。-サーチナニュース

    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0709&f=column_0709_072.shtml

    世はグルーバス時代。にも関わらず日本はまだまだクローズドな就職活動。
    その中で中国人留学生の就職活動が書かれた記事がありましたので感じたことをお伝えします。

    私も中国留学生の就職支援、現地中国人の日経企業への就職支援を行っていますが、一言でいえば全然違います。大きく3つの点で日本の就活生と異なる点があります。

    1.動機が明確
    なぜ日本で働きたいかがとても明確。
    その上で、企業を選ぶ理由もあります。
    中国という広い国から日本の中小企業を見つけることは容易なことではありませんが、自分のやりたいこと。ステップアップにつながることならとことんやるという姿勢は素晴らしいと感じます。

    2.勤勉
    現時点では中国の優秀大学の学生としか合っていませんが、勤勉な学生が多く、驚きます。勤勉さというのはビジネスにおいてはとても重要なスキルになります。勉強をすることをあたり前のことだと感じ、ひたむきに自分の価値の向上に取り組んでいる彼等に魅力を感じてしまうのは仕方のないことだと思います。

    3.自己主張
    やはり自己主張が強いと感じてしまいます。国民性なのかもしれませんが、やはリビジネスで求められているものではないかと思いました。もちろん時にあだとなることがあるかと思いますが、言い切る力や自分を表現する力は自信に溢れているように見えます。日本人の学生はもっと周りに合わせることをやめればいいのにと感じてしまうこともあります...

    今後もますますライバルはアジアの若者になってきます。就活だけでなく、ビジネスでも。どうやって乗り越えていくか大事。そのためのアクションを常に忘れずに行いましょう。

    監修者プロフィール

    ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
    吉川 智也
    (よしかわ・ともや)
    1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
    現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

    記事についてのお問い合わせ