企業研究

三井ハイテックの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

三井ハイテックにおける最近の平均年収推移

株式会社三井ハイテックは福岡県北九州市に本社を置くプレス用精密金型、工作機械、リードフレーム、モーターコアなどの製造、販売を手掛ける企業です。昭和24年、福岡県八幡市で金型の製造販売業として創業しました。昭和36年に平面研削盤を量産化、販売を開始。以降、ICリードフレーム、超高速金型、MACシステム(積層鉄芯金型内自動結束装置)、自動連続スポットめっき装置などを開発。現在は米国、カナダに事務所を設立しています。そんな三井ハイテックの初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

三井ハイテックとは

正式名称:株式会社三井ハイテック
所在地:福岡県北九州市八幡西区小嶺二丁目10番1号
従業員数:1,428人
平均年齢:41.6歳
平均勤続年数:20年
//www.mitsui-high-tec.com/ja/
※有価証券報告書を参照

三井ハイテックの製品には金型・精密部品、工作機械、リードフレーム、モーターコアがあります。金型・精密部品は金型から電気モーター用の鉄心コア、自動車構成部品、樹脂成型品などを製造します。工作機械は成形研削盤などの機械の製造、販売をしています。リードフレームは半導体の内部配線に使用される薄板金属で、三井ハイテックは世界で初めて精密金型で生産することを可能にしました。モーターコアは小型では携帯電話のマナーモード用振動モーターから大型ではハイブリッドカー用駆動モーターを製造しています。

近年の平均年収推移

三井ハイテックの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 582.0万円
平成27年 558.0万円
平成26年 570.0万円
平成25年 550.0万円
平成24年 523.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成28年の平均年収は582万円です。平成20年に発生したリーマンショックでは多くの企業が影響を受けて年収が大幅に減額となりました。当時の三井ハイテックの年収は上昇が続いていたことから影響は受けていません。平成23年までは400万円後半を推移していましたが、24年に500万円の水準に達しました。27年に減額しましたが、28年までの4年間で約60万円の増加となっています。

三井ハイテックにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 350.7万円 21.9万円 87.9万円
25~29歳 475.6万円 29.7万円 119.2万円
30~34歳 548.8万円 34.3万円 137.6万円
35~39歳 599.7万円 37.4万円 150.3万円
40~44歳 647.5万円 40.4万円 162.3万円
45~49歳 701.4万円 43.8万円 175.8万円
50~54歳 735.3万円 45.9万円 184.3万円
55~59歳 708.1万円 44.2万円 177.5万円
60~64歳 473.9万円 29.6万円 118.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

三井ハイテックの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 21.9万円 87.9万円 350.7万円
23歳 23.5万円 94.2万円 375.7万円
24歳 25.0万円 100.4万円 400.7万円
25歳 26.6万円 106.7万円 425.6万円
26歳 28.1万円 113.0万円 450.6万円
27歳 29.7万円 119.2万円 475.6万円
28歳 30.6万円 122.9万円 490.2万円
29歳 31.5万円 126.6万円 504.9万円
30歳 32.4万円 130.2万円 519.5万円
31歳 33.4万円 133.9万円 534.2万円
32歳 34.3万円 137.6万円 548.8万円
33歳 34.9万円 140.1万円 559.0万円
34歳 35.5万円 142.7万円 569.2万円
35歳 36.2万円 145.2万円 579.4万円
36歳 36.8万円 147.8万円 589.5万円
37歳 37.4万円 150.3万円 599.7万円
38歳 38.0万円 152.7万円 609.3万円
39歳 38.6万円 155.1万円 618.8万円
40歳 39.2万円 157.5万円 628.4万円
41歳 39.8万円 159.9万円 637.9万円
42歳 40.4万円 162.3万円 647.5万円
43歳 41.1万円 165.0万円 658.3万円
44歳 41.8万円 167.7万円 669.1万円
45歳 42.5万円 170.4万円 679.9万円
46歳 43.1万円 173.1万円 690.7万円
47歳 43.8万円 175.8万円 701.4万円
48歳 44.2万円 177.5万円 708.2万円
49歳 44.6万円 179.2万円 715.0万円
50歳 45.1万円 180.9万円 721.7万円
51歳 45.5万円 182.6万円 728.5万円
52歳 45.9万円 184.3万円 735.3万円
53歳 45.6万円 182.9万円 729.8万円
54歳 45.2万円 181.6万円 724.4万円
55歳 44.9万円 180.2万円 719.0万円
56歳 44.6万円 178.9万円 713.5万円
57歳 44.2万円 177.5万円 708.1万円
58歳 41.3万円 165.8万円 661.3万円
59歳 38.4万円 154.0万円 614.4万円
60歳 35.4万円 142.3万円 567.6万円
61歳 32.5万円 130.5万円 520.8万円
62歳 29.6万円 118.8万円 473.9万円
63歳 23.7万円 95.0万円 379.1万円
64歳 17.8万円 71.3万円 284.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井ハイテックの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,044.0万円
課長 816.6万円
係長 621.8万円
20~24歳の一般社員 350.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井ハイテックの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.613万円
修士了 22.556万円

※リクナビ2018より参照しています。

住友精化の初任給は一般企業の平均的な金額より若干低いです。高専卒は180,130円です。入社時教育では2週間の座学研修、3か月の金型基礎研修が組まれています。

電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金

電機・家電大手業界とは

工作機械業界の景気は上昇傾向にありましたが、リーマンショックの影響で大幅に下降しました。その後、欧州の債務危機、アジア経済失速の影響で横ばいが続きましたが、平成25年以降、設備投資や産業機械の需要が増加したことで再び上昇傾向が続いています。

工作機械業界は企業の設備投資費用に依存することが多いため、製造業の景気が工作機械業界の景気に直結します。最近ではスマートフォンの需要が落着いていますが、自動車、航空機、精密機械などはこれからも需要が見込まれています。

電機・家電大手業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 三井ハイテック 電機・家電大手業界
20~24歳 350.7万円 451.1万円
25~29歳 475.6万円 563.3万円
30~34歳 548.8万円 645.8万円
35~39歳 599.7万円 692.5万円
40~44歳 647.5万円 755.5万円
45~49歳 701.4万円 809.7万円
50~54歳 735.3万円 860.2万円
55~59歳 708.1万円 835.2万円
60~64歳 473.9万円 578.6万円
生涯賃金 2.62億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井ハイテックは電機・家電大手業界の平均年収と比較すると全体的に下回っています。業界平均との差額では20代~40代は約100万円、50代では130万円ほど平均を下回る予測です。

まとめ

ここまで三井ハイテックについて調査をしてきました。三井ハイテックの製品は新興国からの需要も高く、工作機械は世界で高い評価を得ています。モーターコア製品は多くの製品で使用されています。今後ハイブリッド車や電気自動車の量産が増えてくることが予想されます。モーターを動力とする乗り物が増えることでクリーンエネルギーの貢献、省資源、省エネルギーに向けた製品開発を続ける素晴らしい企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ