企業研究

ヒロセ電機の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ヒロセ電機における最近の平均年収推移

ヒロセ電機は、オリジナルコネクタを自社で開発・生産している企業です。経営理念として、「ヒロセ電機グループは、スモール思想で英知をつなげ、新たな価値を創造し、グローバル社会の発展に貢献する」ことを掲げています。では、ヒロセ電機の年収について確認していきましょう。

ヒロセ電機とは

正式名称:ヒロセ電機株式会社
所在地:東京都品川区大崎5丁目5番23号
従業員数:4,319人(連結)
平均年齢:38.5歳
平均勤続年数:11.7年
//www.hirose.com/jp/about/corporate_data/
※有価証券報告書を参照

ヒロセ電機は、1937年に創業された企業です。コンピュータや周辺機器、自動車などの各種高性能コネクタを製造・販売しています。従業員数は連結で4,319人となっています。アメリカやシンガポールなど、海外に複数の子会社があり、日本国外での取引も盛んです。

近年の平均年収推移

ヒロセ電機の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 737.0万円
平成27年 760.0万円
平成26年 778.0万円
平成25年 744.0万円
平成24年 644.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年間の平均年収は、最低644万円、最高778万円です。過去5年の平均年収における平均は、732万円となります。大きな変化としては、平成24年から平成25年の間に、平均年収が100万円増加していることが挙げられます。

ヒロセ電機における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 464.9万円 29.6万円 110.1万円
25~29歳 605.5万円 38.5万円 143.4万円
30~34歳 688.9万円 43.8万円 163.2万円
35~39歳 745.5万円 47.4万円 176.6万円
40~44歳 806.5万円 51.3万円 191.1万円
45~49歳 872.3万円 55.5万円 206.6万円
50~54歳 909.0万円 57.8万円 215.3万円
55~59歳 903.4万円 57.4万円 214.0万円
60~64歳 634.3万円 40.3万円 150.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ヒロセ電機の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 29.6万円 110.1万円 464.9万円
23歳 31.4万円 116.8万円 493.0万円
24歳 33.1万円 123.5万円 521.1万円
25歳 34.9万円 130.1万円 549.3万円
26歳 36.7万円 136.8万円 577.4万円
27歳 38.5万円 143.4万円 605.5万円
28歳 39.6万円 147.4万円 622.2万円
29歳 40.6万円 151.3万円 638.9万円
30歳 41.7万円 155.3万円 655.6万円
31歳 42.7万円 159.2万円 672.2万円
32歳 43.8万円 163.2万円 688.9万円
33歳 44.5万円 165.9万円 700.2万円
34歳 45.2万円 168.6万円 711.5万円
35歳 46.0万円 171.2万円 722.8万円
36歳 46.7万円 173.9万円 734.2万円
37歳 47.4万円 176.6万円 745.5万円
38歳 48.2万円 179.5万円 757.7万円
39歳 49.0万円 182.4万円 769.9万円
40歳 49.7万円 185.3万円 782.1万円
41歳 50.5万円 188.2万円 794.3万円
42歳 51.3万円 191.1万円 806.5万円
43歳 52.1万円 194.2万円 819.7万円
44歳 53.0万円 197.3万円 832.8万円
45歳 53.8万円 200.4万円 846.0万円
46歳 54.6万円 203.5万円 859.1万円
47歳 55.5万円 206.6万円 872.3万円
48歳 55.9万円 208.4万円 879.6万円
49歳 56.4万円 210.1万円 887.0万円
50歳 56.9万円 211.9万円 894.3万円
51歳 57.3万円 213.6万円 901.7万円
52歳 57.8万円 215.3万円 909.0万円
53歳 57.7万円 215.1万円 907.9万円
54歳 57.7万円 214.8万円 906.8万円
55歳 57.6万円 214.5万円 905.7万円
56歳 57.5万円 214.3万円 904.5万円
57歳 57.4万円 214.0万円 903.4万円
58歳 54.0万円 201.3万円 849.6万円
59歳 50.6万円 188.5万円 795.7万円
60歳 47.2万円 175.8万円 741.9万円
61歳 43.8万円 163.0万円 688.1万円
62歳 40.3万円 150.3万円 634.3万円
63歳 32.3万円 120.2万円 507.4万円
64歳 24.2万円 90.2万円 380.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ヒロセ電機の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,383.9万円
課長 1,082.4万円
係長 824.3万円
20~24歳の一般社員 464.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ヒロセ電機の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.71万円
修士了 24.12万円

※リクナビ2018より参照しています。

京浜地区・関西地区・東海地区の初任給は、大卒で総合職が21.71万円、一般職が20.13万円となっています。また、修士了で理系の総合職だった場合の初任給は、24.12万円です。勤務地によっても初任給の金額に変化があります。

電子部品業界における年収の傾向と生涯賃金

電子部品業界とは

電子部品は、パソコンやスマートフォン、自動車など、身近な家電製品に組み込まれています。その電子部品を、開発・生産し、国内外で販売するのが電子部品メーカーです。電子部品業界内でもトップシェアを誇っているのが、京セラ・村田製作所・日本電産・TDKなどの企業となっています。

電子部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ヒロセ電機 電子部品業界
20~24歳 464.9万円 390.2万円
25~29歳 605.5万円 487.2万円
30~34歳 688.9万円 558.5万円
35~39歳 745.5万円 598.9万円
40~44歳 806.5万円 653.4万円
45~49歳 872.3万円 700.3万円
50~54歳 909.0万円 743.9万円
55~59歳 903.4万円 722.3万円
60~64歳 634.3万円 500.4万円
生涯賃金 3.32億円 2.68億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ヒロセ電機の平均年収は、電子部品業界の平均と比較して、全体的に高くなっています。30~34歳では、ヒロセ電機のほうが130.4万円高い予測です。生涯賃金ではヒロセ電機のほうが6,400万円高いという予測になります。

まとめ

パソコンやスマートフォン、自動車などに組み込まれる電子部品を開発・生産するヒロセ電機について調べてみました。ヒロセ電機の平均年収は、電子部品業界の平均年収と比べると、全体的に高いという予測です。革新的な製品開発で海外からも高い評価を得ているヒロセ電機ですので、今後もグローバルな活躍が期待できるかもしれません。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ