企業研究

アイシン精機の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アイシン精機の年収を知ろう


アイシン精機の企業研究をする上で、会社の創業からのあゆみや仕事内容を知る以外にも、雇用条件として重要な年収について調べておくことが大切です。年収を知ることで、初任給以外に支給されるボーナスについてもおおよその予測をすることができます。入社当初のものだけではなく、年齢を重ねるにつれ、年収がどれほど上昇していくのかを知ることができれば、人生設計の参考になるでしょう。

今回は、年齢や役職ごとに分類したアイシン精機の年収を紹介します。また、平均的な自動車部品業界の年収とアイシン精機の年収を年齢ごとに比較することで、業界におけるアイシン精機の位置づけを明示していますので、参考にしてみてください。なお、これらの年収の金額は、いずれも予測シミュレーションによるもので、実際の年収とは異なる場合があります。

自分は部品メーカーに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、部品メーカーの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が部品メーカーに向いているタイプか、診断してみましょう。

アイシン精機における最近の平均年収推移

アイシン精機は、愛知県に本社を置く総合自動車部品メーカーです。1965年に設立され、創業以来「品質至上」を基本理念とし、商品作りに取り組んできました。エネルギー関連分野等でも事業を展開しているアイシン精機の、平均年収や生涯賃金を確認してみましょう。

アイシン精機とは

正式名称:アイシン精機株式会社
所在地:愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
従業員数:110,357人(連結)、13,591人(単体)
平均年齢:38.7歳
平均勤続年数:15年
//www.aisin.co.jp/profile/outline/
※有価証券報告書を参照

アイシン精機は、連結で110,357人、単体で13,591人の従業員数を誇る企業です。資本金が450億円という点から見ても、大企業といえるでしょう。平均勤続年数は15年となっていますので、長期間働いている人が多いことがわかります。

近年の平均年収推移

アイシン精機の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 733.0万円
平成27年 710.0万円
平成26年 708.0万円
平成25年 676.0万円
平成24年 663.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年の平均年収は最低663万円、最高733万円です。グラフを見ると、毎年増加傾向にあることがわかります。平成24年から平成28年の間に、70万円も増加しています。過去5年の平均年収における平均は、698万円です。

トヨタグループなのでトヨタの業績に左右される

先述した通り、この記事で紹介しているアイシン精機の年収は、予測シミュレーションによって算出したものです。実際には、このシミュレーションとは異なることがありますが、その他にも、アイシン精機の年収がここに明示しているものと変動する要因があります。それは、自動車業界国内最大手のトヨタの業績です。アイシン精機の企業研究をしている就活生は知っているかもしれませんが、アイシン精機は、トヨタグループに属しています。

そのため、トヨタの業績がアイシン精機の社員の年収を左右するのです。今後のトヨタの経営状態や、業績によっては、今回紹介したシミュレーションから大きく変動する恐れがあります。自動車部品業界は、各自動車メーカーの傘下にあることが多い為、メーカーによって影響を受けやすいのです。

アイシン精機における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 408.4万円 25.4万円 103.5万円
25~29歳 605.7万円 37.7万円 153.6万円
30~34歳 707.2万円 44.0万円 179.3万円
35~39歳 764.0万円 47.5万円 193.7万円
40~44歳 813.2万円 50.6万円 206.2万円
45~49歳 893.5万円 55.6万円 226.5万円
50~54歳 947.2万円 58.9万円 240.1万円
55~59歳 887.3万円 55.2万円 225.0万円
60~64歳 568.7万円 35.4万円 144.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

アイシン精機の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.4万円 103.5万円 408.4万円
23歳 27.9万円 113.5万円 447.8万円
24歳 30.3万円 123.5万円 487.3万円
25歳 32.8万円 133.5万円 526.8万円
26歳 35.2万円 143.5万円 566.2万円
27歳 37.7万円 153.6万円 605.7万円
28歳 38.9万円 158.7万円 626.0万円
29歳 40.2万円 163.9万円 646.3万円
30歳 41.5万円 169.0万円 666.6万円
31歳 42.7万円 174.2万円 686.9万円
32歳 44.0万円 179.3万円 707.2万円
33歳 44.7万円 182.2万円 718.6万円
34歳 45.4万円 185.1万円 730.0万円
35歳 46.1万円 187.9万円 741.3万円
36歳 46.8万円 190.8万円 752.7万円
37歳 47.5万円 193.7万円 764.0万円
38歳 48.1万円 196.2万円 773.9万円
39歳 48.8万円 198.7万円 783.7万円
40歳 49.4万円 201.2万円 793.5万円
41歳 50.0万円 203.7万円 803.4万円
42歳 50.6万円 206.2万円 813.2万円
43歳 51.6万円 210.2万円 829.3万円
44歳 52.6万円 214.3万円 845.3万円
45歳 53.6万円 218.4万円 861.4万円
46歳 54.6万円 222.4万円 877.4万円
47歳 55.6万円 226.5万円 893.5万円
48歳 56.2万円 229.2万円 904.2万円
49歳 56.9万円 232.0万円 915.0万円
50歳 57.6万円 234.7万円 925.7万円
51歳 58.3万円 237.4万円 936.5万円
52歳 58.9万円 240.1万円 947.2万円
53歳 58.2万円 237.1万円 935.2万円
54歳 57.4万円 234.1万円 923.2万円
55歳 56.7万円 231.0万円 911.3万円
56歳 55.9万円 228.0万円 899.3万円
57歳 55.2万円 225.0万円 887.3万円
58歳 51.2万円 208.8万円 823.6万円
59歳 47.3万円 192.6万円 759.9万円
60歳 43.3万円 176.5万円 696.1万円
61歳 39.3万円 160.3万円 632.4万円
62歳 35.4万円 144.2万円 568.7万円
63歳 28.3万円 115.3万円 455.0万円
64歳 21.2万円 86.5万円 341.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

基本的には年功序列

上で明示した平均年収の1歳ごとの推移シミュレーションを見ると、アイシン精機では、年齢を重ねるにつれ、順調に年収が増額していることが分かります。もちろん同じ年齢でも配属先や役職によって手当などが異なるため、人によって年収は変わってきますが、基本的にアイシン精機の年収は年齢に応じて給料が上がっていく、年功序列型と言ってもよいでしょう。

ただし、このシミュレーションからは、月給やボーナス、平均年収のいずれの金額も、52歳をピークとして、その後は減少傾向にあることが伺えます。58歳くらいからは、前年に比べ減少する金額も徐々に大きくなってきていることから、アイシン精機は定年までの間ずっと給与が上がり続けるような、完全な年功序列型であるとは言い切れないでしょう。これらは、あくまでシミュレーションを元に分析・予測していますので、実際とは異なることがあります。

アイシン精機の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,215.7万円
課長 950.9万円
係長 724.1万円
20~24歳の一般社員 408.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

部長になると一般社員の3倍の年収になる

先ほど紹介したアイシン精機の役職者の年収シミュレーションを見ると、部長の年収が約1,200万円であるのに対し、20代前半の一般社員の年収は約400万円となっています。つまり、役職が部長になれば、20代前半の一般社員の3倍の年収を受け取っているという計算になるのです。また、一般社員から係長にワンステップ昇進した後は、入社直後の若手社員から見て倍近い年収に跳ね上がっています。

係長以降も、課長、部長へと昇進していく毎に年収は上昇しますが、係長に昇進した時は、年収の上がり方が最も顕著です。このことから、アイシン精機では年齢だけではなく、役職に応じても年収が大きく上昇していく給与体系であることが分かります。

アイシン精機の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
修士了 22.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

アイシン精機の初任給は、大卒が20.5万円です。また、高専の専攻科卒は20.4万円、本科卒は17.8万円となっています。諸手当としては、通勤・家族・超過勤務・勤務地手当があり、賞与は年2回です。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

自動車部品業界とは、多彩な技術を活かして自動車部品の設計・開発等をおこなう産業をさします。自動車部品メーカーは、自動車メーカーの傘下企業が多く、トヨタ・日産・ホンダなどの系列が存在します。また、海外での需要拡大も期待されているといえるでしょう。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 アイシン精機 自動車部品業界
20~24歳 408.4万円 386.2万円
25~29歳 605.7万円 482.3万円
30~34歳 707.2万円 552.9万円
35~39歳 764.0万円 592.9万円
40~44歳 813.2万円 646.8万円
45~49歳 893.5万円 693.2万円
50~54歳 947.2万円 736.4万円
55~59歳 887.3万円 715.1万円
60~64歳 568.7万円 495.3万円
生涯賃金 3.30億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自動車部品業界の平均年収と比較すると、アイシン精機の方が全体的に高いことがグラフからわかります。40~44歳では、166.4万円高い予測です。生涯賃金では、6,500万円高いと予測できます。

まとめ

アイシン精機は、自動車部品を中心とした開発・設計をおこなう企業です。また、住生活やエネルギーに関連した事業にも取り組んでいます。海外での需要拡大も期待されている自動車業界では、新しい技術を生み出しながらグローバルに活躍できる人材が求められているでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ