企業研究

積水樹脂の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

積水樹脂における最近の平均年収推移

積水樹脂株式会社は大阪市北区に本社を置く交通環境資材関連事業、景観資材関連事業、スポーツ施設関連事業、住建材関連事業などを手掛ける企業です。昭和29年、大阪市に特殊接着剤を応用したアドヘヤ封筒の製造販売するアドヘヤ紙工株式会社を創立しました。平成元年、寿産業を買収以降、ポリカラー工業、ロードエンタープライズ、タイのダイプラシステックなどを買収し、事業を拡大してきました。こんな積水樹脂の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

積水樹脂とは

正式名称:積水樹脂株式会社
所在地:大阪市北区西天満二丁目4番4号
従業員数:322人
平均年齢:42.1歳
平均勤続年数:17.3年
//www.sekisuijushi.co.jp/
※有価証券報告書を参照

積水樹脂の事業では公共部門と民間部門の区分があります。交通・景観製品を扱う公共部門は道路標識、遮熱性舗装、防音壁材、歩行者用防護柵、防風・防雪柵、車止め、シェルター、ソーラー照明灯があります。民間部門はスポーツ施設(校庭、サッカー、フットサル、野球の人工芝)、住建材関連製品(メッシュフェンス、めかくし塀、自転車置場、手すり)、総合物流資材(梱包結束用バンド、梱包資機材)、自動車部品関連製品、農業資材、施設園芸資材、獣害対策資材などがあります。

近年の平均年収推移

積水樹脂の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 610.0万円
平成27年 607.0万円
平成26年 606.0万円
平成25年 623.0万円
平成24年 625.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成28年の平均年収は610万円です。平成20年に発生したリーマンショックでの影響で多くの企業で年収が大幅に減額となりましたが、積水樹脂の影響はありませんでした。道路標識など公共で利用される商品を扱っていることから安定性がある企業だと言えます。年収の揺らぎはありますが、600万円前半を推移しています。

積水樹脂における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 397.1万円 25.8万円 87.2万円
25~29歳 506.3万円 32.9万円 111.2万円
30~34歳 573.9万円 37.3万円 126.0万円
35~39歳 623.1万円 40.5万円 136.8万円
40~44歳 670.1万円 43.6万円 147.1万円
45~49歳 703.1万円 45.7万円 154.4万円
50~54歳 742.8万円 48.3万円 163.1万円
55~59歳 737.1万円 47.9万円 161.9万円
60~64歳 533.3万円 34.7万円 117.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

積水樹脂の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.8万円 87.2万円 397.1万円
23歳 27.2万円 92.0万円 418.9万円
24歳 28.7万円 96.8万円 440.8万円
25歳 30.1万円 101.6万円 462.6万円
26歳 31.5万円 106.4万円 484.5万円
27歳 32.9万円 111.2万円 506.3万円
28歳 33.8万円 114.1万円 519.8万円
29歳 34.7万円 117.1万円 533.3万円
30歳 35.6万円 120.1万円 546.9万円
31歳 36.4万円 123.0万円 560.4万円
32歳 37.3万円 126.0万円 573.9万円
33歳 38.0万円 128.2万円 583.7万円
34歳 38.6万円 130.3万円 593.6万円
35歳 39.2万円 132.5万円 603.4万円
36歳 39.9万円 134.7万円 613.3万円
37歳 40.5万円 136.8万円 623.1万円
38歳 41.1万円 138.9万円 632.5万円
39歳 41.7万円 140.9万円 641.9万円
40歳 42.4万円 143.0万円 651.3万円
41歳 43.0万円 145.1万円 660.7万円
42歳 43.6万円 147.1万円 670.1万円
43歳 44.0万円 148.6万円 676.7万円
44歳 44.4万円 150.0万円 683.3万円
45歳 44.9万円 151.5万円 689.9万円
46歳 45.3万円 152.9万円 696.5万円
47歳 45.7万円 154.4万円 703.1万円
48歳 46.2万円 156.1万円 711.0万円
49歳 46.8万円 157.9万円 719.0万円
50歳 47.3万円 159.6万円 726.9万円
51歳 47.8万円 161.3万円 734.8万円
52歳 48.3万円 163.1万円 742.8万円
53歳 48.2万円 162.8万円 741.7万円
54歳 48.2万円 162.6万円 740.5万円
55歳 48.1万円 162.3万円 739.4万円
56歳 48.0万円 162.1万円 738.3万円
57歳 47.9万円 161.9万円 737.1万円
58歳 45.3万円 152.9万円 696.4万円
59歳 42.6万円 144.0万円 655.6万円
60歳 40.0万円 135.0万円 614.8万円
61歳 37.3万円 126.0万円 574.1万円
62歳 34.7万円 117.1万円 533.3万円
63歳 27.7万円 93.7万円 426.6万円
64歳 20.8万円 70.3万円 320.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

積水樹脂の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,182.0万円
課長 924.5万円
係長 704.0万円
20~24歳の一般社員 397.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

積水樹脂の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.95万円
修士了 22万円

※リクナビ2018より参照しています。

積水樹脂の初任給は一般企業の平均的な金額です。技術系の職種には研究開発、商品開発、生産技術、設計、施工管理、デザインがあります。

営業・事務系の職種には営業、総務、法務、人事、経理、販売管理、情報システム、事業企画があります。入社後、1カ月の新入社員研修があります。その他、実務研修、技術教育研修、グローバル人材の育成のため海外子会社へ派遣する海外研修があります。

化学業界における年収の傾向と生涯賃金

化学業界とは

化学業界の景気は中国を中心としたアジア市場の需要増加で平成19年まで上昇が続いていましたが、リーマンショックの影響、原油価格高騰で21年にかけて大幅に下落しました。その後、化学製品などの業績不振で24年まで横ばいが続きました。25年以降は世界景気の回復や原油価格の下落でリーマンショック前の水準に達しています。化学業界では原油価格に左右されてしまうため、最近では原油の依存を減らす取り組み、研究が進められています。

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 積水樹脂 化学業界
20~24歳 397.1万円 405.2万円
25~29歳 506.3万円 506.0万円
30~34歳 573.9万円 580.1万円
35~39歳 623.1万円 622.0万円
40~44歳 670.1万円 678.6万円
45~49歳 703.1万円 727.3万円
50~54歳 742.8万円 772.7万円
55~59歳 737.1万円 750.3万円
60~64歳 533.3万円 519.7万円
生涯賃金 2.74億円 2.78億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

積水樹脂は化学業界の平均年収と比較するとやや下回っています。業界平均年収との差額では20代後半、30代後半では平均をやや上回っていますが、その他の年齢層では6万円から30万円下回る予測です。年齢と共に差額が開いています。

まとめ

ここまで積水樹脂について調査をしてきました。公共用品から民間部品まで取り扱う製品の分野は広くあります。化学業界の平均年収と比較すると、若干下回っていますが、交通標識など公共物を取り扱っていることもあり、年収は安定していることが分かりました。最近、高速道路での逆走事故や通学中の子供を巻き込む事故が増加していることもあり、安全対策の強化が図られています。積水樹脂が提案した商品が採用され、売上げに繋がっています。積水樹脂の活躍で安全な社会を作られます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ