企業研究

日本ペイントの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

日本ペイントにおける最近の平均年収推移

日本ペイントは、日本初の塗料メーカーとして1881年に創業して以来、130年以上にわたり業界をリードし続けてきています。また日本ペイントグループは国内で唯一、塗料と表面処理を総合的に扱うメーカーとして、幅広い技術・サービスを提供しているのが特徴です。そんな日本ペイントの平均年収や生涯賃金などを、公開されている情報をもとに調べてみました。

 日本ペイントとは

正式名称:日本ペイントホールディングス株式会社
所在地:大阪市北区大淀北2-1-2
従業員数:224人
平均年齢:42歳
平均勤続年数:16.3年
//www.nipponpaint-holdings.com/company/outline/
※有価証券報告書を参照

日本ペイントは、正式名称を日本ペイントホールディングス株式会社といい、大阪に本社を置く企業です。主要グループ会社として、国内に「日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社」「日本ペイント株式会社」「日本ペイント・インダストリアルコーディングス株式会社」など9社を持ち、海外でも中国をはじめとしたアジア諸国、アメリカやヨーロッパの計19ヶ国で事業を展開しています。

近年の平均年収推移

日本ペイントの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 808.0万円
平成27年 804.0万円
平成26年 812.0万円
平成25年 782.0万円
平成24年 710.0万円

※有価証券報告書を参照しています。
※最新の平成28年度は決算月の変更により、平成28年4月1日から平成28年12月31日までの9ヵ月間の金額を12ヵ月ベースに換算しています。

過去5年間の平均年収は、平成24年から25年にかけて大きく増加し、平成26年からは800万円を突破するなど、全体的に上昇傾向にあり、安定しています。

日本ペイントにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 526.5万円 34.2万円 115.6万円
25~29歳 671.4万円 43.7万円 147.4万円
30~34歳 761.0万円 49.5万円 167.1万円
35~39歳 826.2万円 53.7万円 181.4万円
40~44歳 888.6万円 57.8万円 195.1万円
45~49歳 932.3万円 60.6万円 204.7万円
50~54歳 985.0万円 64.1万円 216.3万円
55~59歳 977.5万円 63.6万円 214.6万円
60~64歳 707.2万円 46.0万円 155.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

日本ペイントの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 34.2万円 115.6万円 526.5万円
23歳 36.1万円 122.0万円 555.5万円
24歳 38.0万円 128.3万円 584.5万円
25歳 39.9万円 134.7万円 613.4万円
26歳 41.8万円 141.1万円 642.4万円
27歳 43.7万円 147.4万円 671.4万円
28歳 44.8万円 151.3万円 689.3万円
29歳 46.0万円 155.3万円 707.2万円
30歳 47.2万円 159.2万円 725.1万円
31歳 48.3万円 163.2万円 743.1万円
32歳 49.5万円 167.1万円 761.0万円
33歳 50.3万円 170.0万円 774.0万円
34歳 51.2万円 172.8万円 787.1万円
35歳 52.0万円 175.7万円 800.1万円
36歳 52.9万円 178.6万円 813.2万円
37歳 53.7万円 181.4万円 826.2万円
38歳 54.5万円 184.2万円 838.7万円
39歳 55.4万円 186.9万円 851.2万円
40歳 56.2万円 189.6万円 863.7万円
41歳 57.0万円 192.4万円 876.1万円
42歳 57.8万円 195.1万円 888.6万円
43歳 58.4万円 197.0万円 897.4万円
44歳 58.9万円 198.9万円 906.1万円
45歳 59.5万円 200.9万円 914.8万円
46歳 60.1万円 202.8万円 923.5万円
47歳 60.6万円 204.7万円 932.3万円
48歳 61.3万円 207.0万円 942.8万円
49歳 62.0万円 209.3万円 953.3万円
50歳 62.7万円 211.6万円 963.9万円
51歳 63.4万円 214.0万円 974.4万円
52歳 64.1万円 216.3万円 985.0万円
53歳 64.0万円 215.9万円 983.5万円
54歳 63.9万円 215.6万円 982.0万円
55歳 63.8万円 215.3万円 980.5万円
56歳 63.7万円 214.9万円 979.0万円
57歳 63.6万円 214.6万円 977.5万円
58歳 60.1万円 202.8万円 923.4万円
59歳 56.5万円 190.9万円 869.3万円
60歳 53.0万円 179.0万円 815.3万円
61歳 49.5万円 167.1万円 761.2万円
62歳 46.0万円 155.3万円 707.2万円
63歳 36.8万円 124.2万円 565.7万円
64歳 27.6万円 93.2万円 424.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ペイントの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,567.4万円
課長 1,225.9万円
係長 933.5万円
20~24歳の一般社員 526.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ペイントの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.168万円
大学院卒 22.568万円

※リクナビ2018より参照しています。

2016年4月の実績になります。大卒と修士了では14,000円ほどの差になっています。資格取得・住宅・家族などの諸手当や、独身寮・住宅資金融資斡旋制度などの福利厚生も充実しているようです。

化学業界における年収の傾向と生涯賃金

化学業界とは

化学業界は、人々の生活に欠くことのできない様々な化学製品を作り出している業界です。化学製品といえば合成繊維、樹脂、ゴム、塗料など様々なものがあります。

日本ペイントは塗料メーカーとして、関西ペイント、DIC 、東洋インキ等大手塗料メーカーの中で売上高、営業利益において1,2位に位置するなど業績は順調に見えます。化学業界との比較になりますが、日本ペイントの平均年収の推移はどうなっているのでしょうか。

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 日本ペイント 化学業界
20~24歳 526.5万円 405.2万円
25~29歳 671.4万円 506.0万円
30~34歳 761.0万円 580.1万円
35~39歳 826.2万円 622.0万円
40~44歳 888.6万円 678.6万円
45~49歳 932.3万円 727.3万円
50~54歳 985.0万円 772.7万円
55~59歳 977.5万円 750.3万円
60~64歳 707.2万円 519.7万円
生涯賃金 3.64億円 2.78億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

業界全体との比較では、日本ペイントの平均年収のほうが20〜24歳の時点で100万円ほど上回り、30歳以降では200万程度の差が出ると予測されています。生涯賃金でも8,000万円ほど業界平均を上回る予測ですので、日本ペイントの平均年収は高い水準にあると言えるでしょう。

まとめ

日本ペイントは、自動車用塗料・汎用塗料・工業用塗料などの塗料事業と、表面処理・ファインプロダクツといったファインケミカル事業においてビジネスを展開。新事業の開拓や海外への進出にも力を入れています。今後も日本を代表する塗料メーカーとして、さらなる躍進を期待できそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ