企業研究

ヤオコーの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ヤオコーにおける最近の平均年収推移

株式会社ヤオコーは、埼玉県川越市に本社を置く関東を中心に展開している食生活提案型スーパーマーケットです。明治23年に創業しました。平成2年、田原屋フーズの株式を100%取得し、別会社として経営。平成7年、調剤薬局とドラッグストアを担う日本アポックを子会社として設立後、スギ薬局に事業を譲渡しました。その後、デリカ部門を事業部化、子会社の三味を設立、農業事業の開始、エイヴイの子会社化など、事業を拡大しています。そんなヤオコーの初任給や年収などを、企業が公開している情報を元に調べてみました。

ヤオコーとは

正式名称:株式会社ヤオコー
所在地:埼玉県川越市脇田本町1番地5
従業員数:2,920人
平均年齢:38.2歳
平均勤続年数:10.2年
//www.yaoko-net.com/
※有価証券報告書を参照

ヤオコーは、食の安全・安心に向けて、生産者の顔が見える地元野菜等を販売しています。食べ残しが出ないためにバラ売り・小パックでの販売をし、環境に配慮したプライベートブランド商品の開発をおこなっています。こだわりたまごは、ヒナから管理し、那須牛乳は乳質検査を徹底していて、精肉は、生産農家から販売までの肉の履歴が追跡できる体制を構築するなど、様々な取り組みがおこなわれています。

近年の平均年収推移

ヤオコーの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 595.0万円
平成27年 500.0万円
平成26年 500.0万円
平成25年 500.0万円
平成24年 500.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成28年の平均年収は595万円です。過去の有価証券報告書に記載されている平均年収は全て500万円のため、安定していることが伺えます。エイヴイグループの完全子会社化、店舗の大型改装などの成長戦略は順調に進められているため、今後の売上げ、年収は上昇することが予想されます。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

ヤオコーにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 323.6万円 21.4万円 67.2万円
25~29歳 502.8万円 33.2万円 104.4万円
30~34歳 576.5万円 38.1万円 119.6万円
35~39歳 635.8万円 42.0万円 132.0万円
40~44歳 669.0万円 44.2万円 138.8万円
45~49歳 707.3万円 46.7万円 146.8万円
50~54歳 729.2万円 48.2万円 151.3万円
55~59歳 705.2万円 46.6万円 146.3万円
60~64歳 503.7万円 33.3万円 104.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ヤオコーの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 21.4万円 67.2万円 323.6万円
23歳 23.7万円 74.6万円 359.4万円
24歳 26.1万円 82.0万円 395.3万円
25歳 28.5万円 89.5万円 431.1万円
26歳 30.8万円 96.9万円 467.0万円
27歳 33.2万円 104.4万円 502.8万円
28歳 34.2万円 107.4万円 517.6万円
29歳 35.2万円 110.5万円 532.3万円
30歳 36.1万円 113.5万円 547.0万円
31歳 37.1万円 116.6万円 561.8万円
32歳 38.1万円 119.6万円 576.5万円
33歳 38.9万円 122.1万円 588.4万円
34歳 39.6万円 124.6万円 600.2万円
35歳 40.4万円 127.0万円 612.1万円
36歳 41.2万円 129.5万円 624.0万円
37歳 42.0万円 132.0万円 635.8万円
38歳 42.4万円 133.3万円 642.5万円
39歳 42.9万円 134.7万円 649.1万円
40歳 43.3万円 136.1万円 655.8万円
41歳 43.7万円 137.5万円 662.4万円
42歳 44.2万円 138.8万円 669.0万円
43歳 44.7万円 140.4万円 676.7万円
44歳 45.2万円 142.0万円 684.4万円
45歳 45.7万円 143.6万円 692.0万円
46歳 46.2万円 145.2万円 699.7万円
47歳 46.7万円 146.8万円 707.3万円
48歳 47.0万円 147.7万円 711.7万円
49歳 47.3万円 148.6万円 716.1万円
50歳 47.6万円 149.5万円 720.4万円
51歳 47.9万円 150.4万円 724.8万円
52歳 48.2万円 151.3万円 729.2万円
53歳 47.8万円 150.3万円 724.4万円
54歳 47.5万円 149.3万円 719.6万円
55歳 47.2万円 148.3万円 714.8万円
56歳 46.9万円 147.3万円 710.0万円
57歳 46.6万円 146.3万円 705.2万円
58歳 43.9万円 138.0万円 664.9万円
59歳 41.2万円 129.6万円 624.6万円
60歳 38.6万円 121.3万円 584.3万円
61歳 35.9万円 112.9万円 544.0万円
62歳 33.3万円 104.5万円 503.7万円
63歳 26.6万円 83.6万円 403.0万円
64歳 20.0万円 62.7万円 302.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ヤオコーの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 963.3万円
課長 753.5万円
係長 573.8万円
20~24歳の一般社員 323.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ヤオコーの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.9万円
修士了 20.9万円

※リクナビ2018より参照しています。

ヤオコーの大卒の初任給は、一般企業の平均的な金額です。大卒、修士了とも同額で、短大・専門は18,1000円です。入社時は店舗の生鮮食品や加工食品部門の担当者として、商品造りや売場展開、発注、接客などの業務を担当します。1~5年程度を目標に店舗担当部門の責任者として、売上計画・管理や人員管理を担当します。その後の実績、評価とともに適性に合わせて店長、本部スタッフの昇進をたどります。

教育として、内定者研修、入社前合宿研修、入社時合宿研修、新入社員研修、主任研修、店長研修、米国研修、外部セミナーへの参加があります。

スーパー業界における年収の傾向と生涯賃金

スーパー業界とは

スーパー業界の景気は、平成17年から18年にかけて大幅に上昇しました。以降、リーマンショックの影響による収入減の影響もあり、景気は低迷が続きます。しかし、24年頃からアベノミクスの影響、消費税増税前の駆け込み需要をきっかけに、景気の上昇が始まりました。国内のスーパーではイオンとセブン&アイHDが圧倒的なシェアを誇っています。価格競争が激化している中、品質を求める消費者に向けて、プライベートブランドの開発がスーパーでも展開されています。

スーパー業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ヤオコー スーパー業界
20~24歳 323.6万円 263.2万円
25~29歳 502.8万円 427.6万円
30~34歳 576.5万円 484.2万円
35~39歳 635.8万円 529.4万円
40~44歳 669.0万円 548.5万円
45~49歳 707.3万円 559.4万円
50~54歳 729.2万円 574.3万円
55~59歳 705.2万円 562.8万円
60~64歳 503.7万円 442.7万円
生涯賃金 2.68億円 2.20億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ヤオコーは、20代~30代にかけての昇給の増額幅が大きい傾向にあります。食品業界の平均年収と比較すると上回っています。業界平均年収との差額では60~155万円上回っています。年齢と共に差額が広がっています。

まとめ

ここまでヤオコーについて調査をしてきました。当初からセルフサービス方式の販売形態の導入、コンピュータシステム開発、食品衛生管理など積極的に進めてきました。また、業務拡大や子会社化など経営面でも展開が図られています。地域密着型で徹底した品質管理は、顧客から高い信頼が得られています。今後、店舗、売上げ、年収は更に増加することが予想されます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ