業界研究

【銀行業界の研究ガイド】就活に役立つ市場課題から企業情報を公開

銀行業界は就活生人気の就職先

就活生に人気の就職先はさまざまあり、そのひとつに銀行業界があげられます。銀行業界は安定性の高さから人気の就職先ではありますが、どの銀行に就職するかによって、働く条件や業務内容などは異なります。つまり、ひとくちに銀行といっても、どこに就職するかで社会人生活は大きく変わると考えましょう。

そのため、銀行業界への就職を希望するなら、業界がどのようなものなのか、銀行ごとの違いとは何かを知っておく必要があります。業界についての知識を深めることで、自分に合った就職先か、やりたい仕事が実現できるかなどが判断しやすくなります。

銀行の種類や詳しい業務内容、就職するためにやっておきたいことなどを知り、理解を深めてから就活を進めましょう。

銀行の種類

銀行業界への理解を深めるには、まずは銀行の種類を知っておくことが大切です。ひとくちに銀行といっても種類によって特徴は異なり、業務内容自体が違う場合もあります。そのため、種類ごとの違いを知っておくことで、より自分の取り組みたい業務にチャレンジしやすくなり、仕事にもやりがいを感じやすくなります。

銀行の種類の違いを知ることは、銀行業界に就職するための第一歩といえるため、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

日本銀行

日本銀行は業界でも中央に位置する重要な存在であり、「発券銀行」や「政府の銀行」、「銀行の銀行」といった他の種類にはない特徴を備えています。発券銀行としての役割は、貨幣の発行業務にあります。簡単にいえば新しくお金を発行することで、金融のバランスを取り、円の価値を安定させることが重要な役割といえるでしょう。

政府の銀行としての役割は、政府の資金の管理や国債の発行などがあげられます。いわば国の資金を管理する役割を持っており、これも他の銀行との大きな違いでしょう。銀行の銀行とは、言葉通り銀行に対して、貸付や預金などの業務をおこなうことを指します。

日本銀行は個人が預貯金をできる銀行とは異なり、業界全体の管理運営をおこなうための機関とイメージしてもよいでしょう。

政策金融機関

法律によって制定される特殊法人が、政策金融機関です。政策金融機関は、政府が出資して設立される銀行であり、代表的な例としては、「日本政策投資銀行」や「日本政策金融公庫」、「住宅金融支援機構」などがあげられます。

主な役割としては、経済の発展や安定などを目指して活動する点にあり、民間の銀行では難しい業務を、政府が管理しておこなう点にあります。いわば日本銀行の業務をサポートする存在でもあり、金融機関ごとに業務内容やサポートする範囲などが大きく異なる点が特徴です。

法律の制定によって設立される特殊法人であるため、民間の銀行とも違い、政府系の銀行とイメージすると理解しやすいでしょう。

メガバンク・都市銀行

大都市に拠点を構えていたり、全国で幅広くサービスを提供している銀行が、メガバンクや都市銀行と呼ばれています。これらは通称であり、正式名称ではないことは理解しておきましょう。

つまり、メガバンクや都市銀行はあくまで銀行の規模によって通称されているだけであり、業界内でこのような役割が明確に定められているわけではありません。代表的な例としては、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などがあげられます。

これらの銀行は全国で幅広く業務を展開しているだけではなく、海外事業も精力的におこなっています。銀行業界の中で大手とイメージされるものであり、顧客の多さや業務内容が多岐にわたる点が大きな特徴です。

地方銀行・第二地方銀行

全国に幅広く拠点を持っていたり、さまざまなサービスを提供したりする銀行の中でも、メガバンクや都市銀行ほどの規模がないものは地方銀行や第二地方銀行と呼ばれます。これらはメガバンクなどよりも事業規模は小さいものの、特定の地域の経済活動に大きく貢献している銀行であり、業界内でも重要な存在といえるでしょう。

いわば地域密着型の銀行が地方銀行や第二地方銀行であり、地域の経済活性化に欠かせない存在です。また、全国地方銀行協会の会員が地方銀行、第二地方銀行協会の会員が第二地方銀行という違いも覚えておきましょう。それぞれ地域密着型でサービスを提供する点は共通していますが、会員として所属している協会が異なるため、区別されています。

信用金庫・信用組合

銀行は銀行法という法律を根拠にして活動していますが、信用金庫と信用組合は、それぞれ銀行法ではない、別の法律を根拠に活動している点が特徴です。信用金庫は信用金庫法、信用組合は中小企業等協同組合法に則っており、それぞれ非営利法人である点も他の銀行との違いでしょう。

信用金庫や信用組合は、会員や組合員からの出資によって運営されており、地域の活性化や組合員同士の相互扶助を大きな目標としています。また、信用金庫は金融機関としての意味合いが強く、組合員の利益の増大を目指していますが、信用組合は組合員同士の相互扶助を目指す点が異なります。

それぞれ非営利の法人ではありますが、業務を通して目指すゴールに違いがあることは理解しておきましょう。

信託銀行

基本的な銀行業務だけではなく、信託業務や併営業務をおこなう点が、信託銀行の大きな特徴です。銀行といえば預貯金や融資などのイメージが強いですが、信託銀行では有価証券や不動産なども取り扱っています。

いわば現金以外の資産の運用もおこなう銀行であり、利用者の総合的な資産運用をおこなうことで、利益を出していると考えましょう。信託銀行ならではの仕事といえば、不動産取引の仲介や証券代行、遺言の信託などがあげられ、他の銀行よりも業務の範囲は広いです。

利用者の資産の管理や運営を任される銀行であり、通常の銀行とは業務内容自体が異なるでしょう。もちろん、共通する銀行業務もあるため、すべてが異なっているわけではありません。銀行としての通常業務に加えて、信託銀行独自の資産運用や管理の仕事があると考えましょう。

ネット銀行

既存の銀行は実店舗での業務が基本ですが、インターネットで完結するサービスを提供している点が、ネット銀行ならではの特徴です。ネット銀行でも実店舗を持つものはありますが、その数は最小限であり、メガバンクや地方銀行ほどの規模の店舗を持つものはありません。

代わりにネット上で預貯金ができ、実店舗の多い銀行よりも高金利で利用できるなどの特徴があります。これは店舗を減らすことで人件費を削減でき、浮いた費用分を金利に回せることが大きな理由でしょう。

インターネットの普及によって台頭した銀行であり、利用者の数も増えています。ネット上で取引ができる利便性の高さが人気であり、今後さらなる成長が期待できる銀行といえるでしょう。

銀行業界の主な役割

銀行業界への理解を深めるには、銀行がどのような役割を担っているのかを知っておく必要があります。銀行とイメージすると、預貯金をおこなう場所と考えられやすいですが、実際には他にもさまざまな業務があります。

業務への理解が正しく持てていないと、業界についての知識が乏しいと判断され、選考でも不利になってしまうことも少なくありません。また、実際に就職してからイメージと違うと不満を持ってしまう可能性もあるため、主な役割や業務については理解を深めておきましょう。

預金業務

預金業務はお金の預け入れや引き出しをする業務であり、個人の金銭を管理する役割といえます。銀行窓口での仕事を考えるとイメージしやすく、窓口での預貯金が預金業務と考えてよいでしょう。

また、個人だけではなく、法人が利用することもあり、法人用の口座の管理もおこないます。預金業務ではお金の預け入れや引き出しだけではなく、口座の開設も含まれます。預金業務は単にお金を安心できる場所に預けて管理するだけではなく、預かったお金に金利をつけて、利用者に還元するという役割もあることは覚えておきましょう。

普通預金や定期預金など種類によって金利は違い、低金利の場合も多いですが、預金を運用して金利として利用者に還元することも、重要な業務のひとつです。

貸付業務

貸付業務は、簡単にいえばお金を貸し、利息分で利益を得る業務です。融資の仕事とイメージすると分かりやすく、企業だけではなく個人に対しても貸付はおこなわれます。貸付の際には審査があり、融資先から返済が滞ったり、返済自体ができなくなったりしないためにも慎重に貸付先を選びます。企業の場合は事業をおこなうための融資であり、個人なら家や車など、大きな買い物をする際のローンをイメージすると分かりやすいでしょう。

貸付の資金は利用者が預金したものを運用しているため、貸し倒れが起きないように慎重におこなわなければなりません。お金の管理保守をするだけではなく、利用者がお金を使えるように貸付をおこなうことも、銀行業界の重要な役割です。

為替業務

為替業務は口座振替や振込、送金などの役割を指します。一般的に為替と株取引などがイメージされやすいですが、銀行における為替業務はこれとは違うことは理解しておきましょう。銀行業界での為替業務は、簡単にいえば口座内での資金の移動をおこなうことです。

つまり、口座記録には資金の移動が記載されますが、実際にはお金は動いておらず、あくまでデータ上でのやり取りをしていることになります。例えば公共料金などを口座振替で支払っている場合は、サービスの対価は支払っているものの、実際に現金のやり取りをしているわけではありません。

あらかじめ預けたお金から支払いや送金をおこなっていることになり、利用者や受け取り者間での直接の金銭のやり取りを簡略化するための業務と考えましょう。

銀行業界の業績推移について

  • 業界規模:24兆9,412億円
  • 平均継続年数:16.3年
  • 平均年収:661万円

バブル崩壊後の再編がひと段落すると、2007年までは安定していた銀行業界ですが、アメリカで大手投資会社が経営破綻したことで、世界的に市場が混乱し影響を受けました。2009年には株価が暴落し、日本の3大メガバンクも巨大赤字をかかえてしまいます。

しかし、このいわゆるリーマンショックを教訓に安全性を重視して国債を大量に購入したところ、日本の国債が買われることとなり、回復傾向となります。2011年以降は堅調に推移してきました。

ところが、2015年からは、収益性の低下が見られ業績は減少傾向にあります。原因はマイナス金利政策の導入が一番大きく、海外事業の苦戦も考えられます。マイナス金利政策が続けば、預金金利と貸出金利の差である「スプレッド」が見込めない状況です。

銀行業界が抱える課題

上述の職種分類について部門ごとに解説しましたが、このどれもが今や人間ではなくAIに取って代わられる仕事の代表格のようにも扱われています。融資部門は特にそうです。融資が妥当な企業であるかどうかの判断はAIの方が早く確実な判断を行えると言われているためです。

人手不足と言われ、就活も売り手市場の昨今ですが、近い将来仕事が奪われる危険性があることも考えておかなければいけません。それから破綻やや合併の経緯についても簡単に上述しましたが、今後は地方銀行も再編が大幅に進行するものと見られます。現在経営統合を交渉中の地銀もあります。

地方が疲弊していく中で、企業の資金需要がない、つまりお金の借り手がいないということと、お金を貸したところで現在歴史的低金利であることから収益も上がらないという大変な状況です。そんな中で融資ではなく、日銀の当座預金に資金を預けてノーリスクで金利を得ようとしてきた、銀行の企業努力のなさが今後どう改善されていくのか、日本経済の復活のためにも注目される所です。

銀行業界のシェアランキングTOP10

銀行業界のシェアランキング

  1. 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ  24.3%
  2. 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 20.8%
  3. 株式会社みずほフィナンシャルグループ 14.2%
  4. 株式会社ゆうちょ銀行6.7%
  5. 三井住友トラスト・ホールディングス株式会社5.3%
  6. 株式会社りそなホールディングス3.1%
  7. 株式会社新生銀行1.3%
  8. 株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ1.1%
  9. 株式会社めぶきフィナンシャルグループ1.0%
  10. 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ0.9%

業界研究をするうえで、ランキング上位の企業の特徴を把握しておくことは大切です。銀行業界のシェアランキングは上記の通りとなっています。業界動向サーチによると、銀行業界は株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、株式会社三井住友フィナンシャルグループ、株式会社みずほフィナンシャルグループの3社が二桁のシェア率を占めているようです。上位3社は銀行業界のなかでも不動の3社といえるでしょう。

自分は銀行業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、銀行業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が銀行業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

銀行業界の主要企業6選

銀行業界では、世界を相手にするメガバンクと地域密着の地方銀行では種類が違うため特徴が違います。当然、仕事内容も変わってくるのですが、やはり業界をよく知っておくためには、主要企業を知っておくことが大切です。

ここでは、銀行業界の主要企業6つを紹介していきます。それそれに異なる特徴をもっていますので、それぞれ見比べて事業内容や強みを把握しておきましょう。

①株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

  • 企業名 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 代表者名 平野 信行
  • 従業員数 115,200人
  • 設立年月日 2001年4月2日

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループでは持株会社に設置された5つの事業本部が傘下の子会社を取りまとめ、グループ横断的な戦略を推進しています。事業部はリテール本部、法人事業本部、国際事業本部、受託財産事業本部、市場事業本部の5つです。

それぞれに粗利益全体に占める割合はリテール28%、法人24%、国際30%、受託財産4%、市場14%となっています。国内にしっかりと軸足を置きつつ、グローバルな成長を取り込むとともに事業モデルの強化・変革に挑戦することを基本方針としています。「お客様起点」「グループ起点」「生産性の向上」の3つの考え方を軸に、戦略を策定している企業です。

②株式会社三井住友フィナンシャルグループ

  • 企業名 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
  • 代表者名 國部 毅
  • 従業員数 77,205人
  • 設立年月日 2002年12月2日

株式会社三井住友フィナンシャルグループは、傘下子会社の経営管理、並びにそれに付帯する業務をおこなう持株会社で、新たなグループ経営の体制では事業部門制やCxO制を導入しています。業務運営のキーワードに「ネクストステージ」を掲げてグローバル金融グループに進むことを目指している企業です。

グループ会社は、三井住友銀行、SMBC信託銀行、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、SMBCフレンド証券、三井住友カード、Cedyna、SMBCコンシューマーファイナンス、日本総研、三井住友アセットマネジメントです。

③株式会社みずほフィナンシャルグループ

  • 企業名 株式会社みずほフィナンシャルグループ
  • 代表者名 佐藤 康博
  • 従業員数 59,179人
  • 設立年月日 2003年1月8日

株式会社みずほフィナンシャルグループはカンパニー制を導入することでソリューション関連収益を着実に伸ばすことに成功しています。導入されたカンパニーは次の5つで、リテール・事業法人カンパニー、大企業・金融・公共法人カンパニー、グローバルコーポレート・カンパニー、グローバルマーケッツカンパニー、アセットマネジメントカンパニーです。

グループ会社は、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、資産管理サービス信託銀行、アセットマネジメントOne、みずほ総合研究所、みずほ情報総研、みずほプライベートウェルスマネジメト、米州みずほです。

④株式会社ゆうちょ銀行

  • 企業名  株式会社ゆうちょ銀行
  • 代表者名 池田 憲人
  • 従業員数 12,800名
  • 設立年月日 2006年9月1日

株式会社ゆうちょ銀行は、全国の郵便局を拠点として、金融サービスを提供している点が特徴です。もともとは政府が運営していた日本郵政を民営化したものであり、グループでは郵便局の業務や、保険業務なども展開しています。

ゆうちょ銀行は日本郵政に銀行業務を委託しており、日本郵政グループの一部であると考えましょう。個人に対して幅広い金融サービスを提供しており、「最も身近で信頼される銀行」を目指し、事業を展開しています。

関連企業や連結子会社は、ゆうちょローンセンター株式会社や日本ATMビジネスサービス株式会社、JP投信株式会社やJPインベストメント株式会社です。

⑤株式会社りそなホールディングス

  • 企業名 株式会社りそなホールディングス
  • 代表者名 東 和浩
  • 従業員数 16.860人
  • 設立年月日 2002年10月

株式会社りそなホールディングスはリテール分野(中小企業と個人)No1の金融サービスを目指し、他の金融機関とは一線を画する進化を遂げてきました。2009年3月リーマンショックの影響で多くの銀行が赤字に転落する中、1千億円以上の利益を計上した企業です。

グループの連結子会社は、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、りそな保証、近畿大阪信用保証、りそな決済サービス、りそなカード、りそなキャピタル、りそな総合研究所、りそなアセットマネジメント、りそなビジネスサービス、りそなプルダニア銀行、りそなマーチャントバンクアジアです。

⑥三井住友トラスト・ホールディングス株式会社

  • 企業名 三井住友トラスト・ホールディングス株式会社
  • 代表者名 大久保 哲夫
  • 従業員数 22,143人
  • 設立年月日 2002年2月1日

三井住友トラスト・ホールディングス株式会社は信託関連業務を中心とした信託銀行グループで、信託銀行をはじめ、個人トータルソリューション事業、法人トータルソリューション事業、法人アセットマネジメント事業、証券代行事業、不動産事業、受託事業など35会社で成りたっています。

個人トータルソリューション事業では、資産運用、相続承継、ローン、積立型商品・保険商品、不動産と幅広い分野を扱います。多彩なグループ力を活かしてライフステージに応じた提案をし、長期にわたって信頼・安心を提供していくことを目指している企業です。

銀行業界研究のおすすめ書籍紹介

銀行は生活に密着した機関ですが、一般的には窓口業務以外とは接する機会が少ないものです。仕事内容もなんとなくはわかっていても「企業としての銀行」「職場としての銀行」についてはなかなか明確にイメージできないのではないでしょうか。

インターネットにも情報はありますが、業界についてさらに理解を深めるためには書籍を利用して業界研究をするのがおすすめです。書籍を上手く活用しより深い知識を得て、スキルアップしていきましょう。

①銀行のしくみ

 銀行のしくみは元銀行員でその後はじめた金融サービス業のマーケティングに特化したコンサルタントの目線から書かれた本です。わかりにくい銀行のしくみのすべてが項目ごとにイラスト図解されているので、就活生が銀行業界を知る上で手軽に読める、読みやすい入門書だといえるでしょう。

基本的な銀行と収益のしくみ、銀行とお金の流れや、預金と貸金の収益など複雑な取引のやりとりや金融商品がわかりやすく解説されています。銀行業界を目指すなら知っておきたい内容が、銀行内部からの情報として、銀行員のキャリアプランや部署別の銀行員の1日の動き、融資や審査のしくみなど、興味深く書かれ、さまざまな側面から知ることができます。

②図解入門業界研究最新銀行業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版]

図解入門業界研究最新銀行業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] は、業界人、就職、転職に役立つ情報が満載です。銀行業界の問題点、最新動向、将来動向や解説、預金量ベスト100など、研究に役立つ資料が満載で銀行業界を広く深く理解することができます。

銀行業界の現状としてメガバンクの「銀証信」の検証、増加するネットワーク犯罪、NISAの手数料収入、2020年五輪にむけての金融国策などがわかりやすく解説され、就活に役立ちます。銀行業界で必要な法律知識も、銀行法をはじめ、信託業法、振り込め詐欺救済法、預金者保護法、個人情報保護法、賃金業法、割賦販売法などが紹介されているので、社会人になってからも役に立つ1冊です。

③新しい時代のお金の教科書

新しい時代のお金の教科書の著者の山口揚平は貨幣論が専門の作家です。今、お金に変化をもたらす大きな流れが起こっています。それをうしろから突き動かしているのが国家、技術、社会、経済の4つの動きです。

お金そのものが全く別のものに変わってゆくブロックチェーンテクノロジーの時代、お金を使わずに価値を交換していく時代が来るとまで言われています。仮想通貨以外にも地域通貨や時間通貨などの時代が来ると述べています。

人類にとって分業のメディアとしてお金は最大にして不可欠な発明品でした。しかし、そのお金がなくなる時代が来るのではないかと、あらゆる面から書かれている名著です。お金が無くなったら銀行はどうなるのか、銀行志望の方にはぜひ内容を押さえておいていただきたい一冊です。

銀行業界の市場課題や企業情報を知り就活に役立てよう

銀行業界への就職を目指すなら、業界が抱えている市場課題や、銀行ごとの違いについて理解を深めておくことが大切です。銀行業界は安定しているイメージが強いですが、市場課題は残されています。

つまり、課題を解決できるかどうかによって、今後の業界も変動していくため、必ずしも安定しているとは限りません。また、ひとくちに銀行といっても種類によって特徴や業務内容は大きく異なります。そのため、業界全体の主な業務や役割を知るだけではなく、銀行ごとの違いも正しく把握しておく必要があります。

業界についての理解を深めることで、銀行業界が自分の就職先として合っているかどうかを判断しやすくなります。今後の課題から銀行の細部の特徴まで把握して、銀行業界への就職に役立てましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ