企業研究

日本発条の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

日本発条における最近の平均年収推移

日本発条株式会社(ニッパツ)は、神奈川県横浜市金沢区に本社を置く自動車のバネやシート、電子部品に使用されるバネやプリント配線板などを製造、販売を手掛ける企業です。昭和14年、日本発条株式会社を創立しました。昭和33年、大同発条株式会社と合併し、川崎にバネ工場を設立しました。昭和37年、米国ロックウェル社とシートスプリング製造に関する技術援助契約締結し、川崎にシート工場を新設しました。その後、アジア、南米、欧州、北米の国々に合弁会社、子会社を設立し、事業を展開しています。そんな日本発条の初任給や年収などを、企業が公開している情報を元に調べてみました。

日本発条とは

正式名称:日本発条株式会社
所在地:横浜市金沢区福浦三丁目10番地
従業員数:4,507人
平均年齢:40.2歳
平均勤続年数:17.6年
http://www.nhkspg.co.jp/
※有価証券報告書を参照

日本発条の製品は、自動車分野ではサスペンションに使用する乗用車向けのスプリングバネ、トラック・バス向けの板バネ、車体を安定させるスタビライザー、電動スライドシート、エアサスペンション付きシートなどを製造しています。情報通信分野では、HDD(ハードディスクドライブ)に使用される磁気ヘッドを支持する精密バネや、高速回転に対応するためのサスペンションを独自開発しています。産業・生活分野ではプラントの油空圧機器の防振、ビル空調の断熱に使用する配管支持用製品、立体駐車装置関連製品を製造しています。

近年の平均年収推移

日本発条の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 713.0万円
平成27年 709.0万円
平成26年 694.0万円
平成25年 676.0万円
平成24年 663.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成28年の平均年収は713万円です。平成20年に発生したリーマンショックの影響で、多くの企業で年収が大幅に減額しました。日本発条は25万円程度の減額のため影響は少なかったと言えます。翌年以降、年収は上昇を辿り、平成27年には700万円の水準に達しました。

日本発条における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 397.4万円 24.7万円 100.8万円
25~29歳 589.4万円 36.7万円 149.4万円
30~34歳 688.3万円 42.8万円 174.5万円
35~39歳 743.6万円 46.3万円 188.5万円
40~44歳 791.4万円 49.2万円 200.6万円
45~49歳 869.5万円 54.1万円 220.4万円
50~54歳 921.8万円 57.3万円 233.7万円
55~59歳 863.5万円 53.7万円 218.9万円
60~64歳 553.4万円 34.4万円 140.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

日本発条の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.7万円 100.8万円 397.4万円
23歳 27.1万円 110.5万円 435.8万円
24歳 29.5万円 120.2万円 474.2万円
25歳 31.9万円 130.0万円 512.6万円
26歳 34.3万円 139.7万円 551.0万円
27歳 36.7万円 149.4万円 589.4万円
28歳 37.9万円 154.5万円 609.2万円
29歳 39.1万円 159.5万円 629.0万円
30歳 40.4万円 164.5万円 648.8万円
31歳 41.6万円 169.5万円 668.5万円
32歳 42.8万円 174.5万円 688.3万円
33歳 43.5万円 177.3万円 699.3万円
34歳 44.2万円 180.1万円 710.4万円
35歳 44.9万円 182.9万円 721.5万円
36歳 45.6万円 185.7万円 732.5万円
37歳 46.3万円 188.5万円 743.6万円
38歳 46.8万円 190.9万円 753.1万円
39歳 47.4万円 193.4万円 762.7万円
40歳 48.0万円 195.8万円 772.3万円
41歳 48.6万円 198.2万円 781.8万円
42歳 49.2万円 200.6万円 791.4万円
43歳 50.2万円 204.6万円 807.0万円
44歳 51.2万円 208.6万円 822.7万円
45歳 52.1万円 212.5万円 838.3万円
46歳 53.1万円 216.5万円 853.9万円
47歳 54.1万円 220.4万円 869.5万円
48歳 54.7万円 223.1万円 880.0万円
49歳 55.4万円 225.8万円 890.4万円
50歳 56.0万円 228.4万円 900.9万円
51歳 56.7万円 231.1万円 911.4万円
52歳 57.3万円 233.7万円 921.8万円
53歳 56.6万円 230.7万円 910.2万円
54歳 55.9万円 227.8万円 898.5万円
55歳 55.2万円 224.8万円 886.8万円
56歳 54.4万円 221.9万円 875.2万円
57歳 53.7万円 218.9万円 863.5万円
58歳 49.9万円 203.2万円 801.5万円
59歳 46.0万円 187.5万円 739.5万円
60歳 42.1万円 171.8万円 677.5万円
61歳 38.3万円 156.0万円 615.5万円
62歳 34.4万円 140.3万円 553.4万円
63歳 27.5万円 112.3万円 442.8万円
64歳 20.7万円 84.2万円 332.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本発条の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,183.1万円
課長 925.4万円
係長 704.7万円
20~24歳の一般社員 397.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本発条の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.6万円
修士了 22.4万円

※リクナビ2018より参照しています。

日本発条の初任給は、一般企業の平均的な金額ですが、大卒と比較すると、修士了が若干、高額です。高専卒は183,000円です。技術系の職種は研究開発、製品設計、生産技術、製造技術、品質管理があります。事務系の職種は営業、生産管理、経営企画、人事、経理、CSR(法務)、システム管理があります。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

自動車部品業界の景気は平成19年までは上昇傾向にありましたが、リーマンショックの影響で平成21年にかけて大幅に下落しました。平成24年までは横ばいが続きましたが、25年以降、北米や欧州市場で需要が増加し、リーマンショック前の水準を超える程になりました。

自動車には数多くの部品が使用されています。部品によって寿命は様々です。日本発条の製品である、バネやシートは寿命が長くほとんど交換することが少ないため、自動車販売台数の影響があります。国内では軽自動車の販売不振から回復傾向にあり、国内自動車生産台数は増加傾向にあります。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 日本発条 自動車部品業界
20~24歳 397.4万円 386.2万円
25~29歳 589.4万円 482.3万円
30~34歳 688.3万円 552.9万円
35~39歳 743.6万円 592.9万円
40~44歳 791.4万円 646.8万円
45~49歳 869.5万円 693.2万円
50~54歳 921.8万円 736.4万円
55~59歳 863.5万円 715.1万円
60~64歳 553.4万円 495.3万円
生涯賃金 3.21億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本発条は自動車部品業界の平均年収と比較すると、金額が上回っています。差額は20代前半で10万円程度ですが、20代後半以降、50代前半にかけて約110~185万円上回っています。

まとめ

ここまで日本発条について調査をしてきました。自動車に使用する大型バネから、電子部品に使用する精密バネまで製造していることが分かりました。バネには、硬さ、伸び方、縮み方によって自動車では乗り心地、電子部品では製品の寿命や消費電力まで影響を与えるため高度な技術が必要です。バネの用途は多くの分野で使用されているため、今後、更に業務の拡大、展開が狙えます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ