企業研究

リンテックの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

リンテックにおける最近の平均年収推移

リンテック株式会社は東京都板橋区に本社を置く粘着素材、特殊紙、剥離紙などの開発・製造・販売を手掛ける企業です。

昭和2年、東京・巣鴨でガムテープの製造・販売を手掛ける不二商会を開業しました。その後、シール・ラベル用粘着素材、業界初となる紫外線照射によるUV硬化型ダイシングテープ開発、半導体関連分野参入と事業を拡大しました。平成2年、四国製紙株式会社、創研化工株式会社と合併し、リンテック株式会社を設立。一貫生産体制が整ったことで特殊紙、剥離紙・剥離フィルム、液晶用光学機能性フィルムの分野にまで業務を拡大し、アジア地域に生産・販売拠点を設立しています。

そんなリンテックの初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

リンテックとは

正式名称:リンテック株式会社
所在地:東京都板橋区本町23番23号
従業員数:2,417人
平均年齢:41歳
平均勤続年数:18.6年
//www.lintec.co.jp/
※有価証券報告書を参照

リンテックの製品には、商品からきれいに剥がすことができる再剥離性ラベル、剥がすと被着体が残る改ざん防止ラベル、下地が透けない訂正用ラベル、一度、剥がすと貼り直しができない個人情報保護対策ラベルなどの高い技術が使用された商品があります。

工業向けには、自動車部品、精密部品などの接着・固定用両面粘着テープや自動車や建物に貼る防犯対策、飛散防止、紫外線カットなどの用途に向けたフィルムが開発されています。

近年の平均年収推移

リンテックの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 642.0万円
平成27年 637.0万円
平成26年 621.0万円
平成25年 608.0万円
平成24年 598.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成28年の平均年収は642万円です。平成20年に発生したリーマンショックの影響で平均年収は50万円近く減額しました。翌年には回復し、その後、平均年収は上昇を続けています。リンテックでは日用品、医療関連、スマートフォン・自動車向けのフィルムが好調なため、今後の年収は増加すると予想されます。

自己分析ツールでサクッと簡単!
化学業界への適性を診断しよう

自分が化学業界に向いているのか、気になりませんか?志望企業・業界への適性が知りたくても、なかなか時間が取れない人も多いでしょう。

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、簡単に自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

ぜひ活用して、志望企業・業界への適性をサクッと把握しましょう。

リンテックにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 386.8万円 24.2万円 97.0万円
25~29歳 524.5万円 32.8万円 131.5万円
30~34歳 605.3万円 37.8万円 151.7万円
35~39歳 661.4万円 41.3万円 165.8万円
40~44歳 714.1万円 44.6万円 179.0万円
45~49歳 773.6万円 48.3万円 193.9万円
50~54歳 810.9万円 50.6万円 203.3万円
55~59歳 780.9万円 48.8万円 195.7万円
60~64歳 522.7万円 32.6万円 131.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

リンテックの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.2万円 97.0万円 386.8万円
23歳 25.9万円 103.9万円 414.3万円
24歳 27.6万円 110.8万円 441.9万円
25歳 29.3万円 117.7万円 469.4万円
26歳 31.0万円 124.6万円 497.0万円
27歳 32.8万円 131.5万円 524.5万円
28歳 33.8万円 135.5万円 540.7万円
29歳 34.8万円 139.6万円 556.8万円
30歳 35.8万円 143.6万円 573.0万円
31歳 36.8万円 147.7万円 589.1万円
32歳 37.8万円 151.7万円 605.3万円
33歳 38.5万円 154.5万円 616.5万円
34歳 39.2万円 157.3万円 627.7万円
35歳 39.9万円 160.2万円 639.0万円
36歳 40.6万円 163.0万円 650.2万円
37歳 41.3万円 165.8万円 661.4万円
38歳 42.0万円 168.4万円 671.9万円
39歳 42.6万円 171.1万円 682.5万円
40歳 43.3万円 173.7万円 693.0万円
41歳 43.9万円 176.4万円 703.6万円
42歳 44.6万円 179.0万円 714.1万円
43歳 45.3万円 182.0万円 726.0万円
44歳 46.1万円 185.0万円 737.9万円
45歳 46.8万円 187.9万円 749.8万円
46歳 47.6万円 190.9万円 761.7万円
47歳 48.3万円 193.9万円 773.6万円
48歳 48.8万円 195.8万円 781.1万円
49歳 49.2万円 197.6万円 788.5万円
50歳 49.7万円 199.5万円 796.0万円
51歳 50.2万円 201.4万円 803.4万円
52歳 50.6万円 203.3万円 810.9万円
53歳 50.3万円 201.8万円 804.9万円
54歳 49.9万円 200.3万円 798.9万円
55歳 49.5万円 198.8万円 792.9万円
56歳 49.1万円 197.2万円 786.9万円
57歳 48.8万円 195.7万円 780.9万円
58歳 45.5万円 182.8万円 729.3万円
59歳 42.3万円 169.9万円 677.6万円
60歳 39.1万円 156.9万円 626.0万円
61歳 35.9万円 144.0万円 574.3万円
62歳 32.6万円 131.0万円 522.7万円
63歳 26.1万円 104.8万円 418.1万円
64歳 19.6万円 78.6万円 313.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

リンテックの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,151.4万円
課長 900.6万円
係長 685.8万円
20~24歳の一般社員 386.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

リンテックの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.71万円
修士了 22.39万円
博士了 24.07万円

※リクナビ2018より参照しています。

リンテックの初任給は一般企業の平均的な金額です。短大・専門・高専卒は179,000円です。

技術系の職種には、研究職(研究開発、プロセス開発)、開発職(エンジニア職:設備技術、装置開発、機械・電気・電子・ソフト設計開発)、生産職(工場勤務:生産技術、品質保証、環境保全、生産管理、設備技術)、SE職(情報システム、プログラミング)があります。

事務系の職種には営業職種(国内外法人営業、技術営業)、コーポレートスタッフ職種(広報・IR、経理、人事、総務、法務、工場での総務・経理)があります。

化学業界における年収の傾向と生涯賃金

化学業界とは

化学業界の景気は、中国を中心としたアジア市場の需要増加で上昇が続いていました。米国で発生したリーマンショックの影響で世界的な金融危機となり、原油価格の高騰で化学業界の景気は大幅に下落しました。化学製品の業績不振は、平成24年まで続きましたが、世界景気の回復、原油価格下落で回復しました。

リンテックは半導体関連、電子部品関連、液晶関連から食品、日用品、医薬品、文具、家電製品のシール・ラベル用粘着素材などを生産、販売しています。幅広い分野の商品を扱っているため、産業界の景気に左右されることが少なく、安定した収益が得られる強みを持っています。

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 リンテック 化学業界
20~24歳 386.8万円 405.2万円
25~29歳 524.5万円 506.0万円
30~34歳 605.3万円 580.1万円
35~39歳 661.4万円 622.0万円
40~44歳 714.1万円 678.6万円
45~49歳 773.6万円 727.3万円
50~54歳 810.9万円 772.7万円
55~59歳 780.9万円 750.3万円
60~64歳 522.7万円 519.7万円
生涯賃金 2.89億円 2.78億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

リンテックは化学業界の平均年収と比較すると、全体的にやや上回っています。20~24歳では20万円近く下回っていますが、20代後半から40代後半にかけて20~45万円ほどの差が開いています。

まとめ

ここまでリンテックについて調査をしてきました。多くの粘着素材を扱った商品を生産していることで、安定している企業であることが分かりました。3つの会社が合弁したことでリンテックができましたが、各社の強みを生かしたことで一貫生産体制ができたことで相乗効果が生まれ成功につながっています。

シールやラベルの粘着素材は私たちの日常生活でも数多く使用されています。今後、新規需要の開拓や新たなる商品開発に向けて更なる成長を目指す企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ