企業研究

大気社の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

大気社における最近の平均年収推移

株式会社大気社は東京都新宿区に本社を置き、空気調和設備、給排水装置、地域冷暖房施設、塗装プラント、廃棄物処理、電気・計装設備、建築工事の設計・施工を手掛ける企業です。昭和46年、タイにに支社を設立後、東南アジア、北米、南米、欧州に支社、駐在員事務所を設立しました。

そしてイタリア、米国、タイの企業と業務・資本提携をし、業務を拡大しています。こんな大気社の初任給や年収などを、企業が公開している情報を元に調べてみました。

大気社とは

正式名称:株式会社大気社
所在地:東京都新宿区西新宿八丁目17番1号
従業員数:1,446人
平均年齢:43.8歳
平均勤続年数:18.3年
//www.taikisha.co.jp/
※有価証券報告書を参照

大気社は、多彩な技術で業務を展開しています。独自・特殊技術では、熱源最適化システムを活用した省エネ型空調システム、音楽ホールやクリーンルームに最適な消音システム、リチウム電池工場などの乾燥工程用ドライルームシステム、完全人工光型水耕栽培植物工場などがあります。

また、塗装工場の仕上がりや、品質向上と対策を徹底するシステムを塗装プロセスごとに技術提供しているのが、塗装システムです。クリーンルーム事業では、半導体、フラットパネルディスプレイなどの最先端製造環境を提供し、クリーンルーム技術、医薬品製造室の過酸化水素除染システム、病院・医療施設の環境技術も提供しています。

近年の平均年収推移

大気社の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 969.0万円
平成27年 897.0万円
平成26年 878.0万円
平成25年 937.0万円
平成24年 894.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成28年の平均年収は969万円です。平成20年に発生したリーマンショックの影響で、年収は落ち込みました。建設業界は公共投資や企業設備投資が低迷し、円安による原材料価格高騰で年収の落ち込みは続きましたが、その後の景気回復で平成25年にはリーマンショック前の平均年収より100万円増加となりました。

国内外の工事の受注の減少で、平成26~27年に再び落ち込みはがありましたが、平成28年には大幅な年収増加となりました。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

大気社における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 600.2万円 39.9万円 121.7万円
25~29歳 789.9万円 52.5万円 160.1万円
30~34歳 914.7万円 60.8万円 185.4万円
35~39歳 972.5万円 64.6万円 197.1万円
40~44歳 1,079.8万円 71.7万円 218.9万円
45~49歳 1,150.6万円 76.4万円 233.2万円
50~54歳 1,198.3万円 79.6万円 242.9万円
55~59歳 1,158.4万円 77.0万円 234.8万円
60~64歳 852.9万円 56.7万円 172.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

大気社の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 39.9万円 121.7万円 600.2万円
23歳 42.4万円 129.3万円 638.1万円
24歳 44.9万円 137.0万円 676.1万円
25歳 47.4万円 144.7万円 714.0万円
26歳 50.0万円 152.4万円 752.0万円
27歳 52.5万円 160.1万円 789.9万円
28歳 54.1万円 165.2万円 814.9万円
29歳 55.8万円 170.2万円 839.8万円
30歳 57.5万円 175.3万円 864.8万円
31歳 59.1万円 180.3万円 889.7万円
32歳 60.8万円 185.4万円 914.7万円
33歳 61.5万円 187.7万円 926.2万円
34歳 62.3万円 190.1万円 937.8万円
35歳 63.1万円 192.4万円 949.3万円
36歳 63.8万円 194.8万円 960.9万円
37歳 64.6万円 197.1万円 972.5万円
38歳 66.0万円 201.5万円 993.9万円
39歳 67.5万円 205.8万円 1,015.4万円
40歳 68.9万円 210.2万円 1,036.9万円
41歳 70.3万円 214.5万円 1,058.4万円
42歳 71.7万円 218.9万円 1,079.8万円
43歳 72.7万円 221.8万円 1,094.0万円
44歳 73.6万円 224.6万円 1,108.1万円
45歳 74.6万円 227.5万円 1,122.3万円
46歳 75.5万円 230.4万円 1,136.4万円
47歳 76.4万円 233.2万円 1,150.6万円
48歳 77.1万円 235.2万円 1,160.1万円
49歳 77.7万円 237.1万円 1,169.7万円
50歳 78.3万円 239.0万円 1,179.2万円
51歳 79.0万円 241.0万円 1,188.8万円
52歳 79.6万円 242.9万円 1,198.3万円
53歳 79.1万円 241.3万円 1,190.4万円
54歳 78.6万円 239.7万円 1,182.4万円
55歳 78.0万円 238.1万円 1,174.4万円
56歳 77.5万円 236.4万円 1,166.4万円
57歳 77.0万円 234.8万円 1,158.4万円
58歳 72.9万円 222.4万円 1,097.3万円
59歳 68.8万円 210.0万円 1,036.2万円
60歳 64.8万円 197.7万円 975.1万円
61歳 60.7万円 185.3万円 914.0万円
62歳 56.7万円 172.9万円 852.9万円
63歳 45.3万円 138.3万円 682.3万円
64歳 34.0万円 103.7万円 511.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大気社の役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,786.6万円
課長 1,397.4万円
係長 1,064.1万円
20~24歳の一般社員 600.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大気社の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.5万円
修士了 23万円

※リクナビ2018より参照しています。

大気社の初任給は、一般企業の平均的な金額です。高専卒の初任給は194,000円です。技術系の職種には、施工管理(予算作成、資材発注、施工図作成、現場監督、工程・品質・安全管理)、設計(企画、審査、作図、積算)があります。

事務系の職種には、営業(情報収集、受注活動、既存顧客への提案型営業、プロジェクトの管理全般)、  管理業務(経理、法務、人事、総務、情報システム、企画)、海外マネジメント業務(海外関係会社管理、海外営業)があります。

建設業界における年収の傾向と生涯賃金

建設業界とは

建設業界の景気は、平成20年までは横ばいが続いていました。その後、サブプライムローンの影響で住宅建物や公共工事の需要減少、建設資材の高騰などで、平成22年にかけては大幅に落ち込みました。しかし、平成23年以降、東日本大震災による復興需要、民間設備投資増加で景気は回復し始めました。

政府の経済政策による円安を背景に、生産や輸出が活発化したことで企業収益に繋がり、景気は上昇傾向にあります。今後、電力自由化による改革、2020年の東京オリンピックに向けたインフラ整備などで、更に建設業界の需要は増加が予測されます。

建設業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 大気社 建設業界
20~24歳 600.2万円 439.1万円
25~29歳 789.9万円 519.3万円
30~34歳 914.7万円 599.4万円
35~39歳 972.5万円 607.3万円
40~44歳 1,079.8万円 702.2万円
45~49歳 1,150.6万円 727.3万円
50~54歳 1,198.3万円 762.9万円
55~59歳 1,158.4万円 746.8万円
60~64歳 852.9万円 619.7万円
生涯賃金 4.36億円 2.86億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大気社は建設業界の平均年収を大幅に上回っています。業界平均との差額は、20~24歳で約160万円ですが、20代後から50代前半にかけて、大気社のほうが270~435万円ほど業界平均を上回っています。

まとめ

ここまで大気社について調査をしてきました。リーマンショックの影響で年収の落ち込みはありましたが、景気回復と共に年収は安定を取り戻しました。建設業界は景気に左右されやすいですが、大気社は幅広い分野で業務を展開しているため、安定感のある地盤の強い企業であることが分かります。更なる社会の貢献と永続的な成長を目指す企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ