企業研究

NECの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

NECにおける最近の平均年収推移

パソコンやタブレットで有名なNECですが、企業向けでは、ソリューションサービスにも非常に重きを置いています。そんなNECの平均年収はどうなっているのでしょうか。

NECとは

正式名称:日本電気株式会社
所在地:東京都港区芝五丁目7番1号
従業員数:21,444人
平均年齢:43.1歳
平均勤続年数:18.8年
//jpn.nec.com/
※有価証券報告書を参照

NECの従業員数は非常に多いです。上場企業の平均年齢はおよそ40.44歳ですが、NECは43.1歳ですので、年齢層の高い人が多い環境にあるといえます。平均勤続年数はおよそ14.7年となっていますので、上場企業の平均勤続年数よりも4年ほど長くなっています。一度就職すると長く働くことができる会社といえそうです。

近年の平均年収推移

NECの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 805.0万円
平成27年 834.0万円
平成26年 770.0万円
平成25年 746.0万円
平成24年 672.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平均年収が年々増加していることがわかります。平成28年には前年よりも30万円ほど減少していますが、パソコンの売り上げの低迷が影響しているのでしょう。

自分はIT業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、IT業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がIT業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

NECにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 448.5万円 27.9万円 113.7万円
25~29歳 665.2万円 41.4万円 168.7万円
30~34歳 776.8万円 48.3万円 196.9万円
35~39歳 839.2万円 52.2万円 212.8万円
40~44歳 893.2万円 55.6万円 226.4万円
45~49歳 981.4万円 61.0万円 248.8万円
50~54歳 1,040.4万円 64.7万円 263.8万円
55~59歳 974.6万円 60.6万円 247.1万円
60~64歳 624.6万円 38.9万円 158.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

NECの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 27.9万円 113.7万円 448.5万円
23歳 30.6万円 124.7万円 491.9万円
24歳 33.3万円 135.7万円 535.2万円
25歳 36.0万円 146.7万円 578.6万円
26歳 38.7万円 157.7万円 621.9万円
27歳 41.4万円 168.7万円 665.2万円
28歳 42.8万円 174.3万円 687.6万円
29歳 44.2万円 180.0万円 709.9万円
30歳 45.5万円 185.6万円 732.2万円
31歳 46.9万円 191.3万円 754.5万円
32歳 48.3万円 196.9万円 776.8万円
33歳 49.1万円 200.1万円 789.3万円
34歳 49.9万円 203.3万円 801.8万円
35歳 50.7万円 206.4万円 814.2万円
36歳 51.4万円 209.6万円 826.7万円
37歳 52.2万円 212.8万円 839.2万円
38歳 52.9万円 215.5万円 850.0万円
39歳 53.5万円 218.2万円 860.8万円
40歳 54.2万円 221.0万円 871.6万円
41歳 54.9万円 223.7万円 882.4万円
42歳 55.6万円 226.4万円 893.2万円
43歳 56.7万円 230.9万円 910.8万円
44歳 57.8万円 235.4万円 928.5万円
45歳 58.9万円 239.9万円 946.1万円
46歳 59.9万円 244.3万円 963.7万円
47歳 61.0万円 248.8万円 981.4万円
48歳 61.8万円 251.8万円 993.2万円
49歳 62.5万円 254.8万円 1,005.0万円
50歳 63.2万円 257.8万円 1,016.8万円
51歳 64.0万円 260.8万円 1,028.6万円
52歳 64.7万円 263.8万円 1,040.4万円
53歳 63.9万円 260.4万円 1,027.2万円
54歳 63.1万円 257.1万円 1,014.1万円
55歳 62.3万円 253.8万円 1,000.9万円
56歳 61.4万円 250.4万円 987.7万円
57歳 60.6万円 247.1万円 974.6万円
58歳 56.3万円 229.3万円 904.6万円
59歳 51.9万円 211.6万円 834.6万円
60歳 47.6万円 193.8万円 764.6万円
61歳 43.2万円 176.1万円 694.6万円
62歳 38.9万円 158.4万円 624.6万円
63歳 31.1万円 126.7万円 499.7万円
64歳 23.3万円 95.0万円 374.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

NECの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,335.2万円
課長 1,044.4万円
係長 795.3万円
20~24歳の一般社員 448.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

NECの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21万円
修士了 23.4万円
博士了 28.75万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒の初任給平均が20万円、大学院卒の初任給平均が22万円ですので、平均よりも1万円程高く設定されています。また、博士了となると28万円を超え、平均よりも6万円以上高いことがわかります。

電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金

電機・家電大手業界とは

業界の規模としては国内でもトップとなっていますが、近年、売上高の伸び率は低迷しています。景気の低迷により白物家電の売り上げが落ちたことも原因かと考えられます。少しずつ景気も回復傾向にあるので、今後の家電の売り上げにも期待です。

電機・家電大手業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 NEC 電機・家電大手業界
20~24歳 448.5万円 451.1万円
25~29歳 665.2万円 563.3万円
30~34歳 776.8万円 645.8万円
35~39歳 839.2万円 692.5万円
40~44歳 893.2万円 755.5万円
45~49歳 981.4万円 809.7万円
50~54歳 1,040.4万円 860.2万円
55~59歳 974.6万円 835.2万円
60~64歳 624.6万円 578.6万円
生涯賃金 3.62億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

20代前半は業界の平均を下回っていますが、20代後半からは業界の平均を100万円ほど上回る予測となっています。50代前半では1,000万円を超える予測となっており、安定した収入を得ることができそうです。

まとめ

家電大手業界は売り上げ高の伸び率も低下していますが、NECだけで見ると、そこまで落ち込んでいるわけではなさそうです。業界の平均年収は745万円ですが、30代前半から、その平均を超える予測となっており、安定した収入を得ることができると予想されます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ