面接対策

【グループ面接の正しい対策法とは】押さえておきたいポイント

多くの企業が導入しているグループ面接

グループ面接とは集団面接とも呼ばれているもので、多くの企業で行われている面接方法です。書類選考が通ったあと、企業に足を運ぶことができてから初めて体験する一次面接の定番といえるでしょう。大手企業になればなるほど一次面接だけでなく、二次面接以降もグループ面接が続く傾向があります。

グループ面接と個人面接ではいくつか違いがあり面接官が見ている部分にも違いがあるので、ぜひ攻略しておきたいところです。就活の前半である最初のグループ面接で失敗してしまうと、次の面接に進めなくなってしまうので攻略することは大変重要なことです。それではどのように対策すればよいのでしょうか。グループ面接について詳しく紹介していきましょう。

グループ面接に多い質問とは

グループ面接は、グループディスカッションのように学生同士で話すものとは違います。面接官数名がテーブルの前に居て、学生5~6人が少し離れたところに座っている状態が多く、学生は一人一人面接官からの質問に答えていきます。よくも悪くも他の学生と比べられてしまうのがグループ面接の特徴なのです。

ではグループ面接ではどういう質問をされることが多いのか、どう答えるとよいのかをご説明していきましょう。

定番は「志望動機」「自己PR」「自己紹介」

実は個人面接と集団面接では質問される内容に大きな違いはありません。一次面接では特に、最初の質問から希望職種を聞かれたり勤務地についての希望を聞かれたりすることはなく、まずは人柄をみます。

人柄は「自己PR」と「自己紹介」から判断することが多いので、必ず聞かれると思っていてよいでしょう。最初に「自己紹介をお願いします」と言われるケースが多いので、第一印象を決める重要なものと言えます。次に「自己PRをしてください」も多く、そこで自分の良さをアピールすることで、面接官に人柄が伝わることになります。

次に大切なのは企業への熱意です。企業への熱意は「志望動機」から判断されることが多いので、こちらも重要です。

前もって回答を用意しておくと有利

面接で聞かれることの多い「志望動機」「自己PR」「自己紹介」は、ぶっつけ本番で上手く話せるものではありません。志望動機や自己PRは、履歴書や自己紹介書ですでに準備していることかと思います。何度も書いてもう頭に入っているかもしれません。

それでも実際に口に出して練習を積んできた学生と、頭の中でイメージだけしてその場で話す学生とはかなりの差が出てしまうのです。質問への回答をあらかじめ用意しておき、面接練習は実際に声を出しながら行うことをおすすめします。

面接本番は緊張して思うようにいかないこともありますが、前もって回答を用意していると、思った質問ではない場合にも、いろいろな場面で対応できるものです。

グループ面接で気を付けるポイント

グループ面接を攻略するには、注意点も把握しておかなければなりません。上手に振る舞って高評価を獲得できていても、注意点が守れていないと大幅に評価を下げられ、不合格になってしまうこともあります。

特にグループ面接は通常の個人面接とは違うからこそ、特有の注意点は知っておくべきでしょう。気を付けるべき点を知っておくことで、失敗なくグループ面接に取り組むことができ、高評価も獲得しやすくなります。

面接官からの質問はシンプルに回答する

面接官からの質問にはシンプルに回答することが求められます。ゆっくりお茶でも飲みながら、いろいろな話をすることで自分をわかってもらう場所ならば、多少話が長くても問題ないかもしれません。

しかし面接は限られた時間の中で、いかに自分をアピールできるかが重要です。いくら饒舌でも、だらだらと長い話だと面接官の印象はあまりよくないものです。では、どのようにすればシンプルな回答ができるようになるのでしょうか。

日頃から手短に話せる練習をしておく

面接のときに面接官の印象に残るシンプルな回答をするためには、まず自分の頭で考えたアピール内容を日頃から口に出しておくことが必要です。最近では会って話をするよりも、スマートフォンやパソコンによる文字のやりとりが多くなっているため、いざという時に社会人らしい言葉で話ができない学生が増えています。

人と話をするということは、どんな仕事にとっても重要なことです。日頃から手短に話をする機会を作って練習しておくことをおすすめします。

手短かとは、LINEのスタンプで返事をするという意味でもツイッターで1行でつぶやくという意味でもありません。きちんとした文章で、要点を押さえて話すように心がけることがポイントです。

結論から話すと伝わりやすい

手短に要点を押さえて話すためには、経緯を話してから結論を話すのではなく、まず結論を話すことが大切です。面接でこの順番を間違ってしまうと、最悪の場合時間切れになり、結論を伝えられないうちに終了してしまうからです。

面接は限られた時間内で自分をアピールしなければいけないということを念頭において、まず結論を話しましょう。そのあと、根拠、具体例と話していくと相手に伝わりやすい内容になります。

例えば、次のような順番で組み立てるとわかりやすいでしょう。「私は~です。特に~という課題に取り組みました。そのためには~が必要だと考えました。そこで~という解決策を実行しました。その結果~という成果を出しました」という具合です。

他の就活生の発言に流されない

グループ面接では他の就活生の回答も聞くことになりますが、他人の意見に左右されるのはよくありません。他の就活生の回答に惑わされず、自分なりの回答を心がけることが大切です。他の人に合わせた意見を出してしまうと、主体性がないと判断される可能性が高いでしょう。

他の人が何と言おうと自身の回答を曲げる必要はなく、人に合わせることでむしろ自分らしさが損なわれてしまうことは理解しておきましょう。そもそも面接は自分らしさを発揮することが大切で、他の人に流されてしまうと一気に評価されづらくなります。他人は他人、自分は自分と考え自身の意見を貫きましょう。

前の人と回答内容がかぶってしまっても大丈夫

他の就活生の回答に左右されないことが大切なものの、前の人が自分と全く同じ回答をしていると、別の内容で答えたほうがよいのではないかと思ってしまうでしょう。仮に全く同じ意見だったとしても、回答内容を変える必要はありません。

質問に対する回答が同じでも、結論に至るまでの細かな道のりは人によって違います。面接では回答内容の結論だけではなく、そこに至るまでの過程部分まで見られているため、同じ回答をしても別の評価が得られます。

他の人と一緒になってしまった場合でも焦らず答え、前の人と何が違うか過程部分を明確に伝えるとよいでしょう。なぜそのように考えるのか、過程の部分で差別化を図ると、より個性を発揮できて面接官の印象にも残りやすいです。

言葉遣いにも注意する

グループ面接に限ったことではありませんが、就活の面接では言葉遣いは非常に重要です。どれだけ素晴らしい回答ができていても、正しい言葉遣いができていないと、それだけで評価を下げられてしまいます。社会人になると敬語で話すことが求められるため、面接時もきちんと敬語を使って話さなければなりません。

流行り言葉や若者言葉を使うのはNGなため、就活期間中は普段から敬語を話す意識を持つことが大切でしょう。就職してからも敬語に悩まされる人は多く、一朝一夕で簡単に身につけられるわけではありません。普段から使っていないといざという時に敬語は出てこないため、回答内容だけではなく言葉遣いを正すという意識も持って面接に取り組みましょう。

定番別回答例

グループ面接の際によく質問される志望動機、自己PR、自己紹介については、質問の意図を理解した上で事前にしっかり考え、回答のコツをつかんでおくことが必要です。

志望動機では「数ある企業の中でなぜここなのか」という熱意、自己PR・自己紹介では企業にとっての戦力になれるか判断するためのエピソードが重要です。定番別の回答例をそれぞれ挙げていきますので、参考にして自分と重ねて研究してみましょう。

 志望動機

私は御社の〇〇が大好きで世界中に広めてもっと有名にしたく、御社を志望しました。学生時代には短期ですが語学留学と帰国後に観光地での通訳ボランティアを経験し、実際に話すことを継続しています。最初はほとんど聞き取ることができず、会話にならなくて苦労しました。
しかし続けることで現在では英語と中国語の日常会話ができるようになり、努力して身についてきた語学力は私の強みです。御社は自分自身でキャリアを考えて挑戦することができると伺いました。私はこの語学力を活かして挑戦することで、御社が力を入れている海外進出を成功させる一員になりたいです。

好きだけでは志望動機として弱いものですが「世界中に広めたい」という想いをつけ加えることで説得力が増しています。業界を選んだポイントや企業の魅力、自分の意志、目指している将来ビジョンが伝わりやすくなっていると言えるでしょう。

次に、自分の過去の体験を交えて具体的に実績をアピールし、語学力を活かしたいという志望理由を説明しています。

最後に他の企業と比較して、その会社のどこに魅力を感じたのかを具体的な企業の方針に触れて、自分の経験と合うこともアピールできています。

自己PR

 私はコツコツと地道に物事を分析して実行していく力に自信があります。どうしても参加したい海外研修がありましたが、両親に費用の負担をかけたくなかったので、費用を捻出するために具体的な計画を練りました。まずアルバイトのお金がそれほど貯まっていなかったので、自分の消費行動を見直して分析してみました。
わかったことは、それまで自分が無計画にお金を使ってしまっていたことでした。そこで支出の内訳を分析した結果をもとに、無駄遣いを徹底的に減らすことで貯金に成功しました。私はこの経験を活かして、仕事においても粘り強く地道に情報を分析し、いろいろな部署と連携して会社を支えていきたいです。

自分の強みや学生時代に培ってきたことをアピールするためには、結論から話すことが大切です。この例では結論から話しているので、とても印象に残りやすいと言えます。

次に具体的な経験ですが、問題に対しての考えや行動を紹介し、地道に分析するだけでなく、積極的に実行にうつすことができた点を強調して構成しています。

最後に自分の経験と結びつけて、自分の特性を活かした「情報を分析提供する」という強みを話すことで会社にいかに貢献できるのかがアピールできています。

自己紹介

○○大学○○学部の○○○○と申します。私はプラス思考の人間です。苦しい時にも成長の機会と考え、前向きに挑戦してきました。アルバイト先でのことですが、勤務時間が終わって次の時間帯の人と交代する際に、引き継ぐ事項を伝え忘れてお客さまに迷惑をかけてしまったことがありました。
そこでお客さまに謝罪して反省したあと、同じ失敗を繰り返さないよう改善策を講じ、連携して協力することの大切さを学びました。この経験を活かして、仕事においても失敗を含むどんな経験も積み重ねて、より良い仕事ができるように常に成長していきたいです。

面接の最初に聞かれることが多い質問なので、第一印象が非常に大切です。ここでは自分を一言で紹介するキャッチコピーを使って結論を短く話すことでわかりやすく長所をアピールしています。

次に実際の経験談は、成功したことだけではなく失敗体験を話すことで、それによって得たものや成功するまでの経緯がわかる文章になっています。

仕事をしていく上で必要なスキルを積極的に身に着けようとする姿勢が伝わり、企業の戦略と合うことをアピールできている例と言えるでしょう。

身だしなみやビジネスマナーにも気を配る

グループ面接では、企業側は学生一人一人のよさを聞き出すよりも先に、第一印象の良し悪しをチェックします。業界や社風によって違いはあるものの、最低限の身だしなみやビジネスマナーは必要です。

自己PRや志望動機をしっかり考えてアピールできたとしても、態度やしぐさ、話し方、表情、あいさつ、身だしなみなどのマナーが悪いと、印象は悪くなってしまいます。身だしなみやビジネスマナーにも十分に気を配りましょう。

清潔感をアピールする

就活生にとって身だしなみは非常に重要です。不潔な感じがしてしまうと第一印象から不利だといえるでしょう。身だしなみは人の第一印象を大きく左右するものです。普段の生活ぶりや今後の仕事への影響までをイメージされるので、気を抜かずに準備したいものです。

寝ぐせがあるままの髪や、しみや袖口の汚れがあるシャツでは不潔で悪い印象です。清潔感をアピールするために、髪型、業界にあったメイク、洗濯されたしわのないシャツ、業界にあったスーツ、磨かれた靴、の5つを押さえましょう。

ビジネススーツやバッグなど自分に合ったものを揃えて靴の手入れも忘れずに、気を抜かず就活にのぞみましょう。

グループ面接でもビジネスマナーを見られている

ビジネスマナーとは、ビジネスを行う上での型にはまった行儀作法という意味ではなく、目に見えない心の部分を示しています。相手を思いやる心や話を聞く態度、適切な敬語を使って話すなどの態度のことです。

それは面接が始まる前から見られていることで、会場への到着時間から始まります。遅刻は論外ですが、あまりに早すぎても迷惑になります。面接が始まる前にもあいさつは自分から元気よく行い、帰り際も忘れないことが大切です。

話すときには目線や表情に気をつけながら状況にあった丁寧語や敬語を使い、語尾をのばすなどは避けます。面接官の質問が終わる前に話を遮ることや、質問からかけはなれた内容の答えをすることもマナー違反です。

グループ面接ではビジネスマナーにも気をつけよう!

グループ面接では、面接官は学生一人一人の話の内容以外に、全体も見ています。それは個人面接では見えない点が観察されているということです。自分が話し終わったあとに油断して人の話を聞いていなかったり、ぼうっとしたり、姿勢が悪くなったりすることもチェックしています。

いくら自分の番で志望動機や自己PRがうまく話せたとしても、マナーが出来ていなければ印象は悪くなります。入室してからの限られた時間での評価なので、ここでマイナスのイメージを持たれないよう注意しなければいけません。

面接官と自分との会話が終わったあと、他の就活生が話しているときにも態度や表情は気を抜かず、ビジネスマナーに徹底して気をつけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ