就活その他

【インセンティブ制度とは】知っておきたいメリットとデメリット

インセンティブ制度のメリット・デメリットとは

企業によっては通常の給与形態に加えて、インセンティブ制度を導入している場合もあります。全ての企業がインセンティブ制度を導入しているわけではありませんが、制度を導入している企業は多く、実際にそれが企業に良い影響を与えている場合もあります。しかしインセンティブ制度はメリットがある反面、当然ですがデメリットもあり、一概に優れた制度であるとは言えません。

インセンティブ制度が良い影響を及ぼす場合もあれば、悪い影響を及ぼす場合もあり、それが原因で仕事を続けていくことが難しくなってしまう場合もあります。インセンティブ制度は企業ごとに取り決めが異なることも多いですが、メリットとデメリットの両方を知り、企業選択に役立てましょう。

そもそも「インセンティブ制度」とは何か

インセンティブ制度は採用されている企業も多く、さまざまな企業で実施されているものです。しかし「インセンティブ制度」とは具体的にはどのような制度のことを指すのでしょうか。

インセンティブ制度は企業ごとに詳細な取り決めは異なっていることも多いですが、大枠で考えた場合の制度は共通しています。企業にある制度を知っておくことは大切ですので、そもそもインセンティブ制度とはどんな制度であるのかを知っておきましょう。

社員を「励ます」制度

インセンティブ制度とは簡単に言えば、社員を「励ます」制度です。インセンティブには、目標を達成するための動機付けや刺激などの意味があり、社員を励ますことで企業として目標を達成しようというものです。またインセンティブには奨励金などの意味もあり、目標を達成した対価として支払われる金銭などを指して使われることもあります。

インセンティブ制度に該当するものとしては、一般的には賞与、つまりボーナスが挙げられますが、もちろんボーナスだけがインセンティブ制度ではありません。他にも営業成績ごとの歩合給であったり、さまざまなことがインセンティブ制度として挙げられます。インセンティブとは仕事を頑張った人に対してのご褒美であると考えられます。

一般的に多いのは賞与の変動

賞与はインセンティブ制度の一つとして考えられているものであり、企業でのインセンティブ制度としては一般的には賞与の金額の変動が多いです。賞与はその企業に勤めている人全員に支給されるものではありますが、インセンティブ制度を導入している企業では、その金額が仕事の成果によって変動します。

個人の成果や成績に応じて賞与が変動する仕組みであり、成績の高い人は賞与も高くなります。これはもともと決められた賞与の額に対して、インセンティブ報酬が上乗せされる場合が多いです。成績が良くなかったからといって賞与まで大幅に減額されることは基本的にはありません。成績が悪い場合はプラスアルファの金額が少ないだけであり、成績が良ければ通常の賞与に加えて、より高い金額がもらえることになります。

表彰や副賞の贈与なども該当

インセンティブ制度としては賞与であったり、歩合給などのように、成績優秀者は金銭面で優遇されることが多いです。しかし賞与などお金の支給だけではなく、成績優秀者に対して表彰を行うなどのインセンティブ制度もあります。また単に表彰するだけではなく、加えて副賞を取り入れるなど、直接的な金銭以外でのインセンティブ制度を導入している企業もあります。

インセンティブ制度は必ずしも賞与に関係するものであるとは限りません。それ以外のものであっても、社員のモチベーションを上げる効果があるものはインセンティブ制度に該当します。表彰制度や副賞など、頑張りが認められる何らかの商品がもらえることもインセンティブ制度の一つです。

企業によってインセンティブが出る理由

では企業によってインセンティブが出るのはなぜでしょうか。もちろん社員のやる気を高めるため、といった企業経営層の狙いもありますが、インセンティブの支給は基本的に給与で至急されるために、その原資が必要となります。つまりインセンティブを出すことができる企業は、その企業の業績が極めて良いためにそのようなことができるのです。

一種の福利厚生に近い性質があり、業績の良さを企業の内部留保に回すのではなく社員に還元することによって、再び還元した社員から利益を生み出してもらい、またインセンティブを支給する、という流れを作ることによって長期的な視点でみると企業を成長させることができるために、このような企業はインセンティブのシステムを導入していると言えます。

インセンティブが出ない理由

それでは逆に、インセンティブが出ないところはなぜ出ないのでしょうか。これには大きく3つあり、1つ目は前者の逆のパターンで営業利益が出ていないことにより、追加の給与は支給できないパターン、2つ目は経営者が労働者のことを軽視しておりそもそも還元する気などまったくないパターン、そして3つ目はインセンティブを導入することが難しい事務職や人事職などのパターンが挙げられます。前者2つはすぐに理解できると思いますが、3番目に関しては、インセンティブというシステムの性質にあります。

インセンティブは、競争的な環境下において、結果を出したからこそ支給される恩恵のことを指します。つまり、事務職や人事職はそもそも競争する環境下にはないために、またどれだけの量の仕事を処理したかを計算することが難しいので、インセンティブを導入できないとも言えます。そのかわり、これらの仕事は営業職などと比べて基本給は高く設定されていることが多いです。

企業によってインセンティブの種類は異なる

企業によって、導入されているインセンティブの種類は大きく異なります。一般的に金融や、デイトレードなどの直接お金を扱っているような仕事では、仕事の本質がお金を扱うことであることから報酬も金銭で支払われることが多く、それ以外のところでは現金で支給されたり、旅行や社内表彰といった現金以外の利益や社内の名誉にとどまることも多いです。

そもそも日本においては、インセンティブそのものを導入していない企業も多いために、インセンティブを狙って就職したい場合には、どのようなインセンティブがあるのかを正確に調べてから応募することが大切です。

インセンティブ制度導入のメリット

インセンティブ制度は賞与だけに限らず、さまざまなものが考えられます。企業によってどのようなインセンティブ制度を導入しているのかは異なりますが、商品は違ったとしても制度を導入しているメリットは同じです。

賞与の変動の場合でも表彰や副賞によるインセンティブ制度の場合であっても、受けられるメリットは基本的には同じです。インセンティブ制度を導入することにはさまざまなメリットがありますので、それも参考にしながら企業を選択していきましょう。

社員のモチベーションが上昇する

インセンティブ制度を導入するメリットとしては、社員のモチベーションが上昇することが考えられます。そもそもインセンティブ制度は社員のモチベーションを上げるための制度であり、励ますための制度です。賞与や表彰など制度自体はさまざまではありますが、それらは全て社員のモチベーションのアップのために行われているものです。仕事に取り組むにあたってはモチベーションは非常に大切であり、欠かすことはできません。

社員のモチベーションが低い企業は企業としての力も弱くなってしまいます。反対に社員のモチベーションが高ければ社員一人ひとりがやりがいを持って仕事に取り組むことができます。やりがいを持って働くことで社員は充実感を得ることができますし、企業としても高い実績を上げ、大きく成長することが可能です。

社員の育成に繋がる

インセンティブ制度はいわば実力制度でもあり、実力の高い人が評価される制度でもあります。評価されるためには仕事で成果を残さなければならず、そのためには高い実力が必要です。社員は実力をつけるためにさまざまな努力を始めますし、それが結果的に社員の育成へとつながっていきます。

企業にとって社員の育成は大切なことであり、同時にコストのかかることでもあります。いくらコストをかけても社員が育たない場合もありますし、社員育成は企業運営の中でも難しいことの一つです。インセンティブ制度があれば社員は自発的に努力を始めますし、少ないコストで社員の育成を行うことができます。社員としても頑張りがそのまま報酬につながりますので、成長しやすい環境にあると言えます。

実力が正当に評価される

インセンティブ制度のメリットとしては、実力が正当に評価されることも挙げられます。企業では実力が評価されて昇進していきますが、全ての場合で正しく実力が評価されるとは限りません。成果を上げていたとしても、上司からの評判が良くない、気に入られていないなどの理由で出世が遠のいてしまう場合もあります。

自分の成果や実力が正当に評価されることが機会は少ないですが、それはインセンティブ制度が導入されていない場合です。企業にインセンティブ制度が導入されていれば、賞与や表彰などで正当に評価される機会が設けられています。上司の気分次第で評価が変わってしまう環境がある一方で、インセンティブ制度であれば実力が正当に評価されることは大きなメリットでしょう。

インセンティブ制度導入のデメリット

インセンティブ制度が導入されることで、社員は実力を正当に評価してもらうことができますし、成長しながらさまざまなメリットを受けることができます。しかし何事も良い面があれば反対に悪い面もあり、それはインセンティブ制度であっても同じです。

インセンティブ制度にはさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットもありますので、注意が必要です。メリットだけではなく、デメリットも知り、インセンティブ制度についての理解を深めていきましょう。

やる気がない社員のモチベーション低下

インセンティブ制度は社員を励ますための制度であり、モチベーションを上げるための制度です。しかしインセンティブ制度によってモチベーションが上昇するのは、もともとやる気のある社員に限られています。仕事に対してしっかりとやる気を持って取り組むことは大切なことですが、全ての社員が常に高いやる気を持って仕事をしているわけではありません。

人によっては他人の邪魔にならない程度に仕事をこなせばいいと考えている人もいますし、どれだけ頑張っても成績を残すことができない社員もいます。全ての社員がやる気を出せば活躍できるわけではありません。実力を発揮できない社員はモチベーションがどんどん下がってしまいますので、それがインセンティブ制度のデメリットだと言えます。

人間関係がギクシャクする

インセンティブ制度のデメリットとしては、人間関係がギクシャクしてしまうことが挙げられます。インセンティブ制度は基本的には個人の成績、業績によって報酬が決定するものです。個人活動が多くなる制度であるため、成績を残そうとするあまり、同僚をライバル視することも多くなります。

企業は大きな一つのチームですので、それぞれが協力して、仕事や目標を達成していくことが大切です。しかしインセンティブ制度では同僚は競争相手となってしまうことが多く、チームワークが崩れたり人間関係が上手くいかないといった問題が起こる場合もあります。個人の成績を伸ばすことに必死になって人間関係が悪くなり、仕事場で孤立してしまうこともありますので、注意が必要です。

賞与以外のインセンティブ事例

インセンティブ制度では賞与の金額の増減が一般的ですが、報酬の対象となるのは賞与だけではありません。他にもさまざまなものが対象となり、企業によっては変わった報酬を定めている場合もあります。

どの場合であっても社員のモチベーションを上げるためのものが報酬に設定されているため、高い成績を残すことができれば、大きなメリットを受けることができます。賞与以外のインセンティブはどんなものが挙げられるのか、実際の事例から確認していきましょう。

報酬はリーダーになれる

インセンティブの事例としては、報酬はリーダーになれるというものが挙げられます。企業では個人で仕事をするだけではなく、複数人が集まってチームとして仕事をする機会も多いです。リーダーの選出には実力が大きく関係しますし、インセンティブ報酬がリーダーの場合は、チーム内での仕事で最も成果が上げた人がリーダーに選出されます。

報酬をリーダーへの選出と定めることでそれぞれのモチベーションは上がりますし、競いながらもチームとして協力することもできます。また最も成果を上げた人がリーダーになることで周囲も納得することができますし、波風を立てずにリーダーの選出が可能です。モチベーションを高めながら、スムーズにチームを作り上げることができますので、報酬をリーダーに定めている企業は多いです。

報酬は旅行に行ける

変わったインセンティブ事例としては、報酬は旅行というものです。高い成績を上げた人は報酬として旅行券などがプレゼントされることもあり、これが企業のインセンティブ報酬として定められている場合もあります。インセンティブ報酬は個人に対して与えられる報酬であることが多いですが、旅行の場合は個人だけではなく、グループに対して与えられることもあります。

グループに対してインセンティブ報酬を与えることで、人間関係がギクシャクするなどのデメリットを解消することができますし、社員同士の絆が深まることもメリットです。また個人の場合であっても報酬が金銭の場合よりも競争は激しくなりにくく、旅行はインセンティブ報酬としてはデメリットの少ない報酬だと言えます。

自分が納得できる給与形態を見つける重要性

インセンティブ制度にはメリットもデメリットもあり、人によって向き不向きもあります。インセンティブで与えられる報酬は給料に関係するものとは限りませんが、賞与がインセンティブ報酬の対象となることは多いです。インセンティブ制度が導入されている企業の場合は、それが給料に影響する場合も多いので、充分に注意しなければなりません。

給料は就職後の生活・モチベーションに直接関わってくるため、自分が納得できる制度がある企業を選ぶことが大切です。インセンティブ制度が導入されている企業は避けたいのあれば、それらの制度がない企業を選びましょう。またインセンティブ制度が導入されている企業を選ぶ場合でも、インセンティブにはさまざまな事例がありますので、自身に合ったものを選ぶことが大切です。

関連記事

【インセンティブ制度とは何か徹底解説】就活生が知っておきたいメリット・デメリットも紹介

インセンティブ制度を活用して実力を発揮しよう!

インセンティブ制度は多くの企業で導入されている制度であり、賞与だけに限らず、さまざまなものがインセンティブ報酬として与えられます。基本的には向上心が高い、競争が好きな人に向いている制度であり、実力制度でもあります。インセンティブ制度で勝ち抜く自信がないのであれば、制度のない企業を選んで就職することも大切です。

反対にインセンティブ制度でも勝ち抜いていける自信がある、制度を利用して大きく成長したいと考えるのであれば、インセンティブのある企業を選びましょう。インセンティブ制度は上手に活用することができれば、実力を発揮し、さまざまなメリットを受けることができます。実力主義で活躍したいのであれば、インセンティブ制度のある企業を目指しましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ