就活その他

【就活用写真|地域別おすすめ写真館】選ぶ基準と注意点

就活用写真は写真館で撮影しよう

「就活用写真を撮りたいけど、どこで撮れば良いのかわからない」や「いつまでに撮影しておくとよいのか」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では写真が印象を左右する理由や、写真館と証明写真機の違い、写真館の選び方とおすすめの写真館をご紹介します。是非参考に写真館を選び、書類選考を突破しましょう。

就活で使う証明写真は書類選考において非常に重要な要素です。なぜなら写真は面接官の印象を左右する要素の一つだからです。それでは詳しく理由を見ていきましょう。

写真は印象を左右するため重要

写真が面接官の印象を左右する理由は明確にあります。アメリカのメラビアンの法則という研究結果から「見た目が人に与える影響」について理解することができます。

「メラビアンの法則」とは1971年に心理学者のアルバート・メラビアンが発見した法則です。メラビアンの法則の研究結果によると「人は他人の印象を判断する際に、見た目から55%もの影響を受ける」のです。

メラビアンの法則
聞き手が話し手から受ける影響

視覚情報から55%の影響を受ける
容姿、服装、権威、表情、視線、姿勢など
・聴覚情報から38%の影響を受ける
声の高さ、話のスピード、大きさ、声色など
・言語情報から7%の影響を受ける
話の内容、言葉の意味

→視覚情報が印象の過半数を占める

この法則を就活に応用すると、ESや履歴書の証明写真が印象を左右することがわかります。ESや履歴書において見た目の印象を決めるものは証明写真です。つまり証明写真は印象を左右するのです。書類選考を突破できるよう、写真にはこだわって撮影しましょう。

大学3年生の3月までに撮影しておこう

データ

「証明写真はいつまでに撮影しておけばいいのか」と疑問を持つ就活生も多いのではないでしょうか。結論からお伝えすると証明写真は大学3年生の3月までに撮影しておきましょう。就活の大まかなスケジュールは大学の3年生の3月に情報解禁。6月には筆記試験や面接。10月には内定式というものが一般的です。

つまり大学3年生の3月には企業にESや履歴書を提出する必要があるのです。そのため大学3年生の3月までには、履歴書やESに貼り付けるために証明写真を撮影しておきましょう。

また、外資系の企業を志望している方もいるでしょう。外資系の企業は日本の企業と比べると選考スケジュールが早いです。日系の企業が大学3年生の3月に情報解禁をするのに対して、外資系企業は大学3年生の10月には選考が始まります。9月までには撮影をしておきましょう。

インターンシップに参加を考えているかたはさらに早く撮影をしておく必要があります。日系企業・外資系企業ともに大学3年生の6月にはインターンシップが始まります。5月までには撮影をしておくとよいでしょう。

写真館と証明写真機の違い

写真館と証明写真機の違いは、大きく3つあります。

    ・写真の仕上がり
    ・料金。
    ・焼き増し・サイズ変更ができるかどうか

    上記の違いは写真館のメリット・デメリットと、証明写真機のメリット・デメリットから明確に理解することができます。詳しく見ていきましょう。

    写真館のメリット・デメリット

    写真館ではプロのカメラマンがスタジオで撮影してくれます。そのため写真の仕上がりがきれいで色味も鮮やかです。顔が鮮明に映ったきれいな写真は企業からの印象も良いのでしょう。また一度撮影してしまえば撮影データを写真館が保管してくれているので、サイズの変更・焼き増しが容易にできるところもメリットです。

    例えばカメラのキタムラで撮影をした場合、焼き増しの受付方法は店舗受付とネット受付があります。そして受け取り方法は店舗と宅配の2種類があります。

    店舗受付の場合、店舗でしか受け取れないので注意が必要です。ネット受付の場合宅配と店舗受け取りの2種類から選択することができます。ネットで完結させたい方はネット受付から申し込むとよいでしょう。焼き増しの料金は一枚あたり350円です。履歴書、運転免許証、マイナンバーのサイズにも対応しているので、是非参考にしてみてください。

    デメリットとしては撮影料金が高いという点です。撮影する写真館にもよりますが、一回の撮影当たり1,000円~という料金設定です。証明写真機は700円程度なので、比較すると少し料金が高いです。

    例えば、スタジオフォプロの場合は4,800円~、カメラのキタムラの場合は5,200円~、スタジオ728の場合は6,800円~です。
    スタジオ写真館での撮影は料金がかかりますが、証明写真は印象を左右する重要な要素ですなので、写真館で撮影することをおすすめします。

    証明写真機のメリット・デメリット

    証明写真機の魅力は何といっても手軽さです。駅や自動販売機の横にあるところも珍しくありません。料金も500円~1,500円程度と安いことも魅力です。例えばKi-Re-i美肌+の場合通常価格700円・美肌設定の場合800円。City Photo Stationの場合通常価格800円・美肌設定の場合900円。ID PHOTO STUDIOの場合通常価格800円・美肌設定の場合900円です。

    また、最近では美肌機能やスマホにデータを送れる高機能なものもあります。つまり安価で素早く写真が手に入ることがメリットです。おすすめの証明写真機はKi-Re-i美肌+です。美肌機能とデータ転送機能を持ち、色味も比較的鮮やかだからです。

    証明写真機のデメリットは、写真館と比べると写真の仕上がりが少し荒く色味もくすんでしまいます。また撮った後にサイズ変更ができないこともデメリットとなります。証明写真機ではデータを保管していないのでサイズ変更や焼き増しをしたい場合、もう一度取り直す必要があるので注意が必要です。そのため安価で素早く写真を手に入れたい方は証明写真機を利用すると良いでしょう。

    自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

    自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
    そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
    My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

    My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

    写真館の選び方

    ここからは写真館の選び方を詳しく解説していきます。

    写真館を選ぶポイントは大きく4つあります。

      ・ヘアメイクコースがついている写真館を選ぶこと
      ・肌をきれいに見せるレタッチがある写真館を選ぶこと
      ・スーツの貸し出しがある写真館を選ぶこと
      ・屋外・全身撮影が可能な写真館を選ぶこと

      それぞれの特徴を詳しく解説するので、是非参考に写真館を選んでみてください。

      ヘアメイクコースがついている写真館を選ぶ

      証明写真に求められるものは男性、女性ともに社会に出て働くうえで「ビジネスマンとして清潔感のある身だしなみをしているか」という点です。

      女性の場合には就活で使う証明写真は普段のメイクとは違い、清潔感や健康的な印象を与えるメイクをすることが好印象につながります。また普段メイクをしない男性の場合には、ヘアメイクをするだけで外見の印象が変わるため、好印象につながることもあります。ヘアメイクの違いが写真の仕上りにも大きく左右します。面接官に好印象を与えるためにも、ヘアメイク付きコースがある写真館を選びましょう。

      就活写真用の撮影オプションは写真館によって様々なものがあります。撮影オプションを追加する場合には、追加料金がかかる場合と撮影コースに含まれている場合があります。料金としては、1万円前後です。撮影オプションの確認とともに、料金も確認しておくとよいでしょう。

      肌をきれいに見せるレタッチがある写真館を選ぶ

      レタッチとは撮影後の写真に加工を加えることです。写真を加工することで肌色を明るくしたり、肌を整えることができます。ホクロやニキビ、クマを補正してもらえたり、肌のキメを細かくすることもできます。レタッチをするだけで外見の印象がかわるため、清潔感や健康的な印象につながることもあります。特に、航空業界などでは接客業のため、写真の映りが重要視されます。是非レタッチがある写真館を選んでみてください。

      またレタッチはヘアメイクコースと同様に、撮影オプションに含まれます。そのため撮影の予約をする際に、レタッチがある写真館かどうかを写真館のサイトホームページにて確認しておきましょう。料金は写真館によりますが、1500円~5000円前後です。レタッチができる写真館かの確認とともに料金も確認しておきましょう。

      スーツの貸し出しがある写真館を選ぶ

      「リクルートスーツを購入できていないが、エントリーをする必要がある」「写真撮影のためだけにスーツを着たくない」という方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、スーツの貸し出しがある写真館を選ぶことです。
      スーツの貸し出しがある写真館では、撮影前にスーツに着替え、就活用証明写真を撮影することができます。写真館を予約する前に写真館のホームページにて貸し出しがあるか確認し、ホームページや電話にてスーツの貸し出し予約をしておきましょう。
      また、スーツの貸し出しは基本無料です。是非スーツの貸し出しがある写真館を選びましょう。

      全身・屋外撮影が可能な写真館を選ぶ

      マスコミ業界や航空業界を志望している方は、エントリーをする企業にもよりますが全身写真や屋外写真の提出を求められることがあります。そのため、マスコミ業界や航空業界を志望している場合には「全身撮影」や「屋外撮影」が可能な写真館を選ぶ必要があります。

      特に「屋外撮影」が可能な写真館は少ないため、事前に写真館のホームページから確認しておきましょう。「全身撮影」や「屋外撮影」は通常よりも料金がかかることや、マスコミ・航空業界コースなど、写真館により様々なコースがあります。志望している方は事前にホームページを確認しておきましょう。

      写真館を選ぶ際の注意点

      ここからは写真館を選ぶ際の注意点について解説していきます。

      写真館を選ぶ際の注意点はポイントは大きく4つあります。

        ・写真の受け取り方法を確認する
        ・仕上がり時間を確認する
        ・撮影する写真サイズを確認しておく
        ・写真の背景色は白色か

        それぞれ注意する理由と対処法について詳しく解説するので、是非参考にしてみてください。

        写真の受け取り方法を確認する

        写真の受け取り方法は大きく2種類あります。1つ目にプリントした写真を受け取る。2つ目にCDやUSBなどでデータとして受け取る方法の2種類です。手書きで作成したESや履歴書の提出を企業から求められている場合にはプリントした写真で受け取りましょう。パソコンで作成したESや履歴書の提出を企業から求められている場合には、データとして写真を受け取りましょう。

        おすすめの受け取り方法はプリントした写真と併せて、データも受け取る方法です。データとして受け取る場合、写真の焼き増しやサイズの調整が容易だからです。また追加で必要な枚数をプリントすることもできるため、写真が余ることもありません。プリントした写真と併せてデータでも受け取り、追加で必要な場合だけデータからプリントして使用しましょう。是非参考にしてみてください。

        仕上がり時間を確認する

        面接までの日程に余裕がない場合や、いち早く証明写真を手に入れたい場合には仕上がりまでの時間も確認しておきましょう。仕上がりまでの時間は写真館により異なります。数十分で仕上がる写真館もあれば、一週間ほどかかる写真館もあります。撮影前に仕上がりまでの時間を確認しておきましょう。

        撮影するサイズを確認する

        就活の写真を取るときに映りを気にしている方は多いのではないでしょうか。しかし映りと同等に大切なものは写真のサイズです。なぜなら写真のサイズが違えば、せっかく映りが良くても規定違反となり写真自体が無効になる場合もあります。また写真のサイズが違うことで印象がよくなることはないからです。せっかくエントリーをするのであれば、規定にあったサイズの写真で提出しましょう。

        履歴書は縦4cm ✕ 横3cm、WEBエントリーシートは縦560px✕横420pxが一般的なサイズです。しかし企業により、写真の指定サイズが異なる場合もあるので事前に確認しておくと良いでしょう。以下の記事では写真のサイズについて詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

        写真の背景色は白色か

        最後の注意点は写真の背景色です。写真の背景色は白色を選択しましょう。撮影する写真館にもよりますが「白」、「ブルー」「グレー」などさまざまな背景色があります。その中でも就活の場合「白」を選択する理由は、顔がはっきりと映るため清潔感と健康的な印象につながりやすいからです。背景色は白色を選択すると良いでしょう。

        おすすめ写真館

        ここからは地域別におすすめの写真館を紹介します。写真館を選ぶ基準を満たすものや高評価を獲得している写真館です。是非参考にしてみてください。

        東京編

        おすすめ写真館の東京編です。是非参考に皆さんの用途に合わせて写真館を選んでみてください。

        東京 写真館

        大阪編

        おすすめ写真館の大阪編です。是非参考に皆さんの用途に合わせて写真館を選んでみてください。

        大阪 写真館

        埼玉編

        おすすめ写真館の埼玉編です。是非参考に皆さんの用途に合わせて写真館を選んでみてください。

        おすすめ写真館 埼玉

        横浜編

        おすすめ写真館の横浜編です。是非参考に皆さんの用途に合わせて写真館を選んでみてください。

        横浜 写真館 

        京都編

        おすすめ写真館の京都編です。是非参考に皆さんの用途に合わせて写真館を選んでみてください。

        京都 写真館

        写真館の予約後に確認しておきたい項目3選

        写真館の予約を終えると実際撮影するまでに確認しておくべき項目があります。それは1つ目に撮影時の服装です。2つ目に撮影時の髪型です。そして3つ目に業界に合わせて表情を変えることです。参考になる記事を載せているので、撮影日までに確認して準備を進めましょう。

        撮影時の服装

        就活では、第一印象が重要視されています。そのため、いかに第一印象で好印象が与えられるかを考える必要があるでしょう。本当の第一印象が決まるのは面接ではなく、履歴書の証明写真です。それが履歴書の評価を左右することも少なくありません。

        写真の印象が評価に与える影響は大きいといえるため、少しでも好印象を与えられるように工夫して撮影することが大切です。証明写真で印象が悪ければ書類選考で落とされてしまい、そもそも面接に参加することさえできない可能性もあります。書類選考を突破するためには証明写真は重要なものですので、撮影時の服装のポイントを押さえて印象の良い証明写真を撮影しましょう。

        以下の記事では撮影時の服装について詳しく解説しています。好印象を得るためにも確認してみてください。

        撮影時の髪型

        面接では受け答えはもちろん、身だしなみも評価の対象として見られています。身だしなみとしては全身に気を配る必要がありますが、面接で目に付きやすいのは髪型です。

        髪型によって清潔感などの第一印象が決まることは多く、就活にふさわしい髪型で面接の臨むことが大切です。男女ともにおすすめの髪型はさまざまありますので、就活にふさわしい髪型にして面接でも好印象を獲得しましょう。

        以下の記事では就活の髪型、写真撮影時の髪型などの疑問を解消する記事一覧です。ぜひ確認してみてください。

        業界に合わせて表情を変えよう

        「写真だと笑顔が引きつってしまう」など、写真撮影の時の表情にお困りの方も多いのではないでしょうか。

        就活の履歴書は、仕事を手にしたいと思う全ての人にとって一番最初に出す大事な自己アピールです。何をどのように履歴書に書いているのかが大切ですが、同じように企業に最初に顔を印象付ける証明写真も、採用の可否に関わる非常に大切なものとなってきます。

        どのようなリクルートスーツの着こなしか、清潔感はあるか、人物の表情から伝わる印象はどのようであるかなど、写真から見る印象を企業側はチェックするでしょう。ですから、写真にも気を抜かずに面接をしているのと同じような気持ちで撮ると良いでしょう。

        以下の記事では自然な表情の作り方と撮影時のポイントを詳しく解説しています。ぜひ確認してみてください。

        写真にこだわって内定に近づこう!

        冒頭でもお伝えしたように就活で使う証明写真は書類選考において非常に重要な要素です。写真館の選び方と注意点を参考にしてみてください。

        もちろんESや履歴書の内容も大切ですが、まず写真から好印象を獲得できるようこだわることで書類選考の突破につながります。写真にこだわって内定に近づけるように準備を進めましょう。

        監修者プロフィール

        ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
        吉川 智也(よしかわ・ともや)
        1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
        現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

        記事についてのお問い合わせ