企業研究

朝日工業社の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

朝日工業社における最近の平均年収推移

株式会社朝日工業社は、東京都港区に本社を置き、空調・衛生設備工事の設計や施工を手掛ける企業です。その起源は大正14年にまで遡ります。そんな朝日工業社の初任給や平均年収などについて見ていきましょう。

朝日工業社とは

正式名称:株式会社朝日工業社
所在地:東京都港区三田三丁目13番12号
従業員数:871人
平均年齢:44.7歳
平均勤続年数:20.1年
//www.asahikogyosha.co.jp/
※有価証券報告書を参照

朝日工業社は、近年は省エネルギーや環境保全など、エコに優しい取り組みを推進していることで知られています。高い技術力もその強みとしています。

近年の平均年収推移

朝日工業社の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 855.0万円
平成27年 786.0万円
平成26年 711.0万円
平成25年 709.0万円
平成24年 670.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

朝日工業社の平均年収は近年上昇が続いており、平成28年には855万円にまで達しています。ここ5年間の平均年収はとても高い水準にあると言えるでしょう。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

朝日工業社における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 554.7万円 37.5万円 104.8万円
25~29歳 702.1万円 47.5万円 132.7万円
30~34歳 801.5万円 54.2万円 151.4万円
35~39歳 843.5万円 57.0万円 159.4万円
40~44歳 939.0万円 63.5万円 177.4万円
45~49歳 998.6万円 67.5万円 188.7万円
50~54歳 1,033.8万円 69.9万円 195.3万円
55~59歳 1,031.9万円 69.7万円 195.0万円
60~64歳 793.6万円 53.6万円 149.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

朝日工業社の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 37.5万円 104.8万円 554.7万円
23歳 39.5万円 110.4万円 584.2万円
24歳 41.5万円 115.9万円 613.7万円
25歳 43.5万円 121.5万円 643.2万円
26歳 45.5万円 127.1万円 672.7万円
27歳 47.5万円 132.7万円 702.1万円
28歳 48.8万円 136.4万円 722.0万円
29歳 50.1万円 140.2万円 741.9万円
30歳 51.5万円 143.9万円 761.8万円
31歳 52.8万円 147.7万円 781.7万円
32歳 54.2万円 151.4万円 801.5万円
33歳 54.7万円 153.0万円 809.9万円
34歳 55.3万円 154.6万円 818.3万円
35歳 55.9万円 156.2万円 826.7万円
36歳 56.4万円 157.8万円 835.1万円
37歳 57.0万円 159.4万円 843.5万円
38歳 58.3万円 163.0万円 862.6万円
39歳 59.6万円 166.6万円 881.7万円
40歳 60.9万円 170.2万円 900.8万円
41歳 62.2万円 173.8万円 919.9万円
42歳 63.5万円 177.4万円 939.0万円
43歳 64.3万円 179.7万円 951.0万円
44歳 65.1万円 181.9万円 962.9万円
45歳 65.9万円 184.2万円 974.8万円
46歳 66.7万円 186.4万円 986.7万円
47歳 67.5万円 188.7万円 998.6万円
48歳 68.0万円 190.0万円 1,005.7万円
49歳 68.4万円 191.3万円 1,012.7万円
50歳 68.9万円 192.7万円 1,019.8万円
51歳 69.4万円 194.0万円 1,026.8万円
52歳 69.9万円 195.3万円 1,033.8万円
53歳 69.9万円 195.3万円 1,033.5万円
54歳 69.8万円 195.2万円 1,033.1万円
55歳 69.8万円 195.1万円 1,032.7万円
56歳 69.8万円 195.0万円 1,032.3万円
57歳 69.7万円 195.0万円 1,031.9万円
58歳 66.5万円 186.0万円 984.3万円
59歳 63.3万円 177.0万円 936.6万円
60歳 60.1万円 167.9万円 888.9万円
61歳 56.9万円 158.9万円 841.3万円
62歳 53.6万円 149.9万円 793.6万円
63歳 42.9万円 119.9万円 634.9万円
64歳 32.2万円 90.0万円 476.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

朝日工業社の役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,651.1万円
課長 1,291.5万円
係長 983.5万円
20~24歳の一般社員 554.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

朝日工業社の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.1万円
大学院卒 23.1万円

※リクナビ2018より参照しています。

朝日工業社の大卒初任給は一般的な金額より若干高めだと言えるでしょう。短大・高専・専門卒の場合は205,000円です。

建設業界における年収の傾向と生涯賃金

建設業界とは

建設業界の景気は、近年しばらく低迷が続いていたものの、最近になって国内景気の回復とともに、上昇傾向に転じています。今後も東京オリンピックに向けて、このまま回復局面が続くと見られています。

建設業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 朝日工業社 建設業界
20~24歳 554.7万円 439.1万円
25~29歳 702.1万円 519.3万円
30~34歳 801.5万円 599.4万円
35~39歳 843.5万円 607.3万円
40~44歳 939.0万円 702.2万円
45~49歳 998.6万円 727.3万円
50~54歳 1,033.8万円 762.9万円
55~59歳 1,031.9万円 746.8万円
60~64歳 793.6万円 619.7万円
生涯賃金 3.85億円 2.86億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

朝日工業社の年齢層別の平均年収は、建設業界の平均を大幅に上回る予測結果となりました。業界平均との差額は20代前半で115万円程度ですが、20代後半から60代にかけて170~285万円ほどに拡大すると予測されます。

まとめ

長年にわたって安定した業績を残し続け、高い年収水準を維持している朝日工業社。近年は環境保護などで先進的な取り組みも進めています。朝日工業社の今後のさらなる躍進にも期待です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ