就活その他

【絶対に持っておきたいビジネス手帳を紹介】重宝するのはデジタルではなくアナログの手帳だった!

スマホではないアナログのビジネス手帳の魅力

みなさんは、日々のスケジュール管理をどのようにしていますでしょうか。スマートフォンを使っている方もスケジュール手帳を使っている方も、もしくは何も使っていないという強者もいたり、様々だと思います。就職活動では、段取りがものを言います。

時間管理を疎かにしていると、ダブルブッキングをしてしまったり、予定を忘れてしまったりといったことも実際にはよくあることです。実は、スマホが発達した現在でも多くのビジネスマンはアナログのビジネス手帳を使用しているのはご存知でしょうか。今回は、スマホではないアナログ手帳の魅力を説明していきます。ビジネス手帳を使いこなして、時間にも心にも余裕のある就職活動を目指しましょう。

就活生にビジネス手帳をおすすめする理由

「スマホがあるから大丈夫でしょ」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、就職活動のスケジュール管理はあなどれません。就職活動におけるスケジュール管理は、今までの生活でのスケジュール管理とは異なる点が多くあります。

はじめに、就職活動におけるスケジュール管理はどのようなものか確認しながら、アナログ手帳のメリットを説明します。自分自身にあったビジネス手帳を見つけ、それをカスタマイズしていくことは就職活動だけでなく、その後の社会人人生においても非常にプラスになるはずです。

充電切れが怖いデジタル

就職活動の一つめの特徴は、1日の中でも長時間の移動です。就職活動中は会社が始まる時間から終わる時間まで、終日予定が入ることだってあります。移動時間を含めるとそれ以上になるでしょう。

スマートフォン等のデジタル手帳の場合、最も恐れなければならないのは電池切れです。特に、就職活動中は携帯でのとっさの調べ物が多くなり、使用頻度も増えるものです。さらに、スマートフォンは電子機器ですので、電池切れ以外にも様々な不測の事態が考えられます。

一方アナログのビジネス手帳では、電池切れの心配はありません。現在使用していない方にとっては一見不便なように感じるビジネス手帳も、慣れてしまえば、これ以上ないほど使い勝手が良いと感じるはずです。

長期にわたるスケジュール管理

就職活動は、年間のスパンでスケジュール管理をしなければなりません。そうすると、自分にあった時間管理の方法を見つけていかないと長続きしないばかりか、ダブルブッキングや、記入もれ等のミスにもつながりかねません。

その際にもアナログのスケジュール管理は非常に役立ちます。現在、スケジュール帳の種類は多岐に渡り、自分にあったスケジュール帳を見つけやすくなっています。そしてアナログの強みは、同じスケジュール帳でも使い方を工夫すればさらに自分流にカスタマイズできることです。

デジタルの手帳の場合は、すでに機能がプログラミングされているためそのようなカスタマイズはなかなかできるものではありません。自分流の手帳を身につければ、忙しくなってきた際の安心感にもつながります。

サイズが肝心の使いやすいビジネス手帳

サイズが肝心の使いやすいビジネス手帳

さて、ビジネス手帳の魅力を説明してきましたが、実際お店に行くとたくさんのビジネス手帳があって、どれを選べば良いのか迷ってしまうかと思います。ここからは、就職活動中の使用状況をイメージしながら、ここだけは外せない!というビジネス手帳を選ぶ際のポイントをいくつかお伝えします。ポイントさえ外さなければ、お店に行って手帳選びに悩むことも減り、より自分にあった手帳を見つけられるはずです。

A6またはB6程度がおすすめ

案外重要なのが、手帳のサイズです。結論から言うと、サイズはA6またはB6程度がオススメです。ビジネス手帳の魅力は、スマートフォンに比べ、大きな紙面で一度にたくさんの情報をわかりやすく表現できることと言えます。

A6やB5は見開きにするとA5やB5の大きさになります。これらは、今まで学校で使用していたノートや書類の大きさと一緒です。情報量としてまとまりがあるということですし、今までのみなさんの経験からしても、体が自然に反応できる情報量です。しかし、大き過ぎても運ぶのが大変になります。ビジネス手帳はいつも持ち歩くものです。購入する際は実際に手にとって、大きさ・重さは必ず確認してから選ぶようにしましょう。

機能プラス見た目も大事

機能面に目を向けるだけでなく、見た目にも気を配りましょう。スーツやネクタイ、靴等の服装と同様に、手帳も身だしなみの一つです。

手帳は常に持ち歩くものなので、就職活動中に面接官にみられることも多いかと思います。キャラクターものの手帳等も、使用してはいけないと言うルールがあるわけではないですが、ビジネス手帳であえて個性を出す必要はありません。相手を不快にさせる可能性があるようなデザインは避けた方が良いです。

特に指定があるわけではありませんが、ブラックやブラウンなどの落ち着いた色は悪い印象を与えることはまずありません。色に迷ったらそのような色を選ぶのが無難です。考え方は服装と同じ、中身で判断してもらえるように配慮しましょう。

ビジネス手帳のおすすめランキング2018

ここまで、サイズや見た目のポイントをお伝えしてきました。あとは自分の1冊を決めることになりますが、それでもビジネス手帳選びに不安になったり、悩んでなかなか決まらないことも多いかと思います。以下、2018年のおすすめビジネス手帳を紹介していきます。ここではおすすめの4つのビジネス手帳を紹介します。もちろん、どのような機能がほしいかは人によって様々です。最終的には、自分にあったものを選んでください。

ランキング①就活生のための22ヶ月手帳

就活生のための22ヶ月手帳は就職活動専用の手帳です。最も特徴的なことは就職活動の開始から卒業まで22ヶ月がひと続きにまとまっており、買替えの必要がないことです。3年生の6月から卒業するまで使用することができます。

他の手帳を比べて特徴的なのは、印字の大きさです。A5サイズと大きめのサイズなこともあり、とても見やすいです。また、月のスケジュールと週のスケジュールが分かれているので、スケジュールを確認しながら書き込めることが非常に助かります。

就職活動専用の手帳ですので、企業情報や選考管理など、就職活動に特化したページが充実しています。エントリー管理のページも付随しており、IDやパスワードを忘れる心配はありません。また、専用Webサイトと連動して使用することも可能です。

ランキング②学研ステイフル就職内定手帳

学研ステイフル就職内定手帳も就職活動専用の手帳です。この手帳の特徴は書くスペースが広いことです。たくさん情報を書き込みたい方にとってはありがたいと思います。メモ帳代わりにもなります。

さらに、他の就職活動用手帳と比べて、企業情報や就職活動のポイントを収録した付録ページが充実しているのも特徴です。新しいバージョンでは、この付録ページが別冊になりましたので、以前は懸念された重さの問題も解決しています。スケジュール帳の構成は月のスケジュールの後ろに週のスケジュールがある一般的なもので、どの方にも使いやすい形だと言えるでしょう。サイズは2種類あるため、自分にあったサイズを選べることも魅力の一つです。

ランキング③就活ダイアリー

就活ダイアリーも就職活動専用手帳になります。こちらの手帳は多くの機能がついているのが特徴です。「志望企業進行表」等、自分で作成すると手間がかかるようなものも最初からついています。

また、ジップポケットがついているので、貴重な資をもらったり領収証をもらった時など、非常に便利です。そのほかにも手帳にはなかなか付いていない出納帳も付いており、盛りだくさんの手帳になっています。

シンプルなものが好きな方にとっては、少し複雑に感じるかもしれませんが、その不安を払拭してくれるのが使用方法のガイドブックです。スケジュール帳の機能や使い方に関して、丁寧な解説がついています。多くの機能をうまく使うことができたら、就職活動中の強い味方に変わることでしょう。

ランキング④FOBCOOPマンスリー

おすすめの手帳の中で、FOBCOOPマンスリーのみ就職活動専用の手帳ではありません。こちらの魅力はなんといっても、機能がシンプルなことです。月のスケジュールの後ろにメモ帳のみ、という構成になっています。月ごとのスケジュール管理だけで十分と言う方にはおすすめです。

また、スウェード調の手帳なことも、他の手帳とは異なります。好みにもよりますが、デザインは洗練されていると言えます。しかし、就職活動用ではありませんので、専用ページはついておりません。就職活動の資料を充実させたいという方は、別に就職活動用の資料を準備する必要があります。就職活動が終わった後も使い勝手が良いため、シンプルなものが好きと言う方には非常におすすめな手帳です。

最適なビジネス手帳を使って就活を乗り切ろう!

エントリーシートの提出や面接よりも先にすでに就職活動は始まっています。時間の管理ができていると、きっと心にも余裕が出てくるはずです。今回紹介してきたビジネス手帳以外にも様々なものがあります。手帳選びは悩むと思いますが、重要なことは実際に店頭に足を運び、手にとって確認してみることです。

就職活動中の自分をイメージしながら、どの手帳が自分に合うのかたくさん悩んでください。悩んだ末に決めたビジネス手帳には、きっと愛着が出てくるはずです。そして手に入れた手帳はあなたの相棒です。「備えあれば、憂なし」。お気に入りのビジネス手帳を見つけて、時間と心に余裕のある就職活動を目指しましょう。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ