企業研究

三菱UFJニコスの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

三菱UFJニコスにおける最近の平均年収推移

三菱UFJニコスは、クレジットカードの発行事業を中心に、リース事業を展開しています。「UFJカード」の発行をはじめ、クレジットカードや電子マネーなどの様々な決済機能をクラウドに集約した決済システム「J-Maps」の開発、カード発行業務の受託事業などをおこなっています。

近年、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応した「請求額・ポイント残高かんたん確認アプリfor Amazon Alexa」を開発し、カード会員に向けて提供を始めています。日本最大級のリース会社と呼ばれ、業界においても躍進を続ける三菱UFJニコスですが、その年収はいったいいくらぐらいなのでしょうか。

三菱UFJニコスとは

正式名称:三菱UFJニコス株式会社
所在地:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX
従業員数:3,680人
平均年齢:40.2歳
平均勤続年数:15.7年
//www.cr.mufg.jp/corporate/company/overview/index.html
※有価証券報告書を参照

三菱UFJニコスは、㈱三菱UFJフィナンシャルグループの子会社です。東京に本社を置き、北海道や中部、九州地方などに営業拠点を構えています。三菱UFJニコスのフランチャイジー会社には、全国の様々な金融カード会社があります。MUニコス・ビジネスサービス株式会社など、6社の関連会社を設立しています。

近年の平均年収推移

三菱UFJニコスの近年の平均年収の推移を調べてみました。



年度 平均年収
平成28年 704.0万円
平成27年 701.0万円
平成26年 701.0万円
平成25年 694.0万円
平成24年 680.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

三菱UFJニコスは、マイナス金利等の影響や、MUFGカード・NICOSカード等のシステム統合により、業績が低迷しています。その一方で、年収は業績に関わらず、年々増加しており好調です。ここ5年間では、24万円の増加が見られます。

三菱UFJニコスにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。



年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 394.5万円 23.3万円 114.7万円
25~29歳 552.2万円 32.6万円 160.5万円
30~34歳 659.9万円 39.0万円 191.8万円
35~39歳 741.7万円 43.8万円 215.6万円
40~44歳 792.7万円 46.9万円 230.5万円
45~49歳 881.7万円 52.1万円 256.4万円
50~54歳 898.9万円 53.1万円 261.3万円
55~59歳 836.0万円 49.4万円 243.0万円
60~64歳 574.9万円 34.0万円 167.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

三菱UFJニコスの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 23.3万円 114.7万円 394.5万円
23歳 25.2万円 123.9万円 426.0万円
24歳 27.0万円 133.0万円 457.6万円
25歳 28.9万円 142.2万円 489.1万円
26歳 30.8万円 151.4万円 520.7万円
27歳 32.6万円 160.5万円 552.2万円
28歳 33.9万円 166.8万円 573.7万円
29歳 35.2万円 173.1万円 595.3万円
30歳 36.5万円 179.3万円 616.8万円
31歳 37.7万円 185.6万円 638.3万円
32歳 39.0万円 191.8万円 659.9万円
33歳 40.0万円 196.6万円 676.2万円
34歳 40.9万円 201.4万円 692.6万円
35歳 41.9万円 206.1万円 708.9万円
36歳 42.9万円 210.9万円 725.3万円
37歳 43.8万円 215.6万円 741.7万円
38歳 44.4万円 218.6万円 751.9万円
39歳 45.0万円 221.6万円 762.1万円
40歳 45.6万円 224.5万円 772.3万円
41歳 46.2万円 227.5万円 782.5万円
42歳 46.9万円 230.5万円 792.7万円
43歳 47.9万円 235.6万円 810.5万円
44歳 49.0万円 240.8万円 828.3万円
45歳 50.0万円 246.0万円 846.1万円
46歳 51.1万円 251.2万円 863.9万円
47歳 52.1万円 256.4万円 881.7万円
48歳 52.3万円 257.3万円 885.2万円
49歳 52.5万円 258.3万円 888.6万円
50歳 52.7万円 259.3万円 892.0万円
51歳 52.9万円 260.3万円 895.5万円
52歳 53.1万円 261.3万円 898.9万円
53歳 52.4万円 257.7万円 886.3万円
54歳 51.6万円 254.0万円 873.7万円
55歳 50.9万円 250.4万円 861.1万円
56歳 50.2万円 246.7万円 848.5万円
57歳 49.4万円 243.0万円 836.0万円
58歳 46.3万円 227.9万円 783.8万円
59歳 43.2万円 212.7万円 731.6万円
60歳 40.2万円 197.5万円 679.4万円
61歳 37.1万円 182.3万円 627.2万円
62歳 34.0万円 167.2万円 574.9万円
63歳 27.2万円 133.7万円 460.0万円
64歳 20.4万円 100.3万円 345.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三菱UFJニコスの役職者の年収

役職者の年収について



役職 平均年収
部長 1,174.3万円
課長 918.5万円
係長 699.5万円
20~24歳の一般社員 394.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

三菱UFJニコスの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.8万円
修士了 21.82万円

※リクナビ2018より参照しています。

三菱UFJニコスは、総合職と一般職の募集をしています。上記は総合職の初任給の金額で、一般職の初任給は、大卒で18.07万円です。大卒と修士了卒を比較すると、初任給に若干の差があります。

リース・クレジット業界における年収の傾向と生涯賃金

リース・クレジット業界とは

クレジット業界は、クレジットカードの発行や、カードの不正利用や盗難などの犯罪を防ぐセキュリティー業務などをおこなっている業界です。クレジット業界の業績は、平成19年から平成23年にかけて減少傾向にありましたが、平成24年以降は増加に転向しています。

その背景には、ネット通販が盛んになりクレジット利用率が高まったことや、在日外国人が増加し実店舗によるクレジット使用率が増加したなどの理由があります。現在、政府は東京五輪に向けてキャッシュレス化の普及をおこなっており、クレジットカードの利用率がさらに高まると予想されている状況です。

三菱UFJニコスは、クレジットカードの発行に留まらず、最先端の決済システムを開発するなど、新たな事業にも参入しています。時代の追い風を受けて、成長を続けるクレジット業界ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

リース・クレジット業界の平均年収推移と生涯賃金



年齢 三菱UFJニコス
リース・クレジット業界
20~24歳 394.5万円 376.2万円
25~29歳 552.2万円 496.1万円
30~34歳 659.9万円 610.6万円
35~39歳 741.7万円 693.2万円
40~44歳 792.7万円 740.7万円
45~49歳 881.7万円 837.2万円
50~54歳 898.9万円 841.1万円
55~59歳 836.0万円 761.0万円
60~64歳 574.9万円 556.9万円
生涯賃金 3.17億円 2.96億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三菱UFJニコスの年収は、リース・クレジット業界と比較すると、各年齢層において高くなるシュミレーション結果となっています。特に差が大きい年齢は50代後半です。業界平均よりも、75万円高くなる予測となっています。また、生涯賃金を比較すると、2,100万円の差がついています。

まとめ

キャッシュレス化が進みクレジットの需要が高まる現代において、業績を伸ばし続けるクレジット業界。三菱UFJニコスは、MUFGカードの取り扱いのみならず、新しい決済方法の開発や、音声認識アプリの導入など、時代のニーズに合ったサービスを提供しています。

さらに、社員研修にも注力しており、社内教育機関「MUNアカデミー」を設けて様々な研修を行い、社員ひとりひとりの専門性、戦略性、人間性を育てています。入社3年後の定着率は9割以上、平均勤続年数は15年以上であることから、長く働きやすい環境が整った職場であることがわかります。

業界においても高い年収水準にある三菱UFJニコスに、今後も期待が高まりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ