企業研究

佐藤製薬の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

佐藤製薬における最近の平均年収推移

佐藤製薬というと、Satoの名で象のマスコットとともにおなじみではないでしょうか。製品もユンケルやストナ、ストナリニなどが有名です。ここでは、佐藤製薬の平均年収や生涯賃金などを調べてみました。

佐藤製薬とは

正式名称:佐藤製薬株式会社
所在地:東京都港区元赤坂1-5-27 AHCビル
従業員数:867人(連結)、811人(単独)
平均年齢:43.3歳
平均勤続年数:16.4年
//www.sato-seiyaku.co.jp/
※有価証券報告書を参照

佐藤製薬は、東京都港区に本社を置く企業です。研究開発センター、工場、流通センターを含む国内事業所は20カ所あり、海外にもアメリカをはじめ7カ所の事業所があります。平均年齢は上場企業の平均40.44歳より高く、平均勤続年数も上場企業の平均14.7年より長くなっています。

近年の平均年収推移

佐藤製薬の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 764.0万円
平成27年 774.0万円
平成26年 789.0万円
平成25年 792.0万円
平成24年 785.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年のデータによると緩やかな減少傾向にありますが、大きな減少はなく常に750万円以上を保っています。平均年収は、比較的高い水準であるといえるでしょう。

佐藤製薬における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 481.9万円 30.6万円 114.1万円
25~29歳 627.7万円 39.9万円 148.7万円
30~34歳 714.1万円 45.4万円 169.2万円
35~39歳 772.7万円 49.1万円 183.0万円
40~44歳 836.0万円 53.2万円 198.0万円
45~49歳 904.1万円 57.5万円 214.2万円
50~54歳 942.2万円 59.9万円 223.2万円
55~59歳 936.4万円 59.5万円 221.8万円
60~64歳 657.4万円 41.8万円 155.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

佐藤製薬の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 30.6万円 114.1万円 481.9万円
23歳 32.5万円 121.1万円 511.0万円
24歳 34.4万円 128.0万円 540.2万円
25歳 36.2万円 134.9万円 569.3万円
26歳 38.1万円 141.8万円 598.5万円
27歳 39.9万円 148.7万円 627.7万円
28歳 41.0万円 152.8万円 644.9万円
29歳 42.1万円 156.9万円 662.2万円
30歳 43.2万円 161.0万円 679.5万円
31歳 44.3万円 165.1万円 696.8万円
32歳 45.4万円 169.2万円 714.1万円
33歳 46.2万円 171.9万円 725.8万円
34歳 46.9万円 174.7万円 737.5万円
35歳 47.6万円 177.5万円 749.2万円
36歳 48.4万円 180.3万円 761.0万円
37歳 49.1万円 183.0万円 772.7万円
38歳 49.9万円 186.0万円 785.4万円
39歳 50.7万円 189.0万円 798.0万円
40歳 51.6万円 192.0万円 810.7万円
41歳 52.4万円 195.0万円 823.3万円
42歳 53.2万円 198.0万円 836.0万円
43歳 54.0万円 201.3万円 849.6万円
44歳 54.9万円 204.5万円 863.2万円
45歳 55.8万円 207.7万円 876.9万円
46歳 56.6万円 210.9万円 890.5万円
47歳 57.5万円 214.2万円 904.1万円
48歳 58.0万円 216.0万円 911.7万円
49歳 58.5万円 217.8万円 919.4万円
50歳 59.0万円 219.6万円 927.0万円
51歳 59.4万円 221.4万円 934.6万円
52歳 59.9万円 223.2万円 942.2万円
53歳 59.8万円 222.9万円 941.1万円
54歳 59.8万円 222.7万円 939.9万円
55歳 59.7万円 222.4万円 938.7万円
56歳 59.6万円 222.1万円 937.6万円
57歳 59.5万円 221.8万円 936.4万円
58歳 56.0万円 208.6万円 880.6万円
59歳 52.5万円 195.4万円 824.8万円
60歳 48.9万円 182.2万円 769.0万円
61歳 45.4万円 169.0万円 713.2万円
62歳 41.8万円 155.7万円 657.4万円
63歳 33.4万円 124.6万円 526.0万円
64歳 25.1万円 93.4万円 394.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

佐藤製薬の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,434.4万円
課長 1,121.9万円
係長 854.4万円
20~24歳の一般社員 481.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

佐藤製薬の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 25.9万円
修士了 27.3万円
博士了 28.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

こちらは、2016年のMR職の実績になります。他に研究開発職・品質管理職・製造職・情報技術職・海外事業職・事務系総合職は大卒が23.1万円 、修士了は24.5万円、博士了は25.9万円です。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

医薬品業界は、病気の治療などにおいて医薬品は欠くことのできないものであるため、景気に左右されない安定した業界といわれています。

佐藤製薬では、OTC医薬品を中心にヘルスケアに関する幅広い領域の製品を提供しています。医療用医薬品事業では、皮膚科領域を中心とした製品の提供や、新薬の開発をおこなっています。この二大事業を柱に、企業理念である「セルフケア イノベーション」を形にし、人々に提供しています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 佐藤製薬 医薬品業界
20~24歳 481.9万円 476.7万円
25~29歳 627.7万円 595.2万円
30~34歳 714.1万円 682.4万円
35~39歳 772.7万円 731.8万円
40~44歳 836.0万円 798.3万円
45~49歳 904.1万円 855.6万円
50~54歳 942.2万円 908.9万円
55~59歳 936.4万円 882.6万円
60~64歳 657.4万円 611.4万円
生涯賃金 3.44億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

業界との比較では佐藤製薬が常に上回っており、最高で45歳~49歳に約50万近くの差がつく予測になっています。生涯賃金でも1,500万円以上の差になる予測です。

まとめ

佐藤製薬では最新技術で独自性の高い新薬の研究開発や、メジャータレントを起用した話題性のあるマーケテイングの実施、LED証明の導入や自然エネルギーの活用など環境保全にも取り組んでいます。

また、アジア・北米・欧州の7カ所に拠点を置き、現地に密着した販売活動をおこなっています。景気に左右されにくいという意味でも、今後も安定した業績を望めるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ