企業研究

JFEスチールの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

JFEスチールの平均年収は553万円

複数の口コミ調べによると、JFEスチールの平均年収は553万円程度です。20代では417万円、30代では450~675万円程度の年収が見込まれます。

JFEスチールは、平成15年4月に設立され、エネルギー創出、インフラ整備、機械・システム開発、リサイクル処理をおこなう企業です。主に鉄鋼製品の製造・販売などを取り扱い、再生可能エネルギーに向けた地域新電力事業に係る、包括連携協定式を開催したことでも話題になりました。

企業理念は「常に世界最高の技術をもって社会に貢献します」で、大規模製品を扱うのでチームワークが良く、部活動の延長の雰囲気のある社風といわれています。

全国に子会社が44社あり、海外では東南アジア、米国、欧州に20の支店を設立し、事業を展開しています。資本金は2,396億円です。

正式名称:JFE(ジェイ エフ イー)スチール株式会社
所在地:東京都千代田区内幸町二丁目2番3号
従業員数:43,874人
//www.jfe-steel.co.jp/index.html

JFEスチールにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 308.2万円 19.2万円 78.1万円
25~29歳 457.1万円 28.4万円 115.9万円
30~34歳 533.7万円 33.2万円 135.3万円
35~39歳 576.6万円 35.9万円 146.2万円
40~44歳 613.7万円 38.2万円 155.6万円
45~49歳 674.2万円 41.9万円 170.9万円
50~54歳 714.8万円 44.5万円 181.2万円
55~59歳 669.6万円 41.7万円 169.8万円
60~64歳 429.2万円 26.7万円 108.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

JFEスチールの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 19.2万円 78.1万円 308.2万円
23歳 21.0万円 85.7万円 338.0万円
24歳 22.9万円 93.2万円 367.7万円
25歳 24.7万円 100.8万円 397.5万円
26歳 26.6万円 108.3万円 427.3万円
27歳 28.4万円 115.9万円 457.1万円
28歳 29.4万円 119.8万円 472.4万円
29歳 30.3万円 123.7万円 487.7万円
30歳 31.3万円 127.5万円 503.1万円
31歳 32.2万円 131.4万円 518.4万円
32歳 33.2万円 135.3万円 533.7万円
33歳 33.7万円 137.5万円 542.3万円
34歳 34.3万円 139.7万円 550.9万円
35歳 34.8万円 141.8万円 559.4万円
36歳 35.3万円 144.0万円 568.0万円
37歳 35.9万円 146.2万円 576.6万円
38歳 36.3万円 148.1万円 584.0万円
39歳 36.8万円 149.9万円 591.4万円
40歳 37.3万円 151.8万円 598.8万円
41歳 37.7万円 153.7万円 606.3万円
42歳 38.2万円 155.6万円 613.7万円
43歳 38.9万円 158.7万円 625.8万円
44歳 39.7万円 161.7万円 637.9万円
45歳 40.4万円 164.8万円 650.0万円
46歳 41.2万円 167.9万円 662.1万円
47歳 41.9万円 170.9万円 674.2万円
48歳 42.4万円 173.0万円 682.4万円
49歳 43.0万円 175.1万円 690.5万円
50歳 43.5万円 177.1万円 698.6万円
51歳 44.0万円 179.2万円 706.7万円
52歳 44.5万円 181.2万円 714.8万円
53歳 43.9万円 178.9万円 705.8万円
54歳 43.3万円 176.6万円 696.7万円
55歳 42.8万円 174.3万円 687.7万円
56歳 42.2万円 172.0万円 678.6万円
57歳 41.7万円 169.8万円 669.6万円
58歳 38.7万円 157.6万円 621.5万円
59歳 35.7万円 145.4万円 573.4万円
60歳 32.7万円 133.2万円 525.3万円
61歳 29.7万円 121.0万円 477.2万円
62歳 26.7万円 108.8万円 429.2万円
63歳 21.4万円 87.0万円 343.3万円
64歳 16.0万円 65.3万円 257.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

JFEスチールの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 917.4万円
課長 717.6万円
係長 546.4万円
20~24歳の一般社員 308.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JFEスチールの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.15万円
修士了 23.85万円
博士了 29.577万円

※リクナビ2018より参照しています。

JFEスチールの初任給は一般的な金額といえます。採用は、本社採用の総合職、東日本製鉄所、西日本製鉄所、高級鋼管工場である知多製造所です。技術系の職種には、研究開発、製造技術開発、設備技術開発があり、事務系の職種には営業、人事、経理・財務、購買、生産管理、総務があります。

鉄鋼・非鉄金属業界における年収の傾向と生涯賃金

鉄鋼・非鉄金属業界とは

鉄鋼業界の景気は、平成20年に発生したリーマンショックの影響で急落し、平成24年頃まで不景気が続いたため、建設用・工業製品用鉄鋼の需要は急減しました。その後、円安の追い風もあり、建設や自動車の自動車需要が増加して景気は上昇しました。

平成27年以降、中国や新興国の景気が停滞したことで、鉄鋼業界の景気は下降しています。

鉄鋼・非鉄金属業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 JFEスチール 鉄鋼・非鉄金属業界
20~24歳 308.2万円 384.3万円
25~29歳 457.1万円 479.8万円
30~34歳 533.7万円 550.0万円
35~39歳 576.6万円 589.8万円
40~44歳 613.7万円 643.5万円
45~49歳 674.2万円 689.7万円
50~54歳 714.8万円 732.7万円
55~59歳 669.6万円 711.4万円
60~64歳 429.2万円 492.8万円
生涯賃金 2.49億円 2.64億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JFEスチールの年収は鉄鋼・非鉄金属業界平均に近い推移をしていますが、比較すると13~76万円ほど下回っています。平均差が広がっている年代は20代前半、平均に近い年代は30代後半です。

まとめ

ここまでJFEスチールについて調査をしてきました。JFEグループを取りまとめるJFEホールディングスは、国内の鉄鋼業界売上げランキングのトップクラスの企業です。急速な世代交代への変革が進み、次代を担う人材育成と技能継承を着実に進めながら、若くて逞しい会社に変わろうとしています。良質な“鉄”をこれからも作り続けるために邁進しています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ