企業研究

JR西日本の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

JR西日本における最近の平均年収推移

JR西日本は、日本にあるJR旅客6社のうちのひとつです。メインの鉄道業の他にも流通業、不動産業などの業務もおこなっている会社です。
ここでは、JR西日本の平均年収と年齢別の推移、そして給与体系についても見ていきます。

JR西日本とは

正式名称:西日本旅客鉄道株式会社
所在地:大阪市北区芝田二丁目4番24号
従業員数:25,821人
平均年齢:40.3歳
平均勤続年数:16.9年
//www.westjr.co.jp/
※有価証券報告書を参照

JR西日本は、1987年4月1日に日本国有鉄道から事業継続を受ける形で設立されました。2017年3月期の営業収益は14,414億円で、収益の約65%を運輸業が占めています。今後は運輸業を軸としながらも、不動産業・流通業などの分野での成長も期待される会社です。

近年の平均年収推移

JR西日本の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 674.0万円
平成27年 674.0万円
平成26年 673.0万円
平成25年 673.0万円
平成24年 673.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年間のJR西日本の平均年収は、673~674万円とほぼ変動なく推移しています。平成28年度の運輸業・郵便業の平均年収が414万円であることを考えると、JR西日本の平均年収は高い水準を保っているといえます。

自分が鉄道業界に向いているタイプか、診断してみよう

自分の性格が、鉄道業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?
そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が鉄道業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

JR西日本における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 404.4万円 26.7万円 83.6万円
25~29歳 588.9万円 38.9万円 121.7万円
30~34歳 669.0万円 44.2万円 138.3万円
35~39歳 719.7万円 47.6万円 148.7万円
40~44歳 740.5万円 49.0万円 153.0万円
45~49歳 794.1万円 52.5万円 164.1万円
50~54歳 829.0万円 54.8万円 171.3万円
55~59歳 793.0万円 52.4万円 163.9万円
60~64歳 524.3万円 34.7万円 108.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

JR西日本の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 26.7万円 83.6万円 404.4万円
23歳 29.2万円 91.2万円 441.3万円
24歳 31.6万円 98.8万円 478.2万円
25歳 34.1万円 106.4万円 515.1万円
26歳 36.5万円 114.1万円 552.0万円
27歳 38.9万円 121.7万円 588.9万円
28歳 40.0万円 125.0万円 604.9万円
29歳 41.0万円 128.3万円 620.9万円
30歳 42.1万円 131.6万円 636.9万円
31歳 43.2万円 134.9万円 653.0万円
32歳 44.2万円 138.3万円 669.0万円
33歳 44.9万円 140.3万円 679.1万円
34歳 45.6万円 142.4万円 689.3万円
35歳 46.2万円 144.5万円 699.4万円
36歳 46.9万円 146.6万円 709.6万円
37歳 47.6万円 148.7万円 719.7万円
38歳 47.9万円 149.6万円 723.9万円
39歳 48.1万円 150.5万円 728.0万円
40歳 48.4万円 151.3万円 732.2万円
41歳 48.7万円 152.2万円 736.4万円
42歳 49.0万円 153.0万円 740.5万円
43歳 49.7万円 155.3万円 751.2万円
44歳 50.4万円 157.5万円 761.9万円
45歳 51.1万円 159.7万円 772.6万円
46歳 51.8万円 161.9万円 783.4万円
47歳 52.5万円 164.1万円 794.1万円
48歳 53.0万円 165.5万円 801.1万円
49歳 53.4万円 167.0万円 808.1万円
50歳 53.9万円 168.4万円 815.0万円
51歳 54.3万円 169.9万円 822.0万円
52歳 54.8万円 171.3万円 829.0万円
53歳 54.3万円 169.8万円 821.8万円
54歳 53.9万円 168.4万円 814.6万円
55歳 53.4万円 166.9万円 807.4万円
56歳 52.9万円 165.4万円 800.2万円
57歳 52.4万円 163.9万円 793.0万円
58歳 48.9万円 152.8万円 739.3万円
59歳 45.3万円 141.7万円 685.5万円
60歳 41.8万円 130.6万円 631.8万円
61歳 38.2万円 119.5万円 578.0万円
62歳 34.7万円 108.3万円 524.3万円
63歳 27.7万円 86.7万円 419.4万円
64歳 20.8万円 65.0万円 314.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JR西日本の役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,203.9万円
課長 941.6万円
係長 717.0万円
20~24歳の一般社員 404.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JR西日本の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5161万円
修士了 22.4653万円

※リクナビ2018より参照しています。

JR西日本の大卒の初任給は約20万5千円、修士卒の初任給は22万5千円です。2017年度の新入社員の初任給の平均は大卒が約20万5千円で、修士卒が22万円ですので、JR西日本の初任給は相場相当であるといえます。

陸運業界における年収の傾向と生涯賃金

陸運業界とは

宅配便などの荷物を、トラックや鉄道を用いて配送する業務を中心におこなっている業界を、陸運業界といいます。陸運業界の業績上位の会社には、ここで紹介しているJR西日本の他に、JR東日本、JR東海、日本通運、ヤマトホールディングスなどがあります。

陸運業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 JR西日本 陸運業界
20~24歳 404.4万円 388.0万円
25~29歳 588.9万円 478.0万円
30~34歳 669.0万円 520.1万円
35~39歳 719.7万円 553.4万円
40~44歳 740.5万円 563.4万円
45~49歳 794.1万円 573.1万円
50~54歳 829.0万円 589.1万円
55~59歳 793.0万円 599.8万円
60~64歳 524.3万円 442.1万円
生涯賃金 3.03億円 2.35億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JR西日本と陸運業界の年齢別の年収は、どの年代でもJR西日本が陸運業界の平均年収を上回っています。若い頃の年収差は少なくても、年齢が上がるごとに差が大きくなる傾向があり、50~54歳で差額は最大の239.9万円となります。

まとめ

JR西日本は運輸業界では業績上位の会社であり、給与体系もそれに応じて業界の中では高く設定されています。陸運業界の市場は、人員確保や流通システムの構築など、浮彫になっている課題はありますが、ネット宅配の需要増などを背景に拡大傾向にあります。

また、この傾向は今後も続くと予測されます。JR西日本は、陸運業界を引っ張っていく企業のひとつとして、今後も成長に期待がもてる企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ