企業研究

テレビ東京の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

テレビ東京における最近の平均年収推移

テレビ東京は、テレビ放送や放送番組の制作などの放送事業を展開している企業です。「個性と独立性」を意識したテレビ番組の制作をおこなっています。「WBS」などの報道番組をはじめ、「モヤモヤさまぁ~ず」などのバラエティ番組、「妖怪ウォッチ」などのアニメなど、取り扱う番組のジャンルは様々です。

近年、テレビ東京が放送したドラマ「破獄」が、「MIPCOM BUYERS'AWARD for Japanese Drama」のグランプリを受賞し、注目を集めています。放送業界で躍進を続けるテレビ東京ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

テレビ東京とは

正式名称:株式会社テレビ東京
所在地:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー
従業員数:743人
平均年齢:46.2歳
平均勤続年数:21年
//www.tv-tokyo.co.jp/kaisha/company/profile.html
※有価証券報告書を参照

テレビ東京は、2010年10月に「テレビ東京ホールディングス」へ移行しました。本社を東京に置き、関西と海外に支店を構えています。テレビ東京グループは、テレビ東京ホールディングスと事業子会社3社、関係会社15社で構成されています。地上波放送事業を行うテレビ東京をはじめ、放送周辺事業を展開するテレビ東京ミュージックなど、多くのグループ会社が存在します。

近年の平均年収推移

テレビ東京の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 1,375.0万円
平成27年 1,324.0万円
平成26年 1,330.0万円
平成25年 1,222.0万円
平成24年 1,211.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

テレビ東京は、毎年順調に業績を伸ばしています。業績に伴い、年収も増加傾向にあります。平成26年から平成27年にかけてやや減少しましたが、平成28年度においては昨年度の年収を上回っており、ここ5年間では164万円の増加が見られます。

テレビ東京における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 820.9万円 54.9万円 162.0万円
25~29歳 1,157.4万円 77.4万円 228.4万円
30~34歳 1,328.7万円 88.9万円 262.2万円
35~39歳 1,479.2万円 98.9万円 291.9万円
40~44歳 1,567.3万円 104.8万円 309.3万円
45~49歳 1,637.0万円 109.5万円 323.0万円
50~54歳 1,665.6万円 111.4万円 328.7万円
55~59歳 1,593.8万円 106.6万円 314.5万円
60~64歳 1,125.7万円 75.3万円 222.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

テレビ東京の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 54.9万円 162.0万円 820.9万円
23歳 59.4万円 175.3万円 888.2万円
24歳 63.9万円 188.6万円 955.5万円
25歳 68.4万円 201.8万円 1,022.8万円
26歳 72.9万円 215.1万円 1,090.1万円
27歳 77.4万円 228.4万円 1,157.4万円
28歳 79.7万円 235.2万円 1,191.7万円
29歳 82.0万円 241.9万円 1,225.9万円
30歳 84.3万円 248.7万円 1,260.2万円
31歳 86.6万円 255.4万円 1,294.4万円
32歳 88.9万円 262.2万円 1,328.7万円
33歳 90.9万円 268.1万円 1,358.8万円
34歳 92.9万円 274.1万円 1,388.9万円
35歳 94.9万円 280.0万円 1,419.0万円
36歳 96.9万円 286.0万円 1,449.1万円
37歳 98.9万円 291.9万円 1,479.2万円
38歳 100.1万円 295.4万円 1,496.8万円
39歳 101.3万円 298.8万円 1,514.5万円
40歳 102.5万円 302.3万円 1,532.1万円
41歳 103.7万円 305.8万円 1,549.7万円
42歳 104.8万円 309.3万円 1,567.3万円
43歳 105.8万円 312.0万円 1,581.3万円
44歳 106.7万円 314.8万円 1,595.2万円
45歳 107.6万円 317.5万円 1,609.1万円
46歳 108.6万円 320.3万円 1,623.0万円
47歳 109.5万円 323.0万円 1,637.0万円
48歳 109.9万円 324.2万円 1,642.7万円
49歳 110.3万円 325.3万円 1,648.4万円
50歳 110.6万円 326.4万円 1,654.2万円
51歳 111.0万円 327.5万円 1,659.9万円
52歳 111.4万円 328.7万円 1,665.6万円
53歳 110.5万円 325.8万円 1,651.3万円
54歳 109.5万円 323.0万円 1,636.9万円
55歳 108.5万円 320.2万円 1,622.6万円
56歳 107.6万円 317.3万円 1,608.2万円
57歳 106.6万円 314.5万円 1,593.8万円
58歳 100.3万円 296.0万円 1,500.2万円
59歳 94.1万円 277.6万円 1,406.6万円
60歳 87.8万円 259.1万円 1,312.9万円
61歳 81.6万円 240.6万円 1,219.3万円
62歳 75.3万円 222.1万円 1,125.7万円
63歳 60.2万円 177.7万円 900.5万円
64歳 45.2万円 133.3万円 675.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

テレビ東京の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 2,443.8万円
課長 1,911.5万円
係長 1,455.6万円
20~24歳の一般社員 820.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

テレビ東京の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 23.76万円
修士了 23.76万円

※リクナビ2018より参照しています。

テレビ東京の初任給は、学歴や職種による差はありませんでした。昇給は年に1回、賞与は年に4回支給されます。

放送業界における年収の傾向と生涯賃金

放送業界とは

テレビ局は、公共放送局「NHK」と、民間放送局の「キー局」、地方の番組を扱う「地方局」、衛星放送の「BS・CS局」、ケーブル網で放送される「CATV」の5つに大別されます。近年では、若者の民法キー局離れの傾向があり、その一方でBS・CS局やインターネット動画配信などが注目されています。

放送業界の業績は、平成19年から20年をピークに一時衰退しましたが、それ以降は横ばいに推移している状況です。視聴率の低下によって広告費の減少が見込まれており、それに代わってインターネット広告が台頭しつつあります。また、放送から1週間以内の番組をインターネット上で無料視聴できるサービス「TVer」の導入も行っています。

テレビ東京は、地上波放送のみならず、BS放送やインターネット映像配信事業にも注力し、新たな取り組みを始めています。時代のニーズに合わせて、インターネットを用いた事業へ進出している放送業界ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

放送業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 テレビ東京 放送業界
20~24歳 820.9万円 587.2万円
25~29歳 1,157.4万円 790.6万円
30~34歳 1,328.7万円 897.5万円
35~39歳 1,479.2万円 999.5万円
40~44歳 1,567.3万円 1,050.1万円
45~49歳 1,637.0万円 1,045.4万円
50~54歳 1,665.6万円 1,044.4万円
55~59歳 1,593.8万円 1,001.3万円
60~64歳 1,125.7万円 774.0万円
生涯賃金 6.19億円 4.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

テレビ東京と放送業界の年収を比較すると、各年齢層においてテレビ東京は業界平均を上回っています。最も年収の差が小さい20代前半においても約234万円もの差がついており、差が顕著に現れている50代前半では業界平均より約621万円も高くなる予測となっています。生涯賃金を比較しても、およそ2億円という大きな差が出ており、放送業界におけるテレビ東京の年収水準は高いと言えるでしょう。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

まとめ

テレビ視聴率の低下を受けて、インターネット広告やインターネット動画配信など、新たな取り組みを始めている放送業界。テレビ東京も、テレビ放送のみならず、インターネット事業にも積極的に参入しています。また、視聴者プレゼントや、ミュージカルなどの各種イベントの開催もおこなっており、私たちを楽しませる様々な取り組みを実施しています。業界においても高い年収水準にあるテレビ東京に、今後も注目が集まりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ