企業研究

旭化成ホームズの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

旭化成ホームズの年収を把握して就活に成功しよう

言語聴覚士の平均年収と他職種との比較

旭化成ホームズを目指すのであれば、事前に年収の水準などを知っておくことが大切です。旭化成ホームズは不動産や住宅業界に属する企業であり、不動産関係の仕事は給料が高いイメージを持っている人は多いです。実際に業界平均で見れば、他業界と比べて年収が高い傾向にあるのは確かですが、年収の水準は企業によって差があります。

同業界内でも給料の高い企業もあれば、それほど高くない企業もありますので、志望する企業ごとの水準を知っておくことが大切です。仕事をする上では給料は大切なものですし、安定した生活を望むのであれば、少しでも高年収が獲得できる企業を目指す必要があります。旭化成ホームズの年収を知り、企業への理解を深めて就活を進めていきましょう。

旭化成ホームズの平均年収は656万円

複数の口コミ調べによると、旭化成ホームズの平均年収は656万円程度です。230代では425~761万円程度の年収が見込まれます。

旭化成ホームズとは

旭化成ホームズは、昭和47年に設立され、戸建住宅や集合住宅の供給、マンション開発を含む土地や建物などの資産活用へのソリューション提供、住宅価値の維持向上を実現するリフォーム事業をおこなう企業です。

主にへーベルハウス、分譲マンションアトラスなどを取り扱っていて、ヘーベルが国内で生産を開始して50周年を迎えたことを記念し、へーベルウォール50周年「比類なき壁」キャンペーンを展開したことでも話題になりました。

企業理念は「昨日まで世界になかったものを」です。作業内容も明確化され、調和の取れた風通しのよい職場と言われています。全国にグループ会社が14社あり、事業を展開しています。資本金は32.5億円です。

正式名称:旭化成ホームズ株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
従業員数:6,808人
平均年齢:42.8歳
平均勤続年数:16.6年
旭化成HP

旭化成グループの中で3割の売り上げを占めている

旭化成ホームズは旭化成グループの企業です。旭化成グループではケミカルやエレクトロニクスなども取り扱いがあり、化学の会社として認識している人も多いです。実際に化学分野での売上は高いですが、グループ全体で見れば住宅事業は3割の売り上げを占めています。化学の分野については医薬・医療、エレクトロニクス、繊維、ケミカルなど細分化されており、それらを合計すればグループのほとんどの売上になります。

しかし一つひとつの分野で見ればケミカル以外の売上の割合はそれほど高くはなく、住宅事業は単一で高い利益を誇っている部門です。旭化成ホームズは旭化成グループの中でも高い売上を誇っていますし、グループ内でも主要な企業だと言えます。

旭化成ホームズにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 377.0万円 25.0万円 77.5万円
25~29歳 541.4万円 35.8万円 111.3万円
30~34歳 634.4万円 42.0万円 130.4万円
35~39歳 667.0万円 44.2万円 137.1万円
40~44歳 729.9万円 48.3万円 150.1万円
45~49歳 788.9万円 52.2万円 162.2万円
50~54歳 831.3万円 55.0万円 170.9万円
55~59歳 781.2万円 51.7万円 160.6万円
60~64歳 552.9万円 36.6万円 113.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

旭化成ホームズの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.0万円 77.5万円 377.0万円
23歳 27.1万円 84.3万円 409.9万円
24歳 29.3万円 91.0万円 442.8万円
25歳 31.5万円 97.8万円 475.6万円
26歳 33.7万円 104.5万円 508.5万円
27歳 35.8万円 111.3万円 541.4万円
28歳 37.1万円 115.1万円 560.0万円
29歳 38.3万円 118.9万円 578.6万円
30歳 39.5万円 122.8万円 597.2万円
31歳 40.8万円 126.6万円 615.8万円
32歳 42.0万円 130.4万円 634.4万円
33歳 42.4万円 131.7万円 640.9万円
34歳 42.9万円 133.1万円 647.4万円
35歳 43.3万円 134.4万円 654.0万円
36歳 43.7万円 135.8万円 660.5万円
37歳 44.2万円 137.1万円 667.0万円
38歳 45.0万円 139.7万円 679.6万円
39歳 45.8万円 142.3万円 692.2万円
40歳 46.7万円 144.9万円 704.8万円
41歳 47.5万円 147.5万円 717.4万円
42歳 48.3万円 150.1万円 729.9万円
43歳 49.1万円 152.5万円 741.7万円
44歳 49.9万円 154.9万円 753.5万円
45歳 50.7万円 157.3万円 765.3万円
46歳 51.4万円 159.8万円 777.1万円
47歳 52.2万円 162.2万円 788.9万円
48歳 52.8万円 163.9万円 797.4万円
49歳 53.4万円 165.7万円 805.9万円
50歳 53.9万円 167.4万円 814.3万円
51歳 54.5万円 169.1万円 822.8万円
52歳 55.0万円 170.9万円 831.3万円
53歳 54.4万円 168.8万円 821.3万円
54歳 53.7万円 166.8万円 811.3万円
55歳 53.0万円 164.7万円 801.2万円
56歳 52.4万円 162.7万円 791.2万円
57歳 51.7万円 160.6万円 781.2万円
58歳 48.7万円 151.2万円 735.6万円
59歳 45.7万円 141.8万円 689.9万円
60歳 42.6万円 132.4万円 644.2万円
61歳 39.6万円 123.0万円 598.5万円
62歳 36.6万円 113.7万円 552.9万円
63歳 29.3万円 90.9万円 442.3万円
64歳 22.0万円 68.2万円 331.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

旭化成ホームズの役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,122.2万円
課長 877.7万円
係長 668.4万円
20~24歳の一般社員 377.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

部長で1000万円以上

旭化成ホームズでは部長で1,000万円以上の高年収を獲得することができます。1,000万円を超えると高年収と言えますし、業界内で比べても給料水準は高い傾向にあると言えます。もちろんすべての人が高年収がもらえるわけではなく、高い年収を獲得するためには役職に就くことが大切です。

20~24歳の一般社員では平均年収は377.0万円であり、これはそれほど高い水準にあるとは言えません。平均程度か平均よりも若干高い程度ではありますが、高年収からは遠い金額です。しかし一つ役職が上がって係長となれば、平均年収は668.4万円になりますし、さらに課長になれば877.7万円と平均年収は上がっていきます。旭化成ホームズで高年収を目指すのであれば、役職に就くことを目標に努力しましょう。

旭化成ホームズの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.01万円
修士了 22.75万円

※リクナビ2018より参照しています。

旭化成ホームズの初任給は、一般的な金額よりも若干高額であるといえます。上記は総合職の初任給で、事務職は大卒が175,500円~184,500円、短大卒が168,000円~177,000円です。

総合職の職種には、技術系(設計・施工管理・ホームサービス・研究開発)、事務系(営業)があり、事務職の職種には、実務職(各種アシスタント)があります。

建設業界における年収の傾向と生涯賃金

建設業界とは

建設業界の景気は、平成20年に発生したリーマンショックの影響により、国内外の経済悪化や、円高による輸出産業への打撃による設備投資が抑制されたことから、建設業界にも景気の波が押し寄せてきました。

平成23年頃から、海外では液化天然ガス(LNG)の需要拡大、米国シェールガス開発が進められ、国内での東日本大震災の復興への設備投資が増加により、景気は回復に向かっています。

住宅市場は、低水準の住宅ローン金利の継続、政府の住宅取得支援策の継続がありましたが、顧客の検討期間の長期化、賃貸向け融資の減少で持家、貸家の購入者が減少傾向にあります。

建設業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 旭化成ホームズ 建設業界
20~24歳 377.0万円 439.1万円
25~29歳 541.4万円 519.3万円
30~34歳 634.4万円 599.4万円
35~39歳 667.0万円 607.3万円
40~44歳 729.9万円 702.2万円
45~49歳 788.9万円 727.3万円
50~54歳 831.3万円 762.9万円
55~59歳 781.2万円 746.8万円
60~64歳 552.9万円 619.7万円
生涯賃金 2.95億円 2.86億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

旭化成ホームズの生涯賃金は建設業界と比較すると、上回っています。年齢別業界平均年収との比較では、20代前半と60代で65万円ほど下回っています。20代後半から50代は20~70万円ほど上回っています。50代前半が最も差が開いている年代です。

旭化成ホームズの魅力

就活を成功させるためには企業研究が必須であり、企業の魅力について知っておくことが大切です。企業独自の魅力を知っていれば、志望動機などで役立てることができますし、より具体的に志望度の高さをアピールすることができます。

また志望企業の魅力を知っておくことで選考に臨むモチベーションを高めることもできますし、選考の合格率を高めることができます。旭化成ホームズにはさまざまな魅力がありますので、それらを知って企業への理解をさらに深めていきましょう。

教育制度が整っている

旭化成ホームズの魅力としては、教育制度が整っていることが挙げられます。旭化成ホームズでは「全員経営」がモットーとして掲げられており、人材の育成を重要視し、さまざまな制度があることが特徴です。新人社員研修があることはもちろん、職能専門能力、仕事基礎力などの向上を目的とした各種公開講座などの制度も採用されています。

また旭化成グループ共通の教育制度として、自己研鑽支援制度があり、資格試験の受験料や、社外教育研修・通信教育の受講料などの支援をおこなっています。人材を育成することが企業の発展、グループの発展につながると考えらており、人を大切にしている企業です。成長できる環境が充分に整っていますので、向上心の高い人におすすめです。

福利厚生が充実

福利厚生が充実していることも、旭化成ホームズの魅力の一つです。旭化成ホームズでは社員のワークライフバランスを重要視しており、仕事だけではなくプライベートの充実を図るための制度が数多く採用されています。仕事と育児を両立するための支援であったり、介護支援のための制度、財産形成の制度などプライベートの充実を図った制度は数多く用意されています。

また住宅福利厚生制度として、独身寮制度や借上社宅制度なども用意されており、低価格で住居を確保することが可能です。また持ち家を買った場合でも、持ち家手当支給制度がありますし、プライベートを充実させやすいと言えます。プライベートが充実することで仕事でも力を発揮しやすくなりますし、メリハリのある生活を目指すことができます。

まとめ

ここまで旭化成ホームズについて調査をしてきました。生涯賃金は、建設業界を上回っていることが分かりました。住宅市場は政策がすすめられていますが、顧客の購買意欲が低下しているため、厳しい状況が続いています。しかし、旭化成ホームズはいつの時代でも住宅が快適に安心して住むことができる住宅を提供するために、一層社会に貢献できる事業に取り組みます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ