企業研究

三菱電機ビルテクノサービスの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

三菱電機ビルテクノサービスの年収を知ろう

三菱電機ビルテクノサービスへの就職を目指すのであれば、どれくらいの年収が期待できるのかを知っておく必要があります。就職する際には企業研究を徹底しておかなければなりませんし、年収を知ることも企業研究の一環です。

志望する企業の特徴や仕事内容を知っておくことも大切ですが、社会人になって生活をするにあたってはお金が必要ですので、給料も大切です。どれだけ自分に合った仕事でも生活ができなければ意味はありませんし、続けていくことが難しくなってしまいます。

自分に合った仕事であり、給料もきちんともらえる企業に就職するのがベストです。給料事情もしっかりと把握した上で企業への理解を深め、三菱電機ビルテクノサービスへの就職を目指しましょう。

三菱電機ビルテクノサービスの平均年収は495万円

複数の口コミ調べによると、三菱電機ビルテクノサービスの平均年収は4万円程度です。
20代では350、40代では625~950万円程度の年収が見込まれます。

三菱電機ビルテクノサービスは昭和29に設立され、ビルのトータルビル管理サービス、診断・コンサルティング、総合リニューアルをおこなう企業です。

主に三菱機械室レス・エレベーター「AXIEZ」、三菱エスカレーター「Zシリーズ」などを取り扱い、リニューアル工事期間中の利用者の不便を軽減するエレベーターリニューアル向け商品「Elemotion+[ZERO]」を発表したことでも話題になりました。

「ビルを、まるごと、心地よくする」をスローガンに、全国に約280カ所の事業所を展開しています。資本金は50億円です。

正式名称:三菱電機ビルテクノサービス株式会社
所在地:東京都千代田区有楽町1-7-1
従業員数:9,496人
平均年齢:38.9歳
平均勤続年数:17.8年
三菱電機ビルテクノサービス

三菱電機ビルテクノサービスとは

三菱電機ビルテクノサービスは三菱電機のグループ会社です。三菱電機は重電システムや産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器など電機に関わる幅広い事業を展開しています。三菱電機は重電から家庭用の家電などまで幅広く手掛けていますが、重電や産業メカトロニクスの分野で活躍しているのがビルテクノサービスです。

三菱電機グループの開発力などが強みとしてありますので、ビルメンテナンスや設備などで高い実績を誇っていますし、重電の分野でも広く活躍しています。ビルのメンテンナンスやサービスの提供だけではなく、コンサルティング業務などもおこなっており、三菱電機ビルテクノサービスも幅広く活躍している企業と言えるでしょう。

三菱電機ビルテクノサービスの仕事内容

三菱電機ビルテクノサービスの仕事内容として、ビルの管理・診断・リニューアルなどが挙げられます。ビルの管理ではエレベーターやエスカレーターのメンテンナンスをはじめとして、冷房・空調設備のメンテンナンスなど細部までの管理もおこないます。

またビルを運営するための全体システムのメンテンナンスも手がけますし、ビル全体の管理が仕事です。診断ではコンサルティング業務が主になります。ビルを運営するために必要なコストや管理などのアドバイスをするのが主な業務です。

リニューアルではビルの建て替えなどをおこないます。エレベーターやエスカレーターの新設や地震・停電の対策などをおこない、ビルを長持ちさせるためのさまざまな業務があります。

三菱電機ビルテクノサービスにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 284.5万円 18.8万円 58.5万円
25~29歳 408.5万円 27.0万円 84.0万円
30~34歳 478.7万円 31.7万円 98.4万円
35~39歳 503.3万円 33.3万円 103.5万円
40~44歳 550.8万円 36.5万円 113.2万円
45~49歳 595.3万円 39.4万円 122.4万円
50~54歳 627.3万円 41.5万円 128.9万円
55~59歳 589.5万円 39.0万円 121.2万円
60~64歳 417.2万円 27.6万円 85.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

三菱電機ビルテクノサービスの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 18.8万円 58.5万円 284.5万円
23歳 20.5万円 63.6万円 309.3万円
24歳 22.1万円 68.7万円 334.1万円
25歳 23.8万円 73.8万円 358.9万円
26歳 25.4万円 78.9万円 383.7万円
27歳 27.0万円 84.0万円 408.5万円
28歳 28.0万円 86.9万円 422.6万円
29歳 28.9万円 89.8万円 436.6万円
30歳 29.8万円 92.6万円 450.6万円
31歳 30.8万円 95.5万円 464.6万円
32歳 31.7万円 98.4万円 478.7万円
33歳 32.0万円 99.4万円 483.6万円
34歳 32.3万円 100.4万円 488.5万円
35歳 32.7万円 101.4万円 493.5万円
36歳 33.0万円 102.5万円 498.4万円
37歳 33.3万円 103.5万円 503.3万円
38歳 33.9万円 105.4万円 512.8万円
39歳 34.6万円 107.4万円 522.3万円
40歳 35.2万円 109.3万円 531.8万円
41歳 35.8万円 111.3万円 541.3万円
42歳 36.5万円 113.2万円 550.8万円
43歳 37.1万円 115.1万円 559.7万円
44歳 37.6万円 116.9万円 568.6万円
45歳 38.2万円 118.7万円 577.5万円
46歳 38.8万円 120.5万円 586.4万円
47歳 39.4万円 122.4万円 595.3万円
48歳 39.8万円 123.7万円 601.7万円
49歳 40.3万円 125.0万円 608.1万円
50歳 40.7万円 126.3万円 614.5万円
51歳 41.1万円 127.6万円 620.9万円
52歳 41.5万円 128.9万円 627.3万円
53歳 41.0万円 127.4万円 619.7万円
54歳 40.5万円 125.8万円 612.2万円
55歳 40.0万円 124.3万円 604.6万円
56歳 39.5万円 122.7万円 597.0万円
57歳 39.0万円 121.2万円 589.5万円
58歳 36.7万円 114.1万円 555.0万円
59歳 34.5万円 107.0万円 520.6万円
60歳 32.2万円 99.9万円 486.1万円
61歳 29.9万円 92.8万円 451.6万円
62歳 27.6万円 85.8万円 417.2万円
63歳 22.1万円 68.6万円 333.7万円
64歳 16.6万円 51.5万円 250.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三菱電機ビルテクノサービスの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 846.8万円
課長 662.3万円
係長 504.4万円
20~24歳の一般社員 284.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

役職別年収差は約150~200万円

三菱電機ビルテクノサービスでは役職ごとに年収差が約150~200万円あります。20~24歳の一般社員では平均年収は284.5万円ですが、係長になれば平均年収は504.4万円に上がります。一般社員では平均年収はそれほど高いとは言えませんが、役職につけばそれなりの収入を得ることができるのです。

また課長になれば平均年収は662.3万円に上がりますし、さらに部長ともなれば846.8万円と高年収です。役職に就けば仕事の量や負わなければならない責任が増えることも多く、ハードになってしまうことも多いでしょう。しかしその分給料に反映されるのは確かですし、高年収を目指すのであれば役職に就かなければなりません。まずは係長を目標にして昇進を目指しましょう。

三菱電機ビルテクノサービスの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21万円
修士了 21.85万円

※リクナビ2018より参照しています。

三菱電機ビルテクノサービスの初任給は一般的な金額と言えます。高専卒は185,000円、工高卒は161,000円です。

技術系の職種は、フィールドエンジニア、ビルシステム設計・施工、昇降機新設施工管理、技術開発、資材があり、事務系の職種は営業、総務、人事、経理、資材があります。

建設業界における年収の傾向と生涯賃金

建設業界とは

建設業界の景気は、平成20年に発生したリーマンショックの影響により、国内外の経済悪化や、円高による輸出産業への打撃による設備投資が抑制されたことから、建設業界にも景気の波が押し寄せてきました。

平成23年頃より、海外では液化天然ガス(LNG)の需要拡大、米国シェールガス開発が進められ、国内では東日本大震災の復興への設備投資の増加により、景気は回復に向かっています。

ビルメンテナンス業は、安全性を保つために定期的なメンテナンスが行われます。三菱電機ビルテクノサービスは国内の約1/3の保守、管理を担っています。

建設業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 三菱電機ビルテクノサービス 建設業界
20~24歳 284.5万円 439.1万円
25~29歳 408.5万円 519.3万円
30~34歳 478.7万円 599.4万円
35~39歳 503.3万円 607.3万円
40~44歳 550.8万円 702.2万円
45~49歳 595.3万円 727.3万円
50~54歳 627.3万円 762.9万円
55~59歳 589.5万円 746.8万円
60~64歳 417.2万円 619.7万円
生涯賃金 2.23億円 2.86億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三菱電機ビルテクノサービスは、建設業界の全ての年齢層で平均年収を下回っています。年齢別の年収比較では、60代では200万円、その他の年代では100~160万円下回っています。

三菱電機テクノサービスの特徴

就活を成功させるためには企業研究が必須であり、志望企業独自の特徴を知っておくことが大切です。企業の特徴を知っておくことで、他の企業を志望する理由との差別化もできますし、志望動機の作成に役立てることもできます。

また企業の特徴を知っておくことで、企業への理解も深まりますし、就職時にギャップを感じる可能性も低くなります。企業の特徴を知ることでさまざまなメリットがありますので、正しく理解して企業研究を進めていきましょう。

整った教育制度

三菱電機ビルテクノサービスの特徴としては、整った教育制度が挙げられます。新人研修があることはもちろん、3年間で一人前の人材となれるように教育が徹底されていますので教育制度の充実ぶりは他社と比べても大きな強みです。

入社してすぐは共通研修として新入社員研修がありますが、そこから技術系、事務系と分かれての研修がスタートします。その後はさらに職種別の研修へと進んでいきますし、研修が進むにつれて内容はより細分化されていきます。

教育制度が充実していることで、自分自身を高めていくことができますし、企業で役立つ能力だけではなく、社会人としてのスキルを身に付けることも可能です。就職後に成長できるか不安に感じている人も多いですが、教育制度が整っていますので、安心して仕事に打ち込むことができるでしょう。

三菱電機テクノサービスの教育・研修制度

充実した福利厚生

充実した福利厚生も三菱電機ビルテクノサービスの特徴の一つです。福利厚生としてはさまざまな制度が採用されていますが、特筆すべきは住宅に関係する制度です。独身寮だけではなく社宅もあり、それらが全国に用意されています。

独身寮も社宅も安価で済むことができますし、生活の基盤を安定させやすいです。基盤が安定していれば仕事だけではなくプライベートも充実しやすいですし、ワークライフバランスの両立を目指すことができます。

また住宅だけではなく、保養所の制度もあり、プライベートの充実もさらに図りやすくなっています。自社直営の保養所に加えて、全国のホテルや旅館とも提携している契約保養所もあり、さまざまな場所で休暇を楽しむことが可能です。

まとめ

ここまで三菱電機ビルテクノサービスについて調査をしてきました。平均年収は、建設業界との比較で下回っていることが分かりました。社会環境の変化とともに、ビルに対するニーズに対応するために、省エネ・省コストによって資産価値を向上できる提案を通じて、地球環境に貢献する努力を続けます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ