企業研究

ネスレの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ネスレの平均年収は666.5万円

複数の口コミ調べによると、ネスレの平均年収は666.5万円程度です。20代では400~500万円、30代では550~700万円程度の年収が見込まれます。

ネスレは、1913年に設立されたコーヒーの流通・販売をおこなう企業です。多くの方が知っているように、ネスカフェブランドのコーヒーを主に扱っています。

グローバル企業でもあるネスカフェは、フラットな社風でコーヒーを通して健康に貢献していきたいという目標を掲げています。2016年の世界全体のネスレグループの売上げは、895億にもなります。

正式名称:ネスレ日本株式会社
所在地:神戸市中央区御幸通7-1-15ネスレハウス
従業員数:2,500人
//www.nestle.co.jp/

ネスレにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 401.4万円 25.1万円 100.6万円
25~29歳 544.3万円 34.0万円 136.4万円
30~34歳 628.1万円 39.2万円 157.4万円
35~39歳 686.4万円 42.9万円 172.0万円
40~44歳 741.1万円 46.3万円 185.8万円
45~49歳 802.8万円 50.1万円 201.2万円
50~54歳 841.5万円 52.5万円 210.9万円
55~59歳 810.4万円 50.6万円 203.1万円
60~64歳 542.4万円 33.9万円 136.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ネスレの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.1万円 100.6万円 401.4万円
23歳 26.9万円 107.8万円 430.0万円
24歳 28.6万円 114.9万円 458.6万円
25歳 30.4万円 122.1万円 487.2万円
26歳 32.2万円 129.3万円 515.7万円
27歳 34.0万円 136.4万円 544.3万円
28歳 35.0万円 140.6万円 561.1万円
29歳 36.1万円 144.8万円 577.8万円
30歳 37.1万円 149.0万円 594.6万円
31歳 38.2万円 153.2万円 611.4万円
32歳 39.2万円 157.4万円 628.1万円
33歳 40.0万円 160.4万円 639.8万円
34歳 40.7万円 163.3万円 651.4万円
35歳 41.4万円 166.2万円 663.1万円
36歳 42.1万円 169.1万円 674.7万円
37歳 42.9万円 172.0万円 686.4万円
38歳 43.5万円 174.8万円 697.3万円
39歳 44.2万円 177.5万円 708.3万円
40歳 44.9万円 180.3万円 719.2万円
41歳 45.6万円 183.0万円 730.1万円
42歳 46.3万円 185.8万円 741.1万円
43歳 47.0万円 188.9万円 753.4万円
44歳 47.8万円 191.9万円 765.8万円
45歳 48.6万円 195.0万円 778.1万円
46歳 49.4万円 198.1万円 790.5万円
47歳 50.1万円 201.2万円 802.8万円
48歳 50.6万円 203.2万円 810.6万円
49歳 51.1万円 205.1万円 818.3万円
50歳 51.6万円 207.1万円 826.0万円
51歳 52.1万円 209.0万円 833.8万円
52歳 52.5万円 210.9万円 841.5万円
53歳 52.2万円 209.4万円 835.3万円
54歳 51.8万円 207.8万円 829.1万円
55歳 51.4万円 206.3万円 822.9万円
56歳 51.0万円 204.7万円 816.6万円
57歳 50.6万円 203.1万円 810.4万円
58歳 47.3万円 189.7万円 756.8万円
59歳 43.9万円 176.3万円 703.2万円
60歳 40.6万円 162.8万円 649.6万円
61歳 37.2万円 149.4万円 596.0万円
62歳 33.9万円 136.0万円 542.4万円
63歳 27.1万円 108.8万円 433.9万円
64歳 20.3万円 81.6万円 325.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

ネスレの役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,194.9万円
課長 934.6万円
係長 711.7万円
20~24歳の一般社員 401.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ネスレの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.2万円
修士了 23万円

※リクナビ2018より参照しています。

日本の大卒の平均初任給が20万円、修士了の平均初任給が23万円ですので、ネスレでは大卒では平均以上、修士了では平均程度の初任給が設定されていることがわかります。福利厚生が手厚いとの口コミが多く、特に住宅手当が手厚いようです。

食品業界における年収の傾向と生涯賃金

食品業界とは

食品業界とは、加工食品や清涼飲料水、調味料、アルコール類、嗜好品などの製造・開発・販売をおこなう業界です。主な業務は、材料の調達や商品の開発、商品の宣伝、小売業への営業などがあります。

食品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ネスレ 食品業界
20~24歳 401.4万円 369.8万円
25~29歳 544.3万円 461.8万円
30~34歳 628.1万円 529.4万円
35~39歳 686.4万円 567.7万円
40~44歳 741.1万円 619.3万円
45~49歳 802.8万円 663.8万円
50~54歳 841.5万円 705.2万円
55~59歳 810.4万円 684.7万円
60~64歳 542.4万円 474.3万円
生涯賃金 3.0億円 2.54億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ネスレは他の食品業界より、31.6万円から139万円平均年収が高いと予測されます。特に20代前半で400万円以上、20代後半で500万円以上の年収が予測されるなど、早いうちから高額な年収を得られると予測できます。

年収以外の魅力

就職先の企業を選ぶときは、年収だけでなく、他の魅力的なポイントも考慮して、自分に合う企業を選定する必要があります。そのためには、1つの企業を様々な角度から見られる広い視点が必要となります。ネスレへの就職を志望している学生のために、今からネスレの年収以外の魅力を2点ご紹介します。その2点とは、社員の生活をサポートする福利厚生と、社員の成長をサポートする社員教育です。

グローバル企業として安定した年収が期待できるネスレですが、年収以外にもたくさんの魅力があります。今回の記事をきっかけに、年収以外の面から企業研究をおこなう習慣を身につけるようにしましょう。

手厚い福利厚生

ネスレの魅力のひとつ目は、社員の生活をサポートする手厚い福利厚生です。ネスレは社員を最も重要な資産と捉え、社員が心身ともに健やかで幸せな状態であるよう、多くのサポート制度を設けています。例えば、年に1回以上、連続5日以上の有給休暇を取得するよう推奨しています。さらに、休暇が取りやすいよう仕事のサポート環境を整えています。また、子育てをしている社員が働きやすい勤務制度も整備しています。

以上のように、社員が心身ともに健やかで幸せな状態であるよう企業が援助することで、社員は安心感を抱きながら働くことができます。そうすることで、社員は自分の仕事に専念できるため、自然と会社全体の組織力の強化に繋がります。

自律型の人材育成制度

ネスレの魅力の二つ目は、社員の教育とキャリア開発です。ネスレは「継続的な学習を通じた自己成長を怠らない」という価値観を持っており、全社員はこれを実践する必要がります。そのため、研修制度はとても充実しています。新入社員についても、万全のサポート体制が敷かれています。入社後の1ヶ月間の研修に加え、配属後の3年間は義務教育期間として毎年研修が実施されます。

研修は新入社員だけでなく全社員が対象です。社内研修だけでなく、社外研修、海外研修もおこなわれています。自己成長のための学習環境はしっかり整っている状態です。また、キャリア開発のための制度も整備されています。自分のキャリアは自分で考える自律型の社内環境です。

食品業界の動向


食品業界は、人間の生活において必要不可欠である「食」を取り扱っている業界です。そのため、景気や世界情勢による影響をあまり受けない業界だと言えます。大幅に食品業界の規模が落ち込んだり、食品業界自体が存続の危機に陥る可能性は低いでしょう。ただし、食品偽装や衛生上の問題が起こってしまうと、業績が落ち込むリスクがあります。

日本は人口減少や少子化により、全体の食事量や消費量が減少していく傾向にあります。そのため、成長が見込める海外市場に進出する必要があります。また、安全で健康的な食品を展開したり、独自性のある商品の開発など、新たなビジネスを展開する試みも必要です。海外進出や新商品の展開が成功するかが、今後の食品業界を大きく左右するポイントになるでしょう。

まとめ

口コミでも予測シュミレーションでも、ネスレは他の食品業界より年収が高いと出ています。また、口コミでは賞与が非常に良い、住宅手当や補助が手厚いと言った意見が多く見られました。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ