企業研究

星野リゾートの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

星野リゾートの平均年収は392万円

複数の口コミを調べると、星野リゾートの平均年収は392万円程度でした。サービス系の職種では350~370万円、企画・営業系では450~670万円程度の年収が見込まれます。
星野リゾートは1904年に軽井沢で開発を始め、1914年に温泉旅館を開業しました。現在、国内では「星のや」ブランドの他、温泉旅館ブランド「界」、デザイナーズリゾートの「リゾナーレ」の3ブランドを全国に展開しています。2017年にはフランスにも「星のやパリ」をオープンしました。資本金は1,000万円です。

正式名称:株式会社星野リゾート
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2148番地
従業員数:2,472人
//www.hoshinoresort.com

旅行業界の業界・企業研究を進めよう

旅行業界で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「旅行業界大研究Book」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

星野リゾートにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 234.0万円 15.7万円 46.2万円
25~29歳 329.9万円 22.1万円 65.1万円
30~34歳 378.8万円 25.3万円 74.7万円
35~39歳 421.7万円 28.2万円 83.2万円
40~44歳 446.8万円 29.9万円 88.2万円
45~49歳 466.7万円 31.2万円 92.1万円
50~54歳 474.8万円 31.8万円 93.7万円
55~59歳 454.4万円 30.4万円 89.7万円
60~64歳 320.9万円 21.5万円 63.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

星野リゾートの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 15.7万円 46.2万円 234.0万円
23歳 16.9万円 50.0万円 253.2万円
24歳 18.2万円 53.8万円 272.4万円
25歳 19.5万円 57.5万円 291.6万円
26歳 20.8万円 61.3万円 310.8万円
27歳 22.1万円 65.1万円 329.9万円
28歳 22.7万円 67.0万円 339.7万円
29歳 23.4万円 69.0万円 349.5万円
30歳 24.0万円 70.9万円 359.2万円
31歳 24.7万円 72.8万円 369.0万円
32歳 25.3万円 74.7万円 378.8万円
33歳 25.9万円 76.4万円 387.4万円
34歳 26.5万円 78.1万円 395.9万円
35歳 27.1万円 79.8万円 404.5万円
36歳 27.6万円 81.5万円 413.1万円
37歳 28.2万円 83.2万円 421.7万円
38歳 28.5万円 84.2万円 426.7万円
39歳 28.9万円 85.2万円 431.7万円
40歳 29.2万円 86.2万円 436.8万円
41歳 29.6万円 87.2万円 441.8万円
42歳 29.9万円 88.2万円 446.8万円
43歳 30.2万円 89.0万円 450.8万円
44歳 30.4万円 89.7万円 454.7万円
45歳 30.7万円 90.5万円 458.7万円
46歳 30.9万円 91.3万円 462.7万円
47歳 31.2万円 92.1万円 466.7万円
48歳 31.3万円 92.4万円 468.3万円
49歳 31.4万円 92.7万円 469.9万円
50歳 31.5万円 93.1万円 471.6万円
51歳 31.7万円 93.4万円 473.2万円
52歳 31.8万円 93.7万円 474.8万円
53歳 31.5万円 92.9万円 470.7万円
54歳 31.2万円 92.1万円 466.6万円
55歳 30.9万円 91.3万円 462.5万円
56歳 30.7万円 90.5万円 458.5万円
57歳 30.4万円 89.7万円 454.4万円
58歳 28.6万円 84.4万円 427.7万円
59歳 26.8万円 79.1万円 401.0万円
60歳 25.0万円 73.9万円 374.3万円
61歳 23.3万円 68.6万円 347.6万円
62歳 21.5万円 63.3万円 320.9万円
63歳 17.2万円 50.7万円 256.7万円
64歳 12.9万円 38.0万円 192.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

星野リゾートの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 696.7万円
課長 544.9万円
係長 415.0万円
20~24歳の一般社員 234.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

役職ごとの年収差は約150万

星野リゾートでは、役職ごとの年収差は約150万ずつあります。勤続年数などによっても給料は変動しますが、役職に就くことが高年収を目指す最も有効な手段だと言えます。特に一般社員から係長では年収が大幅に違っていますし、役職の有無による年収の差は非常に大きくなってると言えます。もちろん役職に就くことは簡単でありませんし、昇進し、出世をするためにはさまざまな努力が必要になります。

加えて役職が上がれば上がるほどに仕事の量も増えますし、さらに責任を負わなけれなりません。仕事量や責任の重さに比例して年収は上がりますので、高年収では仕事がハードになる場合も多いです。それでも年収は高いに越したことはありませんし、キャリアアップを目指すためにもまずは役職者を目指して仕事に取り組みましょう。

星野リゾートの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.62万円
修士了 20.62万円

※リクナビ2018より参照しています。

星野リゾートの初任給は、大卒・修士了卒ともに20.62万円、短大・専門卒では18万円となっていて、初任給の金額としては平均だといえます。年間の休日は105日で、リフレッシュ休暇、社員寮などもあり、勤務地は各地のホテル・旅館施設になります。

ホテル業界における年収の傾向と生涯賃金

ホテル業界とは

平成20年からの円高、原油価格の高騰などの世界的不況でホテル業界も影響を受け、市場の落ち込みが見られました。さらに東日本大震災、個人のレジャー消費意欲の減退や個人消費の節約志向もあり、売り上げは減少しています。

その後、東京にスカイツリーなどの観光地ができたことや、外国人観光客の増加に伴いホテル需要が高まったことで、近年の市場は回復傾向となっています。業界売り上げ上位には西部HD、リゾートトラスト、東京急行電鉄などが並んでいます。

 

ホテル業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 星野リゾート ホテル業界
20~24歳 234.0万円 313.6万円
25~29歳 329.9万円 422.2万円
30~34歳 378.8万円 479.3万円
35~39歳 421.7万円 533.8万円
40~44歳 446.8万円 560.8万円
45~49歳 466.7万円 558.3万円
50~54歳 474.8万円 557.8万円
55~59歳 454.4万円 534.8万円
60~64歳 320.9万円 413.4万円
生涯賃金 1.76億円 2.19億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

予測シミュレーションでは、星野リゾートの平均年収は業界の平均と比較すると低い水準となっています。20代前半では79.6万円、20代後半では92.3万円の差があると予測されています。生涯賃金ではホテル業界の平均よりも、4,300万円低くなると考えられます。

ホテル業界の将来性

ホテル業界の特徴を知れば、今後の将来性についてを知っておくことも大切です。現状を理解することは大切ですが、就職後に重要になってくるのは将来の動向ですし、現在好調であっても、将来的には衰退してしまっては意味がありません。業界内では日々さまざまなことが起こっていますし、現状は常に変わり続けていますので、将来性を理解しておくことが大切です。ホテル業界の将来性を知り、業界がどのように動くのか、今後どのような能力が求められるのかなどを知っておきましょう。

今後も伸びが期待される

ホテル業界は国内では外国観光客が増加していますし、国外でも同様に他国からの観光客の増加が見込めるので、将来性は明るいと言えます。外国人観光客はまだまだ増加が見込まれていますし、2020年の東京オリンピックに向けて増加傾向で推移しています。外国人観光客が増えれば、それだけホテルの利用客も増えますし、収益はさらに拡大すると考えられています。

また国内だけではなく、海外に事業を展開している企業も多いですが、国外のホテルについても利益拡大の可能性は高いです。国内外で収益の拡大が望めますし、今後もさらに業界規模は拡大していくと考えられています。観光客が増えればホテルの需要も高くなりますし、今後もさらに業績が好調に推移する企業は増えるでしょう。

語学力を養うことでキャリアアップも可能

ホテル業界は外国人観光客の増加によって潤っていますし、今後もさらに観光客は増加する見込みです。そのためインバウンド対応が求められますので、語学力を養うことでキャリアアップも可能になります。外国人観光客に対応するためには最低限英語は必要ですし、高いレベルで語学力が身に付いていれば、仕事で活躍することができます。

また英語以外でも語学のスキルが身に付いていれば役に立つことは多いですし、キャリアアップを目指すならしっかりと語学力を磨くことが大切です。観光客の中には母国語しか話せない人も多いですし、英語以外のスキルを身に付けていることで重宝される存在になります。まずは英語を基本としてスキルを身に付け、さらに他の言語にも挑戦していくといいでしょう。

まとめ

星野リゾートは2017年に、創業から103年を迎えました。「日本発のホスピタリティサービスの確立」をテーマに掲げ、日本国内だけでなく海外進出にも力を入れています。今後グローバル化が進んでいく中で、日本独自のサービスは海外でも注目されています。日本のホテル業界の代表として、これからも更なる活躍が期待されている企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ