インターン

【英語が身につくインターンシップ】企業を選ぶポイントと特徴を解説

インターンシップで英語を身に付けよう

「グローバル化」という言葉を聞いたことはありますか。近頃、このグローバル化は日本でも大きな話題となっています。日本にも多くの外資系の企業が進出し、あこがれを持つ就活生も多いでしょう。

外資系の商社やIT企業をはじめとして、今では製造業、農業、旅館、官公庁など一見国際化とは無関係に思える業界でも、世界の共通言語である「英語」が必要とされる時代になってきています。入社する条件の1つに、ある一定の英語力が必要とされているため、世界で活躍したいという思いをアピールしようと、英語力を学生のうちから身に付けたいと思う学生も多いです。

履歴書や面接でその力をアピールするために、短期留学を経験したり、TOEICの勉強に力を入れるなどして、英語力を身に付けたりもします。中でも、インターンシップをうまく利用すると、実践的で効果的に英語を勉強することができます

今回はインターンシップで英語を身に付けたいと考える学生に、企業を選ぶポイントとその特徴を詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

インターンシップとは

そもそもインターンシップとはどういうものなのでしょう。
インターンシップとは、学生が興味のある企業で実際に働いたりする「職業体験」のことを指します。略称として「インターン」ともよく言われています。実際に業務を行い、働く環境や社風に触れることで、説明会では分からなかった企業のことを良く知ることができるのです。

仕事を経験するという部分では、アルバイトとほとんど同じでは?と考える就活生もいるかもしれません。アルバイトでもある程度の仕事は経験できるかもしれませんが、募集がある仕事内容には限りがあります。

一方でインターンは、企業が学生に対して会社を紹介する機会でもあるため、普段あまり触れることのない仕事にも挑戦できるでしょう。実際に仕事や、そこで働いている社員の方と接することでより企業理解を深めることができるのです。

学生という立場ではなく、一人の社員として働くことで、社会人レベルのスキルと知識を得ることができるのがインターンシップです。

インターンシップの種類

インターンの特徴

インターンシップは大きく分けて「短期インターンシップ」と「長期インターンシップ」の2種類があります。それぞれインターンを行う期間が異なります。正確な日数が決まっているわけではありませんが、3日~1か月程度のものを短期インターンシップと呼び、3か月以上のものを長期インターンシップと呼びます。

短期と長期では開催されるプログラムも大きく異なります。短期インターンはほとんどプログラムが定められており、何人もの学生がその通りに行動します。一方で長期インターンシップは、実際に先輩社員と働きながら仕事を覚えていきます。

もしも、働く上で使える英語をしっかり学びたい学生は長期インターンで実践的に学ぶことがおすすめです。しかし、もともと英語力に自信があり、どのように仕事で英語が使われているのか大まかに知りたいという方は、短期のインターンシップで知ることができるでしょう。

インターシップについてもっとよく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

インターンシップが開催される時期

インターシップが開催される時期についてまとめた図
インターンシップは一年中行われているわけではありません。企業によって開催される時期は異なりますが、だいたい6月~2月の間で行われることが多いです。インターンに参加するために面接が何回かある企業もあるため、その場合は事前に準備をすることが必要になります。

短期インターンシップは、主に大学3年向けに開催されます。学業に影響が出ないように、長期休暇中に行う企業が多いですが、それ以外の時期でもインターンシップを受け入れる企業もあります。業界によって、忙しい時期が異なるため、インターン生を受け入れる時期にも違いがあるのです。

学生の長期休暇に合わせると8~9月、12~2月にインターンシップを実施する企業がもっとも一般的です。中でも夏におこなわれるサマーインターンシップは、これから始める就活の第一歩として就活生にとても人気です。

長期インターンシップは募集する時期が決まっていない企業がほとんどです。短期インターンシップのように募集の締め切りが決まっていることも少なく、ナビサイトを通じての募集もわれていたり、「今年はインターン生を募集しない」と年ごとに変わる企業もあります。

長期インターンシップは、就活生向けに開催されているのはなく、参加できる対象は大学1年~4年と幅が広いのが特徴です。また募集人数も少ないため、参加してみたい人は募集を見つけたら早めにチャレンジすることがおすすめです。

インターンシップの開催スケジュールについてもっとよく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

英語が身につくインターンシップの特徴

それでは、実際に英語を身に付けることができるインターンシップにはどんな特徴があるのでしょうか。

インターンシップで英語を使う場合、普段の会社の書類が英文で書かれていたり、海外の方と関わる機会が多かったり、また社内で使う言葉が全て英語であるといった特徴があります。ここでは、それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

この特徴に当てはまるインターンシップ先では英語力を身につけられる可能性が高いです。インターンに参加してから、「実は全然使われていなかった」「時間の無駄になってしまった」とならないように、事前に必ずチェックしておきましょう。

英文に触れる機会が多くある

1つ目の特徴としては、英文に触れる機会が多くあるということです。会社の掲示物や書類など、海外とやり取りをする企業では英語で作成されるものが多くあります。何気なく目を通すものでも、英語で書かれていると自然と英文にも慣れていきます。

受信したメールを読むにも、返信するにも英語。また会社の決まり事などよく目につくものも英語で書かれていれば、読むことが習慣となり、間違いなく読解力が向上するでしょう。

英語を身に付けるといっても教わるのではなく、こういった社内環境から身についていくのです。

海外の方と関わる機会がある

2つ目の特徴としては、海外の方と関わる機会があるということです。これは2つのパターンがあります。

まずは会社内に外国籍の方がいるパターンです。社員の中で英語を母国語としている方がいれば、英語を使う機会もたくさんあるでしょう。普段の生活ではなく、ビジネスで使う英語は学んだことのない専門用語も多くあります。英語を身に付けたい、活かしたいという方はインターンシップでも積極的に英語を使えるといいでしょう。

もう一つのパターンとしては、お客様が海外の方である場合です。日本で作られている商品の中には、世界的にも愛されているものがたくさんあります。そういった場合、営業や販売の中で、外国の方に商品をPRしたり、説明する機会もあることでしょう。
実際に海外に足を運んで商談をしたり、日本でも観光客向けに英語を使うこともあります。

このように外国人と関わる機会があると、生の英語に触れながら身に付けることができます

社内の公用語が英語である

昨今、英語を公用語化しようとしている企業は増えてきています。特に大手の企業で世界に目を向けているような企業では、社員に対してTOEICの高いスコアを求めていることも多く、日常の会話からミーティングまで英語で行われているのです。

特に、英語が社内で公用語として使われることで一躍有名になったのは楽天株式会社です。楽天は「世界レベルでのビジネス競争に勝ち続けること」そしてそのために、「世界から優秀な人材や情報を集める必要があること」を掲げ、公用語を英語にしました。メリットやデメリット、様々な意見はありますが、世界で活躍するために必要な英語力が身についたという社員もたくさんいます。

公用語が英語であると、必然的に英語を使う必要があります。全く話せない、英語を使ったことがない就活生は、インターンでいきなりすべて英語で仕事をするのは難しいです。しかし、英語を積極的に活かしていきたいという学生にとっては、ビジネス英語が飛び交う環境で、「社会やビジネスで通用する英語」を学べることでしょう。

英語を使うインターンシップの種類

インターンの募集は、企業単位で行うこともあれば、職種として学生を集めることもあります。英語を活用したい、学びたい学生はぜひこの職種で募集している企業に参加してみてください。例えば営業、事務、ライター、エンジニア、マーケティング、デザイナーのようにどの部署でインターンをするのかに分けて選考が行われます。

英語が身に付けられる職種はたくさんあります。今回は中でも5つの種類に分けてご説明します。企業によっては、予め英語のスキルが必要な場合もありますので、興味のある方は企業のインターン専用のホームページを参考にしてみてください

Webマーケティング・ライター

webマーケティングやライターは国内だけでなく、国外にクライアントを持つことがあります。その際には、日本の国内企業向けに海外各国の市場調査を行ったり、逆に海外企業向けに国内の市場調査を行うこともあります。

市場調査を行うには、海外の調査レポートを読む必要があるため、最低限の英語力は必須です。また、海外のクライアントを担当する場合はビジネス英会話のスキルも必要になるでしょう。ビジネスで使えるだけの英語力とは「読む・書く」だけでなく「聴く・話す」も含まれます。

また、ライターとして調査結果を執筆する場合は、主に高い英語のライティングスキルが必要です。専門用語も多いため、調査内容によっては用語の学習も必要になるでしょう。

ただし、全ての企業のWebマーケティング・ライターが英語を使うわけではありません。どのような企業で、何についてのマーケティングをしているのかは必ず事前にチェックしましょう。

外資系企業

外資系の企業では、特に総合的な高い英語のスキルが求められるでしょう。先ほど「英語が身につくインターンシップの特徴」でも紹介したように、社内の掲示物なども英語表記になっているのは外資系の企業でよくあることです。

社内に配られる社内報や、一斉メール、配布物も英語であることが多いため、英語に触れる機会もたくさんあります。

特に、アプリ開発などのIT企業、海外に本社をおくホテル業界が英語を使えるインターンを開催していることが多いです。外資系全ての企業が英語を活かせるとは限りません。インターンシップに参加する時に、どの職種でインターンをするのか確認は必要です。日本に特化している部署であれば、ほとんど英語は使用しない可能性があるので必ず確認しましょう。

また、インターンは一年中募集をしているわけではないので、興味のある企業や気になったことは定期的に調べておきましょう

営業

ここでいう営業職とは、クライアントや取引先が海外である場合です。特にIT企業や人材会社の営業職は英語に触れることが多いです。

海外に支社があるIT企業では、商談に関わるメールも会話も英語を使うかもしれません。インターン生として商談をする機会はないとしても、メールの書き方や自己紹介の仕方、ビジネスマナーを学ぶ機会はあるでしょう。

また人材会社の中にも海外拠点を持っていたり、留学生や外国人労働者を専門に扱うグローバルな活動をしている企業もあります。

「営業」という企業の中でも最先端で働く職は、特に関わる人もグローバルであることが多く英語がよく使われるでしょう。

ホテル

ホテルでは英語をよく使う業界として、イメージしやすいのではないでしょうか。日本は多くの外国人から人気があり、観光するために多くの方が訪れます。また、仕事で訪れる方も多く、ホテルで宿泊をします。

様々な国の人が利用するホテルでは、英語も飛び交います。チェックインやチェックアウトのフロントでのやり取りはもちろん、旅館や高級ホテルではおすすめの観光地なども聞かれることでしょう。

ホテル・旅館など宿泊施設でのインターンシップは実務が多く、実際に宿泊している外国人観光客へのサービスを経験できます。また、外国人向けの広報企画などに立ち会うことできれば英語を使って様々な仕事を経験できるでしょう。

ここでも、どんな職でインターンができるのか事前に確認しておきましょう。特に旅館によっては英語を全く必要としない場合もあるのでチェックしておくことが必要です。

海外インターン

海外インターンでは、英語が話せる人のみを募集している企業がほとんどではあり、持ち前の語学力を大いに活かせるチャンスです。

日本国内でのインターンシップと海外でのインターンシップの内容に、大きな違いはありません。インターンシップに参加することでビジネスに携わり、社会人経験ができるという点は、国内でも海外でも共通しています。

ただ一つ大きく異なるのは、もちろん置かれる環境です。海外インターンシップでは、異なる文化の中でビジネスを経験することになります。そのため言語だけでなく、文化の違いや食などでも苦労することがあります

しかし、そのような困難な状況に置かれるからこそ、得られる面白さや達成感があります。コミュニケーション能力や視野の拡張、主体性など、言語力は段違いにレベルアップすることににプラスして多くの力を身に付けることができます。

将来は海外進出したい、外国で働いてみたいという方は海外インターンシップもおすすめです。海外インターンについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

英語インターンに参加する企業選びのポイント

企業を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。就活で必須ではないインターンシップにわざわざ行くのであれば、「時間の無駄だった」「何も得られなかった」といった失敗に終わってしまうのは避けたいです。

そのため、企業を選ぶときにどんな注意点があるのかを知っておくことは非常に大切です。

ここでは3つの企業選びのポイントをご紹介しますので、選定する際の軸として確認してみましょう。

自分の英語レベルを把握しておこう

まずは自分の英語レベルを知っておくことです。この英語レベルは、TOEICや英検など、スコアで知っておくと確実です。

英語が学べるようなインターンに参加する際には、参加条件として「TOEIC700点以上」や「英検2級以上」などの条件が必要なこともあります。いくら参加したいとは言え、条件に達していないと参加することはできないのです。

また、英語のレベルは問わないという企業もありますが、そういった場所では英語に関する業務ができないことも多いので注意が必要です。

英語に自信がある人もない人も、何か英語レベルがわかるものを準備しておきましょう。

英語レベルが示せるものの例

・TOEIC
・TOEFL
・英語検定
・IELTS囲み線を表現するだけの単純なコンポーネントです。

    英語のどんなスキルを身に付けたいのか明確にしておこう

    言語には4つのスキルで分けられます。「読む(Reading)」「書く(Writing)」「話す(Speaking)」「聞く(Listeninig)」の4つです。

    この中であなたはどんなスキルを身に付けたいのでしょうか。例えばライター職では、主に読み書き中心の業務になります。もしも、スピーキングの力が身に付けたいのであれば、営業や接客などの仕事の方が得られるスキルは大きくなるでしょう。

    このように自分の付けたい英語のスキルを明確にしておかないと、結局何も得られなかったと感じてしまうかもしれません。まずは自分を知って、そこから企業選びを始めましょう。

    インターンに参加する目的を英語だけにしない

    インターンに参加することで英語を学ぶことができるのは、実務に基づく経験であるためとても効率的でしょう。しかし、インターンは英語を学ぶための場所ではありません

    学校の授業や英会話塾とは異なり、インターンでは英語を身に付けられる場所かもしれませんが、英語を教えてくれるわけではないのです。あくまでも業務に必要な英語や英語でビジネスをする環境に触れることができるということです。

    「英語を学ぶ」「英語力を身に付ける」「英語を活用する」といった目的に固執しては、企業にとっては業務の邪魔になってしまいます。

    インターンの目的は記事の冒頭でも説明したように、企業理解を深めたり、将来のキャリアについてより実務的に考えるために参加するものです。英語は+αの要素として、まずはインターンに参加して得たいものを英語以外にいくつか書き出してみましょう

    インターンに参加する目的として代表的なのは以下の項目です。まだ目的が分からないという方は、ここから選んで実りの多いインターンにしていきましょう。

    【目的の例】

    ・周りとの差を認識するため
    ・現役社員と交流して、詳しい社風を知るため
    ・人脈を広げるため
    ・業界の今とこれからの動きを知るため
    ・実際に職業体験をして自分にも可能性があるか知るため
    ・参加することで就活の実感を湧かせるため
    ・仕事の適性を見極めるため

    英語のインターシップ先の探し方

    それでは、どのようにしてインターンシップ先を探せばよいのでしょうか。参加してみたいけど、どこの企業のインターンが英語を身に付けられるのか、活かせるのか全く情報がなく分からないという方も多いのではないのでしょうか。

    ここでは2つの方法をご紹介します。どれも今すぐに始められるものばかりなので積極的に活用してみましょう。

    ナビサイトを活用する

    まず、一番取りかかりやすいのはナビサイトを活用する方法です。これはスマートフォンやPC、タブレットさえあれば今すぐにでも始めることができます。

    有名なマイナビ、リクナビだけでなく、今では多くのナビサイトがあります。インターンシップ専用のナビサイトや、地方に特化しているもの、理系体育会系に特化しているものなど本当に様々です。

    ナビサイトでは、自分が指定した条件から探すことができたり、以前参加したことのある学生の口コミや、企業からのメッセージをみたりして決めることができます。「英語が身につく」や「英語を活かす」といった検索項目がある場合もあるので、検索機能もぜひ使用してみましょう。

    多くの学生がエントリーしている「人気ランキング」やこれまでの閲覧履歴から出てくる「あなたへのおすすめ」などの機能を活用すれば、自分の興味がどこに向いているのか理解できるかもしれません。

    おすすめのナビサイトは以下の通りです。

    ・マイナビ
    ・リクナビ
    ・JEEK
    ・就活・インターンシップ版 Wantedly インターン
    ・ゼロワンインターン

    大学のキャリアセンターを活用する

    そして2つ目は大学のキャリアセンターから情報を集める方法です。キャリアセンターとは、大学が学生の就活支援を目的に設置している施設のことです。その大学に所属している学生であれば、誰でも利用することができます。

    インターンシップ情報もこのキャリアセンターでよく紹介されているコンテンツのひとつです。大学という機関を通していることもあるため信頼性があり、「ナビサイトでは情報が多すぎて無理」という方にはおすすめできます。

    過去の自分の大学の先輩が参加していた企業、また現在先輩が働いている企業からの求人もあるため、参加できれば交流も深めやすいでしょう。

    特に英語系の学部のある大学のキャリアセンターでは、語学力が活かせるインターンシップの情報が多くある場合もあります。こまめにチェックして見逃さないようにしましょう。

    注意点として、過去の情報が混じっていることもあるので、インターンの情報が最近のものなのかはしっかりと確認する必要があります。

    まだキャリアセンターを利用したことがない方はぜひ行ってみてください。

    英語とビジネススキルをインターンで身に付けよう

    将来的には、英語を使ったビジネスに携わり、世界をまたにかけて活躍したい!という就活生も多いでしょう。これからますますグローバル化の発展が期待される日本にとって英語力は需要もあります。そんな素敵な夢を持っているのであれば、学生のうちから積極的に英語でビジネスする環境に身を置くことをおすすめします。そしてその手段のひとつが、インターンシップなのです。

    実際に英語でのビジネスに携わることで、ビジネススキルだけではなく。自分の英語力のレベルや足りない知識などを自覚することができます。さらにメリットとして、参加後には未来のビジョンを明確に描き、英語力の足りない部分を補うこともできます。

    インターンシップで英語力を身に付けたいのであれば、自分から主体性をもって学びに行く姿勢が一番重要です。実りの多い就職活動にするために、インターンにも積極的に参加しましょう。

    監修者プロフィール

    ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
    吉川 智也(よしかわ・ともや)
    1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
    現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

    記事についてのお問い合わせ