企業研究

商工中金の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

商工中金における最近の平均年収推移

商工中金は、主に「中小企業」を相手に融資をおこなう会社です。中小企業の多くはBtoBのため、世間の目に触れる機会はなかなかありませんが、日本の経済は、企業の半分以上から成る中小企業で成り立っています。そんな中小企業を支える商工中金の平均年収は一体どのくらいなのでしょうか。

商工中金とは

正式名称:株式会社商工組合中央金庫
所在地:東京都中央区八重洲二丁目10番17号
従業員数:3,753人
平均年齢:39.3歳
平均勤続年数:16.4年
//www.shokochukin.co.jp/index.html
※有価証券報告書を参照

商工中金は各都道府県に1つ以上の拠点を持ち、アメリカ・中国・タイにも事務所を持っています。政府と民間団体が、共同で融資する唯一の政府系金融機関ですから、これから目まぐるしく変わっていく世界の中で、どういうサポートを中小企業に対しておこなっていくのか注目される企業なのではないでしょうか。

近年の平均年収推移

商工中金の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 788.0万円
平成27年 790.0万円
平成26年 768.0万円
平成25年 773.0万円
平成24年 772.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

グラフから、商工中金は年収700万円後半で非常に安定しているといえます。700万円後半の水準を5年間、ほぼ差もなく、安定しているというのは、非常に優良企業といえるのではないでしょうか。

商工中金での仕事とは

商工中金での業務は、融資業務、預金業務、資金証券業務(金融マーケットでの資金運用・調達等)、国際業務(国際金融、外国為替)、総合金融サービス(M&A・業務提携支援、ビジネスパートナー紹介、株式公開支援、事業承継対策等)、債券業務、信託代理業務などがあります。

これらを、商工中金の株主となっている中小企業団体(協同組合など)とその構成員企業を主な融資先として運用しています。実際にどの部門がどのような担当をしているのでしょうか?また仕事内容はどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

総合職

商工中金の総合職は、営業窓口と本部に分かれています。営業窓口での仕事内容は、商工中金の「顔」として、お客さまに関わるすべてを担当します。お客さまの現況から将来の在り方までを見通し、お客さまに合った最適な金融サービスの提供が職務です。

窓口業務を中心に営業を支える担当職は、窓口サービス、営業窓口事務、営業企画という職種に分かれています。お客さまと直接応対する窓口業務、営業活動を支える一連の融資業務など、さまざまな職務におけるプロとして商工中金を支えます。

本部での仕事では全国のお客さまから寄せられる幅広いニーズをくみ取り、高度な対応をすることが必要です。ニーズに対し、各セクションのスタッフが、専門知識とノウハウを活かし、具体的なアドバイスをおこなっています。

担当職

担当職では、支店の窓口がメインの仕事となっていて、お客さまの接客担当が業務内容です。1日の流れで表すと、カウンターや身の回りの整理などの始業準備から始まり、お客さまの預金の入出金、支払先への振り込み、納税手続き、個人資産の運用相談、保険商品についての相談などさまざまな業務を窓口でおこないます。

閉店後は、1日の取引の伝票や書類の精査・整理をおこない、間違いがないかを再度チェックします。業務終了後は、当日の報告を夕礼にておこなったあと、翌日のスケジュールを確認し、新商品やお客さま待遇の研修を行うこともあるでしょう。窓口担当業務では、正確さと信用が何よりの使命となるので、常にミスなく1日を終えることが出来るよう、業務に取り組む姿勢が求められます。

自分は商工中金に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、商工中金の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が商工中金に向いているタイプか、診断してみましょう。

商工中金における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

 

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 441.8万円 26.1万円 128.4万円
25~29歳 618.4万円 36.5万円 179.8万円
30~34歳 738.9万円 43.7万円 214.8万円
35~39歳 830.5万円 49.1万円 241.5万円
40~44歳 887.6万円 52.5万円 258.1万円
45~49歳 987.4万円 58.4万円 287.1万円
50~54歳 1,006.6万円 59.5万円 292.6万円
55~59歳 936.1万円 55.3万円 272.2万円
60~64歳 643.8万円 38.1万円 187.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

商工中金の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 26.1万円 128.4万円 441.8万円
23歳 28.2万円 138.7万円 477.1万円
24歳 30.3万円 149.0万円 512.4万円
25歳 32.4万円 159.2万円 547.7万円
26歳 34.5万円 169.5万円 583.0万円
27歳 36.5万円 179.8万円 618.4万円
28歳 38.0万円 186.8万円 642.5万円
29歳 39.4万円 193.8万円 666.6万円
30歳 40.8万円 200.8万円 690.7万円
31歳 42.2万円 207.8万円 714.8万円
32歳 43.7万円 214.8万円 738.9万円
33歳 44.8万円 220.2万円 757.2万円
34歳 45.8万円 225.5万円 775.6万円
35歳 46.9万円 230.8万円 793.9万円
36歳 48.0万円 236.1万円 812.2万円
37歳 49.1万円 241.5万円 830.5万円
38歳 49.8万円 244.8万円 841.9万円
39歳 50.4万円 248.1万円 853.4万円
40歳 51.1万円 251.4万円 864.8万円
41歳 51.8万円 254.7万円 876.2万円
42歳 52.5万円 258.1万円 887.6万円
43歳 53.6万円 263.9万円 907.6万円
44歳 54.8万円 269.7万円 927.5万円
45歳 56.0万円 275.5万円 947.5万円
46歳 57.2万円 281.3万円 967.4万円
47歳 58.4万円 287.1万円 987.4万円
48歳 58.6万円 288.2万円 991.2万円
49歳 58.8万円 289.3万円 995.1万円
50歳 59.0万円 290.4万円 998.9万円
51歳 59.3万円 291.5万円 1,002.7万円
52歳 59.5万円 292.6万円 1,006.6万円
53歳 58.7万円 288.5万円 992.5万円
54歳 57.8万円 284.5万円 978.4万円
55歳 57.0万円 280.4万円 964.3万円
56歳 56.2万円 276.3万円 950.2万円
57歳 55.3万円 272.2万円 936.1万円
58歳 51.9万円 255.2万円 877.7万円
59歳 48.4万円 238.2万円 819.2万円
60歳 45.0万円 221.2万円 760.7万円
61歳 41.5万円 204.2万円 702.3万円
62歳 38.1万円 187.2万円 643.8万円
63歳 30.4万円 149.7万円 515.1万円
64歳 22.8万円 112.3万円 386.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

商工中金の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,315.0万円
課長 1,028.6万円
係長 783.3万円
20~24歳の一般社員 441.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

役職ごとの年収差は約300万円

役職ごとの年収を予測したうえで、算出した結果はグラフや表のとおりとなっています。20歳から24歳の一般社員の年収と係長の年収を比較した場合、約341.5万円もの年収差が発生すると予想されるでしょう。次に係長と課長の年収を比較した場合は245.3万円、課長と部長の年収を比較した場合は286.4万円の年収差が生まれていると予測シミュレーション数値の結果が出ています。

役職ごとの差は実に、240万円台から340万円台となっていて、20~24歳の一般社員と部長の年収の差は、873.2万円もの差が出るというのがシュミレーションの結果です。このことから、一般社員から係長へ昇進した場合は300万円以上の差ができ、その後役職が1つあがるごとに、約250万円台の差ができてくると予測されます。

商工中金の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
修士了 20.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

公開情報では、総合職は大卒も院卒もともに205,000円でした。しかし、担当職になると大卒が195,000円、短大・専門が175,000円でした。総合職に関しては、非常に平均的な数字です。

銀行業界における年収の傾向と生涯賃金

銀行業界とは

銀行業界というのは、お客様から頂いたお金を個人や会社に融資という形で貸したりして、その手数料を利益として見込む企業です。商工中金は主に企業、とりわけ中小企業を相手に、政府と協力して融資していますが、その会社を含む銀行業界の平均年収は一体どのくらいなのでしょうか。

銀行業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 商工中金 メガバンク
20~24歳 441.8万円 399.7万円
25~29歳 618.4万円 527.0万円
30~34歳 738.9万円 648.7万円
35~39歳 830.5万円 736.4万円
40~44歳 887.6万円 787.0万円
45~49歳 987.4万円 889.4万円
50~54歳 1,006.6万円 893.6万円
55~59歳 936.1万円 808.5万円
60~64歳 643.8万円 591.6万円
生涯賃金 3.55億円 3.14億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

また、ここではメガバンク業界を参考として比較しています。メガバンクと比較しても、商工中金はすべての年代で平均年収を上回っていて、生涯賃金も約4,000万円の差をつけています。その点からも、非常に優良企業といえるのではないでしょうか。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

まとめ

政府と民間団体が共同で融資する唯一の銀行、商工中金の平均年収についてみてきました。メガバンク業界と比較しても、各年代とも商工中金の方が上回っていますし、生涯賃金に関してもそうです。これからの時代では特に、中小企業を支えるという点で、商工中金は注目されるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ