企業研究

成田国際空港の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

成田国際空港における最近の平均年収推移

成田国際空港は、2004年に設立された、成田空港の管理をおこなう企業です。そんな成田国際空港の年収はどれくらいなのか、成田国際空港が公開している情報を元に、年齢ごとの平均年収や生涯賃金を見ていきましょう。

成田国際空港とは

正式名称:成田国際空港株式会社
所在地:千葉県成田市成田国際空港内(成田市古込字古込1-1)
従業員数:695人
平均年齢:38.7歳
平均勤続年数:13年
//www.naa.jp/jp/
※有価証券報告書を参照

成田国際空港の主要事業は成田国際空港の設置・管理などで、グループ会社にはエアポートメンテナンスサービス、成田エアポートテクノ、空港情報通信などがあります。平均年齢の38.7歳は、一般的な上場企業の水準より3歳ほど若い数値です。

近年の平均年収推移

成田国際空港の近年の平均年収の推移を調べてみました。



年度 平均年収
平成28年 849.0万円
平成27年 840.0万円
平成26年 841.0万円
平成25年 832.0万円
平成24年 831.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

成田国際空港の過去5年の平均年収は最低831万円~最高849万円で、平均すると839万円です。直近5年の平均年収は、多少の波はありますが、ほぼ右肩上がりです。

自分は空港の仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、空港の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が空港業務に向いているタイプか、診断してみましょう。

成田国際空港における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。



年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 572.3万円 38.6万円 108.7万円
25~29歳 738.2万円 49.8万円 140.3万円
30~34歳 817.6万円 55.2万円 155.4万円
35~39歳 880.9万円 59.5万円 167.4万円
40~44歳 920.5万円 62.1万円 174.9万円
45~49歳 970.8万円 65.5万円 184.5万円
50~54歳 995.0万円 67.2万円 189.1万円
55~59歳 1,012.5万円 68.3万円 192.4万円
60~64歳 732.8万円 49.5万円 139.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

成田国際空港の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 38.6万円 108.7万円 572.3万円
23歳 40.9万円 115.1万円 605.5万円
24歳 43.1万円 121.4万円 638.6万円
25歳 45.3万円 127.7万円 671.8万円
26歳 47.6万円 134.0万円 705.0万円
27歳 49.8万円 140.3万円 738.2万円
28歳 50.9万円 143.3万円 754.1万円
29歳 52.0万円 146.3万円 770.0万円
30歳 53.0万円 149.3万円 785.8万円
31歳 54.1万円 152.3万円 801.7万円
32歳 55.2万円 155.4万円 817.6万円
33歳 56.0万円 157.8万円 830.2万円
34歳 56.9万円 160.2万円 842.9万円
35歳 57.8万円 162.6万円 855.6万円
36歳 58.6万円 165.0万円 868.3万円
37歳 59.5万円 167.4万円 880.9万円
38歳 60.0万円 168.9万円 888.8万円
39歳 60.5万円 170.4万円 896.8万円
40歳 61.1万円 171.9万円 904.7万円
41歳 61.6万円 173.4万円 912.6万円
42歳 62.1万円 174.9万円 920.5万円
43歳 62.8万円 176.8万円 930.6万円
44歳 63.5万円 178.7万円 940.6万円
45歳 64.2万円 180.7万円 950.7万円
46歳 64.8万円 182.6万円 960.7万円
47歳 65.5万円 184.5万円 970.8万円
48歳 65.9万円 185.4万円 975.6万円
49歳 66.2万円 186.3万円 980.5万円
50歳 66.5万円 187.2万円 985.3万円
51歳 66.8万円 188.2万円 990.1万円
52歳 67.2万円 189.1万円 995.0万円
53歳 67.4万円 189.7万円 998.5万円
54歳 67.6万円 190.4万円 1,002.0万円
55歳 67.9万円 191.1万円 1,005.5万円
56歳 68.1万円 191.7万円 1,009.0万円
57歳 68.3万円 192.4万円 1,012.5万円
58歳 64.6万円 181.8万円 956.6万円
59歳 60.8万円 171.1万円 900.6万円
60歳 57.0万円 160.5万円 844.7万円
61歳 53.2万円 149.9万円 788.7万円
62歳 49.5万円 139.2万円 732.8万円
63歳 39.6万円 111.4万円 586.2万円
64歳 29.7万円 83.5万円 439.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

成田国際空港の役職者の年収

役職者の年収について



役職 平均年収
部長 1,703.5万円
課長 1,332.4万円
係長 1,014.6万円
20~24歳の一般社員 572.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

成田国際空港の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.68万円
大学院卒 22.92万円

※リクナビ2018より参照しています。

成田国際空港の初任給は一般的な水準で、職種による初任給の違いはありません。自分で福利厚生を選択できるNAAカフェテリアプランなどもあります。

航空業界における年収の傾向と生涯賃金

航空業界とは

航空業界ではANAHDの存在感が大きく、日本航空も大きなシェアを持っています。そうした中、成田国際空港は、成田国際空港の維持・管理に事業を限定しているので、それほど大きな売上シェアを持っているというわけではありません。

アジアでのハブ空港としての立場確立を目指し、成田国際空港では様々なサービスレベル向上活動に取り組んでいます。

航空業界の平均年収推移と生涯賃金



年齢 成田国際空港 航空業界
20~24歳 572.3万円 510.4万円
25~29歳 738.2万円 628.8万円
30~34歳 817.6万円 684.2万円
35~39歳 880.9万円 727.9万円
40~44歳 920.5万円 741.1万円
45~49歳 970.8万円 754.0万円
50~54歳 995.0万円 775.0万円
55~59歳 1,012.5万円 789.0万円
60~64歳 732.8万円 581.6万円
生涯賃金 3.82億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

成田国際空港の平均年収推移は、全ての年代で業界平均を大きく上回る予測です。40~44歳では成田国際空港のほうが業界平均より179万円も高い予測で、生涯賃金でも成田国際空港のほうが約7,200万円高いという予測になっています。

まとめ

成田国際空港は意思決定までのプロセスの早さや、機動的なビジネス展開が特徴となっており、その企業努力は高く評価されています。

成田ハブ化促進インセンティブによる路線誘致も成功しつつあり、今後の年収推移についても期待が持てると言えるのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ