履歴書

【英語の履歴書】海外就職を目指す就活生が知っておきたい書き方

英語で履歴書を作成する場合がある

外資系企業や、海外勤務が前提にある一部の商社などでは英語でエントリーシートを作成することが求められる場合があります。採用担当者が日本人であっても、海外勤務を長く経験した人や、そもそも日本人ではない場合もあります。

こういった人たちが採用担当者だと思われる場合には、感性がそもそも異なりますので、日本のエントリーシートの作成の仕方はむしろ逆効果になってしまう場合があります。そのために、英語で作成することを求められた場合には注意が必要です。

履歴書の正しい作成方法をマスターしよう

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。無料でダウンロードできるので、実際に履歴書を作成する際のお手本としても持っておいて損はありません。

英語での履歴書作成はルールが分れば簡単

外資系の企業で働きたい就活生が始めにぶつかる壁が、英語で履歴を作成することです。自分の強みや、志望動機について英語を使って、印象が良くなるよう注意しなければいけません。

しかし、最初は慣れない英語の履歴書を作成することも、ポイントを押さえたルールを守れば、スムーズに簡単に作ることができます。そこでこの記事では、数多くの履歴書を見る面接官へ、自分を上手くアピールする英語の履歴書を作成するための、幾つかのテクニックをご紹介します。

関連記事

履歴書を英語で書く時のポイントと基本フォーマット例

まずは3つの基本ルールを覚える

まずは、基本ルールを押さえることが重要です。人気が高い企業には数多くの応募が殺到しますが、殆どの応募者が英語で履歴書を作成した経験はありません。実体験が無いことを成功させるには、事前の準備が不可欠で、ポイントを押さえて対策をしなければいけません。

出来ると評価される就活生ほど、簡潔でシンプルな英語の履歴書を作成する傾向にあります。英語の履歴書の基本を良く理解して、ライバルに負けない準備に取り組んで下さい。

①学歴は新しい順に記入

学歴(Education)は、応募者が学んできた履歴を企業に提出するものです。日本の企業では、有名校に在籍した経歴が重視される傾向がありますが、英語履歴書で学歴を記載する際には、最新の学んだことを記載する必要があります。学校名よりも、大学で取得した学位を記載しなければいけません。

高校名は、英語の履歴書では記載を省略することが一般的です。有名高校から、有名大学に入った経歴を英語の履歴書で記載しても、就活生の評価が高まることはありません。英語略称の学位は、法学士はLLB、工学士はBE、建築学士はBARCHとされています。取得した学士については、インターネットで調べるとすぐに分かります。

②履歴書の冒頭でアピール

英語の履歴書で力をいれるのが、冒頭部分に自己アピールを入れることです。英語の履歴書は、日本語の履歴書とは異なり、記載した内容の隅まで読まれる訳ではありません。多くの応募者なかで、自分の強みを簡潔に記載すると、面接官の印象が良くなり、次の選考に進む可能性も高まります。回りくどい伝え方は避けて、自分の強みを履歴書の冒頭に記載しましょう。

インターンシップで職務を経験したことがある就活生は、英語の履歴書の冒頭部分に記載すると良いです。英語の履歴書では、学歴より、実際に経験をした職歴を重視する傾向にあります。学生時代に職業経験があるとか、サークル活動で大きな人数を取りまとめた経験があると、実務能力があるという高評価につながります。

③用紙やフォントも調整

日本語の履歴書は文房具屋で市販されており、入手することは簡単です。しかし英語の履歴書は特に指定されない場合があり、WORDなどで作成して企業へ提出することがあります。英語の履歴書の大きさは、A4サイズが一般的です。大学院を卒業した就活生は、A4を2枚程度の分量を目途に、英語の履歴書を作成して下さい。

フォントも読みやすい字体が面接官に好まれます。英語の履歴書で使用されるのは、セリフ(Serif)体、あるいはサンセリフ(Sans Serif)体が多く、セリフ体で使用した英語履歴書は、伝統的な雰囲気を出します。また、サンセリフ体で作成された英語の履歴書は、革新的で前衛的な印象を与えます。簡潔に自己アピールがまとめられているのが好まれる英語の履歴書では、読みやすさに拘りを持って作成するのがベターで、フォント選びにも気を使って下さい。

決まったフォーマットはないが常識はある

英語の履歴書には定型のフォームがありませんので、就活性がアレンジして作成します。履歴書を作成する自由度が高く、応募者の個性が表れることに注意しましょう。そして、決まったフォームが無いからといって、独創的な英語の履歴書を作成すると応募者としての常識を疑われてしまい、書類選考を突破する可能性が低くなります。英語履歴書の特徴を理解して自分の強みを力強くアピールする簡潔な内容にまとめてください。

まずは一般的な基本構成に沿って書く

フォームが決められていない英語の履歴書にも、一般的に記載する項目があります。基本構成に沿って英語の履歴書を作成した方が、数多くの履歴書をチェックする面接官に違和感を与えなくて済みます。まずは名前や連絡先といったPersonal Dataを履歴書の冒頭に大きく記載します。

つぎに、Objective(希望職種)をなぜ仕事を希望するのかといった理由と合わせて記載しましょう。面接官は志望理由を必ずチェックしますので、希望する企業で活躍できる人材である点をまとめます。英語に自身がある就活生は、Education(学歴)、Qualifications(資格)、Extracurricular Activities(課外活動)をさらに続けて記載すると英語力をアピールできます。

カバーレターもつける

カバーレターは英語の履歴書に合わせて提出するもので、自己PRや企業に対する感謝の言葉を記載して、応募者の人間的な一面をアピールするために作成します。多くの履歴書を確認する企業の面接官はカバーレターから読み、興味がある応募者の履歴書から目を通すこともあります。英語の履歴書は手書きしませんが、カバーレターは手書きで署名します。直接面接に履歴書を持っていく時は、カバーレターは持っていきません。

カバーレターは、A4サイズの用紙一枚に収まる程度を目安にします。3~4のパラグラフにまとめると、読みやすくまとまります。パラグラフ1には応募の経緯を記載します。最も注意するのがパラグラフ2です。自分が企業にとって貢献できる人材であると自己PRを記載します。海外の企業では、控えめよりも、積極性な応募者が評価されます。パラグラフ3では、企業に対する感謝の言葉と、面接のステップに進みたいという希望を記載します。

英語の履歴書の基本項目

海外での就職や、外資系の企業への就職を希望する場合には、英語の履歴書を書くこととなりますが、必要な項目は日本のものとは異なります。日本の履歴書は、市販のものを使う場合が多く、書くべき項目はすでに印刷されているので、空欄を自分で埋めていく場合がほとんどです。

しかし、英語の履歴書は、基本的にすべて自分で必要事項を書いていきます。形式も特に指定が無ければ決まりはありませんので、自由に書くことができます。そのため、人によって内容は様々です。書式や形式、行間やフォントなども全て自分で決めなければならないので、作成する前には必要事項や書くべきことを確認しておきましょう。

氏名・連絡先:PERSONAL INFORMATION

氏名と連絡先は、日本の履歴書と同じように必須事項となります。当然のことですが、就職を希望している人の名前と連絡先は企業にとって必ず知っておくべきことです。ひと目見てすぐに分かるように、履歴書の一番初めに大きな文字で記載します。名前は用紙の中央にくるように配置しましょう。名前・苗字の順で書き、間はスペースを空けておきます。

住所は、名前のすぐ下に標準の大きさの文字で書きます。日本の住所の書き方とは逆になりますので、部屋番号、建物の名前、番地、町名、都道府県、国名(日本)の順に記載します。住所の下には、電話番号とメールアドレスを書きましょう。電話番号は、国番号「+81」を頭につけて、市外局番の最初の「0」を外します。携帯電話の場合には、090-XXXX-XXXXが(+81)-90-XXXX-XXXXというようになります。

性格:PROFILE

日本の履歴書にはあまり馴染みがない項目ですが、自分の性格を書くのも一般的です。日本では、履歴書とは別に自己PRを書くことがありますが、簡単に自分がどのような性格であるかを表す項目となります。詳しくたくさんの文章を書く必要は無く、箇条書きで自分の性格をアピールできるようにしておきます。

例えば、self-starter(自ら行動を起こす行動力のある人間)、result-driven(結果を重視する人間)、good at motivating others(他の人をやる気にさせることが得意、他の人に良い刺激を与えられる)などというように、簡単に自分がどのような人材でどのようなことを重要と考えているかなどを記載しておくと、自己PRにつながります。志望する企業や職種に合ったPRができるとよいでしょう。

学歴:EDUCATION

学歴は日本の履歴書でも必ずある項目で、英語でも同じです。ただ、注意したいのは記載していく順番です。日本では古いものから書いていきますが、英語で書く時には最近のものから記載していきます。大学を卒業してから就職をする場合には、一番上に大学を書きその下に高校を書くという形式です。

また、日本語の履歴書では所属した大学と学部をすべて書きますが、英語では最終学歴で取得した学位の名称、大学名、住所地、学位取得年(卒業年)が必要となります。所在地は住所を全て書く必要はなく、都道府県名のみです。東京にある大学の場合は、Tokyoと記載します。学部や学科名は大学によっても英語での表記が変わってくるので、分からない場合には学校に聞いてみましょう。

インターンシップ経験:INTERNSHIP

インターンシップの経験があるかどうかも記載します。アメリカなどでは、学生が本格的に就職をする前にインターンシップとして企業で働くことが一般的となっていて、ほとんどの学生はインターンシップの経験があります。インターンシップで務めた企業の名前、所在地、企業で経験した職種、インターンシップをしていた期間を記載します。

また、その職場で学んだことを簡単に書いておくとよいでしょう。長い文章でインターンシップで何をしたかと書いても伝わりにくくなりますので、箇条書きでシンプルに分かりやすくします。複数のインターンシップの経験があるのなら全て書いてもかまいませんが、学歴と同じように最近のものから順に記載します。

その他活動:EXTRACURRICULAR ACTIVITIES

学校の勉強やアルバイト、インターンシップ以外でも、アピールとなる活動があれば記載しておきましょう。ボランティアの活動や学校内のサークルでの成果、地域のイベントを企画・運営したなどの経験があれば、自己PRにつながります。活動の内容を簡単に箇条書きで記載して、いつおこなったのかも書いておきます。

英語での履歴書は日本の履歴書と比較すると、自分の経歴を紹介するというよりも自分を売り込むという役割が多くなっています。その他の活動でも「積極的に物事に取り組んでいく」「社会に貢献したいという気持ちがある」というような、企業に入ってからも活躍できそうな人材だと思われるようなことを書いておくことが重要となります。

職歴:WORK EXPERIENCE

今までおこなってきたアルバイトの経験があれば記載しておきましょう。学歴などと同様に、新しいものから順に記載します。日本語の履歴書とは逆になりますので、注意しましょう。アルバイト先の企業の名前、所在地、期間、どんな仕事をしていたのかが分かるように書いておきます。もし、アルバイトリーダーなどの経験があれば、自己PRにつながりますので、記載しておくようにしましょう。

たくさんのアルバイト経験がある場合には、すべて書く必要はありません。経験は多ければいいというわけではなく、今後企業に就職した後に活かしていけるかが重要となりますので、希望の職業や職種に関係するものを主として記載するほうがよいでしょう。アルバイトの仕事内容もやったことを全て書くのではなく、主にやっていたこと、企業と関係していることなどに絞って書くようにします。

表彰:AWARDS

学生時代に表彰されたスキルや、アルバイト・インターンシップでもらった賞などがあれば記載します。表彰の項目は必須ではありませんが、アピールできるものがあれば書いておくと印象に残ります。学生時代にスポーツや芸術の分野で表彰されたものを書いてもいいですが、全国大会や国際大会など規模の大きなものの方がアピール力も強くなります。

大学で関わった研究が表彰されたことや、アルバイト先でスキルが認められ大会に出て賞をもらったことなどでもよいでしょう。具体的に「全国で1位になった」など数字を出すことでより相手に伝わりやすくなりますので、書き方も工夫して記載するようにします。希望する職種に関係しているものがあれば、より自己PRにつながるでしょう。

スキル:QUALIFICATIONS/ADDITIONAL SKILLS

自分の能力や資格などについても記載します。語学について記載することも多く、母国語や、英語のほかにも話せる言葉があれば書いておきましょう。それぞれ、どの程度の言葉を話すことができるのかも記載しておくと良いです。

もし、TOEICやTOEFLなどの国際基準での点数があるなら、それも書いておくとどの程度のレベルなのかが相手に伝わりやすくなります。また、コンピュータのスキルとして、Microsoft Office Specialist – Word and Excelなども書いておきます。運転免許の有無も記載しますが、希望する国で運転ができる、国際免許証などががある場合には書いておきましょう。企業や職種とあまり関係ないものは、書く必要はありません。

英語の履歴書で不要な項目

英語の履歴書では、日本の履歴書とは違い、書く必要のない項目もあります。特に形式が決まっているわけではなく、自由度は高くなっていますが、必要のないものを書いて長くなってしまっては、印象が悪くなることもあります。必要な項目、不要な項目を事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

日本では、当たり前となっている、生年月日、年齢、性別、顔写真、通勤時間、配偶者の有無、家族構成、などは記載しないことがほとんどです。日本では年齢は特に重視される項目ですが、海外では考え方の違いもあり、年齢よりもその人のスキルや能力が重要となります。志望動機も、履歴書には記載せずに、別紙のカバーレターなどに書くことになります。

英語の履歴書を書く上での3つの心得

英語の履歴書を作成する基本ルールを理解したら、英語の履歴書をまとめる心得も覚えましょう。英語の履歴書をチェックする海外企業は、日本の企業とは異なった風土を持っています。

日本企業での内定を獲得した就活生でも、海外企業の選考に合格しないことがあります。英語を使用する文化圏の特徴を心がけて、作成の自由度が高い履歴書でもポイントを押さえて作成し、希望する企業へ合格する可能性を高めていくことが大切です。

①アピール力のある履歴書でないと選考に通らない

フォームが決まっていない英語の履歴書は、応募者の個性が出ます。企業の採用担当者は、毎日何十通もの履歴書を見て審査をしています。そのため、読んで面接官の印象に残るアピール力のある履歴書でないと選考に通りません。忙しい採用担当者が、履歴書を一番初めに見る箇所は、始めの方のパラグラフになります。

英語の履歴書であっても、志望動機や自己PRは応募者の個性が出ますので、自分の言葉で文書を作成するよう心得てください。企業を希望する理由を、自分の長所と合わせて、簡潔にまとめる能力があるか、履歴書を作成する際に試されます。時間が限られている採用担当者の興味を引くには、履歴書の出だし部分に印象が残る内容をまとめなければ、たくさんの応募者の中から選ばれる確率が下がっていきます。

②その企業に合った履歴書にカスタマイズする

英語の履歴書を作成する際も、応募する企業がどのような事業に力をいれているかリサーチすることが大変重要です。ブランド力のある企業になんとなく応募する就活性はアピール力の高い履歴書を作成することができません。また、多くの履歴書を読み込む企業の採用担当者は、採用した後に早期退職をする原因となる、志望理由と仕事のミスマッチを排除したい意向があります。

志望先の企業が大事にしている企業文化や、重点的に取り組んでいる事業を調べましょう。志望する企業の海外の拠点は何処にあるのか、新製品の名前、経営理念など、希望する企業に関する情報はホームページで簡単に見つけることができます。企業の採用担当者に、応募するのに相応しく無いと思われてしまう、仕事と合わない志望理由を履歴書に作成すると致命傷になります。その企業に合った履歴書にカスタマイズしなければいけません。

③英語の履歴書は目的が最も重要項目

英語の履歴書を使用している企業では、学歴よりも、企業にどのような貢献ができるかが重要視されます。大学を卒業する就活生であれば、希望する職種、志望動機、仕事を通して将来はどのような人物になりたいか、計画性が審査されます。仕事をする際には、目的を見極めてプロジェクトを進めることが多いです。まず、何のためにするのか、ゴールを見据えた思考ができているかが、明確な目的の記載が英語の履歴書では非常に大事です。

英語の履歴書の冒頭部分に記載する希望職種は、英語の履歴書を作成する時に最も大事な項目です。企業の採用担当者は数多くの応募者を審査しますので、目的は簡潔に一文程度にまとめる必要があります。働いてどのような人物に成長をしたいのかを、まとめて履歴書に記載することが、合否の分かれ目になると言っても良いです。

④アピールポイントは箇条書きでまとめる

英語の履歴書ではアピールしたいポイントを絞って、分かりやすく箇条書きでまとめるようにします。長い文章でだらだらと説明しても、どこをアピールしたいのかが分からなくなってしまいます。欧米では、日本よりも結論や大事なことを最初に述べるということが大切で、相手に伝えたいことをまず一番に表すという考え方が主流となっています。

履歴書で自己PRをする時も同様で、自分の資格や能力、経験などがひと目見てすぐに分かるようにすることが大切です。補足したい説明があれば、箇条書きをした項目の下に簡単に付け足すようにしましょう。説明も長くなりすぎないように、シンプルに分かりやすくまとめることがポイントとなります。

事前に練習しておこう

このように、さまざまな点で日本のエントリーシートとは趣が異なりますので、その点を踏まえた上で事前に練習をしておくことが大切です。採用担当者に自分がどんな人間で、どんな能力を備えており、それをどのように企業の仕事に活用したいかを理解してもらう、という意味では日本のエントリーシートと目的は変わりません。

不安になってもこの軸はぶれないようにすることが求められます。また、簡素に書くことも、日本以上に強く求められることを覚えておく必要があります。

日本と同様に字もきれいに書こう

文章の内容としても読みやすさが求められますが、形式としての字も丁寧に書くことが求められます。英語のエントリーシートでは、内容に特に重きがおかれ、あなたが何を経験し今どのようなことができるのか、といったことを主に面接では聞かれます。

そこにたどり着くまでに必要な要素として、どれだけ丁寧に仕事ができるかといったことも問われています。それを知るために、エントリーシートに字を丁寧に書いているかといったポイントから判断するのです。

英語の履歴書を書く際の注意点

英語の履歴書作成で、つい見落としやすい注意点が幾つかあります。せっかく良く出来た履歴書であっても、英語の履歴書に特有のルールを知らないで作成すると、減点される可能性があります。

英語の履歴書は、言いたいことが簡潔にまとめ、ムダなことは省くのが良いとされています。数多くの応募者が集まる人気企業では、少しの差で不合格になります。悔しい思いをしないためにも、細かい部分にも注意して英語の履歴書を作成してください。

写真や無駄な情報は省く

日本の履歴書には顔写真を添付するのが一般的で、書類審査の合否にも影響するとされ、注意して写真を撮影しますが、英語の履歴書には顔写真の添付は不要です。外見で審査をすると差別的な扱いにつながると懸念する企業もあります。

また、日本の企業では、休日をどのようにして過ごすのか趣味に関する質問が面接でされることもありますが、英語の履歴書には企業と関係が無い、趣味や特技の解説は不要です。英語の履歴書を使用する企業は家族的な一面もありますが、ビジネス上でのお付き合いと、職場の同僚と一線を引く風土があります。

企業が求めるのは、友好的な同僚では無く、仕事で頼りになる戦力を求めています。そのため、英語の履歴書に、仕事と関係性が無い趣味や特技を記載すると、仕事をする意欲に疑問を持たれてしまいます。職場でコミュニケーションは十分取れますので、心配はしないでください。

パーソナルデータも書かない

年齢、性別、家族構成といったプライベートな情報は英語の履歴書では書きません。様々な人種が暮らしている海外では、パーソナルデーターを参考に採用を決定すると、生まれ持った人種や性別によった差別をしたと扱われてしまい、企業側に多額の賠償金を支払う命令が裁判所から出される可能性があります。

アメリカでは、性別、年齢、宗教などの差別的な対応を採用面接で禁止する雇用法が定められており、日本の面接で、たまに耳にする質問は違法となります。「高校を卒業したのは何年ですか?」と言う質問も、アメリカの雇用法では、採用年齢の上限を定める取り扱いになるとして違法とされています。ですので、英語の履歴書に個人的な情報を記載しない方が、文化の背景が良く分かっていると好印象につながることになります。

スペルミスは大きなマイナスとなる

英語の履歴書でも、誤字・脱字は減点の対象となります。英語のスペルミスは、英語を書くのに慣れていない就活生は、誰でも起こす可能性があります。履歴書でスペルミスが減点につながるのは、見直しがされていない書類が提出されていて、読む側の気持ちが分かっていない応募者であるという印象が残るためです。選考には多くの応募者が集まっていますので、間違いが多い履歴書は審査に通りません。

英語の履歴書では、学歴よりも、志望動機や仕事でどのように活躍ができるか能力を試されます。ですので、スペルミスがある英語の履歴書は、それだけでコミュニケーション能力や自己管理能力が無いという評価を受けることになります。些細なスペルミスでも、書類選考で不合格になる可能性がありますので、英語の履歴書を作成する際は十分に見直してください。

ポイントをおさえて英語で履歴書を書こう

慣れない英語の履歴書でも、ポイントを押さえて作成をすれば誰でも書類審査を突破する可能性があります。書類審査の段階では、英語力よりも、英語履歴書の構成や、志望する採用担当者が重要視するポイントを明確にまとめて作成ができているかが重要です。

英語の履歴書では、学歴を新しい順に記入、冒頭で自己アピール、紙やフォントの選択などが重要です。また、決まったフォーマットはないものの、多数の履歴書に目を通す面接官のことを考え、常識のある履歴書を作成するようにしましょう。

海外の居住経験がある応募者以外、英語の履歴書になれている人はほとんどいないでしょう。自信を持ってしっかりした自己PRを記載すれば、希望する企業の内定が獲得できるチャンスとなります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ