企業研究

三井不動産レジデンシャルの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

三井不動産レジデンシャルの平均年収は481万円

三井不動産レジデンシャルの平均年収は、複数の口コミによると481万円程度でした。営業系が650万円ほどで、企画・事務・管理系の職種が430万円ほどです。

三井不動産レジデンシャルの設立日は2005年と比較的新しい企業ですが、三井不動産グループに属している企業ですので、業界での知名度は高いです。三井不動産グループのなかで、三井不動産レジデンシャルは、マンション分譲住宅事業を展開しています。

2013年には、新築マンションの事業主別供給戸数ランキングで首位となった実績もあります。三井不動産レジデンシャルサービスグループは東京、北海道、関西、東北、中国地方、九州に会社を持ち、それぞれにサービス形態は異なります。

正式名称:三井不動産レジデンシャル株式会社
所在地:東京都中央区銀座六丁目17番1号
従業員数:1,865人
//www.mfr.co.jp/

三井不動産レジデンシャルの仕事内容

ここでは三井不動産レジデンシャルの仕事内容について、総合職・一般職それぞれ解説していきます。表面的な知識だけを身につけただけでは、取り繕ったような志望動機しか作成することが出来ません。採用担当者に好感を与える志望動機を作成するためには、仕事内容をしっかりと把握し、それを踏まえて志望動機の作成を進めることが必要になるのです。以下の内容を参考に、企業についての理解を深め、その上で志望動機の作成をおこなうようにしましょう。

総合職:高い専門性・創造性が求められる業務

総合職の場合、分譲住宅の開発に携わることをイメージする人が多いでしょう。分譲住宅の開発をおこなう土地を取得する用地取得業務や、関係する業者を交え、開発計画を策定する企画開発業務をおこないます。不動産の開発にはさまざまな法令が絡むため、高い専門性が必要になり、かつ多くの業者をまとめ、開発を進めるリーダーシップも不可欠な要素と言えるでしょう。

また総合職の場合、分譲住宅の開発以外の業務にも携わることになります。出来上がった住宅の品質管理や営業に携わることも多々ありますし、総務や人事、経理などスタッフ業務に従事する可能性もあるのです。このように総合職の場合、さまざまな分野において対応できる柔軟性と、それぞれの分野で活躍することが出来る高い専門性・創造性が求められています。

一般職:習熟やノウハウの活用・総合職のサポート

一般職の仕事内容としては、総合職のサポートをおこなうことがメインの仕事内容となります。自社で開発した分譲住宅の購入を希望するお客様に対して、契約から物件の引き渡しまでの事務手続きを全て担当することになります。不動産は人生における最も大きな買い物の1つです。そのため手続きを進めるにあたっては、多くの書類の作成が不可欠となります。煩雑な手続きをミスなく丁寧にこなすことの出来る正確さが必要になると言えるでしょう。

また習熟や自社固有のノウハウの活用が必要となる業務に携わることもありますし、スタッフ部門の業務に携わることもあります。そのため一般職の場合、正確に事務処理をおこなうことの出来るスキルとともに、さまざまな業務に対応する柔軟性も重要となるのです。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

三井不動産レジデンシャルにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 279.5万円 18.6万円 56.0万円
25~29歳 392.1万円 26.1万円 78.6万円
30~34歳 463.9万円 30.9万円 92.9万円
35~39歳 522.9万円 34.8万円 104.8万円
40~44歳 570.4万円 38.0万円 114.3万円
45~49歳 577.2万円 38.5万円 115.6万円
50~54歳 592.9万円 39.5万円 118.8万円
55~59歳 533.1万円 35.5万円 106.8万円
60~64歳 397.1万円 26.5万円 79.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

三井不動産レジデンシャルの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 18.6万円 56.0万円 279.5万円
23歳 20.1万円 60.5万円 302.0万円
24歳 21.6万円 65.0万円 324.5万円
25歳 23.1万円 69.5万円 347.1万円
26歳 24.6万円 74.0万円 369.6万円
27歳 26.1万円 78.6万円 392.1万円
28歳 27.1万円 81.4万円 406.5万円
29歳 28.0万円 84.3万円 420.8万円
30歳 29.0万円 87.2万円 435.2万円
31歳 30.0万円 90.1万円 449.6万円
32歳 30.9万円 92.9万円 463.9万円
33歳 31.7万円 95.3万円 475.7万円
34歳 32.5万円 97.7万円 487.5万円
35歳 33.3万円 100.0万円 499.3万円
36歳 34.1万円 102.4万円 511.1万円
37歳 34.8万円 104.8万円 522.9万円
38歳 35.5万円 106.7万円 532.4万円
39歳 36.1万円 108.6万円 541.9万円
40歳 36.7万円 110.5万円 551.4万円
41歳 37.4万円 112.4万円 560.9万円
42歳 38.0万円 114.3万円 570.4万円
43歳 38.1万円 114.5万円 571.7万円
44歳 38.2万円 114.8万円 573.1万円
45歳 38.3万円 115.1万円 574.4万円
46歳 38.4万円 115.4万円 575.8万円
47歳 38.5万円 115.6万円 577.2万円
48歳 38.7万円 116.3万円 580.3万円
49歳 38.9万円 116.9万円 583.5万円
50歳 39.1万円 117.5万円 586.6万円
51歳 39.3万円 118.2万円 589.8万円
52歳 39.5万円 118.8万円 592.9万円
53歳 38.7万円 116.4万円 581.0万円
54歳 37.9万円 114.0万円 569.0万円
55歳 37.1万円 111.6万円 557.0万円
56歳 36.3万円 109.2万円 545.0万円
57歳 35.5万円 106.8万円 533.1万円
58歳 33.7万円 101.3万円 505.9万円
59歳 31.9万円 95.9万円 478.7万円
60歳 30.1万円 90.4万円 451.5万円
61歳 28.3万円 85.0万円 424.3万円
62歳 26.5万円 79.5万円 397.1万円
63歳 21.2万円 63.6万円 317.7万円
64歳 15.9万円 47.7万円 238.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井不動産レジデンシャルの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 831.9万円
課長 650.7万円
係長 495.5万円
20~24歳の一般社員 279.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

役職ごとの年収差は約200万円

三井不動産レジデンシャルの場合、役職ごとの年収差は約200万円となります。20~24歳の一般社員の平均年収が279.5万円であるのに対し、係長の平均年収は495.5万円となります。課長に昇進すると平均年収は650.7万円となり、部長にまで昇進すると831.9万円にまで上がります。このように順調に昇進を重ねていくことで、平均年収は右肩上がりで上がっていくのです。

後述の通り、不動産・住宅・マンション業界の中には、三井不動産レジデンシャルよりも年齢別の年収が高い企業も存在します。そのため不動産・住宅・マンション業界の平均年収に比べると、三井不動産レジデンシャルの平均年収は下回ってしまっています。しかし日本の平均年収は400万円弱と言われており、そのことから考えると、各役職における平均年収は国内企業の中でも上位にあると言うことができます。

三井不動産レジデンシャルの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.2707万円
修士了 21.053万円

※リクナビ2018より参照しています。

三井不動産レジデンシャルの初任給は、月20万円程度の月給制です。総合職、一般職とでは、わずかに給料の差があります。三井不動産レジデンシャルの初任給は、以下のとおりです。

【総合職】
大卒:202,700円
修士了:210,530円
約8,000円ほど初任給に差があります。

【一般職】
大卒:182,466円

不動産・住宅・マンション業界における年収の傾向と生涯賃金

不動産・住宅・マンション業界とは

不動産・住宅・マンション業界は、「人」が住む建物を開発したり建築したり、貸出したりする業界です。取り扱っている製品としては、中高層ビルや戸建住宅、分譲住宅、賃貸住宅、商業施設、都市開発です。最近では、海外を拠点にグローバル化している業界でもあります。

基本的には、都市部の地価が下がらなければ、三井不動産レジデンシャルのようなディベロッパー企業は安定といわれています。不動産・住宅・マンション業界は、平成20年のリーマンショックで影響を受けましたが、アベノミクスやオリンピック2020の影響で都市部が活気に満ちて、業界は活性化して追い風になってきているといわれています。

不動産・住宅・マンション業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 三井不動産レジデンシャル
不動産・住宅・マンション業界
20~24歳 279.5万円 407.8万円
25~29歳 392.1万円 542.6万円
30~34歳 463.9万円 653.5万円
35~39歳 522.9万円 745.5万円
40~44歳 570.4万円 828.5万円
45~49歳 577.2万円 776.5万円
50~54歳 592.9万円 791.7万円
55~59歳 533.1万円 664.1万円
60~64歳 397.1万円 574.8万円
生涯賃金 2.16億円 2.99億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井不動産レジデンシャルの平均年収は、どの年代を見ても不動産・住宅・マンション業界の平均年収を下回っています。生涯賃金では、業界と比較すると8,300万円下回る予測です。

まとめ

三井不動産レジデンシャルの、複数の口コミによる平均年収を調べてみました。親会社の三井不動産の年収は、有価証券報告書から調べると約1,141万円でした。口コミによると、備品等キレイに整頓されたオフィス、働きやすい環境、有給消化率の高さと前向きな声も多かったので、年収以外の魅力も多いようです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ