企業研究

JRAの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

JRAの平均年収は400万円程度

JRAは、1954年に設立された競馬場の管理、競馬の運営をおこなう企業です。競馬のチケットを販売するウインズもJRAが運営しています。また、テレビCMも盛んに行われているので、名前を聞いたことのある方も多いでしょう。

正式名称:日本中央競馬会
所在地:東京都港区六本木6丁目11番1号
//www.jra.go.jp/

企業理念は「お客様のための中央競馬」で、社会と人々への信頼を何より大事にする社風を持っています。資本金は49億2,412万9千円です。

複数の口コミを参照すると、JRAの年収事例は以下のようになっています。

  • 営業職:350万円
  • その他の職:250万円

これらの事例から、年齢別・役職別の平均年収を算出をしてみました。

JRAにおける2つの仕事

JRAでは曜日によって業務内容が異なります。競馬が開催される土曜日と日曜日には開催業務という競馬の運営業務をおこないます。月曜日と火曜日は土日に競馬がおこなわれるため休日です。仕事の都合によって休日が異なる場合もあります。

そして水曜日~金曜日は平常業務と呼ばれる、競馬を開催するための準備や組織管理をおこなっています。ここでは競馬の準備にあたる平常業務と競馬を実際に運営する開催業務の詳しい業務内容について見ていきましょう。

平常業務とは

平常業務は本部、競馬場、トレーニング・センターの3つに分かれておこなわれています。本部はコンプライアンス推進室・総合企画部・総務部・国際部・経理部・法務部・人事部・施設部・情報システム部・プロモーション部・お客様部事業統括室・お客様部接客事業室・広報部・ウインズ部・競走部・審判部・馬事部で構成されています。業務には人事や経営、企画立案、お客様へのカスタマーサポート、施設整備、世界でおこなわれている競馬の成功提供、競馬の広報といったものがあります。

競馬場は総務課、お客様事業課、業務課、建築設備課、馬場造園課で構成されています。本部で作られたルールや企画を実際におこなわれるレースに合わせた形に練り直す、コースの管理、レースに出る馬と競技者の調整をおこないます。トレーニング・センターでは保有する2000頭の馬の世話やトレーニング、施設の維持をおこないます。

開催業務とは

競馬が開催される土日には本部、競馬場、トレーニング・センターとも協力して競馬の運営にあたります。開催業務は裁決、走路監視、決勝審判、検量、発走、馬場取締、獣医、整理・お客様サービス、勝馬投票、施設、広報、ウインズに分かれておこないます。業務内容としてはレースの順位を公正に判断する、不正がないかチェックする、馬の体調や馬具の検査を行う、レース中のコースや施設維持、発券、システム管理、テレビへの順位発表をおこないます。

ウインズは中央競馬場ではなく、直接競馬場に足を運べないお客様のために開かれている場外勝馬投票券発売所です。このため、開催業務中はウインズに勤務する職員に加えて中央競馬から職員が派遣されます。

JRAにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 248.9万円 17.6万円 38.3万円
25~29歳 337.7万円 23.8万円 51.9万円
30~34歳 385.3万円 27.2万円 59.2万円
35~39歳 427.1万円 30.1万円 65.6万円
40~44歳 452.6万円 31.9万円 69.6万円
45~49歳 463.9万円 32.7万円 71.3万円
50~54歳 475.4万円 33.5万円 73.1万円
55~59歳 457.5万円 32.3万円 70.3万円
60~64歳 351.6万円 24.8万円 54.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

JRAの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 17.6万円 38.3万円 248.9万円
23歳 18.8万円 41.0万円 266.7万円
24歳 20.1万円 43.7万円 284.4万円
25歳 21.3万円 46.4万円 302.2万円
26歳 22.6万円 49.2万円 319.9万円
27歳 23.8万円 51.9万円 337.7万円
28歳 24.5万円 53.4万円 347.2万円
29歳 25.2万円 54.8万円 356.7万円
30歳 25.8万円 56.3万円 366.3万円
31歳 26.5万円 57.8万円 375.8万円
32歳 27.2万円 59.2万円 385.3万円
33歳 27.8万円 60.5万円 393.7万円
34歳 28.4万円 61.8万円 402.1万円
35歳 28.9万円 63.1万円 410.4万円
36歳 29.5万円 64.4万円 418.8万円
37歳 30.1万円 65.6万円 427.1万円
38歳 30.5万円 66.4万円 432.2万円
39歳 30.8万円 67.2万円 437.3万円
40歳 31.2万円 68.0万円 442.4万円
41歳 31.6万円 68.8万円 447.5万円
42歳 31.9万円 69.6万円 452.6万円
43歳 32.1万円 69.9万円 454.8万円
44歳 32.2万円 70.3万円 457.1万円
45歳 32.4万円 70.6万円 459.3万円
46歳 32.6万円 70.9万円 461.6万円
47歳 32.7万円 71.3万円 463.9万円
48歳 32.9万円 71.6万円 466.2万円
49歳 33.0万円 72.0万円 468.5万円
50歳 33.2万円 72.4万円 470.8万円
51歳 33.4万円 72.7万円 473.1万円
52歳 33.5万円 73.1万円 475.4万円
53歳 33.3万円 72.5万円 471.8万円
54歳 33.0万円 72.0万円 468.3万円
55歳 32.8万円 71.4万円 464.7万円
56歳 32.5万円 70.9万円 461.1万円
57歳 32.3万円 70.3万円 457.5万円
58歳 30.8万円 67.1万円 436.3万円
59歳 29.3万円 63.8万円 415.1万円
60歳 27.8万円 60.5万円 394.0万円
61歳 26.3万円 57.3万円 372.8万円
62歳 24.8万円 54.0万円 351.6万円
63歳 19.8万円 43.2万円 281.3万円
64歳 14.9万円 32.4万円 210.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

JRAの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 741.0万円
課長 579.6万円
係長 441.3万円
20~24歳の一般社員 248.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

役職ごとの年収差は約200万円

JRAでは役職が上がるごとに約200万円ずつ年収が上がっていくと予想されます。20~24歳の一般社員と係長との年収差は192.4万円、係長と課長との年収差は138.3万円、課長と部長の年収差は161.7万円だと推測されます。

口コミでは年功序列重視で役職に上がる仕組みのため、長年勤めていれば多くの方に役職に上がるチャンスがくると思われます。勤めている部署ごとの給与差についての言及は口コミ・公式ホームページでも見られず、どの部署に勤めても同程度の給与が支払われると思われます。新たな仕事を開拓するといった業務がないとの意見も見られますが、元々ブランド力が高く比較的安定した職場のため、安定した年収・安定したキャリアが得られるようです。

JRAの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.2万円
修士了 20.2万円

※リクナビ2018より参照しています。

JRAでは事務職の採用以外に、技術職と獣医職の採用も行っています。表に記載したのは事務職の物になりますが、他の職種の場合は、それぞれに応じた学科を卒業した人材を募集しています。全ての職種において、新人研修を丁寧に行っているようです。

レジャー・テーマパーク業界における年収の傾向と生涯賃金

レジャー・テーマパーク業界とは

レジャー・テーマパークというと、真っ先に思い浮かぶのが東京ディズニーリゾートのような大規模な遊園地ではないかと思われます。それ以外にも、規模の大小はあれ、遊園地以外のレジャー事業というのは様々な物が存在しています。

レジャー・テーマパーク業界は、世間の好不況に影響を受けやすい業界でもあります。また海外のレジャー事業が話題性を持っていることもあるため、国内のレジャー・テーマパーク業界は収益を上げるために、外国人旅行者を取り込むなどの展開も行っています。

レジャー・テーマパーク業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 JRA
レジャー・テーマパーク業界
20~24歳 248.9万円 334.9万円
25~29歳 337.7万円 450.9万円
30~34歳 385.3万円 511.9万円
35~39歳 427.1万円 570.0万円
40~44歳 452.6万円 598.9万円
45~49歳 463.9万円 596.2万円
50~54歳 475.4万円 595.6万円
55~59歳 457.5万円 571.1万円
60~64歳 351.6万円 441.4万円
生涯賃金 1.80億円 2.34億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JRAの平均年収は、レジャー・テーマパーク業界全体と比較すると、年収はあまり高くないと推測されています。生涯賃金でも0.54億円下がるであろうとの結果が出ています。また年齢別年収でも大きな差が出ており、30代後半の年齢別年収で比較した場合、142.9万円下回るであろうとの予測結果が出ています。

JRAは競馬のみで事業展開をしているので、レジャー業界全般と比較した場合、低くなってしまうのだと推測できます。

まとめ

日本国内におけるレジャー事業の中でも、JRAは競馬のみに特化した事業展開を行っています。その分日本の競馬に関わる全てを賄っている企業ということでもあります。事業としての安定性は高い、と言えるでしょう。

競馬に関わる市場の規模縮小が起きない限りは、JRAの事業に陰りが見られるということはないように思われます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ