企業研究

ジュピターテレコムの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ジュピターテレコムにおける最近の平均年収推移

ジュピターテレコムは、1995年に設立された、ケーブルテレビ局の統括運営などをおこなう企業で、「J:COM」のブランドが広く知られています。そんなジュピターテレコムの平均年収や初任給について、ジュピターテレコムが公開している情報を元に、確認していきましょう。

ジュピターテレコムとは

正式名称:株式会社ジュピターテレコム
所在地:東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館
従業員数:2,161人
平均年齢:37.5歳
平均勤続年数:8.2年
//www.jcom.co.jp/corporate/
※有価証券報告書を参照

ジュピターテレコムのおもな事業はケーブルテレビ事業とメディア事業で、グループ会社にはジェイコムイースト、ジュピターエンタテインメント、ディスカバリー・ジャパンなどがあります。平均勤続年数の8.2年という数値は、一般的な上場企業の水準より5年ほど短いです。

近年の平均年収推移

ジュピターテレコムの近年の平均年収の推移を調べてみました。



年度 平均年収
平成28年 -万円
平成27年 -万円
平成26年 688.0万円
平成25年 681.0万円
平成24年 675.0万円

※有価証券報告書を参照しています。
※上場廃止により、平成27年度以降のデータはありません。

ジュピターテレコムの平成24年〜26年の平均年収は最低675万円~最高688万円で、平均すると681万円です。この3年の平均年収は、ゆるやかな右肩上がりとなっています。

ジュピターテレコムにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。



年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 410.6万円 27.5万円 81.0万円
25~29歳 578.9万円 38.7万円 114.2万円
30~34歳 664.6万円 44.5万円 131.1万円
35~39歳 739.9万円 49.5万円 146.0万円
40~44歳 784.0万円 52.4万円 154.7万円
45~49歳 818.8万円 54.8万円 161.6万円
50~54歳 833.1万円 55.7万円 164.4万円
55~59歳 797.2万円 53.3万円 157.3万円
60~64歳 563.0万円 37.7万円 111.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ジュピターテレコムの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 27.5万円 81.0万円 410.6万円
23歳 29.7万円 87.7万円 444.3万円
24歳 32.0万円 94.3万円 477.9万円
25歳 34.2万円 101.0万円 511.6万円
26歳 36.5万円 107.6万円 545.3万円
27歳 38.7万円 114.2万円 578.9万円
28歳 39.9万円 117.6万円 596.1万円
29歳 41.0万円 121.0万円 613.2万円
30歳 42.2万円 124.4万円 630.3万円
31歳 43.3万円 127.8万円 647.5万円
32歳 44.5万円 131.1万円 664.6万円
33歳 45.5万円 134.1万円 679.7万円
34歳 46.5万円 137.1万円 694.7万円
35歳 47.5万円 140.1万円 709.8万円
36歳 48.5万円 143.0万円 724.8万円
37歳 49.5万円 146.0万円 739.9万円
38歳 50.1万円 147.7万円 748.7万円
39歳 50.7万円 149.5万円 757.5万円
40歳 51.3万円 151.2万円 766.3万円
41歳 51.8万円 153.0万円 775.1万円
42歳 52.4万円 154.7万円 784.0万円
43歳 52.9万円 156.1万円 790.9万円
44歳 53.4万円 157.4万円 797.9万円
45歳 53.8万円 158.8万円 804.9万円
46歳 54.3万円 160.2万円 811.8万円
47歳 54.8万円 161.6万円 818.8万円
48歳 55.0万円 162.1万円 821.7万円
49歳 55.2万円 162.7万円 824.5万円
50歳 55.3万円 163.3万円 827.4万円
51歳 55.5万円 163.8万円 830.3万円
52歳 55.7万円 164.4万円 833.1万円
53歳 55.2万円 163.0万円 825.9万円
54歳 54.8万円 161.6万円 818.8万円
55歳 54.3万円 160.2万円 811.6万円
56歳 53.8万円 158.7万円 804.4万円
57歳 53.3万円 157.3万円 797.2万円
58歳 50.2万円 148.1万円 750.4万円
59歳 47.1万円 138.8万円 703.6万円
60歳 43.9万円 129.6万円 656.7万円
61歳 40.8万円 120.3万円 609.9万円
62歳 37.7万円 111.1万円 563.0万円
63歳 30.1万円 88.9万円 450.4万円
64歳 22.6万円 66.7万円 337.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ジュピターテレコムの役職者の年収

役職者の年収について



役職 平均年収
部長 1,222.4万円
課長 956.1万円
係長 728.1万円
20~24歳の一般社員 410.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ジュピターテレコムの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22万円
大学院卒 23.34万円

※リクナビ2018より参照しています。

ジュピターテレコムの初任給は大卒だと高めの水準で、職種による初任給の違いはありません。社員モニター制度などの福利厚生があります。

放送業界における年収の傾向と生涯賃金

放送業界とは

放送業界とは、テレビ番組やケーブルテレビを提供する業界で、代表的な企業としてはフジ・メディアHDなどがあります。ジュピターテレコムの競合会社には、スカパーJSATHD、USEN、WOWOWなどがあります。

放送業界の平均年収推移と生涯賃金



年齢 ジュピターテレコム 放送業界
20~24歳 410.6万円 587.2万円
25~29歳 578.9万円 790.6万円
30~34歳 664.6万円 897.5万円
35~39歳 739.9万円 999.5万円
40~44歳 784.0万円 1,050.1万円
45~49歳 818.8万円 1,045.4万円
50~54歳 833.1万円 1,044.4万円
55~59歳 797.2万円 1,001.3万円
60~64歳 563.0万円 774.0万円
生涯賃金 3.10億円 4.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ジュピターテレコムの平均年収推移は、全ての年代で業界平均を下回る予測です。30~34歳ではジュピターテレコムのほうが232万円ほど低い予測で、生涯賃金でもジュピターテレコムのほうが1億円ほど低いシミュレーション結果になっています。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

まとめ

高い認知度を誇り、業界内でも有数のブランド力を持つジュピターテレコム。平均年収は業界平均と比較するとやや低めですが、安定した推移を維持しています。放送業界を目指す就活生にとっては、有力な選択肢のひとつとなるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ