企業研究

三井住友海上火災保険の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

三井住友海上火災保険における最近の平均年収推移

三井住友海上火災保険は、損害保険分野において高い保険料収入と業界シェアを持っているメガ損保です。2013年にはASEAN地域での総収入保険料が第1位となり、2016年には英国Amlin社を買収するなど、グローバルな保険会社として成長しています。

そんな業界上位に位置している三井住友海上火災保険の年収はいくらなのでしょうか。ここでは、平均年収と生涯賃金に着目して調査していきます。

三井住友海上火災保険とは

正式名称:三井住友海上火災保険株式会社
所在地:東京都千代田区神田駿河台3-9
従業員数:14,650人
平均年齢:40.6歳
平均勤続年数:12.6年
//www.ms-ins.com/
※有価証券報告書を参照

三井住友海上火災保険の歩みは、1918年(大正7年)に設立された大正海上火災保険までさかのぼります。その後、2001年に旧三井海上と旧住友海上が合併し、三井住友海上火災保険が誕生しました。

三井住友海上火災保険の平均年齢は、上場企業平均とほぼ同じ水準です。また、平均勤続年数は、上場企業平均よりも少し短くなっています。

近年の平均年収推移

三井住友海上火災保険の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 741.0万円
平成27年 747.0万円
平成26年 732.0万円
平成25年 718.0万円
平成24年 702.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

三井住友海上火災保険の過去5年における平均年収は、最低702万円~最高747万円となっています。平成27年から平成28年にかけて、平均年収が6万円ほど減少していますが、過去5年間で大きな変化はなく、安定した年収推移となっているようです。

三井住友海上火災保険における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 382.2万円 22.5万円 112.2万円
25~29歳 588.9万円 34.7万円 172.9万円
30~34歳 711.8万円 41.9万円 209.0万円
35~39歳 790.6万円 46.5万円 232.1万円
40~44歳 833.2万円 49.0万円 244.6万円
45~49歳 939.6万円 55.3万円 275.9万円
50~54歳 969.0万円 57.0万円 284.5万円
55~59歳 876.7万円 51.6万円 257.4万円
60~64歳 577.5万円 34.0万円 169.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

三井住友海上火災保険の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 22.5万円 112.2万円 382.2万円
23歳 24.9万円 124.3万円 423.5万円
24歳 27.4万円 136.5万円 464.8万円
25歳 29.8万円 148.6万円 506.2万円
26歳 32.2万円 160.8万円 547.5万円
27歳 34.7万円 172.9万円 588.9万円
28歳 36.1万円 180.1万円 613.5万円
29歳 37.6万円 187.3万円 638.0万円
30歳 39.0万円 194.5万円 662.6万円
31歳 40.5万円 201.8万円 687.2万円
32歳 41.9万円 209.0万円 711.8万円
33歳 42.8万円 213.6万円 727.6万円
34歳 43.8万円 218.2万円 743.3万円
35歳 44.7万円 222.9万円 759.1万円
36歳 45.6万円 227.5万円 774.9万円
37歳 46.5万円 232.1万円 790.6万円
38歳 47.0万円 234.6万円 799.1万円
39歳 47.5万円 237.1万円 807.7万円
40歳 48.0万円 239.6万円 816.2万円
41歳 48.5万円 242.1万円 824.7万円
42歳 49.0万円 244.6万円 833.2万円
43歳 50.3万円 250.9万円 854.5万円
44歳 51.6万円 257.1万円 875.8万円
45歳 52.8万円 263.4万円 897.0万円
46歳 54.1万円 269.6万円 918.3万円
47歳 55.3万円 275.9万円 939.6万円
48歳 55.7万円 277.6万円 945.5万円
49歳 56.0万円 279.3万円 951.3万円
50歳 56.3万円 281.0万円 957.2万円
51歳 56.7万円 282.8万円 963.1万円
52歳 57.0万円 284.5万円 969.0万円
53歳 56.0万円 279.1万円 950.5万円
54歳 54.9万円 273.6万円 932.0万円
55歳 53.8万円 268.2万円 913.6万円
56歳 52.7万円 262.8万円 895.1万円
57歳 51.6万円 257.4万円 876.7万円
58歳 48.1万円 239.8万円 816.8万円
59歳 44.6万円 222.3万円 757.0万円
60歳 41.0万円 204.7万円 697.2万円
61歳 37.5万円 187.1万円 637.4万円
62歳 34.0万円 169.6万円 577.5万円
63歳 27.2万円 135.7万円 462.0万円
64歳 20.4万円 101.7万円 346.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

三井住友海上火災保険の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,137.6万円
課長 889.8万円
係長 677.6万円
20~24歳の一般社員 382.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井住友海上火災保険の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 24.1万円
大学院卒 25.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

三井住友海上火災保険の初任給は、比較的高い水準となっています。大卒・大学院卒の初任給差は1.6万円ほどです。

表の初任給は全域社員の場合ですが、その他にも地域社員という募集コースがあります。地域社員の初任給は、大卒で18.048〜19.2万円、大学院卒では19.176〜20.4万円です。

生命保険・損害保険業界における年収の傾向と生涯賃金

生命保険・損害保険業界とは

生命保険・損害保険業界は、生命保険や自動車保険など様々なジャンルの保険商品を開発・販売している業界です。保険加入者から得た保険料を資産運用し、保証内容により支払いをおこないます。

ここでは、損害保険業界について主要企業を紹介します。上位に位置する企業グループとしては、東京海上HD、三井住友海上火災保険が属するMS&ADインシュアランスGHD、損保ジャパン日本興亜HDなどが存在しています。この3社でシェア90%以上となるなど、大きなグループ力を持っているようです。

生命保険・損害保険業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 三井住友海上火災保険
生命保険・損害保険業界
20~24歳 382.2万円 390.5万円
25~29歳 588.9万円 514.9万円
30~34歳 711.8万円 633.9万円
35~39歳 790.6万円 719.6万円
40~44歳 833.2万円 768.9万円
45~49歳 939.6万円 869.0万円
50~54歳 969.0万円 873.1万円
55~59歳 876.7万円 790.0万円
60~64歳 577.5万円 578.1万円
生涯賃金 3.33億円 3.07億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井住友海上火災保険の平均年収は、業界全体の平均よりも全体的に高いとの予測が出ています。20〜24歳と60〜64歳の平均年収を除いて、いずれの年代においても業界平均を上回っているようです。生涯賃金をみてみると、業界全体平均よりも約2,600万円ほど高いとのシミュレーション結果が出ました。

まとめ

ここまで、三井住友海上火災保険の平均年収と生涯賃金について確認してきました。いずれの金額も、業界全体の平均と比べて高い水準であるとの予測がでました。2016年に英国Amlin社を買収し、ヨーロッパへの進出を進めている三井住友海上火災保険。今後の海外事業への展開も目が離せませんね。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ