企業研究

国際協力銀行の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

国際協力銀行における最近の平均年収推移

国際協力銀行は、日本政府が100%株を保有している政策金融機関です。主に、海外事業に関わる国内外の企業や金融機関に対し、投資などの金銭的サポートをおこなっています。日本の産業の発展や資源調達の推進に大きく関わっている国際協力銀行ですが、ここでは気になる平均年収や生涯賃金について、調査していきます。

国際協力銀行とは

正式名称:株式会社 国際協力銀行
所在地:東京都千代田区大手町1丁目4番1号
従業員数:672人
平均年齢:38.68歳
平均勤続年数:13.01年
//www.jbic.go.jp/ja
※有価証券報告書を参照

国際協力銀行は、2012年4月に発足し、それまでは株式会社日本政策金融公庫として業務をおこなってきました。企業理念は「国際ビジネスの最前線で、日本そして世界の未来を展きます。」であり、資本金は1兆6,830億円の政策金融機関です。

国際協力銀行の平均年齢および平均勤続年数は、上場企業全体の平均よりいずれも低くなっています。しかしながら、日本政府が全株式を保有している公的な企業であるため、一概には比べることはできません。

近年の平均年収推移

国際協力銀行の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 839.0万円
平成27年 826.0万円
平成26年 811.0万円
平成25年 733.0万円
平成24年 742.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

国際協力銀行の過去5年間における平均年収は、最低733万円~最高839万円です。平均年収の推移として、平成24年から平成25年にかけて9万円ほど減少していますが、その後平成26年には78万円ほど増加しており、以降は安定した増加傾向にあります。

国際協力銀行における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 494.6万円 29.8万円 137.0万円
25~29歳 662.9万円 39.9万円 183.6万円
30~34歳 780.7万円 47.0万円 216.2万円
35~39歳 869.4万円 52.4万円 240.8万円
40~44歳 930.8万円 56.1万円 257.8万円
45~49歳 1,034.2万円 62.3万円 286.4万円
50~54歳 1,047.8万円 63.1万円 290.2万円
55~59歳 1,005.5万円 60.6万円 278.5万円
60~64歳 725.1万円 43.7万円 200.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

国際協力銀行の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 29.8万円 137.0万円 494.6万円
23歳 31.8万円 146.3万円 528.2万円
24歳 33.9万円 155.6万円 561.9万円
25歳 35.9万円 165.0万円 595.6万円
26歳 37.9万円 174.3万円 629.2万円
27歳 39.9万円 183.6万円 662.9万円
28歳 41.4万円 190.1万円 686.5万円
29歳 42.8万円 196.7万円 710.0万円
30歳 44.2万円 203.2万円 733.6万円
31歳 45.6万円 209.7万円 757.1万円
32歳 47.0万円 216.2万円 780.7万円
33歳 48.1万円 221.1万円 798.4万円
34歳 49.2万円 226.0万円 816.2万円
35歳 50.2万円 231.0万円 833.9万円
36歳 51.3万円 235.9万円 851.6万円
37歳 52.4万円 240.8万円 869.4万円
38歳 53.1万円 244.2万円 881.6万円
39歳 53.9万円 247.6万円 893.9万円
40歳 54.6万円 251.0万円 906.2万円
41歳 55.3万円 254.4万円 918.5万円
42歳 56.1万円 257.8万円 930.8万円
43歳 57.3万円 263.5万円 951.5万円
44歳 58.6万円 269.3万円 972.2万円
45歳 59.8万円 275.0万円 992.9万円
46歳 61.1万円 280.7万円 1,013.5万円
47歳 62.3万円 286.4万円 1,034.2万円
48歳 62.5万円 287.2万円 1,036.9万円
49歳 62.6万円 288.0万円 1,039.7万円
50歳 62.8万円 288.7万円 1,042.4万円
51歳 63.0万円 289.5万円 1,045.1万円
52歳 63.1万円 290.2万円 1,047.8万円
53歳 62.6万円 287.9万円 1,039.4万円
54歳 62.1万円 285.5万円 1,030.9万円
55歳 61.6万円 283.2万円 1,022.4万円
56歳 61.1万円 280.8万円 1,014.0万円
57歳 60.6万円 278.5万円 1,005.5万円
58歳 57.2万円 263.0万円 949.4万円
59歳 53.8万円 247.4万円 893.4万円
60歳 50.4万円 231.9万円 837.3万円
61歳 47.1万円 216.4万円 781.2万円
62歳 43.7万円 200.8万円 725.1万円
63歳 35.0万円 160.7万円 580.1万円
64歳 26.2万円 120.5万円 435.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

国際協力銀行の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,472.2万円
課長 1,151.5万円
係長 876.9万円
20~24歳の一般社員 494.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

国際協力銀行の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
大学院卒 20.5万円

※企業HPより参照しています。

国際協力銀行の初任給は、大卒・院卒で差はありません。表の初任給は総合職のものですが、業務職という原則として転勤のない職種も設けられており、その初任給は19.5万円となっています。総合職は、東京・大阪・海外の駐在員事務所や世界銀行・OECD等国際機関への派遣機会があるようです。

銀行業界における年収の傾向と生涯賃金

銀行業界とは

銀行は、個人や企業などから預かった金銭を別の個人や企業などに貸出し、その金利の差を収益としています。日本の銀行業界は、3つのメガバンクが大きなシェアを持っており、都市銀行、地方銀行、ネット銀行などに大別できます。

また、日本の銀行業界は比較的堅調な業績推移をみせていますが、マイナス金利政策や海外事業における不振などにより、収益率の低下が問題視されています。

銀行業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 国際協力銀行 メガバンク業界
20~24歳 494.6万円 399.7万円
25~29歳 662.9万円 527.0万円
30~34歳 780.7万円 648.7万円
35~39歳 869.4万円 736.4万円
40~44歳 930.8万円 787.0万円
45~49歳 1,034.2万円 889.4万円
50~54歳 1,047.8万円 893.6万円
55~59歳 1,005.5万円 808.5万円
60~64歳 725.1万円 591.6万円
生涯賃金 3.78億円 3.14億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ここでは参考として、国際協力銀行の平均年収を、メガバンク全体の平均年収と比較しています。国際協力銀行の平均年収は、メガバンク全体の平均と比べて、いずれの年代でも高い予測となっています。シミュレーションでは、20代前半で約95万円、30代前半で約132万円、40代前半で約144万円も上回っています。

生涯賃金においても、メガバンク全体の平均と比べて6,400万円ほど高額となっており、全体を通して高い平均年収となる予測です。

39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます。

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

まとめ

ここまで、国際協力銀行の企業情報や平均年収について調査してきました。国際協力銀行の平均年収は、銀行業界の中でも比較的高額なメガバンクの平均年収を、さらに上回る予測結果となりました。日本の国際事業を支える大きな役目を担っている銀行であることから、平均年収も高くなっているのでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ