企業研究

コベルコ建機の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

コベルコ建機の平均年収は547.5万円

複数の口コミ調べによると、コベルコ建機株式会社の平均年収は547.5万円程度です。
30代では483~700万円程度の年収が見込まれます。

コベルコ建機は、平成11年に設立された、建設機械、運搬機械の製造・販売、サービスをおこなう企業です。平成28年にコベルコクレーン株式会社と経営統合し、ショベルとクレーンの2つの専門分野の建設機械メーカーとなりました。

主に油圧ショベル、クレーン、ホイールローダ、作業船などを取り扱っています。オフロード法2014年基準適合、13/20/23トン級油圧ショベルの販売開始を発表したことでも話題です。

企業理念は「コベルコ建機グループは、ユーザー現場主義に基づき、真に価値ある商品、サービス、情報を提供することで顧客の満足に応えるとともに、豊かな社会の建設に貢献する。」です。全国では本社の他に26ヶ所に拠点があり、海外では19カ所の拠点を置いて事業を展開しています。資本金は160億円です。

正式名称:コベルコ建機株式会社
所在地:東京都品川区北品川5丁目5番15号(大崎ブライトコア5F)
従業員数:1,715人
//www.kobelco-kenki.co.jp/

コベルコ建機における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 305.1万円 19.0万円 77.4万円
25~29歳 452.5万円 28.1万円 114.7万円
30~34歳 528.4万円 32.9万円 134.0万円
35~39歳 570.8万円 35.5万円 144.7万円
40~44歳 607.6万円 37.8万円 154.0万円
45~49歳 667.5万円 41.5万円 169.2万円
50~54歳 707.7万円 44.0万円 179.4万円
55~59歳 662.9万円 41.2万円 168.1万円
60~64歳 424.9万円 26.4万円 107.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

コベルコ建機の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 19.0万円 77.4万円 305.1万円
23歳 20.8万円 84.8万円 334.6万円
24歳 22.6万円 92.3万円 364.1万円
25歳 24.5万円 99.8万円 393.6万円
26歳 26.3万円 107.3万円 423.0万円
27歳 28.1万円 114.7万円 452.5万円
28歳 29.1万円 118.6万円 467.7万円
29歳 30.0万円 122.4万円 482.9万円
30歳 31.0万円 126.3万円 498.1万円
31歳 31.9万円 130.1万円 513.2万円
32歳 32.9万円 134.0万円 528.4万円
33歳 33.4万円 136.1万円 536.9万円
34歳 33.9万円 138.3万円 545.4万円
35歳 34.5万円 140.4万円 553.9万円
36歳 35.0万円 142.6万円 562.4万円
37歳 35.5万円 144.7万円 570.8万円
38歳 36.0万円 146.6万円 578.2万円
39歳 36.4万円 148.4万円 585.5万円
40歳 36.9万円 150.3万円 592.9万円
41歳 37.3万円 152.2万円 600.2万円
42歳 37.8万円 154.0万円 607.6万円
43歳 38.5万円 157.1万円 619.6万円
44歳 39.3万円 160.1万円 631.6万円
45歳 40.0万円 163.2万円 643.6万円
46歳 40.8万円 166.2万円 655.5万円
47歳 41.5万円 169.2万円 667.5万円
48歳 42.0万円 171.3万円 675.6万円
49歳 42.5万円 173.3万円 683.6万円
50歳 43.0万円 175.3万円 691.6万円
51歳 43.5万円 177.4万円 699.7万円
52歳 44.0万円 179.4万円 707.7万円
53歳 43.5万円 177.1万円 698.7万円
54歳 42.9万円 174.9万円 689.8万円
55歳 42.4万円 172.6万円 680.8万円
56歳 41.8万円 170.3万円 671.9万円
57歳 41.2万円 168.1万円 662.9万円
58歳 38.3万円 156.0万円 615.3万円
59歳 35.3万円 143.9万円 567.7万円
60歳 32.4万円 131.9万円 520.1万円
61歳 29.4万円 119.8万円 472.5万円
62歳 26.4万円 107.7万円 424.9万円
63歳 21.1万円 86.2万円 339.9万円
64歳 15.9万円 64.6万円 254.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コベルコ建機の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 908.3万円
課長 710.4万円
係長 541.0万円
20~24歳の一般社員 305.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コベルコ建機の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.1万円
修士了 23万円

※リクナビ2018より参照しています。

コベルコ建機の初任給は、一般的な金額といえます。高専卒は182,000円です。技術系の職種は、開発・設計(機械・電気・電子等)、生産技術、資材調達、品質保証、サービスエンジニア、システムがあります。事務系の職種は、営業(国内・海外)、企画、財務・経理、総務、法務、人事があります。

建設機械業界における年収の傾向と生涯賃金

建設機械業界とは

建設機械業界の景気は、米国のサブプライムローン問題の影響落ち込みが続きましたが、市場の景気回復と共に建設機械の需要も上昇しています。今後、東京五輪開催に向けたインフラ整備による需要の増加も期待されています。

コベルコ建機では、ショベル機械の旋回制動時に発生するロスとなる熱(運動)エネルギーを電気エネルギーに変えて、キャパシタに蓄電し、エンジン出力のアシストに利用する高効率ハイブリッドショベルを開発するなど、環境性向上に貢献しています。

建設機械業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 コベルコ建機 建設機械業界
20~24歳 305.1万円 392.1万円
25~29歳 452.5万円 489.6万円
30~34歳 528.4万円 561.3万円
35~39歳 570.8万円 601.9万円
40~44歳 607.6万円 656.7万円
45~49歳 667.5万円 703.8万円
50~54歳 707.7万円 747.7万円
55~59歳 662.9万円 726.0万円
60~64歳 424.9万円 502.9万円
生涯賃金 2.46億円 2.69億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コベルコ建機の平均年収は、建設機械業界の平均年収と比較すると、31~87万円ほど下回っていることがわかります。世代別比較では、業界平均との差が開いている世代が20代前半で87万円、60代で78万円、40代前半で49万円です。業界平均との差がそこまで開いていない世代は、30代後半で31万円、40代後半で36万円、20代後半で37万円です。

まとめ

コベルコ建機は、コベルコクレーン株式会社と経営統合したことによるシナジー効果や、ITを活用したソリューションで、新たな価値を創造して豊かな社会の発展を目指す企業です。ここまでコベルコ建機について調査を進めてきました。建設機械業界との年収比較では、コベルコ建機の年収が平均を下回っていることが分かりました。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ