企業研究

セブン-イレブン・ジャパンの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

セブン-イレブン・ジャパンの平均年収は431万円

セブンイレブン・ジャパンは、言わずと知れた大手コンビニチェーンのセブンイレブンを運営する企業です。セブンイレブンは日本最大手のコンビニチェーンであり、世界最大の店舗数を誇ります。平成28年のデータでは、全国に19,422店舗を展開しています。

複数の口コミを参照すると、平均年収は431万円程度となっています。主な年収事例は以下の通りです。

  • 20代後半・営業マネージャー職:500万円
  • 20代前半・販売促進職:300万円(契約社員)
  • 20代前半・会計職:210万円(女性)
  • 30代前半・スーパーバイザー職:480万円
  • 30代前半・店長職:360万円

これらの事例から、年齢別・役職別の平均年収を算出してみました。

正式名称:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
所在地:東京都千代田区二番町8番地8
従業員数:8,562人
//www.sej.co.jp/index.html

セブン-イレブン・ジャパンにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 215.1万円 14.2万円 45.3万円
25~29歳 368.6万円 24.3万円 77.6万円
30~34歳 427.5万円 28.1万円 89.9万円
35~39歳 466.2万円 30.7万円 98.1万円
40~44歳 483.9万円 31.8万円 101.8万円
45~49歳 518.9万円 34.1万円 109.2万円
50~54歳 541.3万円 35.6万円 113.9万円
55~59歳 508.8万円 33.5万円 107.0万円
60~64歳 348.7万円 22.9万円 73.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

セブン-イレブン・ジャパンの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 14.2万円 45.3万円 215.1万円
23歳 16.2万円 51.7万円 245.8万円
24歳 18.2万円 58.2万円 276.5万円
25歳 20.2万円 64.6万円 307.2万円
26歳 22.2万円 71.1万円 337.9万円
27歳 24.3万円 77.6万円 368.6万円
28歳 25.0万円 80.0万円 380.4万円
29歳 25.8万円 82.5万円 392.2万円
30歳 26.6万円 85.0万円 403.9万円
31歳 27.4万円 87.5万円 415.7万円
32歳 28.1万円 89.9万円 427.5万円
33歳 28.6万円 91.6万円 435.3万円
34歳 29.1万円 93.2万円 443.0万円
35歳 29.7万円 94.8万円 450.7万円
36歳 30.2万円 96.5万円 458.5万円
37歳 30.7万円 98.1万円 466.2万円
38歳 30.9万円 98.8万円 469.8万円
39歳 31.1万円 99.6万円 473.3万円
40歳 31.4万円 100.3万円 476.8万円
41歳 31.6万円 101.1万円 480.3万円
42歳 31.8万円 101.8万円 483.9万円
43歳 32.3万円 103.3万円 490.9万円
44歳 32.8万円 104.8万円 497.9万円
45歳 33.2万円 106.2万円 504.9万円
46歳 33.7万円 107.7万円 511.9万円
47歳 34.1万円 109.2万円 518.9万円
48歳 34.4万円 110.1万円 523.4万円
49歳 34.7万円 111.1万円 527.9万円
50歳 35.0万円 112.0万円 532.3万円
51歳 35.3万円 112.9万円 536.8万円
52歳 35.6万円 113.9万円 541.3万円
53歳 35.2万円 112.5万円 534.8万円
54歳 34.8万円 111.2万円 528.3万円
55歳 34.3万円 109.8万円 521.8万円
56歳 33.9万円 108.4万円 515.3万円
57歳 33.5万円 107.0万円 508.8万円
58歳 31.4万円 100.3万円 476.8万円
59歳 29.3万円 93.6万円 444.8万円
60歳 27.2万円 86.8万円 412.7万円
61歳 25.1万円 80.1万円 380.7万円
62歳 22.9万円 73.4万円 348.7万円
63歳 18.4万円 58.7万円 279.0万円
64歳 13.8万円 44.0万円 209.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

セブン-イレブン・ジャパンの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 640.3万円
課長 500.8万円
係長 381.4万円
20~24歳の一般社員 215.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

役職者になっても全体的に年収は低い傾向にある

セブン-イレブンの年収を役職ごとに見ていきましょう。部長は640万円、課長は500万円、係長は381万円、20代前半の一般社員は215万円という予測です。日本の平均年収は421万円ですので、セブン-イレブンの係長以下の給与は、日本の平均より低いと言えます。

次に、大手コンビニチェーン店を経営するファミリーマートの役職者の年収と比較してみましょう。部長は1,178万円、課長は921万円、係長は702万円、20代前半の一般社員は395万円との予測です。セブン-イレブンの年収と比較すると、いずれの役職においても低くなっています。若手社員でも200万円近い差がついており、部長職は500万円もの大きな差が見られます。

セブン-イレブン・ジャパンの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.7万円
大学院卒 20.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

セブン-イレブンジャパンの初任給は大卒、修士了ともに20万7,000円です。ただし地域によって若干の違いがあります。

セブン-イレブン・ジャパンの新卒採用情報について

セブン-イレブン・ジャパンの新卒採用情報は、どのようになっているのでしょうか。募集資格や職種、労働条件、主任級や諸手当、福利厚生などの情報をまとめました。セブン-イレブンジャパンは、福利厚生や休暇制度が充実しています。また、給与は学歴や配属された地域によって異なります。志望する学生は、以下の情報を参考にしてください。

新卒採用情報①|募集要項

募集資格のある学生は、2016年から2019年の3月に卒業予定の大学生、大学院生、短大生、専門学校生で、未就業の学生です。募集職種は総合職です。従業員1人につき7~8つの店舗を担当し、加盟店に対して情報提供や経営カウンセリングを行います。

セブン-イレブンジャパンの初任給は、学歴や担当地区によって異なります。短大および専門学校卒の学生の場合は、四大卒の学生よりも低い給与です。福利厚生には、各種社会保険や企業年金基金などがあります。

また、人間ドッグやがん検診利用補助制度などの健康が揃っていることも特徴です。休日休暇制度も充実しており、年間110日の年次有給休暇のほか、慶事休暇、結婚休暇、赴任休暇、育児休暇などがあります。

新卒採用情報②|選考フロー

セブン-イレブンジャパンの選考に進むためには、エントリー後に会社説明会へ参加することが必須条件のようです。その後、エントリーシートの提出や適性検査の受検をし、面談を受ける流れとなります。具体的な内容は、以下の通りです。

はじめに、セブン-イレブンジャパンのHPよりエントリーを行い、マイページへ選考に関する連絡を待ちます。その後、セブン-イレブンジャパンの会社説明会に参加します。説明会は、会社の概要や仕事内容に関する内容です。説明会にて、その後の選考フローの詳細が案内されます。

説明会に参加した学生を対象に、エントリーシートおよび適性検査の詳細が送られます。どちらも〆切厳守で提出しましょう。その後、複数回にわたって行われる面接を受け、内々定となります。

コンビニエンスストア業界における年収の傾向と生涯賃金

コンビニエンスストア業界とは

コンビニエンスストア業界の企業は日本全国でコンビニを運営しており、海外進出する企業も目立っています。近年では、業務を効率化するためのクラウドシステム導入やセルフレジサービスの導入など、テクノロジーを活用した新たなトレンドが生まれています。

コビニエンスストア業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 セブン-イレブン・ジャパン
コビニエンスストア業界
20~24歳 215.1万円 289.6万円
25~29歳 368.6万円 470.5万円
30~34歳 427.5万円 532.8万円
35~39歳 466.2万円 582.6万円
40~44歳 483.9万円 603.6万円
45~49歳 518.9万円 615.5万円
50~54歳 541.3万円 632.0万円
55~59歳 508.8万円 619.3万円
60~64歳 348.7万円 487.1万円
生涯賃金 1.94億円 2.42億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

セブンイレブン・ジャパンの平均年収は、業界平均と比較すると低めの予測となっています。30代前半ではセブンイレブン・ジャパンが427.5万円、業界平均が532.8万円とのシミュレーション結果になりました。

まとめ

セブンイレブン・ジャパンは国内コンビニ業界のトップを走っており、次々と新たな取り組みを進めています。高いブランド力や知名度も魅力だといえるでしょう。コンビニ業界を目指す就活生にとっては、有力な選択肢のひとつになりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ