面接対策

【コンピテンシー面接とは】就活生が知っておくべき圧迫面接との違いから対策方法までご紹介

コンピテンシー面接と圧迫面接が混同する就活生

人生において就職活動というのは大きな出来事です。そんな就活の中でも面接はほとんどの就活生が経験するものではないでしょうか。面接にはさまざまな面接があるのですが、ここではコンピテンシー面接について紹介していきます。

そもそも「コンピテンシー面接とはなんだろう?」と思う就活生も多いのではないでしょうか。コンピテンシー面接は、1つの質問に対してどんどん掘り下げて展開していく面接のことを言います。このどんどん深く質問されることに対して、就活生によってはストレスを感じる場合があります。

中には圧迫面接のように感じる方もいるようです。しかし、もともとの目的は圧迫面接とは異なっています。それではコンピテンシー面接について細かく内容を見ていきましょう。

コンピテンシー面接とは?

そもそもコンピテンシーの意味は何でしょうか。コンピテンシーとは、仕事で優秀な成績を残す人たちに共通している行動特性のことです。

コンピテンシー面接を採用することにより、企業は就活生の行動特性を見極めようとしています。そしてその行動特性から、自社で優秀な働き方をしてくれそうかどうか判断するのです。このコンピテンシー面接を採用している企業や団体が非常に多いです。多くの場所で採用されている面接だからこそ、しっかりとした対策をとる必要があります。

1つの出来事を掘り下げて質問される面接

コンピテンシー面接は冒頭で触れたとおり、1つの出来事に対してどんどん掘り下げて質問していく面接です。最初の質問にうまく答えることができたとしても、その質問をさらに掘り下げられることにより、その質問に対しての対応力が試されます。そこで本質的な就活生の能力や特性が判断されます。

面接官からすれば、1つの出来事に対して質問していくので、その出来事に対する行動が矛盾なく一貫性を持っているのかを見抜くことができます。自分が主体性を持って行動することが出来ている場合、掘り下げて質問されても答えられるはずだからです。

コンピテンシー面接と一般面接の違い

面接では短い時間で能力を見極める必要があります。一般的な面接では、自己PRや志望動機などさまざまな質問をして、総合的な能力を判断していきます。この面接方法は面接官の主観がどうしても入るため、担当面接官によって選考結果に偏りが生じてしまうというデメリットがあります。

それに対し、コンピテンシー面接は1つの出来事に対して深く掘り下げて質問します。それにより、成果を出すときにどういった行動特性になるのかを判断することができます。この面接手法の場合、担当面接官による判断の差がでにくいというメリットがあります。

公務員試験の多くはコンピテンシー面接

公務員試験の面接の多くはコンピテンシー面接を採用しています。これは国家試験であっても地方試験であっても同様に行われています。このように公務員試験で採用されている理由は、公務員の部署移動に関わってきます。

公務員は短期間での部署移動が当たり前に行われます。ですので、人事の担当者も経験年数が短いことが良くあります。そのため、経験年数が短い社員であっても、ある程度マニュアル化し、対応することが可能な面接でなければなりません。

また、頻繁に部署移動があるために、採用担当者が変わることで、その年ごと採用した就活生の能力に差があると困ります。そのため、面接において採用担当者の主観が入りにくいコンピテンシー面接を公務員試験では多く行っているのです。

コンピテンシー面接ではロジカルな回答が求められる

コンピテンシー面接は就活生にとって論理的思考力を必要とする面接です。採用担当者としては1つの出来事に対して質問を深く掘り下げて質問することにより、就活生がどのように対応してくるのかを観察しています。

もし、仮に論理的に考えずに感覚的に答えていくと、自分の中で矛盾が生じてしまい、そのうち回答することが難しくなることにつながります。ですので、あらかじめ質問に対しての回答を論理的に組み立てておくことが重要です。「なぜ行動の動機がわいたのか?」「自分の前のこういう経験があったからだ」などと自問自答しながら論理的説明が出来るように準備しておくことも大切です。

就活生のコンピテンシー面接対策方法

コンピテンシー面接は就活生にとって、慣れていない場合は非常に困惑してしまう面接と言えます。しかし、コンピテンシー面接は一度特徴を知ってしまえば十分に攻略可能な面接です。また、コンピテンシー面接は前に触れたとおり、多くの企業や公務員試験で採用されている面接方法です。

ですので、コンピテンシー面接を得意になれば、ほかの企業の面接にもそのまま対応することが可能になります。そこでコンピテンシー面接の対策を3つに絞って紹介していきます。

過去や現在の自分の役割や環境を確認しておく

まずは自分のことについてよく理解しておきましょう。特に過去や現在の自分の役割や環境を確認・整理しておくことが重要です。サークル活動において飲み会の幹事をよくやるタイプだったとか、部活ではマネージャとしてみんなのサポートに回ることが多かったなど、その人それぞれのや役割や環境に特徴があります。

そして、その役割を担ってきたことにも理由があるのではないでしょうか。例えば、幹事をしていたのであれば、人をまとめるのが好きだったり、物事を企画することが好きだった過去があるかもしれません。そういった背景を理解することにより、なぜそのことを好きだったのかなど深く自分の分析をすることができます。

そのような自分の背景に対する理解を深めていくと、自分のことをロジカルに説明しやすくなるでしょう。

エピソードの中で企業が求める項目を察しておく

続いて重要になってくるのが、企業が求めている行動特性がそもそも何かを察しておくことです。企業が求めている特性や能力を踏まえ、それに合わせて自分をアピールしていくことが大切です。

それには前もって自分が志望している企業の研究を行いましょう。企業研究を行うことで、企業がどのような人材を求めているのかを知ることができます。その上で、自己分析した中で何が自分のアピールポイントなのかを洗い出しておきましょう。

そして、自分のアピールポイントと企業が求めている能力・特性が一致する場合はその部分を集中的に説明するように組み立てていきます。このように企業の求めている内容を知り、自分のアピールをすることが重要です。

5W1Hを明確にして話す

続いて、コンピテンシー面接の質問にどのように答えると、とうまく相手に伝わるかについて説明していきます。意識することは5W1Hが明確になっているかどうかです。

誰がどこで何をしているのか。その動機がどのように成り立っているのかがわかると、聞いている採用担当者もエピソードの情景が浮かび、具体的にイメージすることができます。

また答える際は、結論から言うことが大切です。結論をシンプルに述べることにより、話の興味付けをすることができます。また、何の話をするのかがわかるので、話を理解しやすくなります。ぜひ、5W1Hと結論から述べることを意識してください。

コンピテンシー面接は難しくない

面接は非常に緊張するものです。だからこそ前もって準備しておくことが重要になってきます。コンピテンシー面接は多くの企業で行われている面接形式ですが、詳しく知らない就活生は困惑してしまいがちです。

しかし、きちんと理解して事前に対策しておけば十分攻略可能な面接です。一つの体験を深く掘り下げて質問されますが、自分のことを理解し、企業研究をしていれば矛盾なく回答することができるでしょう。

企業としても、自分の会社にふさわし人を見つけることを期待しています。ですので、企業の求める人材像に合わせて十分な面接対策を行い、自信を持ってコンピテンシー面接に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ