企業研究

キャノンシステムアンドサポートの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

キャノンシステムアンドサポートの平均年収は452万円

複数の口コミ調べによると、キャノンシステムアンドサポートの平均年収は452万円程度です。

IT系のエンジニアは480万円程度、機械系のエンジニアは410万円程度の収入が見込まれます。キャノンシステムアンドサポートは1980年に設立されたキヤノン製品の販売や、コピー機等のメンテナンス、及びサポートを行う企業です。主に、OA機器(コピー機など)、各種IT商品(データのバックアップシステムやセキュリティシステムなど)を取り扱っています。

キャノンシステムアンドサポートの企業理念は「共生」です。キャノングループの一企業であり、全国に事業所があります。資本金は45億6,100万円です。

正式名称:キヤノンシステムアンドサポート株式会社
所在地:東京都品川区東品川2-2-4
天王洲ファーストタワー
従業員数:5,984人
//www.canon-sas.co.jp/

キャノンシステムアンドサポートにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 225.6万円 14.8万円 47.5万円
25~29歳 386.6万円 25.4万円 81.3万円
30~34歳 448.3万円 29.5万円 94.3万円
35~39歳 489.0万円 32.2万円 102.9万円
40~44歳 507.4万円 33.4万円 106.8万円
45~49歳 544.2万円 35.8万円 114.5万円
50~54歳 567.7万円 37.4万円 119.4万円
55~59歳 533.6万円 35.1万円 112.3万円
60~64歳 365.7万円 24.1万円 76.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

キャノンシステムアンドサポートの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 14.8万円 47.5万円 225.6万円
23歳 17.0万円 54.2万円 257.8万円
24歳 19.1万円 61.0万円 290.0万円
25歳 21.2万円 67.8万円 322.2万円
26歳 23.3万円 74.6万円 354.4万円
27歳 25.4万円 81.3万円 386.6万円
28歳 26.2万円 83.9万円 398.9万円
29歳 27.1万円 86.5万円 411.3万円
30歳 27.9万円 89.1万円 423.6万円
31歳 28.7万円 91.7万円 436.0万円
32歳 29.5万円 94.3万円 448.3万円
33歳 30.0万円 96.0万円 456.5万円
34歳 30.6万円 97.7万円 464.6万円
35歳 31.1万円 99.5万円 472.7万円
36歳 31.6万円 101.2万円 480.8万円
37歳 32.2万円 102.9万円 489.0万円
38歳 32.4万円 103.7万円 492.7万円
39歳 32.7万円 104.4万円 496.4万円
40歳 32.9万円 105.2万円 500.1万円
41歳 33.1万円 106.0万円 503.7万円
42歳 33.4万円 106.8万円 507.4万円
43歳 33.9万円 108.3万円 514.8万円
44歳 34.4万円 109.9万円 522.1万円
45歳 34.8万円 111.4万円 529.5万円
46歳 35.3万円 112.9万円 536.8万円
47歳 35.8万円 114.5万円 544.2万円
48歳 36.1万円 115.5万円 548.9万円
49歳 36.4万円 116.5万円 553.6万円
50歳 36.7万円 117.5万円 558.3万円
51歳 37.0万円 118.5万円 563.0万円
52歳 37.4万円 119.4万円 567.7万円
53歳 36.9万円 118.0万円 560.9万円
54歳 36.5万円 116.6万円 554.0万円
55歳 36.0万円 115.1万円 547.2万円
56歳 35.6万円 113.7万円 540.4万円
57歳 35.1万円 112.3万円 533.6万円
58歳 32.9万円 105.2万円 500.0万円
59歳 30.7万円 98.1万円 466.4万円
60歳 28.5万円 91.1万円 432.9万円
61歳 26.3万円 84.0万円 399.3万円
62歳 24.1万円 76.9万円 365.7万円
63歳 19.3万円 61.6万円 292.6万円
64歳 14.4万円 46.2万円 219.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

キャノンシステムアンドサポートの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 671.5万円
課長 525.2万円
係長 400.0万円
20~24歳の一般社員 225.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

各メーカーの業界・企業研究を進めよう

メーカーは、就活生からの人気が高いといえます。難関大学からの志望者も多く競争率が高いため、それだけ真剣に取り組まなければ内定を獲得するのは難しいでしょう。大手メーカーへの就職を志望しているなら、業界研究・企業研究が欠かせません。

そこでおすすめなのが、メーカー大研究Bookです。主要企業12社の特徴、ポイントを比較することができ、業績推移などもまとめて確認することが可能です。無料でダウンロードできるため、メーカーへの就職を目指している人はぜひ参考にしてみてください。

キャノンシステムアンドサポートの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.7万円
修士了 20.7万円
博士了 20.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

初任給は上記の表の通りです。高専卒業の場合は、17.7万円です。昇給は年1回であり、賞与は年2回(6月、12月)です。諸手当として、時間外手当、通勤手当、赴任手当、住宅援助金(条件あり)などが支給されます。完全週休2日制でリフレッシュ休暇等も取得できます。

専門商社業界における年収の傾向と生涯賃金

専門商社業界とは

総合商社はあらゆるジャンルのものを取り扱う商社であり、専門商社は特定のジャンルに絞ってものを仕入れ、販売をする商社の事を指します。国内シェアトップ3はメディパルHD、アルフレッサHD、三菱食品の3社です。

キャノンシステムアンドサポートの場合は、コピー機をはじめとするOA機器等に特化して販売、メンテナンスを行っています。

専門商社業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 キャノンシステムアンドサポート 専門商社業界
20~24歳 225.6万円 325.2万円
25~29歳 386.6万円 528.3万円
30~34歳 448.3万円 598.3万円
35~39歳 489.0万円 654.2万円
40~44歳 507.4万円 677.8万円
45~49歳 544.2万円 691.2万円
50~54歳 567.7万円 709.7万円
55~59歳 533.6万円 695.4万円
60~64歳 365.7万円 547.0万円
生涯賃金 2.03億円 2.71億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

キャノンシステムアンドサポートの平均年収は、専門商社業界の平均年収と比較すると低いと予測されます。30代では約150万円、40代前半は170万円程度、40代後半は150万円程度、専門商社業界の平均年収を下回ることが予測されます。生涯賃金に換算するとおよそ7,000万円ほど業界平均年収を下回る可能性があります。

まとめ

ここまで、キャノンシステムアンドサポート平均年収について見てきました。専門商社業界の平均年収を下回るものの、コピー機等は一般的な企業業務になくてはならない商品のため、今後も安定した需要が見込まれると予想されます。今後の発展に期待します。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ