企業研究

グラクソ・スミスクラインの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

グラクソ・スミスクラインの平均年収は819.5万円

複数の口コミを調べた結果、グラクソ・スミスクラインの平均年収はおよそ819.5万円です。20代では400~740万円、30代では570~1000万円、40代では900〜1,300万円程度の年収が見込まれます。

グラクソ・スミスクラインは、1953年8月18日に設立された医薬品業界の企業です。主に医療用医薬品・ワクチン・コンシューマーヘルスケア製品の研究開発をおこなっています。当社のコンシューマーヘルスケア製品には、「シュミテクト」「ポリデント」「ボルタレン」などCMでもおなじみの製品があります。

グラクソ・スミスクラインは「生きる喜びを、もっと」という使命を掲げています。全従業員の半数近い人数がMR職に従事しており、150カ国以上での営業活動をおこなっているようです。また、資本金は20億6,741万円となっています。

正式名称:グラクソ・スミスクライン株式会社
所在地:東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
従業員数:3,300人
//jp.gsk.com/jp/

グラクソ・スミスクラインにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 493.5万円 30.8万円 123.7万円
25~29歳 669.3万円 41.8万円 167.8万円
30~34歳 772.3万円 48.2万円 193.6万円
35~39歳 843.9万円 52.7万円 211.5万円
40~44歳 911.2万円 56.9万円 228.4万円
45~49歳 987.1万円 61.6万円 247.4万円
50~54歳 1,034.7万円 64.6万円 259.4万円
55~59歳 996.5万円 62.2万円 249.8万円
60~64歳 666.9万円 41.6万円 167.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

グラクソ・スミスクラインの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 30.8万円 123.7万円 493.5万円
23歳 33.0万円 132.5万円 528.7万円
24歳 35.2万円 141.3万円 563.8万円
25歳 37.4万円 150.1万円 599.0万円
26歳 39.6万円 158.9万円 634.1万円
27歳 41.8万円 167.8万円 669.3万円
28歳 43.1万円 172.9万円 689.9万円
29歳 44.4万円 178.1万円 710.5万円
30歳 45.7万円 183.3万円 731.1万円
31歳 46.9万円 188.4万円 751.7万円
32歳 48.2万円 193.6万円 772.3万円
33歳 49.1万円 197.2万円 786.7万円
34歳 50.0万円 200.8万円 801.0万円
35歳 50.9万円 204.4万円 815.3万円
36歳 51.8万円 208.0万円 829.6万円
37歳 52.7万円 211.5万円 843.9万円
38歳 53.5万円 214.9万円 857.4万円
39歳 54.4万円 218.3万円 870.8万円
40歳 55.2万円 221.7万円 884.3万円
41歳 56.1万円 225.0万円 897.7万円
42歳 56.9万円 228.4万円 911.2万円
43歳 57.8万円 232.2万円 926.4万円
44歳 58.8万円 236.0万円 941.6万円
45歳 59.7万円 239.8万円 956.7万円
46歳 60.7万円 243.6万円 971.9万円
47歳 61.6万円 247.4万円 987.1万円
48歳 62.2万円 249.8万円 996.6万円
49歳 62.8万円 252.2万円 1,006.1万円
50歳 63.4万円 254.6万円 1,015.7万円
51歳 64.0万円 257.0万円 1,025.2万円
52歳 64.6万円 259.4万円 1,034.7万円
53歳 64.1万円 257.4万円 1,027.0万円
54歳 63.7万円 255.5万円 1,019.4万円
55歳 63.2万円 253.6万円 1,011.8万円
56歳 62.7万円 251.7万円 1,004.1万円
57歳 62.2万円 249.8万円 996.5万円
58歳 58.1万円 233.3万円 930.6万円
59歳 54.0万円 216.7万円 864.7万円
60歳 49.9万円 200.2万円 798.7万円
61歳 45.8万円 183.7万円 732.8万円
62歳 41.6万円 167.2万円 666.9万円
63歳 33.3万円 133.7万円 533.6万円
64歳 25.0万円 100.3万円 400.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

グラクソ・スミスクラインの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,469.2万円
課長 1,149.2万円
係長 875.1万円
20~24歳の一般社員 493.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

グラクソ・スミスクラインの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 23.5万円
修士了 26.3万円

※企業HPより参照しています。

グラクソ・スミスクラインでは、MR職、開発職、生産技術・品質・エンジニアリング職、サプライチェーン職の4つの職種が用意されています。

また、様々な制度や福利厚生があり、業績の大幅アップに貢献した個人やチームを表彰する「ACE Award制度」というものもあります。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

医薬品業界は、医薬品の研究開発や製造販売を行う製薬メーカーを中心とする業界です。

日本国内で高い売上高を持つ企業としては、武田薬品工業・アステラス製薬・第一三共・大塚製薬などがあります。また、世界的な企業としては、ファイザー・ロシュ・ノバルティス・メルクなどがあり、グラクソ・スミスクラインも上位に位置しています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 グラクソ・スミスクライン 医薬品業界
20~24歳 493.5万円 476.7万円
25~29歳 669.3万円 595.2万円
30~34歳 772.3万円 682.4万円
35~39歳 843.9万円 731.8万円
40~44歳 911.2万円 798.3万円
45~49歳 987.1万円 855.6万円
50~54歳 1,034.7万円 908.9万円
55~59歳 996.5万円 882.6万円
60~64歳 666.9万円 611.4万円
生涯賃金 3.69億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

グラクソ・スミスクラインの平均年収は、医薬品業界全体の平均値と比較して、すべての年代で高いと予測されます。20代前半では平均年収にあまり差はありませんが、30代前半では約90万円、40代前半では約113万円の差が出てくる予測です。

生涯賃金においても、医薬品業界全体の平均より、グラクソ・スミスクラインの方が高額となる予測が出ています。

まとめ

グラクソ・スミスクラインの気になる平均年収や生涯賃金について、公開されている情報や口コミをもとに調査してきました。シミュレーション結果では、業界全体の平均よりも高い平均年収であることが分かりました。

世界でもトップレベルの高い売上高をほこるグラクソ・スミスクライン。今後も「生きる喜びを、もっと」という使命のもとに、患者本位の事業展開を進めていくでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ