業界研究

サムスンの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

サムスンの平均年収は674.5万円

複数の口コミ調べによると、日本サムスン株式会社の平均年収は、674.5万円程度です。
20代では550~620万円、30代では638~700万円程度の年収が見込まれます。

サムスンは韓国の電気機器のトップメーカーで、昭和28年創業、昭和50年に設立されました。半導体事業、テレビ、モニター、モバイル機器、パソコン、家電の製造・販売をおこなう企業です。

主に、半導体製品、液晶及び有機ELディスプレー、LEDデバイス、SSD(Solid State Drive)、メモリーカードなどを取り扱っています。最新スマートフォンのGalaxy Note 8は、米国内での予約台数が「Noteシリーズ」史上最高になったと発表したことでも、話題になりました。

企業理念は「人材と技術をもとに、最高の製品とサービスを創り出し、人類社会に貢献する」です。国内には愛知県名古屋市に営業所があります。資本金は83億3,000万円です。

正式名称:日本サムスン株式会社
所在地:東京都港区港南2-16-4 グランドセントラルタワー10階
従業員数:189人
//japan.samsung.com/

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

サムスンにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 439.3万円 28.6万円 96.5万円
25~29歳 560.2万円 36.4万円 123.0万円
30~34歳 634.9万円 41.3万円 139.4万円
35~39歳 689.4万円 44.8万円 151.4万円
40~44歳 741.4万円 48.2万円 162.8万円
45~49歳 777.9万円 50.6万円 170.8万円
50~54歳 821.8万円 53.4万円 180.4万円
55~59歳 815.6万円 53.0万円 179.1万円
60~64歳 590.0万円 38.4万円 129.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

サムスンの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 28.6万円 96.5万円 439.3万円
23歳 30.1万円 101.8万円 463.5万円
24歳 31.7万円 107.1万円 487.7万円
25歳 33.3万円 112.4万円 511.8万円
26歳 34.9万円 117.7万円 536.0万円
27歳 36.4万円 123.0万円 560.2万円
28歳 37.4万円 126.3万円 575.1万円
29歳 38.4万円 129.6万円 590.1万円
30歳 39.3万円 132.8万円 605.0万円
31歳 40.3万円 136.1万円 620.0万円
32歳 41.3万円 139.4万円 634.9万円
33歳 42.0万円 141.8万円 645.8万円
34歳 42.7万円 144.2万円 656.7万円
35歳 43.4万円 146.6万円 667.6万円
36歳 44.1万円 149.0万円 678.5万円
37歳 44.8万円 151.4万円 689.4万円
38歳 45.5万円 153.7万円 699.8万円
39歳 46.2万円 155.9万円 710.2万円
40歳 46.9万円 158.2万円 720.6万円
41歳 47.5万円 160.5万円 731.0万円
42歳 48.2万円 162.8万円 741.4万円
43歳 48.7万円 164.4万円 748.7万円
44歳 49.2万円 166.0万円 756.0万円
45歳 49.6万円 167.6万円 763.3万円
46歳 50.1万円 169.2万円 770.6万円
47歳 50.6万円 170.8万円 777.9万円
48歳 51.2万円 172.7万円 786.6万円
49歳 51.7万円 174.7万円 795.4万円
50歳 52.3万円 176.6万円 804.2万円
51歳 52.9万円 178.5万円 813.0万円
52歳 53.4万円 180.4万円 821.8万円
53歳 53.4万円 180.2万円 820.6万円
54歳 53.3万円 179.9万円 819.3万円
55歳 53.2万円 179.6万円 818.1万円
56歳 53.1万円 179.3万円 816.8万円
57歳 53.0万円 179.1万円 815.6万円
58歳 50.1万円 169.2万円 770.5万円
59歳 47.2万円 159.3万円 725.3万円
60歳 44.2万円 149.4万円 680.2万円
61歳 41.3万円 139.5万円 635.1万円
62歳 38.4万円 129.6万円 590.0万円
63歳 30.7万円 103.6万円 472.0万円
64歳 23.0万円 77.7万円 354.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サムスンの役職者の年収

役職者の年収について


役職 平均年収
部長 1,307.8万円
課長 1,022.9万円
係長 778.9万円
20~24歳の一般社員 439.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サムスンの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.95万円

※リクナビ2018より参照しています。

サムスンの初任給は、一般企業と比較すると高額といえます。技術系の職種は技術営業があり、事務系職種には営業、マーケティング、経理・財務、人事・総務があります。

電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金

電機・家電大手業界とは

電機業界の景気は、米国のサブプライムローン問題で一時大幅に落ち込みました。国内大手家電メーカーは、サムスンやLGなどの韓国メーカーが台頭し、国内メーカーとの価格競争に破れて売上げも落ち込み、多額の最終赤字を計上することが何年も続きました。平成24年頃から国内の景気が回復に向かっていますが、電機業界は停滞が続いています。シャープ買収や東芝の白物家電事業の売却で、勢力のある中国や韓国企業の製品が国内市場に参入しています。

電機・家電大手業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 サムスン 電機・家電大手業界
20~24歳 439.3万円 451.1万円
25~29歳 560.2万円 563.3万円
30~34歳 634.9万円 645.8万円
35~39歳 689.4万円 692.5万円
40~44歳 741.4万円 755.5万円
45~49歳 777.9万円 809.7万円
50~54歳 821.8万円 860.2万円
55~59歳 815.6万円 835.2万円
60~64歳 590.0万円 578.6万円
生涯賃金 3.04億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サムスンの電機・家電大手業界との比較では、60代を除き、3~38万円ほど下回っていることがわかります。世代別比較では、業界平均と差が開いている世代が50代前半で38万円、40代後半で31万円です。年齢が高くなるに連れて、差額が開いている傾向にあります。

まとめ

ここまでサムスンについて調査をしてきました。平均年収は、電機・家電大手業界の平均よりも全体的に下回っていることが分かりました。食品や衣服の販売から始まり、白物家電、AV機器、半導体事業、スマートフォンなど、業務を拡大してきました。今後は自動車業界に参入することを目指しています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ