身だしなみ

就活で好印象を与えるショートヘア―とは|男女別のおすすめ&NGな髪型を紹介

就活時のヘアスタイルの基本

就活では、その企業に応募しているたくさんの学生の中から自分を選んでもらい、内定を勝ち取らなければなりません。人気企業では、募集人数に対してとてもたくさんの学生が応募をしていて、内定への道は狭き門へとなっています。

そのため、どの学生も企業の担当者に少しでも自分自身を理解してもらったり、個性をアピールしたりして、周囲との差をつけたいと考えています。しかし、身だしなみにおいて個性をアピールするのは考えものです。

身だしなみというのは相手に与える印象を大きく左右するばかりでなく、どれだけ誠実に相手と向き合おうとしているか、という気持ちや姿勢を伝える要素でもあります。
学生であれば、普段からスーツを来ていたり、髪の毛を短く切りそろえていたりする人ばかりではないことは、企業の担当者も当然わかっています。

だからこそ、その企業を受けるにあたってきちんと身なりを整えて挑むということは、自身の一生懸命さの表れとなります。身なりといっても、注意しなければいけないのは服装だけではありません。ついつい忘れてしまいがちな髪型も、清潔感があり、機能的であることは欠かせないポイントです。

就活のマナーを確認しよう

髪型以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

就活ではショートヘアーで好印象を与えられる

就活をしていく中で、身だしなみも大切なポイントです。さらにその中でも体の上半身は面接の際に直接面接官の目にとまりやすい部分と言えます。また顔や目を直接見て話すということを考えても、その付近にある髪には特に注意を払うべきでしょう。

髪はまずはきちんと手入れがされていることが大前提です。髪質にもよりますが、ぼさぼさにならないようにケアすることが大切です。髪型ですが、ショートヘアは就活時において好印象を与えられる髪型と言えます。それは何故なのか、以下にご紹介していきます。

すっきりとして清潔感を与える

ショートヘアは、就活時以外においても爽やかな印象をいうイメージがあります。学生のスポーツをしている人がショートヘアの髪型だとより、アクティブで爽やかなイメージがあるように、就活においてもショートヘアはすっきりとした清潔感を与えるのです。特に学生が就活をする際は、「清潔感」はとても大事な要素です。同時に最大のアピールポイントになるのです。

そもそも新卒の人たちは会社側から見ると、フレッシュな印象です。その中でもスッキリとしたショートヘアは、さらにそのフレッシュさが引き立つことになり、結果的に本人の良さを最大限に生かせると言えるでしょう。他の就活生との差を出す意味においても、ショートヘアは有効な髪型なのです。

アクティブな印象を与える

同時に、ショートヘアはアクティブで行動的なイメージが与えやすい髪型でもあります。希望している職種が営業や、広報など外部の人と接したり動きのある職種の場合は、長い髪型の他の就活生と比較した場合は、より生き生きとした印象になり、結果として就活生側にとって有利に働く可能性が高いのです。

就活におすすめのショートヘアー【女性編】

女性の場合は、人によって髪型の長さに差があります。どの長さが良い、悪い、というのはありませんが、髪の毛が長いことで邪魔になると機能性を損ねることにもなるので注意が必要です。

男性よりもバリエーションが多い女性の髪型の場合は、他にどんなことに注意したら良いのでしょうか?

前髪で印象を変えられるショートボブ

ショートヘアは短い髪型というだけでなく、さまざまなスタイルがあります。ロングヘアと比較すると、髪型のアレンジという点では難しい髪型で、印象もワンパターンになりがちです。

就活時にも有効で、普段のアレンジにも生かすことができるショートヘアの手法として挙げられるのが、「前髪をアレンジしたショートボブ」です。

ショートヘアは髪の長さがないスタイルですので、長さ以外の部分でアレンジしてみましょう。主に前髪はアレンジができる部分ですので、自分の個性を出せるポイントです。是非自分に合った方法でアレンジも楽しんでみるとよいでしょう。ここでは、前髪を流すスタイルと、前髪を短く揃えたぱっつん前髪スタイルを取り上げてみますので、参考にしてみましょう。

前髪を流す事で大人っぽさを演出できる

こちらの髪型はボブヘアで長めの前髪を、横に流したスタイルです。大人っぽさと爽やかさを演出できます。就活では、前髪が顔にかかりすぎないように、スプレー等でしっかりと前髪を固定するように気を付けましょう。

ぱっつん前髪でよりハツラツさを演出

こちらは、ショートボブで前髪をまっすぐ眉のすぐ下辺りで切り揃えた髪型です。近年はオシャレな印象で、アクセントの一つとして捉えられている髪型です。

爽やかさ全開のマッシュショート

女性の髪型のマッシュショートスタイルは、全体のフォルムが丸い印象で毛先の動きが最大限に生かせます。何といってもこの髪型は、爽やかさが全面に出されたヘアスタイルを言えるでしょう。マッシュショートは顔の輪郭がはっきりを見えるので、顔の大きさもはっきりとして、髪型で隠したりできないことでより爽やかさが全開となるのです。

ショートヘアは人によってそれがピッタリとする場合と、そうでない場合がありますので、敬遠しがちな髪型です。しかしマッシュショートヘアならば、耳の辺りの長さを持たせたスタイルですので、比較的どの人にも合うショートヘアなのです。もし就活で爽やかさをアピールしたいならば、この髪型はとても有効だと言えるのではないでしょうか。

就活でNGな髪型とは【女性編】

ここまで女性が就活をするときに、ショートヘアが印象アップにつながるということについて解説してきました。それでは、面接官からの印象が悪くなってしまいかねないNGな髪型とは、どういったものがあるのでしょうか?

全ての就活生がショートヘアにする訳ではありませんので、ここでは見方を変えて、NGとなる避けるべき髪型について見ていきたいと思います。面接に向けて、自分がこのNG要素の髪型にしていないかどうか、事前にチェックしてみましょう。

ベターとしたショートヘアーは暗い印象を与える

ショートヘアは、その全てが爽やかな印象を与えるということではありません。まず前提をして、きちんと手入れをして整えてあることが必要です。せっかくのショートヘアの印象や優位性を台無しにしてしまわない工夫が大切です。

ショートヘアであまり良い印象を与えない髪型として挙げられるものは、「べたっと貼りついたような髪型」です。プライベートでファッションを楽しんだり、自分の個性を前面に出すことを意図としているならば特に問題はありませんが、就職試験の面接という場においうては相応しいとは言えないのです。

顔周りに髪の毛が貼りつくようなヘアスタイルは避けて、お辞儀などで頭を動かしても乱れないように、ブローやムース・ジェルなどで上手く整えて面接に臨みましょう。

サイドヘアが顔に係ると邪魔になる

もう一つ印象があまり良くない髪型の特徴は、「サイドの髪が顔にかかるようなヘアスタイル」です。前髪をしっかり整えているにも関わらず、サイドの髪がだらっと顔にかかる髪型は、面接試験ではだらしのない印象を与えてしまします。

特に女性で髪が長い人は、このサイドの髪の処理をきちんとしておきましょう。

普通に歩いているだけでは邪魔にならないロングヘアやセミロングヘアの人でも、面接の際に部屋でお辞儀をしたときに、髪が前に垂れるので邪魔になってしまします。そしてその都度髪を手でかき上げるという行為を伴いますので、これが不潔な印象になりかねないのです。髪のサイドは、しっかりとピンやゴムなどでまとめたり、留めるなどしておくことが大切です。

明るいカラーリング

これまで、就活の際の髪型について主に解説してきましたが、髪に関してもう一つの大切な要素には「色」があります。元々日本人は単一民族ですので、髪の色はほぼ皆が黒色ですので、就活時においてもこの色もポイントとなるのです。

就活では自分の内面の個性を大いにアピールすべきですが、服装や髪型・メイクなどの外見においては個性的である必要はないのです。むしろ周囲から浮きだって目立たないこと、周りと協調していることがより重視されるのです。このことからも髪の色は地毛の色、もしくはダークは色合いのカラーリングに留めましょう。

もし、かなり明るい茶やその他の色のカラーリングは、面接官からの印象として「果たしてこの髪色で、真面目に仕事ができる人間なのか?」とその人の常識を疑われてしまいかねません。このように髪の色にも充分に注意をしておきましょう。

就活におすすめのショートヘアー【男性】

基本的に、男性は髪の毛が短い人が圧倒的に多いです。それに対して、女性はロングヘアーの人からショートヘアーの人まで、長さは人それぞれです。そのため、髪型の上で注意するべきポイントや、オススメの髪型があります。

髪が目や襟足にかからない黒髪短髪がおすすめ

以前は、男性の場合、スポーツ刈りのようにとにかく短く切り揃えておくべき、と考えられている時代がありました。しかし、最近では男性もファッションを楽しむ時代になり、
必ずしも黒い髪色や、ただ短く揃えた髪である必要はありません。既にお伝えしたように、髪型で大切なのは、清潔感があることと、機能的であることです。

機能的である、というのは、衛生的であることはもちろんですが、邪魔にならない髪型ということでもあります。
男性の髪型で清潔感を左右する箇所は、前髪、頭部の横の髪、もみあげ、襟足の四カ所です。この部分がすっきりとしていれば、トップの部分に多少の遊びがあっても、清潔感や機能面で悪影響になることはありません。

たとえば、ショートヘアーに少しアシンメトリーを入れたり、軽いソフトモヒカンもOKです。もちろん、短めの長さでの七三ヘアでも問題ありません。

NGな髪型とは【男性】

男性のも就活に不向きな髪型はあります。一般的に就活生は黒髪短髪が印象良く、好まれます。

以前は男性はできるだけ短い髪型にするべき、という風潮がありましたが、現在はそこまで厳しくはないようです。しかし男性も髪や髪型にはしっかりと対策を立てて準備することが大切です。

もみあげが長いと不衛生に見える

就活時の男性の髪型でNGとされるものの一つには、もみあげが長い髪型が挙げられます。全体の髪が短く整えてられていて、もみあげだけが長いとバランスが悪く見えて目立ってしまうだけでなく、髭の剃り残しなのではないかという風にも思われてしまいかねません。

男性の就活時の髪型は、すっきりと清潔感溢れるものが望ましいのです。面接のときは、常識の範囲内で相手から見られる、ということを意識しながら髪も整える必要があります。

ショートヘアーをセットするポイント


繰り返しになりますが、髪型で一番大切なのは清潔感を出すことです。就活の場では、基本的にリクルートスーツを着用している人が多く、基本的なマナーを押さえていれば服装で悪目立ちしてしまうことはないはずです。しかし、みんなと似たような服装だからこそ、細部の違いで差が出てしまうことがあります。

しっかりとスーツを着こなしていても、寝癖がついたままの髪では清潔感が損なわれるだけでなく、落ち着きがないような印象を与えます。反対に、髪型のポイントをしっかりと押さえて清潔感のある髪型をしていることで、同じような服装の集団の中でも、健康的で実直な印象を残すことが可能です。髪型を効率よくまとめるための方法をいくつか挙げておきましょう。

ワックスやスプレーを使う

ワックスやスプレーを使うと、綺麗にしっかりまとまります。特に暑い日には、汗で髪型が崩れやすくなってしまいます。夏場の就活では、普段より、髪型をしっかりキープするための工夫が必要になります。キープ力があるのはスプレータイプ。暑い日だけでなく、女性のまとめ髪もがっしり固定できます。女性の場合は、上部だけでなく、後れ毛がほつれないように固めておくことも忘れずに。

ショートヘアーの女性や、髪が短い男性の場合は、自然さを残すためにワックスを使用することをオススメします。ワックスにはいろいろな硬さのものがあるので、用途に合わせて選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

クシを使う

髪が短い男性や、逆にロングヘアーの女性は普段からまとめ髪に慣れていることもあり、あまりクシを使わない人が多いようです。しかし、クシで髪をとかすと髪にツヤがでるため、セットの際にはクシを使用してみましょう。ちょっとの乱れを簡単に整えることもできるので、クシはバッグの中に携帯しておくと便利です。

髪型もマナーを守らないと好印象に繋がらない

身だしなみが大切であることはわかっていても、服装や靴など、ついつい面積が広い体の方にばかり気を取らがち。しかし、清潔感を出してくれるのは、実は細部にまで行き届いた心配りそのものです。

ショートヘアーなら清潔に見える、というものでもなく、ショートヘアーでもロングヘアーでも、マナーを守らないと好印象に繫がりません。ご紹介した髪型のポイントを参考に、髪型までしっかりと気を配るようにすることが大切です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ