企業研究

エースコックの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

エースコックの平均年収は350万円

エースコックは、1954年年に設立された即席麺・スープ等の製造及び販売をおこなう企業です。主に価値のある商品やサービスなどを取り扱っていて、特にカップラーメンが幅広い世代に人気で一般的に有名です。

企業理念は「食」を創る仕事を通して社会に貢献する。で、社員みんながフレンドリーで、下の部下からの意見も通りやすい社風と言われています。全国に支店が7支店あり、海外にもベトナムやミャンマーに子会社が2社あります。資本金は19億2435万5千円円です。

複数の口コミ調べによると、エースコックの平均年収は302万円程度です。

口コミによれば年収事例は以下のようになっています。

  • 19歳・技術関連職:223万円
  • 23歳・会計:216万円
  • 28歳・会計:245万円

これらの事例から、年齢別・役職別の平均年収を算出してみると、24歳・会計技術関連職で228万円になります。

正式名称:エースコック株式会社
所在地:大阪府吹田市江坂町1-12-40 紙谷新御堂ビル
従業員数:5,982名人
//www.acecook.co.jp/company/outline.html

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

エースコックにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 195.0万円 12.1万円 49.4万円
25~29歳 289.3万円 18.0万円 73.3万円
30~34歳 337.8万円 21.0万円 85.6万円
35~39歳 364.9万円 22.7万円 92.5万円
40~44歳 388.4万円 24.2万円 98.5万円
45~49歳 426.7万円 26.5万円 108.2万円
50~54歳 452.4万円 28.1万円 114.7万円
55~59歳 423.8万円 26.4万円 107.4万円
60~64歳 271.6万円 16.9万円 68.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

エースコックの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 12.1万円 49.4万円 195.0万円
23歳 13.3万円 54.2万円 213.9万円
24歳 14.5万円 59.0万円 232.7万円
25歳 15.7万円 63.8万円 251.6万円
26歳 16.8万円 68.6万円 270.4万円
27歳 18.0万円 73.3万円 289.3万円
28歳 18.6万円 75.8万円 299.0万円
29歳 19.2万円 78.3万円 308.7万円
30歳 19.8万円 80.7万円 318.4万円
31歳 20.4万円 83.2万円 328.1万円
32歳 21.0万円 85.6万円 337.8万円
33歳 21.4万円 87.0万円 343.2万円
34歳 21.7万円 88.4万円 348.6万円
35歳 22.0万円 89.8万円 354.1万円
36歳 22.4万円 91.1万円 359.5万円
37歳 22.7万円 92.5万円 364.9万円
38歳 23.0万円 93.7万円 369.6万円
39歳 23.3万円 94.9万円 374.3万円
40歳 23.6万円 96.1万円 379.0万円
41歳 23.9万円 97.3万円 383.7万円
42歳 24.2万円 98.5万円 388.4万円
43歳 24.6万円 100.4万円 396.1万円
44歳 25.1万円 102.4万円 403.7万円
45歳 25.6万円 104.3万円 411.4万円
46歳 26.1万円 106.2万円 419.1万円
47歳 26.5万円 108.2万円 426.7万円
48歳 26.9万円 109.5万円 431.9万円
49歳 27.2万円 110.8万円 437.0万円
50歳 27.5万円 112.1万円 442.1万円
51歳 27.8万円 113.4万円 447.3万円
52歳 28.1万円 114.7万円 452.4万円
53歳 27.8万円 113.2万円 446.7万円
54歳 27.4万円 111.8万円 441.0万円
55歳 27.1万円 110.3万円 435.2万円
56歳 26.7万円 108.9万円 429.5万円
57歳 26.4万円 107.4万円 423.8万円
58歳 24.5万円 99.7万円 393.4万円
59歳 22.6万円 92.0万円 362.9万円
60歳 20.7万円 84.3万円 332.5万円
61歳 18.8万円 76.6万円 302.1万円
62歳 16.9万円 68.9万円 271.6万円
63歳 13.5万円 55.1万円 217.3万円
64歳 10.1万円 41.3万円 163.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

エースコックの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 580.6万円
課長 454.1万円
係長 345.8万円
20~24歳の一般社員 195.0万円

エースコックの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.1万円
修士了 22.15万円
博士了 -

※リクナビ2018より参照しています。

エースコックの初任給は、大卒で221000万、修士了で221500万です。募集職種は営業職と管理職があります。上記は総合職の初任給額です。

残業手当はあり、賞与は7月と12月の年2回あります。福利厚生も一般的なものは完備されている印象です。また、住宅手当、保健手当、家族手当、通勤手当があります。

食品業界における年収の傾向と生涯賃金

食品業界とは

食品業界は、食を通じて消費者に満足を提供する業界です。売上の大きい企業としては、日本ハム ・明治HD・味の素が挙げられます。山崎製パン・伊藤ハム ・日本水産・森永乳業もよく聞く企業として有名です。

エースコックは、食品業界の中でも安価な価格で、製品やサービスを提供することを売りにしている企業です。

食品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 エースコック 食品業界
20~24歳 195.0万円 369.8万円
25~29歳 289.3万円 461.8万円
30~34歳 337.8万円 529.4万円
35~39歳 364.9万円 567.7万円
40~44歳 388.4万円 619.3万円
45~49歳 426.7万円 663.8万円
50~54歳 452.4万円 705.2万円
55~59歳 423.8万円 684.7万円
60~64歳 271.6万円 474.3万円
生涯賃金 1.58億円 2.54億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

エースコックの平均年収と食品業界全体の平均年収を比較すると、エースコックのほうが全体的に低い傾向にあります。30~34歳ではエースコックが192万円ほど低く、40~44歳では同様に231万円ほど低い予測です。

また、生涯賃金を比較するとエースコックは業界全体の平均よりも9800万円低い予測となります。

まとめ

エースコックの平均年収は、業界の平均と比べて低いことがわかりました。エースコックは食を通じて、サービスや食品を提供している会社です。エーススーパーカップなど、みなさんが耳にしたことのある商品も販売しています。特みそこってりラーメンなど、毎週毎週新商品を出してくるエースコックですが、今後もさまざまな商品が消費に満足を提供していきそうです。今後も発展に期待ができるのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ