企業研究

メディセオの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

メディセオの平均年収は490万円

複数の口コミを調査した結果、メディセオの平均年収は490万円程度となりました。20代では300~500万円、30代では500~650万円程度の年収が見込まれます。

メディセオは、創業1898年10月、設立2004年4月の歴史の長い企業です。医薬品や医療機器などの卸売業を主な事業としており、医薬品業界というよりも卸売業界に近い位置づけになっています。1,000社を越える企業から医療用商品を買い付け、およそ10万カ所の医療機関に販売しており、日本医療を支える社会インフラの役割を担っています。

企業理念は「流通価値の創造を通じて人々の健康と社会の発展に貢献します。」であり、どちらかといえば協調性を大事にしている企業のようです。

メディセオは、卸売業界の上位に位置するメディパルHDの一員であり、全国に30都道府県・155の拠点を持っています。資本金は1億円です。

正式名称:株式会社メディセオ
所在地:東京都中央区八重洲二丁目7番15号
従業員数:7,907人
//www.mediceo.co.jp/

メディセオにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 244.5万円 16.1万円 51.5万円
25~29歳 419.1万円 27.6万円 88.2万円
30~34歳 486.0万円 32.0万円 102.3万円
35~39歳 530.1万円 34.9万円 111.5万円
40~44歳 550.1万円 36.2万円 115.7万円
45~49歳 589.9万円 38.8万円 124.1万円
50~54歳 615.4万円 40.5万円 129.5万円
55~59歳 578.4万円 38.1万円 121.7万円
60~64歳 396.5万円 26.1万円 83.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

メディセオの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 16.1万円 51.5万円 244.5万円
23歳 18.4万円 58.8万円 279.4万円
24歳 20.7万円 66.1万円 314.3万円
25歳 23.0万円 73.5万円 349.2万円
26歳 25.3万円 80.8万円 384.1万円
27歳 27.6万円 88.2万円 419.1万円
28歳 28.5万円 91.0万円 432.4万円
29歳 29.3万円 93.8万円 445.8万円
30歳 30.2万円 96.6万円 459.2万円
31歳 31.1万円 99.4万円 472.6万円
32歳 32.0万円 102.3万円 486.0万円
33歳 32.6万円 104.1万円 494.8万円
34歳 33.1万円 106.0万円 503.6万円
35歳 33.7万円 107.8万円 512.5万円
36歳 34.3万円 109.7万円 521.3万円
37歳 34.9万円 111.5万円 530.1万円
38歳 35.1万円 112.4万円 534.1万円
39歳 35.4万円 113.2万円 538.1万円
40歳 35.7万円 114.1万円 542.1万円
41歳 35.9万円 114.9万円 546.1万円
42歳 36.2万円 115.7万円 550.1万円
43歳 36.7万円 117.4万円 558.1万円
44歳 37.2万円 119.1万円 566.0万円
45歳 37.8万円 120.8万円 574.0万円
46歳 38.3万円 122.4万円 582.0万円
47歳 38.8万円 124.1万円 589.9万円
48歳 39.2万円 125.2万円 595.0万円
49歳 39.5万円 126.3万円 600.1万円
50歳 39.8万円 127.3万円 605.2万円
51歳 40.2万円 128.4万円 610.3万円
52歳 40.5万円 129.5万円 615.4万円
53歳 40.0万円 127.9万円 608.0万円
54歳 39.5万円 126.4万円 600.6万円
55歳 39.0万円 124.8万円 593.2万円
56歳 38.5万円 123.3万円 585.8万円
57歳 38.1万円 121.7万円 578.4万円
58歳 35.7万円 114.0万円 542.0万円
59歳 33.3万円 106.4万円 505.6万円
60歳 30.9万円 98.7万円 469.2万円
61歳 28.5万円 91.1万円 432.9万円
62歳 26.1万円 83.4万円 396.5万円
63歳 20.9万円 66.7万円 317.2万円
64歳 15.7万円 50.1万円 237.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

メディセオの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 728.0万円
課長 569.4万円
係長 433.6万円
20~24歳の一般社員 244.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

メディセオの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.43万円〜23.55万円

※企業HPより参照しています。

表の初任給は、営業職のものとなっており、営業手当を含んだ金額となっています。大卒・大学院卒の初任給差は無いようです。

その他の職種では、薬事関連職で20.82万円〜22.73万円、事務職では19.55万円となっています。中でも管理薬剤師の場合は、諸手当が含まれるようです。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

医薬品業界とは、医薬品の研究開発・製造・販売を主に手掛けている業界です。中でもメディセオは卸売のため、医薬品業界および卸売業界に位置しています。

国内の医薬品業界では、武田薬品・アステラス製薬・第一三共・大塚HDなどの企業が活躍しています。メディセオが属するメディパルHDは卸売業界に位置しており、三井物産や住友商事に続く高い売上高をあげています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 メディセオ 医薬品業界
20~24歳 244.5万円 392.1万円
25~29歳 419.1万円 637.0万円
30~34歳 486.0万円 721.3万円
35~39歳 530.1万円 788.7万円
40~44歳 550.1万円 817.1万円
45~49歳 589.9万円 833.3万円
50~54歳 615.4万円 855.6万円
55~59歳 578.4万円 838.4万円
60~64歳 396.5万円 659.5万円
生涯賃金 2.21億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

メディバルの平均年収は、医薬品業界全体の平均と比較して、全体的に低い予測が出ています。先ほども述べた通り、卸売業界ともいえるため、医薬品業界との単純な比較はできません。

メディセオの平均年収は、業界全体平均と比べて、30代前半では235.3万円、40代前半では267万円の差となる予測です。また、生涯賃金では、1億円ほどの差となるシミュレーション結果となりました。

まとめ

ここまでメディセオの平均年収について、調査してきました。医薬品業界全体と比較したところ、平均年収は全体的に低いとの予測結果となりました。

メディセオは医療用医薬品の卸売事業を営んでおり、医薬品の卸売業界では高い売上高をあげています。メディパルHDグループの一員として、安定した土台があるようです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ