企業研究

阪急不動産の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

阪急不動産の平均年収は715万円

阪急不動産株式会社は、1947年に設立された住宅等の販売・仲介・改築をおこなう企業です。主に土地・住宅・マンションなどを取り扱っていて、マンションブランド「ジオ」が一般的に有名です。

企業理念は「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けすることです。組織力に重きをおいたアットワークで穏やかな社風と言われています。東京に支社が1つあり、親会社に阪急阪神ホールディングス株式会社があります。資本金は124億2,665万203円です。

正式名称:阪急不動産株式会社
所在地:大阪市北区角田町1番1号 東阪急ビルディング内
従業員数:526名人

複数の口コミ調べによると、阪急不動産株式会社の平均年収は540万円程度です。

口コミによれば年収事例は以下のようになっています。

  • 42歳・営業系(営業、MR、営業企画 他):650万万円
  • 33歳・企画・事務・管理系(経営企画、広報、人事、事務 他):483万円
  • 30代・用地仕入:600万円

これらの事例から、年齢別・役職別の平均年収を算出してみました。

阪急不動産における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 436.0万円 29.6万円 81.3万円
25~29歳 586.7万円 39.8万円 109.5万円
30~34歳 684.4万円 46.4万円 127.7万円
35~39歳 764.5万円 51.8万円 142.6万円
40~44歳 835.6万円 56.6万円 155.9万円
45~49歳 843.3万円 57.2万円 157.3万円
50~54歳 860.9万円 58.4万円 160.6万円
55~59歳 799.8万円 54.2万円 149.2万円
60~64歳 623.9万円 42.3万円 116.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

阪急不動産の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 29.6万円 81.3万円 436.0万円
23歳 31.6万円 87.0万円 466.1万円
24歳 33.6万円 92.6万円 496.3万円
25歳 35.7万円 98.2万円 526.4万円
26歳 37.7万円 103.8万円 556.5万円
27歳 39.8万円 109.5万円 586.7万円
28歳 41.1万円 113.1万円 606.2万円
29歳 42.4万円 116.7万円 625.8万円
30歳 43.7万円 120.4万円 645.3万円
31歳 45.1万円 124.0万円 664.8万円
32歳 46.4万円 127.7万円 684.4万円
33歳 47.5万円 130.7万円 700.4万円
34歳 48.6万円 133.7万円 716.4万円
35歳 49.6万円 136.6万円 732.4万円
36歳 50.7万円 139.6万円 748.4万円
37歳 51.8万円 142.6万円 764.5万円
38歳 52.8万円 145.3万円 778.7万円
39歳 53.7万円 147.9万円 792.9万円
40歳 54.7万円 150.6万円 807.1万円
41歳 55.7万円 153.2万円 821.4万円
42歳 56.6万円 155.9万円 835.6万円
43歳 56.7万円 156.2万円 837.1万円
44歳 56.8万円 156.5万円 838.7万円
45歳 57.0万円 156.8万円 840.2万円
46歳 57.1万円 157.0万円 841.7万円
47歳 57.2万円 157.3万円 843.3万円
48歳 57.4万円 158.0万円 846.8万円
49歳 57.6万円 158.6万円 850.3万円
50歳 57.9万円 159.3万円 853.9万円
51歳 58.1万円 160.0万円 857.4万円
52歳 58.4万円 160.6万円 860.9万円
53歳 57.5万円 158.3万円 848.7万円
54歳 56.7万円 156.1万円 836.5万円
55歳 55.9万円 153.8万円 824.2万円
56歳 55.0万円 151.5万円 812.0万円
57歳 54.2万円 149.2万円 799.8万円
58歳 51.8万円 142.7万円 764.6万円
59歳 49.4万円 136.1万円 729.4万円
60歳 47.1万円 129.5万円 694.3万円
61歳 44.7万円 123.0万円 659.1万円
62歳 42.3万円 116.4万円 623.9万円
63歳 33.8万円 93.1万円 499.2万円
64歳 25.4万円 69.8万円 374.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

阪急不動産の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,297.9万円
課長 1,015.1万円
係長 773.0万円
20~24歳の一般社員 436.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

阪急不動産の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.238万円
修士了 22.402万円
博士了 -

※リクナビ2018より参照しています。

阪急不動産株式会社の初任給は、大卒で21万2,380円、修士了で22万4,020円、です。
募集職種は総合職があります。上記は総合職の初任給額です。
残業手当は全額支給されます。賞与は年2回あります。
その他、各種社会保険、退職金制度、グループ従業員持株会、社内預金制度、社内貸付制度、福利厚生サービス会社提携があります。

不動産・住宅・マンション業界における年収の傾向と生涯賃金

不動産・住宅・マンション業界とは

不動産・住宅・マンション業界は、不動産・住宅・マンション等の販売・仲介・管理などをする業界です。売上の大きい企業としては、三井不動産、飯田グループHD、三菱地所、住友不動産、東急不動産HD、大東建託、野村不動産HD、レオパレス21、大京、東京建物が挙げられます。アパマンショップHDも有名です。

阪急不動産株式会社は、不動産・住宅・マンション業界の中でも中堅です。

不動産・住宅・マンション業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 阪急不動産
不動産・住宅・マンション業界
20~24歳 436.0万円 407.8万円
25~29歳 586.7万円 542.6万円
30~34歳 684.4万円 653.5万円
35~39歳 764.5万円 745.5万円
40~44歳 835.6万円 828.5万円
45~49歳 843.3万円 776.5万円
50~54歳 860.9万円 791.7万円
55~59歳 799.8万円 664.1万円
60~64歳 623.9万円 574.8万円
生涯賃金 3.22億円 2.99億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

阪急不動産株式会社の平均年収と不動産・住宅・マンション業界全体の平均年収を比較すると、阪急不動産株式会社のほうが全体的に高い傾向にあります。30~34歳では阪急不動産株式会社が68万円ほど高く、40~44歳では同様に190万円ほど高い予測です。

また、生涯賃金を比較すると【阪急不動産株式会社】は業界全体の平均よりも2,300万円ほど高い予測となります。

まとめ

阪急不動産株式会社の平均年収は、業界の平均と比べて高いことがわかりました。

阪急不動産株式会社は土地・住宅・マンション等の販売・仲介・管理をする会社です。「Styles」という一戸単位のリノベーション済み住宅で、業界最候補の保障内容を備えた新築同様の安心感を提供しています。その「Styles」にアフターサービスを強化するため、水まわり設備を無償で10年間保証するサービスも開始します。

さらに、自宅のリフォーム・リノベーション「阪急のリフォームプラス」、ワンストップリノベーション「Reno-Bloom」においても同サービスを提供しています。今後も発展に期待ができるのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ