就活その他

エステティシャンの給料事情とは?年収から仕事の内容まで徹底解説!

勤め先によって給料に違いが出るエステティシャン


女性にとって、美しくあること、というのは永遠のテーマです。美意識が高い女性が、さらに知識や経験を深めたいと考えたり、自分に限らず女性が美しくいるためのサポートをしたいと思うことも多いため、エステティシャンというのは女性に非常に人気が高い職種のひとつです。

しかし、勤務先によってエステティシャンの給料には大きな差がでてしまいます。就活は、今後の生活を決める大きな転機です。まだ学生のうちは、興味がある職種であればどんな待遇でも構わない、と考えてしまう人も多いのですが、もう一度しっかり考えてみましょう。

環境や待遇に恵まれていないと、挫折のきっかけになったり、その仕事を続けていく気力がなくなってしまうこともあります。好きな仕事だからこそ、少しでも環境や待遇にこだわって職場選びをしてください。

エステティシャンの給料相場は約250万円~400万円

就活の際には、面接のように直接企業の担当者と話をする機会があります。わからないことは積極的に質問して構いませんが、給与などの金銭面を含めた待遇については、どうしても直接聞きにくく、結局わからないままにしてしまう人が少なくありません。

しかし、働く上では給与はとても重要です。今の時代は、一度決められた給与が短期間に大幅に飛躍することはなかなか望めません。インセンティブ制度を導入している職種では成績によって給与が変動することもありますが、新卒の場合には、まずは仕事を覚えることで精一杯です。インセンティブ制度が直接自身に影響するのは、当分先のことだと考えておきましょう。

エステティシャンの平均年収は、約250万円~400万円ほどです。エステティシャンの待遇に関する特徴は、同じエステティシャンでも、給料待遇の違いに開きがあることです。サロンによって給料設定が異なり、経営母体が大きな会社であるほど給与が高い傾向があります。

また、地域によっても給料に差があるのも、エステティシャンの特徴のひとつです。エステティシャンは、製造業と異なり、直接人間を相手に施術を行うサービス業です。そのため、その地域の物価というのがサービスの価格設定に大きく影響します。価格設定に地域差が出る分、給料に地域差が出てしまうのは当然の流れです。

大手のエステサロンの方が給料が高い事が多い

エステティシャンの入社時点での給料は、大手のエステサロンほど給料が高くなることが多い傾向にあります。
「ミスパリ」や、「たかの友梨」など、誰でも一度は聞いたことがある会社の待遇を調べてみましょう。ただし、これはエステティシャンに限ったことではありませんが、給料だけで比較するのはとても危険です。

ひとくちにエステティシャンといっても、勤務形態や細かな職務内容、転勤の有無などの就労環境がそれぞれ異なります。給料は低めでも福利厚生がしっかりしている会社や、給料が高い分業務内容が多く、責任もたくさん発生する場合があります。

また、エステティシャンにはインセンティブ採用を取り入れている企業も多いため、たとえば入社時点では固定給の企業のほうが給料が高くても、実力がついてからの給料はインセンティブがある企業の方が高くなることもあります。就活の際には、入社時点での給料は提示されますが、その後の給料に関して明確にわかるものがあまりありません。

その企業のリサーチとして、10年後の平均年収などもしっかり調べておきましょう。また、地域差による金額の差の場合も、やはり一概に高い方が良いとはいえません。給料が高い地域というのは、サービスの値段が高い地域ということでもあり、つまり物価そのものが高いことが多いようです。物価が高い地域で働くためには、物価の安い地域と比べて生活費や居住費にかかる費用がかさむため、結局手元に残るお金には対して違いがない、ということがあります。

歩合制の場合は売り上げで給料が変動する

エステティシャンの給与形態には、基本給のみが支給される場合と、基本給の他に歩合給が発生するパターンがあります。基本給のみが支給される場合は、毎月の給与額が固定で決まっており、新規契約を成約しても手当としてみなされません。逆に歩合給が支給される給与形態の場合は、基本給が比較的低く設定され、月ごとの契約成立数などを個人の成果と評価し、その評価をもとに歩合給が支給されます。歩合給制は頑張りが評価されるメリットがありますが、契約数を保ち続けなければ安定した収入は保証されませんので、不安定な収入になりやすいデメリットもあります。

他にも、会社によっては店舗単位で売上目標を設定しており、売上達成店舗には奨励金や手当を支給すると定めている場合もあります。歩合給や手当などが発生するかどうかは、母体である企業によって違うので、求人内容に記載されている給与の項目をしっかり確認してください。

ボーナスが支給されるかどうかは企業による

エステティシャンのボーナスが支給されるかどうかは企業によって様々です。ボーナスは会社の利益を従業員に分配することを目的としています。社会人であれば日頃の頑張りを認めてもらい、その評価としてもらえるボーナスは最大のご褒美ともいえます。しかし、ボーナスの支給がない会社も多く実在します。

エステティシャンは売上があっての商売なので、もちろん売上達成を実現しなければ、ボーナスの支給は難しいです。歩合制を採用している会社も多いため、そもそも賞与は支給しないと定めている会社もあります。エステ業界の傾向としては、ボーナスを支給しない会社は比較的多いですが、福利厚生として施術や化粧品を無償提供している場合があります。確実にボーナスが欲しい方は、求人内容の「賞与あり・なし」の記載を必ず確認しましょう。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

年代ごとのエステティシャンの給料

20代前半…平均 271 万円(最高500万円、最低150万円)
20代後半…平均 311 万円(最高600万円、最低200万円)
30代…平均 306 万円(最高770万円、最低192万円)
40代以上…平均 250 万円(最高250万円、最低250万円)

全体平均…291万円(最高770万円、最低150万円)

それでは、エステティシャンの年代ごとの給料についてご紹介します。「転職会議エステティシャンの年収まとめ」を参考に、エステティシャンの年代別の年収を見てみましょう。

あくまでも平均なので、歩合制給与の会社で成果を上げている方は上記の平均値より大きな金額となります。そして賞与を支給しない会社も多い傾向にあるので、総合的に年収は低い数値となっています。しかし、キャリアを積み役職がつくと役職手当をもらえたり、賞与の金額が大きくなったりするので年収は着実に上がっていきます。順調にキャリアアップをして店舗責任者になったり、指導する立場になったりすると、相応の対価を得ることができる業界といえます。どうしても残業が発生しがちな業界なので残業代が加算され、20代のうちから年収600万円に到達する人もいます。

エステティシャンになるには

エステティシャンになるために必要な国家資格はありません。しかし多数の民間資格が用意されており、取得資格によっては就職に有利になることもあります。多くの人はエステティシャン養成学校や専門学校、エステスクールに通い資格を取得し、就職活動を経てエステティシャンとして就業しています。

エステティシャンになるためには必要なスキルがあります。施術方法、美容の知識、販売や契約に関連する法律を知っておくことが求められます。契約の過程で、説明不足や押し売りと捉えられクーリングオフされてしまうこともあるので、販売や契約に関する知識と接客技術は重要なスキルといえます。会社によっては募集要項に「未経験可」と記載して、入社後に研修を受けさせる場合もあります。同僚やライバルと差をつけたい人は、やはり学校でエステ業界の知識や施術のコツを学んでから就職をした方が無難であるといえるでしょう。

エステティシャンの仕事内容

・カウンセリング…悩みを聞き、解決のための必要な施策を考えます。
・メニュー説明…実際にする施術のメニュー内容を説明します。
・エステの施術…フェイシャル、ボディ、マッサージなどを施します。
・予約管理…施術の予定を調整していきます。
・売上管理…毎日の売上を管理して本社に報告します。

エステティシャンの仕事内容について解説します。エステティシャンの仕事は、お客様の美と健康の創出をお手伝いすることです。肌や体の調子、精神的な状態を把握した上で、鍛錬された手技や最新の美容機器を使って、リラックスした快適な空間のもと美の応援をします。上記が基本的な仕事内容一覧です。

この他にも、店長やリーダーになると従業員のシフト管理も行います。会社によりますが、お客様との大事なカウンセリングやブライダルエステは、一定の評価と所定の研修を受け試験に合格してからではないと担当させてもらえない場合もあります。

給料アップするための方法3つ


もちろん初任給がより高い会社で働きたい、というのは多くの人の望みではありますが、とくにエステティシャンのように特別な技術が必要な仕事の場合は、新卒での入社時点で高い給与を望むのは、確かに贅沢な望みでもあります。

新卒というのは、就職後のために興味のあることをどんなに勉強していても、まだキャリアとしては未経験です。しかし、将来キャリアアップすることを見据えて計画的に実力をつけることで、効率的に給料のアップのための準備をしましょう。

具体的に、将来を見据えた計画をたてるための、エステティシャンの給料アップの方法には、どんなことがあるでしょうか?

 ①いろいろな資格を取得する

エステティシャンには、認定エステティシャン資格などの認定資格があります。資格というのは、客観的に自身の技術が認められる、技術の証明になるものです。サロンとしても、認定エステティシャンの施術が受けられることをサロンの強みとして打ち出せるため、資格を持っているとそれだけで給料に手当が加算されることがあります。

また、直接手当として反映されなくても、技術を証明してくれる資格があることで転職活動などの際に有利に働き、より待遇が良い職場に転職することが可能になることもあります。資格取得を視野にいれるのであれば、既に資格を持っている先輩から話を聞いてみたり、仕事以外の時間を使って資格取得のための勉強をすることがおすすめです。

②経験を積んで他のお店に転職する

エステティシャンというのは、中途採用でも未経験からスタートできることが比較的多い職種になります。しかし、もちろんすでにキャリアがある人のほうが転職活動で有利なのは当然です。
大手の会社のほうが給料が高い傾向がありますが、その分倍率も高いため、新卒で入社するのが難しい場合もあります。

希望通りの会社につけなかったとしても、働いたあとの数年間は自身の勉強のため、と考え、丁寧に仕事に励み、しっかりと技術を身につけておきましょう。技術と経験を身につけた後により高待遇の会社に転職するというのも、キャリアアップのひとつの形です。

③スキルアップして独立する

エステティシャンのキャリアアップの方法には、転職以外に独立という形もあります。エステというのは人の手で行われる施術サービスのため、顧客はお店というよりそれぞれのエステティシャンにつく場合があります。

しっかり顧客がついているエステティシャンの場合、小さいスペースで個人のサロンを開業することも可能です。顧客が納得できる技術があれば、値段設定もある程度自由に設定できることから、成功すれば年収が1,000万円ほどになることも夢ではありません。

いつか独立することを考えるのであれば、技術をつけることはもちろん、資格を取得したり、コミュニケーションを学んだり、開業のためのお金をためる必要もあります。独立には計画性が欠かせないので、計画をしっかりたてた上で、諦めずに夢に向かって努力を続けることが大切です。

エステティシャンの魅力から見る人気の理由


新卒に関わらず、女性から人気が高いエステティシャンの仕事ですが、実際に、どんなところが魅力のポイントなのでしょうか?なんとなく美容系の仕事につけたら良いな、と考えている人は、再度エステティシャンの人気の理由について考えて見ましょう。

手にした技術は一生無くならない

エステティシャンというのは技術職です。一般的には、仕事というもの自体、一生続けていかなければならないものです。一度身に付けた技術というのは一生なくならないばかりでなく、経験が蓄積されていくため、努力して仕事に励むことで着実にスキルアップが望めます。

技術というのは、社会で生き抜くための鎧にもなり得るものです。世の中の女性が綺麗になりたいという思いを持ち続ける限り、需要がなくなることがないのもメリットのひとつです。

一度仕事を止めても再就職できる

女性には、結婚や出産、育児のタイミングなど、人生の中でどうしても一時的に仕事から離れられない状況に見舞われることが少なくありません。今では約半数の人が育児と仕事を両立させていますが、子供がいると仕事を見つけるのが難しくなることもあります。

しかし、エステティシャンの場合は、確かな技術さえあれば、一度仕事を離れた後でも再就職の可能性が高まります。

美容に関する知識が身に付く

そして、エステティシャンという仕事の大きな魅力のひとつが、美容に関する知識が身に付くことです。美しくありたいという気持ちは、女性であれば世代に関わらず抱えているものです。

しかし、その一方で年齢が進むことで美しさを保つには努力が必要になっていきます。年齢にあったケアや対処が必要なため、美容に関する知識が身に付くことで、何よりも自分自身がいつまでも美しさを保つことができます。

高い給料を得るには経験や資格があると強い


女性の美しさに関係する仕事は、需要が高いからこそ競争率も激しいのが実情です。CMや広告でもたくさんのエステサロンを見かけるのがその証拠でしょう。高い給料を得るためには、就職後も努力を怠らず、資格や経験で着実にスキルアップしていくことが大切です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ